フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 那岐山トレイルラン時のGPS軌跡 | トップページ | 村岡ダブルフル迫る »

2009年9月15日 (火)

金甲山山頂曇りなり

金甲山山頂曇りなり

今日は休日で,ウルトラ向けのロング走。50kmに挑戦しました。

自宅から金甲山山頂まで登り,1回休憩してまた自宅へ。

麓からは6kmほどですが走って登ったのは初めて。やっぱりきつい!
大学生時代はバイクでばかり来てたから、楽チンだったんですがね…。

その時代、山頂にカラオケ婆ちゃんの店があったなあ…。
山頂のレストハウスも営業してて,観光バスが着くとおばあちゃんがカラオケ歌って客を歓迎してたな。
僕も婆ちゃんの店で缶コーヒー買ってました。
山頂までは息子さんが車で送っていたそうです。

今はもうレストハウスも閉まり,婆ちゃんの店も跡形もありません。途中の道路も手入れがしてなくて,寂れた感じ。自動販売機もないしね。おまけにトイレも汚い。

景色はいいんで,少しはきれいになるといいんですが,登ってくる車も人も少ないですね・・・。

« 那岐山トレイルラン時のGPS軌跡 | トップページ | 村岡ダブルフル迫る »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

そうなんですかsign03
僕の趣味はドライブなんで(他にも沢山ありますが)、金甲山を登って景色を眺めてまた降りるというコースにしようと思います。ドライブコースは何ヵ所かあるんで、金甲山のコースも仲間入りですねsmile初めていった日暴走族に挟まれてしまいました((((;゜Д゜)))
ですがしばらく行くと何処かへ消えて行きましたconfidentと言うより、金甲山の方へ曲がる道と真っ直ぐ行く道と別れるじゃないですか、暴走族は真っ直ぐ行ったんですけど。
今度金甲山の方へ曲がらずに真っ直ぐ行くと何処へ行くのか行って見たいですsmile

これも何かのご縁です、気になさらずに。

で、

今はトレーニングの為に走って上がります。

フラリとクルマで上がる事もありますが、やはり缶コーヒー買って行きます。(笑)

男性の方なら、夜景を見るのもいいかも。(時に車で暴走する若い衆が…)

学生時代からの思い出の場所ですが、基本的に観光ではなく、ボケ〜っとする所かなあ。

こんばんわ
車で行きました。バイクでも行きたいですねぇ…。でも、バイクの運転は無茶くそ下手なんで無理かも知れないですねcoldsweats01
じゃあ車の運転は上手なのかって言うと下手ですけど。まだ車の方が万が一の時に安心ですcoldsweats01(100%では無いですけど)
もう30年くらい前なんですね、お店とか営業してたのは?僕は生まれてないなぁcoldsweats01また道とかきれいになってお店がまた営業すれば良いのに。今でも行かれるんですか?
すみません長々と書き込んでしまってcrying

佳ちゃん

初めまして。
ちょっと昔の記事にコメントありがとうございます。
ランニングで登ったのでしょうか,クルマやバイクでしょうか?

プチ観光地だったり,レストハウスやお婆ちゃんの店があったのは
30年以上昔の話です。大きな観光バスがやってきて,土産物屋の
お婆ちゃんがカラオケ歓迎の歌を披露する,なんて光景が好きでした。
(お婆ちゃんから缶コーヒーを買うのも西もも@の定番でした)

ランニングで登るたび,バイクや車で登るたび
カラオケバアちゃんを想い出すのです。

Pからや上の展望台からも,もっともっとよく見えたのですが
樹木の手入れをしてないので,寂しい限りです。

おまけに,道路も雨で崩落しかけている部分があったりします。
もしかしたら,近いうちに放送関係者でないと車で上がれなく
なったりするかも,です。(登山ルートはOKでも)

この前初めて行きました。眺めはすごくいいですねsmile海や、島々?が見えて、一つ降りた駐車場からは岡山市が見えて、でもその日は曇りだったんで、あまり良く見えませんでしたがcoldsweats01
晴れていたら最高だろうなぁと思いましたね。また晴れている時に行きたいなぁ。
インターネットや周りの人たちは昔は店とかが有ってドライブコースと言うか、観光地だったらしいですね。今は二階建の展望台?見たいな所があり売店見たいな所があったんで(シャッターが閉まってた)昔はにぎやかだったんだろうなぁって思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/31385358

この記事へのトラックバック一覧です: 金甲山山頂曇りなり:

« 那岐山トレイルラン時のGPS軌跡 | トップページ | 村岡ダブルフル迫る »