フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

激走モンブラン! 今晩放送【NHK】

激走モンブラン!(NHK総合番組,「ワンダー×ワンダー」)
総合テレビ 2009年10月31日 土曜日 午後8時~8時44分

「ザ・ノースフェイス・ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」
The North Face Ultra-Trail du Mont-Blanc 2009


今晩放送です!
中国地方は再放送がないので,注意ですよ。

明日は全国でトレイル走る人が増えるな。(ニヤリ)

蒜山とか,岡山市内の操山とか竜ノ口も多いかも。

NHKサイト

http://www.nhk.or.jp/wonder/program/19/index.html

YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=5OHkRcJUZsM

http://www.youtube.com/watch?v=5OHkRcJUZsM

2009年10月30日 (金)

朝原氏講演会【Ⅱ】

さて後半。

【過去の感覚】
調子の良いときの走り,その感覚は一端怪我などで失うと元にもどらないんだそうで。朝原氏も疲労骨折をしたときに感覚を取り戻すのが手探りで大変だったそうです。

でも彼は逆に,今までの過去の自分をリセットする良い機会になったそうで,いろんな練習を自由に取り入れるいいきっかけになったそうです。

【自分を中心に情報を取捨選択】
情報に惑わされず,自分を中心にしてその時必要としている情報のみ,自分から取りに行く。
雑誌の練習法などが「いいと書いてある」からするのではなく,自分に今欠けていたり補いたい部分を強化するにはこの練習を取り入れる,という方向で練習を柔軟に取り入れよう,とのこと。

【練習にこだわらない】
喰わず嫌いをせず,どんな練習でも自分に合うと思えば大学生の練習でもどんどん取り入れる。


彼は一度疲労骨折をやっているわけですが,やはり小さな故障を繰り返す予兆があったそうです。

『休むことが怖い』

痛みを抱えていても,調子が悪くても走ってしまうアマチュアの自分に重なります。

僕なんかはもっと素直に休むべきなんでしょうね。

彼はある試合に照準を合わせて,1年から1年半くらいかけてピーキングをするそうですが,やはり肉体的にではなく,精神的に維持することのほうが大変だそうです。

僕も年間レース数少ないですが,あるレースに向けて時間かけて合わせて行く方が好きです。

時々走っている自分が面白くなかったり,正直,走れなかった自分に戻る恐怖感から義務で走る時もあります。

でも,ラン仲間との交流が大きな力になってがんばれます。

アマチュアだって,頑張りますよ~!


練習の取捨選択は柔軟に,という話は参考になりました。

自分としては今,持久力が課題なので,スプリント系やインターバルはせずに持久系のトレーニング中心ですが,必要だと思って集中しているのだから問題なし!と自信が持てました。トラック練習入れる?と心揺れていましたが・・・。

そして自信の持てるような成功レースを蓄積することが大切なんですね。

ペース走や距離走も,飛ばしすぎて後半失速でないようなトレーニングを蓄積すればいいのだ!

さあ,週末も元気に走るぞ!


講演はとても分かりやすく,明確な言葉を使っておられました。
近隣の大学・高校生や指導者,桃夢クラブの方なども大勢来られていました。

みんなアスリートですから,それぞれ抱えている自分の課題も違うのでしょう,あとで何人かと話すと講演内容の解釈がそれぞれ違った,というのも面白かった。みなさん自分なりの消化をしているのですね。

2009年10月29日 (木)

「あきらめなければ夢は叶う」~陸上人生20年の軌跡~朝原宣治氏 講演会

Asahara

夕方6:00~7:30まで,岡山大学創立60周年記念講演会の一環として,北京オリンピック,陸上リレーの銅メダリスト朝原氏の講演会があり,ラン仲間のダンディーS氏と聴講してきました。

生で見る朝原氏は,イメージ通りのアスリートらしい引き締まった方で,どう見ても一線を退いたかたには見えませんでした。

タイトル通り,20年の競技者としての振り返りもありましたが,北京オリンピックのリレーメンバーに関する話がたくさん聞けて,いち陸上ファンとしては非常に有意義な時間になりました。短距離,長距離関係なく,スポーツに共通する普遍的な話も多く,個人的にはとても面白かったし,刺激を受けました。

内容を全てというわけにはいきませんが,僕が気になったキーワードは・・・

【再現性】
調子の良いときの自分を何度でもレースで確実に再現する力
今回の銅メダルメンバーは4人ともその能力が高かったそうです

【蓄積された自信】
大舞台で自分を見失うことなく戦うために,最後に力になるのは・・・
バトンパスに関しても,これが日本チームを支えたのですね。

よく失敗するアメリカチームの実態も教えてくれました。
信じられない彼らの実態・・・そりゃ失敗するわけだ。

要は興奮しすぎなんだそうで・・・


残りはまた次回。


2009年10月28日 (水)

朝原宣治氏講演会【岡山大学】

明日は北京オリンピックの×100mRで銅メダルを取った,朝原宣治氏の講演会を聴きに岡山大学に行く予定。

僕は中学・高校と短距離投てきをやっていた人間ですんで,生の朝原氏に会えるのは楽しみです。

おそらく技術的な話はないと思いますが,僕と年齢も近い彼が20年何を思って第一線で活躍していたのか?

無料ですが,会場内で聴くには人数制限があるそうです。

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/60th.html

陸上ファンの方でなくても,いかがですか?

2009年10月26日 (月)

村岡ダブルフル完走証届く

Photo

仕事から帰ってみると,噂の完走証が届いていました!

ラミネート加工までして下さっているのは初めてです。

手作り感最高ですね~!

文面読んでいて,そいうえば暑い秋の日だったな~と思いだしました。

よく歩かず完走したなぁ・・・。

もうあれから1ヶ月も経つのか・・・・。

2009年10月25日 (日)

愛するCasioのGPSウオッチ,迷機 GPR-100のサイト発見!

西もも所有のGPR-100のサイト発見!

http://www.casio.co.jp/release/2006/gpr_100.html


まだあったんですね・・・。

今のうちに保存しておこう。

カシオさん,ぜひGarminに対抗して,高性能化した『GPR-200』を出して欲しいな。

純国産でGarminより低価格

GPS精度はGarmin405以上

ハートレイトはモニターを胸に付けなくても時計裏面センサーで検知

リチウム電池で稼働時間は13時間

充電は非接触でワイヤレス

画面はカラー液晶か有機EL

ラップボタンは正面下部で大きいもの

操作はやっぱりベゼルがいいな

データ管理PCソフトか,ウェブにアップロードでジョグノートと連動

サイズはプロトレックの薄型で

もちろん気圧,天候予想,気温などプロトレックの基本機能は装備

体重計メーカーとタイアップで,体重や体脂肪率をワイヤレスで転送

ランニングGPS時計としてだけでなく,総合健康管理時計を目指すってのはどう?

PCとのリンクがハードルで使えない人が多いので,年配のランナーでも使いやすく

海外でもCASIOは名前が通っているので,表示は多言語可能

Pathfinder GPS for runners で発売とか

あとは商売になるかどうかですが,興味があって買いたいランナーは多いので,あとは価格がガーミンより低ければ・・・。


どうですか?カシオさん!

そうじゃ吉備路マラソン新コース試走

「Google Earth データ(部分試走)」をダウンロード

Kibiji_trial


ランニングクラブ、はっぴーずの皆さんの試走会にお邪魔してコースの一部を試走してきました。主催して下さったはっぴーずのせれさん,ありがとうございました。

総社南高校から南側や清音方面は走っていませんし、一部は予想らしいのですが、さて感想は…


大きく変わったのは、昨年僕を含め多くのランナーを苦しめた、35km近辺の北競技場を巡るアップダウン部分が外れました。そのかわりに清音側が延びた感じです。

次に、昨年は走った五重塔に正面から向かう道は走らずに、横目に見ながら通過です。ここは観客が多いので気分よく頑張れたのですが、登りでしたからね…。

フルは備中国分寺~造山古墳~足守川岡山総社IC~総社東小学校をめぐるコースを2周して,国分寺横を2回通過です。ハーフは国分寺横通過は1回で,岡山総社ICでフルに合流した後は岡山自動車道下を走る部分以降は共通です。ハーフはあまりカクカクしていません。

全体的に,少しでも道路封鎖を無くすため、運営サイドがコース設定にかなり苦心された感じがします。そのぶん,昨年以上にカクカク曲がるコースになっています。特に岡山総社IC近辺です。

清音から五重塔に向かう道の一部がアップダウンになっているだけで,あとはほぼフラットです。岡山自動車道の高架下を走る部分は昨年とかなり共通ですので,ここは当日の風の向きが気になるところです。正面から風を受けたまま数キロになるとキツイかも。(加古川フルのラストを思い起こして下さい)

後半の岡山総社IC以降の道は単調なので,加古川フルほどではないにせよ気分的に辛いかも。

自転車道を走る部分がけっこうありますが,コンクリ舗装なのでかなり衝撃がダイレクトにきます。気になる方はややソールが厚めのシューズがいいのではないでしょうか?

アップダウンがほとんどないので,やや高速コース気味という感じがしますが,フルに出る人は「カクカク」コーナーを上手に走り抜ける練習が必要です!(笑)


申し込みは11月1日からだそうですよ。
ランネット,あるいは山陽新聞の販売店に行けば申し込書がもらえます。
フル1500人,ハーフ1500人,4.6km3000人の募集だそうですが,先日の蒜山みたいに今年は定員になる部門もあるかもしれないですね。

最近ランニング始めた方は,まず4.6kmからどうでしょうか?


2009年10月22日 (木)

禅の呼吸法,ランの呼吸法

今日,職場のストレス解消法セミナーがあり,禅式の呼吸法の紹介・実践がありました。


半眼で背筋を伸ばしてイスに座る。

ゆっくり7秒息を吐いて,7秒息を吸う。

そのセット回数を数える。

聞こえてくる音に耳を研ぎ澄ます。

慣れてくると,呼吸サイクルを次第に長くしていく。

時間が経過するにつれ,周辺の小さな音1つ1つが大きく聞こえてきます。

手のひらが少し温かくなって,汗ばむのが感じられます。

5分ほどやっただけなのですが,心が何とおだやかになったことか!

講師の方(森口章氏:沢田の杖塾主催)は,この呼吸法のまま普段は自宅近辺を速歩されるとか。

そうすると,

「普段感じる脚の痛みが消える」

「頭上の柏の木の葉っぱが大きく感じられて,自分に覆い被さってくる感覚がする」

と,自然に敏感になるご自分の体験を話されました。

おそらく半分瞑想状態で歩くので,脳内分泌物が影響したり,五感の感度が最大になるのでしょうか。

この話を聞いていて,ラン中の自分の感覚に近いので,「同じ感覚だ!」と嬉しくなりました。


妙に周囲の自然の音が大きく聞こえたり,葉っぱが風に揺れるのが妙に気になったり。

トレイルに入っているときには,気になって立ち止まってしまうこともあります。

足の裏が妙に敏感になって,アスファルトの凹凸が気になったり・・・。

ランニングを始めて感じる身体の変化ってありますよね。

僕の場合,五感のセンサーが敏感になったことでしょうか。

飲み物・食べ物の味,体調の変化,緑色,土や木・空気の臭い・・・

毎日身体を動かすことで,稼働していなかった身体の機能が活性化するのでしょうね。

2009年10月20日 (火)

ペプシ『あずき』味

Azuki


http://www.suntory.co.jp/news/2009/10568.html

コーラ好きの僕としては,注目の製品!

ペプシの季節限定品,今回は何と『あずき』。

昔,しそやきゅうりなど不思議な味を出してましたね。1本は飲んでみますが,続けて買うものではなかった・・・。

でも,変わり種を毎回出してくれるので,コーラ好きとしては触手がのびます。


2009年10月18日 (日)

蒜山マラソン景品

Image017


こいつが欲しくて頑張って走りました・・・。

結果19位,年代別6位!(1:23:39) 無事プリンget!

最後3km程は頭の中が『プリン』でいっぱいでした。

後ろから足音がすると『プリン渡してなるかい!』と意地で抜き返したり・・・。

最後はトラック勝負までしましたが,5位の方には追いつけませんでした。

でも,そんな勝負している42才の自分が楽しかったです。

後でガーミンの記録を見てみると,最後の瞬間スピードはキロ3分まで出していました。

練習でもそんなダッシュしたことないのに,です。さすがプリンの力!

1~3位のVAAMは子供が喜ばないので,これの方がいいです!(負け惜しみともいう)


でも,もし景品がビールのケースだったら・・・・。ブルブルガクガク・・・(笑)

表彰も美人の天満屋マネージャー,山本奈美枝さんにしてもらって,おじさん感激です・・。
http://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/member.html

握手してもらえばよかった。一瞬躊躇してしまった,不覚!(かなりタイプです・・・笑)


今日は気温も程ほどで,少し前半向かい風でしたが,後半は逆に背中を押してくれ,疲れたランナーには助かったのでは?

参加者数も過去最高とのことで,この大会では見たことがないシャトルバスが出動していました。会場から少し離れた小学校や役場の駐車場に止めた人はバスに乗ったのでしょう。関西の大会では普通の光景ですが,我々中四国の田舎人間には,「車で来たのに・・・」と「文句を言った人もいたかも。(笑)

メイン会場付近に止められる「青駐車場券」を持っていたが,近くに止められなかった人が道路に止めていたのは驚き!(誘導されたのでしょうが)

今年の参加賞はTシャツ無しで,携帯ポンチョでしたね。常時着るものではないですが,寒い日に役に立ちそうなので車に置くことにします。

参加したランナーの皆さん,お疲れ様でした。
しっかりストレッチして寝ましょうね。

今年は800人余分に受け入れたみたいですが,来年は3000名で締め切るのかな?


秋トマト(ミニトマト)挑戦中!

Photo

夏に失敗した桃太郎トマトのリベンジをすべく,只今秋トマトといわれるプチトマトに挑戦中。

ホームセンターで1本300円くらいで購入しました。

日照があまり強くなくても,霜が降りる頃までなら育つそうですが,本当かな?

台風シーズンなので,幼苗のころには折れないように気を遣いましたが,なんとか元気に。

子供が学校の植物栽培に使っていたポットを拝借していますが,気がついたら結実してました。

こんなに涼しくなってもちゃんと出来るものですね・・・・。


夏に失敗の桃太郎はたった2個結実でしたが,今回はけっこう収穫出来そうです。

2009年10月17日 (土)

第28回蒜山高原マラソン

明日参加しますが,案内を昨日開封して「へ~っ」と思ったこと。

参加人数が多いので,申し込み順に駐車場指定になってます。

定員の3000名までは会場周辺の駐車場。
定員到達後に手続き完了した人は臨時駐車場+シャトルバス輸送。

東京マラソンの影響でランニングが少しブームだとは聞いていますし,
実際に休日走るとランナーも多いのは確か。

(僕は早朝走るので,その時間に走る人はほとんど見かけませんが)

こんなところにも影響があるのですね。

走り出す目的もひとそれぞれだし目標も違うでしょう。

仲間が増えるのはいいことです。

僕は賑やかな大会会場が好きです。


さて,大根もらいに行って来るか。
今年はプリン賞もらえるかな?

2009年10月10日 (土)

「なかうみ」エントリー忘れ・・・いや,やっぱりエントリーしてた(笑)

今朝,郵便受けにエントリー案内が入っていた・・・。

やっぱりエントリーしていたらしい。

笠岡べいふぁーむもエントリーしてしまったし・・・。

どうしようかな?


なかうみマラソンは毎回ゲストが華やかで,会場も大にぎわいです。

応援もたくさんありますし,コースも記録が出やすいので好きです。

間寛平が来たときには盛り上がったな~。

大会のコーディネイトはウェルネスの坂本雄次さんがしているのかな?

だから,ランナーのストレスがないのかもしれないですね。


なかうみエントリー忘れだと思って,あわてて笠岡べいふぁーむのハーフにエントリーしてしまった。

一度は走ってみたいのですが,どんなこーすかな?

「肥やし」のいいにおいが・・・・という噂を聞きましたが,さて・・・。
大会パンフレット(PDF)

2009年10月 5日 (月)

男前豆腐店クリームパン

http://news.walkerplus.com/2009/1005/6/

以前食べてとても美味しかった『男前豆腐店』のクリームパンがまた再発売(期間限定)らしい!

コンビニへ走らねば!

今回は種類も増えたらしい。

期待です!

2009年10月 4日 (日)

Martin Wing [The North Face] その後

Platypus


夏のロング走用にと購入した,Martin Wing。その後も大活躍しております。

実は外出時も持って出たりします。小物が入ってコンパクトなので・・・。

身体へのピッタリ感はピカイチ,とは以前記事にした通りです。トレラン,ロング走でも大活躍!

特にウェスト部分の収納がかなり大きく,すぐに取り出したいものをたくさん入れられるのがいいです。

キーワードは

『ピッタリ』『軽量』『最小限』『カッコイイ(笑)』あたりでしょうか。


耐久系の大会に・・・と考えている人も多いでしょう。

ですが,

こいつに水2L入れて,サイドポケットにいっぱい携行食装備して完走出来る人はかなりのレベルだと思うので,僕なんかだったら,間違いなくもうちょっと大きいものを別途購入しますね。着替えはほとんど入りませんし。

もちろん,気候の安定した日の,休日ロングランやトレラン程度なら最高の相棒です。

僕は,ウェスト近辺の重心バランスが狂うのが嫌いなので,ボトルポーチを使いません。そのかわり小銭をたくさん持って,買うたびに飲みきるか,500mlを買って半分飲んでから残りをMartin Wingに入れて,ゴムのコードをしっかり締めて,小さくして走ります。背中にぴたりと来るので重心バランスも狂わず,テンポ良く走れます。


ところで,一つだけあえて言うなら,

同時に買ったハイドレーションパックの『プラティパス ビッグジップ(2.0L)』の,一番上の引っかけるプラスチック部分が,Martin Wingには合わないです。サイズは2Lで問題ないんですが,水を飲んで内部の容量が減ったときに,上部がずり落ちないようにする部分が,うまく引っかからないのです。ゴムバンドでくくるとかして工夫が必要ですね。『ハイドラパック』とかのほうが良いかもしれません。『プラティパス』は薄いので,破れるのも早そうな気がします。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »