フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

男子アルペンスキー FIS W杯~スラローム(SL)~ クラニスカ・ゴラ -Kranjska Gora-

<男子アルペンスキー FIS W杯09/10>
     ~スラローム(SL)~
  クラニスカ・ゴラ -Kranjska Gora-

解説:岡田利修 実況:吉田暁央
開催地:クラニスカ・ゴラ/スロベニア
開催日:2010年1月31日
4年に1度のオリンピックイヤーを迎え、大いなる盛り上がりを見せるアルペンスキー・ワールドカップ。
2010年2月に開催されるバンクーバー冬季五輪に向け、各選手がさらなる飛躍を誓う今シーズン。
ジャパンチームからは佐々木明、皆川賢太郎、湯浅直樹らが参戦を予定。80年の歴史を誇る、日本スキー史上初の快挙となる『世紀の瞬間』を飾ることができるか?

<<上記はJ SPORTS番組紹介より>>

放送はJ SPORTSで31日(日)17:35~。ライブです!

さあて,オリンピック前盛り上がっていきましょう!
(実はオリンピックよりワールドカップで種目総合優勝したり,入賞することの方が難しいと思っているんですけど・・・)

スケート(フィギュア・スピード・ショートラ)やフリースタイルスキーばっかりでなく,伝統のアルペンやノルディックも注目ですよ!

やっぱりフィギュアとかは派手だもんね・・・。

さてさて,西ももイチオシのワールドカップ・スラローム。

五輪メンバーの佐々木・皆川に加えて,西ももイチオシの湯浅も登場!

前回彼は2本目のラップをとっていたはず。(誰よりも速かったってことです)
ノリにのっていますので,楽しみです。

前回の興奮を再び僕らに!

残念ながら,スカパーやCATVに加入していて視聴契約してないと見えないのですが,見えない方は翌日の新聞スポーツ面を見てくださいね。

日本選手頑張れ!

『浜鍋』会(半同窓会)

昨夜は大学時代の同級生と新年会。

毎年,永久幹事の友人浜松君が苦労して時期と場所をセッティングしてくれます。

もともとは寒い時期に鍋をつっつく会だったので,次回は鍋がいいなという声も。

メンバーにFPの資格を持つ者がいるので,金融関連の話は参考になりますね。

もう一人の友人は吉備文化財センターに勤務とのこと。

な~んだ,いつも僕は近辺走りまわっているんだ。

平日の休みの日には職場に押しかけてみようっと。

吉備文化財センター
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/kodaik.htm

ここの展示室は土日祝日も開館で無料って知ってました?

僕は存在も開館も知っていたのですが,いつもはトレーニングの最中で,おまけに頂上近辺ですのでしんどいから立ち寄ることはなかったんですけどね。

吉備の歴史や発掘に興味がある人はぜひどうぞ。

その際には『氏平(うじひら)』氏をぜひともご指名を。指名すると大喜びで展示品解説してくれるかも。

もちろん無料です。(笑)

ザ・オジサマ,って感じのいい奴ですよ。(笑)

2010年1月28日 (木)

アルペンスキーのW-Cupといえば【写真】

スポーツフォトグラファーの石井慎一郎氏のサイトが綺麗です。
http://www.shinichirotanaka.com

僕も時々カメラやビデオを持ったまま滑り,滑りながら子供や知り合いの写真とったりします。

静止して集合写真で『ピース!』もいいんですが,一緒に動きながらだと下手な写真でも風景が流れているのでカッコいい写真が撮れますよね。

素人がやってることですので,当たり前ですが動きながらの写真は難しいです。

スポーツ選手を被写体にする写真家は,100分の1秒で戦う選手の一瞬を切り取るのですから,機器の性能だけでは作品にならないですよね。選手の背景やその競技自体の造詣も深くないといけない。

今年のオリンピックも大勢のフォトグラファーがカナダ入りするのでしょうが,何年もかけてずっと被写体になる選手を取材している人はどれくらいなのでしょうね?


四輪車のワールドカップ,WRC(World Rally Championship)を取材するモータースポーツジャーナリストに好きな人がいるのですが,この話はまたの機会に。

今季WRCはまだ始まっていません。

こちらも楽しみ。


ランニングもバイクもスキーもクルマもそうですが,結局僕は『スピード』が好きなんでしょうね。(笑)

Image7

まだ車検あがってこない・・・。

やるじゃないか,湯浅直樹!

Yuasa


http://news.goo.ne.jp/photo/jiji/sports/jiji-8884764.html

ライブで見えなかったのが残念だ・・・。

でも興奮したぜぇ!

オリンピックは出られなくても,俺は応援するぞ!

もう迷う事もないだろ?

次のクラニスカ・ゴラではpodium(ポディウム:表彰台)狙って攻めてくれ。

それが君のオリンピックだ!

ブログに書き込まれたみんなの応援の言葉,しっかり食べてくれよ!
http://ameblo.jp/naoki-yuasa1321/


アルペンスキーは分からないけど・・・オリンピックは見るよ,という方も

新聞でもいいですから,彼の活躍を応援してください。

日本代表にはならなかったけど,代表選手より速い若いヤツがいたんだ,と思ってオリンピック見てください。

それにしても,ワールドカップ第5戦で佐々木くんがもっと上位に入っていてくれれば・・・と残念で仕方ないですね。そしたら湯浅も出場出来たのにね。

湯浅のオリンピック,見たかった。

彼のシーズン残りを応援しますよ!

2010年1月26日 (火)

下半身その後・・・(笑)

昨年後半より痛めた右大腿部(内転筋)と右下腹部(腸腰筋)。

鍼灸の助けも効果なく,完全休足してみても変わらず。

多少効果があるのは,温浴と入浴後のストレッチ。

気分も塞ぐし,どうせ変わらないならと低頻度でスロージョグに切り替えています。

強い負荷をかけるとよくないのですが,少し体を使っているほうが調子もいいみたい。

それにしても,しつこい痛みです。特に腸腰筋・・・。

故障した実業団選手がなかなか復帰しないのがよくわかります。

春頃には・・・と思っていましたが,どうやらまだまだ長引きそうです。

元気に活躍している知り合いランナーの活躍が羨ましいところではありますが,ここは落ち着いて時間をかけようと思います。

五体ちゃんと動きますし,ウインタースポーツも楽しめます。

贅沢言ってはいけないですよね。

湯淺直樹,君にはまだまだ活躍して欲しいんだ!

アルペンスキーW杯 男子回転、ノイロイターが初優勝
1月25日9時0分配信 ロイター
男子回転第6戦 合計1分37秒35でW杯をW杯を初めて制したフェリックス・ノイロイター(ドイツ)。湯浅直樹(スポーツアルペンク)が1分40秒21で今季日本勢最高に並ぶ15位=24日、オーストリア・キッツビューエル(REUTERS)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100125-00000004-reu_k-spo.view-000

バンクーバーの代表選考に漏れ,ブログでは進退問題まで言及して更新をストップしている湯浅選手。

第6戦,キッツビューエルでは一発奮起で15位。

今回,佐々木も皆川もDNFですからね。

今回のオリンピックには出なくても,まだまだ世界で活躍出来るこれからの選手なのです!

辞めるなんて言わないで,まだまだ興奮の滑りを見せて欲しい。

君の滑りに元気をもらっているオジサンランナーもいるんだぞ~!!


2010年1月25日 (月)

蒜山プリン【ジャージー牛乳】蒜山SAにて

Pudding


蒜山SAといえは,濃厚ソフトクリームが有名ですね。

ふと買ってみた『蒜山プリン』

ちょっと高いのですが・・・・激しくうまい!!!

お試しあれ。

プリン通の方も笑顔マチガイなし!

大山スキー場も大変です・・・

Daisen_002

雪がそんなに降らない割にはタイミングよくゲレンデを楽しめている今シーズンです。

写真は先日の日曜の昼ごろの大山中の原でありますが,とにかく人が少ないでしょ・・・20年前のアホみたいな混雑を覚えているスキーヤーとしては嬉しい限りですが。

日曜の屋内駐車場が満車になるのが9時ですからね・・・。僕は数台差でタイミング悪く入れず槇原からシャトルで上がりましたが,駐車場は50%位とまっていました。

ゲレンデはガラガラ,12:00でも13:00でもレストハウスも空席ありで家族4人が余裕で座れます。14:00には国際も中の原も団体様貸切状態。

日曜日でこれですから,平日は推して図るべし。

あの殿様商売でサービス悪く悪名高かった大山スキー場が,平日3900円チケット販売を始めるわけです。

んでまた高速道路が開通して日帰りが増え,旅館は大変だそうです。実際何件も廃業してますし。

こりゃ下手すると・・・・スキー場自体やばいぞ。

景色は素晴らしいんですけどね。


Daisen_003


2010年1月22日 (金)

現代の名工、三村仁司氏が生み出すシューズ【AllAbout】

http://allabout.co.jp/sports/jogging/closeup/CU20100114A/?NLV=NL000723-87

アシックスを退社した三村さん,今度はアディダスで活躍とのこと。

僕はトレーニングはミズノ製,アディダス製はレース用に使っています。

三村さんはこれから一般用のシューズにも関わるそうです。

一年後には三村さんが製作にからんだ製品が出てくるワケです。アディダス派のランナーは楽しみですね。

アディダスはすごい人を見方につけたな・・・。

ハイチ支援

写真は一番現実を伝えますね。

NY Times A Photo Gallery : Haiti Earthquake
http://www.nytimes.com/packages/html/photo/2010-haiti/index.html

今一番差し迫った危険は,瓦礫の山の処理ではなく,『病』の対応なんですね。
http://www.nytimes.com/2010/01/21/world/americas/21haiti.html

"But the authorities said the biggest dangers now facing survivors of last week’s major earthquake were untreated wounds and rising disease, not falling debris."

昨日の新聞にAMDAの菅波さんが出発したという記事がありましたが,現実問題として直接何も出来ない僕らに出来ることは,資金面で援助することでしょう。

よく『援助』というと物資の提供を考えて,毛布や衣類もろもろを現地に送りつける人が多いらしいのですが,AMDAの方々の講演会などを聞くと,現地の状況によって必要な物資は刻々と変わるので,一番いいのは『活動資金』なんだそうです。僕も講演を数回聞いて『現金支援』への認識が変わりました。

今困っているのが『食』と『病』だとすると,岡山にも拠点があるAMDAへの支援が身近に出来る最短の選択肢の一つかも。活動も目に見えますしね。

AMDAのHPを見れば活動報告もありますが,AMDA口座への送金やクリックすると協賛企業が募金するシステムもあるみたいですので,気軽に少しでもお手伝いすればどうでしょう?

AMDAのHP
http://amda.or.jp/

ワンクリック募金
http://amda.bokinbako.org/

特定の活動を支援する場合は,振込用紙記入がいいようです。
僕は今日休暇なので,郵便局で少し募金応援してこようと思っています。

人道的に,とか大仰な気持ちではなく,フォトギャラリーに出てくる生まれたばかりの赤ちゃんの生命を助けてあげたい。手足を切断しなければならない患者さんの,当面の痛みを少しでもとってあげたい。

それだけです。

2010年1月20日 (水)

百間川ふれあいマラソン

今年初めて参加します。今日申し込みしました。

子供(小2)2人と一緒に3kmに出ます。僕はオープン参加になりますので,順位は出ません。

子どもたちに声をかけながら走り,完走を見届けたいと思います。

本人たちは以前何回か3kmは完走しているので5kmに出たかったようですが,小学生は3kmみたいですね。

初めて出場したのは2年前の保育園時代,千屋ダム健康マラソンの2kmだったなぁ。

16分くらいかかって帰ってきた。

片方の子はスタートで靴が脱げたのに流れ(雰囲気)に飲まれてしまい,我を忘れて数百メートル走りやっと靴が脱げた事に気がついた。

「おとうちゃん,靴が脱げたよ・・・」(何でそれで走ったんだ?)

見ると泥だらけの靴下・・・。

急いで取りにスタートへ戻ろうとすると,後送のバイクの方が持って来てくれたっけ・・・。

あれから何回かエントリーしましたが,3kmは走りきれると分かっているようです。

さて,久しぶりに親子でエントリーです。

2010年1月19日 (火)

男子アルペンスキー代表決定

ワタクシ,冬場はスキーヤーであります。いちばんマラソンに適した季節なので勿体無い気もしますが,自然の中で思いっきりエッジをきかせて雪山を滑り降りる爽快感は捨てられません・・・。

そもそも,ランニングはスキーのためのトレーニングでもあったのですが・・・。
今シーズンも家族そして個人で楽しんでおります。

普段はFISワールドカップをTVで観戦しております。(CS契約がないと見れませんが)
J-SPORTSにて,スラローム(SL)はほぼ全戦,ダウンヒル(DH)や大回転(GS)は時々見ております。

さて,今年はもう少しでバンクーバーオリンピック。

僕はアルペンスキーのファンですので,代表選考には興味深々です。

4年前の皆川賢太郎,湯淺直樹の活躍も記憶に新しいですが,先日ワールドカップの第5戦がスイスのウェンゲンでありまして,結局代表は佐々木明,皆川賢太郎の2人に決まりました。

皆川賢太郎
http://ameblo.jp/kentaro1up/

佐々木明
http://blog.livedoor.jp/akirasasaki81/


昨シーズンは3人とも不調でしたし,皆川氏はケガからの復調がままならず,ムリかな~と思っておりました。

個人的には成長中で安定性が出てきた湯淺と,波があるもののやはりいい結果は残す佐々木明かなと思っておりました。佐々木明はほぼ確定で,もう一人の選考がずれ込んだウェンゲンの第5戦。結局勝ったのは皆川で,湯淺は現時点では落選。(まだ日本にもう一枠くる可能性もあるので)皆川は上村愛子と夫婦での参加が実現。

やはり最後の実力,という考えも出来ますが,湯浅氏残念・・・。

トリノオリンピックでの彼の激走をもう一度見たかった。

ブログを見ると現役引退を示唆しているのだが,ファンが思う以上に疲れているのかな?
http://ameblo.jp/naoki-yuasa1321/

まだまだ世界で戦って欲しい選手なんだが。

世間は上村愛子ばかり注目してるが,フリースタイルでなくアルペンも注目ですぞ!

でもちょっと日本人のメダルは難しいかな。

2010年1月18日 (月)

『夏から夏へ』佐藤 多佳子

Natsu


北京オリンピック,男子4継(4 x 100)で入賞したあのリレーチームを覚えてますか?

塚原・末續・高平・朝原にリザーブの小島を加えたメンバーが,大阪世界陸上からオリンピックまでをどう戦ったのかうまくまとめ上げたノンフィクションです。作者はあの『一瞬の風になれ』の佐藤多佳子さん。筆者自身は陸上経験者ではないですが,時間をかけてしっかり取材してあり,技術面偏重でなく精神面や背景を深く描き込んでいます。(ややあっさりし過ぎの感もありますが)

オリンピックで成績がヨカッタから書いたのではなく,それ以前に取材されていたものです。

僕自身中学高校時代に4継の経験はありますので,駅伝やマイルリレー(4 x 400)と違って「バトンが渡らない」ことへの恐怖感や緊張感は分かっているつもり。(なので内容にすごく共感するのですが)

でも,その経験がない読者でも十二分に彼らの凄さが伝わってくると思います。世界レベルの選手というものがどういった人間なのか,びっくりしますよ。研ぎ澄まされた感覚,言い方を変えれば神の領域なのかも。

あの38秒に至るまでにどんなことが起こっていたのか,5人にひとりずつスポットをあてて描き出しています。

朝原氏はもうあのメンバーにはいませんが,残った4人が中心に次期メンバーが組まれるでしょう。この本を読めばもっと楽しくなるはず。リレーでなくても個々のメンバーは今だに日本を代表する選手ですから,目にした時の楽しさが倍増しますよ。

陸上好きの人はもちろん,そうでない人にもオススメ。

久々に面白いスポーツフィクション作品でした。(集英社,1500円)

2010年1月17日 (日)

ランニング用イヤホン購入 【PHILIPS SHE9701】

Philips_001


Philips_002


現在使用中のランニング用のイヤホンが一つ調子が悪くなってきた(左のみ音像不明瞭)ので,買い替え。

音で選んでPHILIPS SHE9701を購入してみました。

音は並行して使用しているビクター製と比べると,低音がやや抑えめです。『ドンシャリ』の好きな僕には少しもの足りませんが,純正よりは音全体が前に出てくるのでOK。

ただし,ランニング用としてはいささか不安定。イヤーピースをいろいろ交換してみましたが,耳の穴のみで安定させる構造なので,走りながらの安定感は低いです。

どうやら静止状態か自転車や歩行中の使用までに限られそうです。音は良いんだけどね・・・。

個人的には以前の記事で紹介したビクター製HP-FX66ほうが好きです。こちらの方が外耳道の穴のみでなく,その外の部分の2箇所で支えているので,抜群に安定がいいです。

2010年1月15日 (金)

献血拒否された!【初】

毎朝聞いているFM番組で最近ずっと献血推進のコーナーがある。

昔と比べて,若者の献血が尋常でなく減っていいるということなので,よしこれはオジサンも役に立たねばと7年ぶりに献血に行った。(過去20回ほど経験あり)
http://www.okayama.bc.jrc.or.jp/


というより,今日はたまたま岡山の献血センターの近くで仕事が早めに終わったので行ってみたのだが。

びっくりしたことに,昔と違って事前チェックや告知がとてつもなく厳しい。

本人確認もあり,特に海外渡航歴をとても詳しくチェックされる。

英国渡航歴がある人は,それ自体でアウト。(クロイツェルト・ヤコブ病の関係)

僕は年末マレーシアに渡航しているので,いつ帰国だったのか聞かれたので答えた。

問診に回されたので,医師の前に行くと,「4週間たっていないので出来ませんね」だそうだ。(なら最初の受付の段階で言ってくれ!)

マレーのどのような地方に行ったのかも聞かれた。

「街か田舎か?ジャングル?」(何が基準だ?)

ボルネオ島自体田舎だしジャングルばかり,海岸線の開けた場所以外はほとんどジャングルみたいなものなんだが,どうやら伝染病とかの潜伏期間を気にしての措置らしい。

どう答えたらいいのか迷った。

「島自体が田舎ですよ。まあ,いたのはほとんど海岸よりですが。」

「ならいいです。」

何だその程度か。要するに蚊に刺されるような国に行ったのなら,献血は当分するなということか。

張り切って準備をしていた女性スタッフ達が「あれ?」という顔で出て行く僕を見ていた。

待合にいるドナーもみんな「?????」の顔。

なかなかいずみ町の献血センターや表町の献血ルームまで出向けない僕としては残念だが,仕方ない。

久しぶりに行ったのだが,質問の意図を伝えられないまま根ほり葉掘り聞かれたので,正直あまり気分は良くない。

気分的に勢いを削がれたので,残念だがもう当分行く機会はないだろう。

ランニングをする人は,ハードトレーニングのあとや大会の翌日に行くと,血液の諸数値がとんでもない値を示したりすることもあって,断られることもあると聞く。

タイミングも関係するのである。

英国渡航歴がある人,海外旅行によく行く人は要注意である。

ラジオやテレビで「献血を!」と呼びかけるなら,不適格条件も情報として流して欲しいなぁ。

体重や既往症,年齢,海外渡航歴,比重などいろいろあるのだから。

2010年1月14日 (木)

間寛平,前立腺がん闘病しながらアースマラソン続行

ニュースでも話題になってますね。

予定の半分は過ぎてはいますが,まだまだゴールには遠い・・・。

帰国して手術・治療しないのは,たぶん,昨年ガンで亡くなった忌野清志郎との約束か何かがあるのだろう。応援ソングとかももらっていた気がするし。

還暦も迎えて,少しでも元気なうちにこの壮大なチャレンジ旅を完結させたいのかもしれない。


「何かやりたいことを先延ばしにしても,実際行動に移せる環境が揃ったとき,『自分の体がそこにある』保証はどこにもない。」

そういった意味のことを,ある知り合いランナーさんが言われました。

比較的治療しやすい病とはいえ,寛平ちゃんは今どんな気持ちなのだろう。

コメディアン間寛平ではなく,いちランナー,いち普通のおじちゃんとして,ある一人の冒険者として,今何を考えて走り,眠っているのだろう。

間寛平『アースマラソン』公式サイト
http://www.earth-marathon.com/

2010年1月13日 (水)

英語辞書の違い&電子辞書

電子辞書って何を基準に選びますか?

僕は,コンテンツの数より入っている辞書の内容を重視します。一番使うのは英語の辞書と国語辞書ですし,その他の辞書はほとんどひきませんので,どうでもいいです。(笑)というより,百科事典みたいに調べるならネットで検索した方がはるかに詳しい。

次にコーパス的に例文検索機能をよく使いますので,例文の検索しやすさも重要です。

そして英英,英和,和英の充実です。英英は可能なら複数出版社が欲しい。

でも各社の電子辞書ってコンテンツがほとんど同じなんですよね。(カシオとシャープ)

マニアックかもしれませんが,僕はセイコー製のSII(エスアイアイ)シリーズが好き。現時点での英語電子辞書の最高峰モデルは『SR-G10001』だと思ってます。買いたいのですが,さすがにちょっと高い。今使っている昔のSRシリーズをずっと愛用しています。

語学向け最高峰シリーズ最新型
http://www.sii.co.jp/cp/products/english/srg10001/index.html

欲しい・・・・。

このSIIのサイトに英語辞書の違いについてとてもいいページがあります。
http://www.sii.co.jp/cp/dictionary/lex/index.html?cptp=4

とても明快に紹介してありますので,辞書選びや電子辞書コンテンツの比較の際にはぜひご参考に。

2010年1月12日 (火)

まんのう公園リレーマラソンって・・・

とっても面白い大会ですよ。

参加されたことが無い方に,こんな大会だっていうご紹介を少し。

1チーム4人以上で編成して一人1回以上は走るので,人数が多ければ多いほど走る距離は短くなります。2km×20+2.195kmですので,大人数編成のチームだと1~2回しか出番がなくなるかも。

速い人には複数回走ってもらって,自信のない人は1周とかでもいいわけです。

コースはそこそこアップダウンがあり,2kmという距離なので,スピード練習してない人は心拍が上がってきついかもしれませんね。ミニクロカンという感じです。僕は普段1kmとかのトレーニングしないので,慣れない1本目はしんどかった・・・。

一般・男女混合・職場など参加部門もいくつかあります。30分おきに途中経過が掲示されるので,ちょっとした耐久カー(バイク)レースみたいな感じ。会場PCでも速報してるらしいんですが・・・。

350チームほど参加があり,レベルも千差万別です。

大学の陸上部メンバーのみのサラブレッドチームから,僕が参加したようなランニングクラブチーム,職場の運動不足解消チーム,家族チーム,陸上部学生+その家族などいろいろなので,ランニングのレベルは気にせず参加できます。

職場や学校の仲間と一緒に,イベントを楽しむつもりで参加したら面白いですよ。

駅伝とは違って「リレー」なので,参加者全員がテイクオーバーゾーンにいるので,応援もしやすいです。

会場の近くはうどん屋の名店が多いエリアでもあるので,参加後はうどん屋を探してみるのも楽しいです。

菓子処「ひらい」 の塩大福が好きだ。

僕は和菓子が好きです。

といっても各地の銘菓や岡山県内の和菓子店を食べ歩いて論評するわけではありません。でも,訪れた地方地方の銘菓は一応食べてみます。

ランのトレーニングが終わったあと,饅頭をほおばって至福の時を過ごすのが楽しみです。だからいつまで経ってもランナー体型になりません・・・(涙)

岡山県内では,倉敷市の玉島に本店がある「菓子処 ひらい」の『良寛てまり』『良寛てまり餅』が大好きで,玉島近辺を通りがかったら本店に足を運びます。

http://nttbj.itp.ne.jp/0865223077/index.html

この店は「塩豆大福」が絶品です!
詳しいブログを書いておられる方がおられます。

『岡山倉敷和菓子三昧』のブログ(ここはすごい充実!)
http://okayama.okaimono-review.jp/hirai/

「ひらい」ファンの私としてはたまらないサイトです!

が,頻繁に足も運べないので,マルナカの3個パックの少し小さい製品を愛好しております。

僕が毎週のように買い込む,「ひらい」のスーパー向け製品。
Img_1765256円なり


Img_1767

庶民派和菓子ファンの皆様,ぜひ一度堪能ください。あなたのいつも通うスーパーの和菓子棚,ダイエットばかり気にして見ないふりしてないですか? ケーキや洋菓子より,あんこの方がカロリーははるかに少ないですよ!

「ひらい」の店舗にはシーズンごとに旬のお菓子が並びますから,近くを通ったらぜひ覗いてみてください。

僕はここの苺大福も大好きです。コンビニのなんかもう食べられない・・・。

あああああぁ・・・・良寛てまり食べたくなった。

2010年1月11日 (月)

昨日のまんのう公園リレーマラソン result

総合  部門別 部門名 No チーム名 地区 Time
1        一般 240 徳島文理高・大 徳島 2:19:43.489
2     男女混合 151 こんがりポテト 岡山 2:24:08.922
3        一般 218 石井ドームAC 徳島 2:24:23.372
4 1   男女混合 345 チーム生活習慣病 岡山 2:25:41.440
5 1   職場仲間 46 倉敷市役所走友会Sチーム 岡山 2:28:44.094
6 2   職場仲間 328 零小隊    JAPAN 京都 2:29:44.094
7 2   男女混合 332 綾川ACもみの木薬局 香川 2:32:44.655
8 1      一般 272 徳島・三好RC 徳島 2:32:58.088
9 3   職場仲間 143 三菱電機・丸亀RC-G2 香川 2:34:50.530
10 3   男女混合 335 KMS1 高知 2:35:11.494
11 2      一般 222 広大ランナーズいがわ組 広島 2:35:54.179
12 4   男女混合 52 はっぴーず 岡山 2:38:51.183
13 5   男女混合 223 むさい男と乙女たち 広島 2:40:37.770
14 4   職場仲間 58 三菱電機・丸亀RC-G1 香川 2:41:01.678
15 5   職場仲間 56 サキチル 徳島 2:41:16.104
16 6   職場仲間 64 坂上の輝雲 香川 2:41:25.438
17 3      一般 301 スペシャルチーム 香川 2:42:52.463
18 4      一般 171 峰山特攻隊(本気組) 香川 2:44:55.713
19 5      一般 2 公渕公園走ろう会 香川 2:45:09.988
20 7   職場仲間 310 カンキーズ2 香川 2:45:58.606

参加した『男女混合』,上位の岡山2チームの正体が知りたいっす!

2010年1月10日 (日)

讃岐まんのう公園 リレーマラソン

脚の状態は変わらずなのですが,以前からの予定ですし参加してきました。

岡山はっぴーずの皆さんに混ぜてもらい,故障中ですが「今日はちょっと元気なオジサンになる!」と元気を出しました。

若手のホープ快足ランナー,ドゥーちゃん,はっちん,サッチー,hitomi,さんきち(そのうち改称?)と西ももの6人で男女混合にエントリー。ドゥーちゃんに東洋大学の柏原なみの期待を込めて一走から活躍してもらいました。

『リレー』と名のつくものは高校時代の400mリレー以来ですので,出走前にはかなり緊張。それでも走り出してみれば何とかなるものですが,やはり2000mという距離だと心肺機能がキツイキツイ! 走り終わると喉から胸まわりが擦り切れて血でも出るんじゃないかと思うくらいしんどかった!

担当は4本(8000m)なので,限界ばかりで走るわけもいかず,後半2本の間隔が15,6分しかないので,セーブしながらも4本まとめるのは大変。最後にアンカーのドゥーちゃんに渡すとヘロヘロでした。

最後は全員でゴールしようと待ち構えていたのですが,ゴール周辺の観衆がどよめく位の激しい「ドゥーベルアタック!」を目の当たりにして,誰も一緒にゴール出来ませんでした・・・。(速すぎるよ,ドゥーちゃん・・・)

結果,男女混合の部で4位。

惜しい,あともう一つで副賞もらえたのにね。

まあ,3位と差もあるし,どうやら1~3位にはどこかの大学の陸上部もいたみたいですから仕方ないでしょう。

みんな腹も減っていたので,急いで撤収。みんなでうどん屋を一軒攻めて帰宅しました。

今の僕にしてはかなりハイスピードでしたのでけっこう疲れましたが,とても楽しくて充実した一日でした。

普段顔を合わすことがなくても,同じ趣味の人が集って一つの目標を目指す。おまけに他のチームと競いあうっていうのは興奮しますね!

あ~楽しかった。

2010年1月 9日 (土)

岡山~吹屋 歴史街道ウルトラマラニック

年も明けたので,今年気になっている大会を一つ紹介。

ブログを通じてちょこっと知り合いになった,村松さん(実はすごい方・・・)が企画の『岡山~吹屋 歴史街道ウルトラマラニック』の概要がほぼ固まったみたいです。

http://corredor.jp/fukiya/#ultra_maranik

競技性はないので,「ウルトラに興味はあるけど,距離が・・・」と心配な方がまずワンステップ取り組むのにはいいのでは? 50km,60km,75kmとあります。

折角ですから僕は75kmに参加したいなと思っているのですが,7:30発で18:00着すればいいので,単純に最低8分24秒ペースが維持できればいいので気が楽ですね。(かなりエイドで休憩しても大丈夫でしょう)

スタートは僕がよく走る,馴染みの吉備津神社でゴールは吹屋。途中は初夏の吉備高原や賀陽・高梁・成羽あたりですから,自然満喫,グリーンシャワー浴びまくりですよ! ベンガラで有名な吹屋の街も楽しめそう。

山西先生をはじめ,貝畑さんのTrans Europe Foot Raceや村松さんのWestern Statesの話が聞けるのかな~と楽しみにしております。もう少ししたら募集開始みたいです。

タイムに縛られず,のんびり岡山のへそを走ってみたいランナーのみなさん,参加してみませんか?

2010年1月 8日 (金)

自家熟成(笑)手作り『さくらリキュール』完成!

Sakura_001

氷砂糖も溶けました。(娘達が時々撹拌してくれていたらしい)

Sakura_002

氷砂糖はホラ,もう見えない!

Sakura_003

桜の花びらも,瓶の中で綺麗に咲いていますよ!

さてさて,いつ飲もうかな。

ボクのは芋焼酎,
友人まさちゃん師匠(ランナー)は蕎麦焼酎で熟成中。

さあて,どちらが当たりか?

2010年1月 7日 (木)

そうじゃ吉備路マラソン2010 ハーフにエントリー

http://www.city.soja.okayama.jp/kyoiku_bunka/kyoiku/sport/kibiji_marason2010/soja_kibiji_marason_sanka.jsp

申し込み期日,12日まででしたよね?
みなさん申し込みはお済みですか?

知人はフルにエントリの人が多いですが,僕はハーフにしました。とてもとてもトップスピードが出る状態ではないので,自己記録とか狙っては走れませんね・・・1週間後の篠山の練習・調整の一環です。

脚の痛みも引いてはないのに,エントリかよ・・・

雰囲気を楽しみます。(笑)


そうそう,昨年参加したり今年一部試走した感じですが,やはり『路面が固い』です。脚にダメージも大きいと思うので,エリートランナーのみなさん以外はいつもよりワンクラス,ソールの厚いシューズがいいですよ!コンクリの自転車道が多いですからね。

参加予定のみなさん,気分的に単調なコースですので,お互い声かけて盛り上げて走りましょ!
(そういうば昨年の村岡では,100km・88kmの選手と声掛け合いながら行き交って元気が出たなぁ)

沿道の声援も多いので,それに答えながら楽しくゴールしましょう!

サングラスとって,音楽プレイヤーも外して,笑顔を見せて,そして地元の方から元気をもらいませんか?

子どもたちに応えたり,飴やチョコをもらったり,給水コップをゴミ箱に捨てる余裕が欲しいですよね!


YOKOHAMA GEOLANDAR I/T G072 使用感想

一般道・雪道・高速と全て走行しましたので感想を少し。(僕は県北で積雪のあるエリアの出身ですし,レジャーがほとんどですが,雪道はかれこれ20年くらい運転歴があります)

【一般道路】
TOYOウインタートランパスと比べて,低速~80km程度の騒音はほぼ同じ。ブレーキ時のフニャ感はない。

【高速道路】
剛性は高い方。性能をやや乾燥路面にふってある気がする。レーン変更でも,直線走行でもシッカリ感がある。

【圧雪路面】
新品だから当たり前だが,大山桝水~博労座の上り・下りとも問題なし。(気温マイナス3度)

【アイスバーン】
融雪した水分が凍った路面では効きません。滑ります。四駆でもまったく関係なし。まあ,これはどこのメーカーでも似たり寄ったりかな。BSは多少違うらしいですが・・・。

トランパスの方が柔らかかった気がしますね。
Tranpath

結論,ジオランダーは「価格に似合った性能」です。

対向車などのいないところで,急ハンドル・ABS作動急ブレーキ,二輪駆動・四輪駆動など雪道でやってみましたが,雪道での運転の鉄則(『急』をしない)を守る限りでは問題ないです。普段雪道を走らない人が急動作やオーバースピードで走行したりすると,限界点は早くやってくるかも。「ジオランダーは効かない,恐ろしくて二度と買わない」というレビューの方は, 何と比べていて,どんな運転歴の人がどんな天候で走行した時のものなのでしょうね?

僕は問題ないです。十分冬の保険になります。

もちろん,『命には代えられない』『タイヤでけちって死にたくない』派の方は,迷わず石橋タイヤをお選びください。

けっこう高いですよね。石橋さんは。

2010年1月 6日 (水)

朝日クラブ新年会

今晩久々にメンバー全員が集まり,鍋を囲んだ。

フルマラソン完走70回目を記念して,ご夫婦でNYCマラソンに参加されたH氏。

昨年の村岡ダブルフル88kmを完走してから調子の良いSK氏。(次回も出たいとのことで,自動的に私もお供に・・・?)

会長I氏とSK氏はどうやらサロマに出るらしい。ふたりとも還暦近辺だが元気元気!年齢なんて関係ないな。

ダンディーS氏は絶好調なので,引き続きレースのデパートみたいな参加ペース。いぶすき菜の花(?)が次かな?東京マラソン出るしすごいです。

僕が一番元気ないみたいでして・・・。早く脚が復調するといいんだが・・・。

西もも今後の予定・計画は

まんのう池リレーマラソン(楽しみ!)
そうじゃ吉備路(ハーフ)
篠山ABC(フル)
操山トレイル大会(じっくりコース?)
柵原星の郷(ハーフ)
とくしま(フル)
岡山~吹屋ウルトラマラニック(予定)
村岡ダブルフル(100km)か丹後ウルトラ(100km)
防府読売

いろんな方と一緒に参戦したり,出会いたいです。

今年も健康で充実した一年になりますように。

まずい!

まずい!

ネスカフェはどんな哲学があってこの製品を・・・・?

同社のカフェオレを飲み干した妻が,一口飲んで

「カフェオレ飲んで幸せな気持ちだったのに,吹っ飛んだ・・・」crying
と嘆きました。そんな味。

すぐに販売機から消えるでしょう。

予言します。

どこで飲んだって?

中の原スキーセンター内。(笑)

2010年1月 5日 (火)

夕香亭『さくら リキュールの素』

年末に雑貨屋で買い込んだ『さくらリキュールの素』作ってみました。(撮影by娘)
Img_1745

適当に買ってきた焼酎を注ぎます。僕は芋が好きなので芋焼酎!ウオッカでもいいそうですよ。


Img_1746

入れるだけ。(笑)


Img_1749

底には氷砂糖やドライフルーツ(パインなど)桜の花びらや何かの香草が入っています。


Img_1752

昼過ぎに入れて,夕方にはこんなに溶けて色が出てきました。

Img_1754

全部溶けるにはまだまだ時間がかかりそうですね。
完成したらまたアップします!

2010年1月 4日 (月)

幼稚園時代の先生に再会

昨日の初詣、というより檀家となっている寺へお年始に行った時のこと。

親父が話し込んでいる年配の女性の顔を見ると、何故か懐かしい気持ちに・・・。

もしかして,と思って話しかけると,幼稚園時代の担任の先生でした!先生は僕の顔は覚えているみたいで,暫し昔話に花が咲きました。

僕が卒園した幼稚園はもう跡形もないんですが,記憶の中の見取り図を頼りに話をしていると,先生も分かるらしく,ニコニコ顔で聞いてくれました。僕は当時,自分で言うのも何なのですが「悪ガキ」でして,よく降園する時に残されて懇々と説教されていました。それでも「あなたなんか全然悪ガキじゃあない。みんなどの子もまじめだったよ」というのはどういう意味かなぁ?(笑)

当時勤務していた他の先生の名前がスラスラ出てくるのにはびっくりしましたね。もう36年くらい前の事なのにね。

『自分の中ではみんな子供のまんまなんですよ』

きっと卒園した時点で,先生の記憶の中ではひとりひとりの子供の時間れが止まったまんまなのでしょうね。

懐かしいひとときを過ごすことができました。が,それだけ僕も年取ったという事だな。

人生半分は確実に終わったもんな。

さて,自分の体が思い通りに動く時間が残りいくらあるか分からないが,どう過ごす?

やりたい事と実行可能な事とのバランスをどう取るか?今年は何から?

金か,時間か?

家族?

満足? 後悔?

2010年1月 2日 (土)

黒尾峠まで来ると

黒尾峠まで来ると
雪遊びが少し出来ますな。

あけましておめでとうございます。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »