フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

今月走行260km

昨年10月内転筋痛めてからはや半年。

防府読売に出たりしたのが結果的にどうったのかは分からないが,心理的にグズグズつまらない日々を過ごしながらも最近やっとまともにジョグが出来るようになった。

レースも入れて3月は月間260km走れた。

全く痛みがないわけではない。

先日の美咲町ハーフでも後半はピリピリするので,意識してペースダウンした。

でも普段の朝ランジョグ程度だと問題ない。

『痛み』ってのは"all or nothing"ではないので,コントロールが難しい。

まあでも,スピードなんか別にして五体満足に機能するのは本当に幸せなことですよね。


さあて,次は4月25日のとくしまマラソン。
http://www.tokuspo.net/tokuma/

ベストタイムは到底無理ですが,とにかく完走して次シーズンに繋げたいな!

次シーズンの基本計画。

村岡ダブルフル
http://www5.nkansai.ne.jp/org/muraokaultra/
蒜山ハーフ
笠岡べいふぁーむハーフ
防府読売 (リベンジ!)

どこかにロングトレイル入れたいな(夢に向けて!)

2010年3月30日 (火)

WRC Rd.2 ラリーメキシコ 『ペター ソルベルグおめでとう!』

Petter

さっき録画で第2戦メキシコ観戦。

ペター・ソルベルグが僅差で2位だったんだな!

スバル低迷~撤退の最後に付き合い,その後はプライベーターで苦戦。おまけに2010シーズン第1戦のスェーデンではボコボコにへこみ,しょんぼりしたままの今回だったとか。

350kmを超えるラリーを走り,最後のスーパーSS(本来はほとんど見世物で差がつかない)で1秒1差の逆転で2位。何年に1回あるかどうかの名勝負だなぁ。

あんなに嬉しそうに笑うペター兄貴は久しぶりに見たな。カメラ前でもオイオイ泣いてた姿は感動モノでした。最近の不運な季節を考えると,本当に嬉しかったんだろうね。

やっぱりこの人が調子いいと,何故かWRCも盛り上がります。

ヒルボネンやローブも強いけれど,何か違うんだよね。


ランニングが趣味の僕が,素晴らしい走りを見せるトップランナーや身近な知り合いの激走に元気をもらう。

そしてモータースポーツが見ている人に元気を与える。

このペター・ソルベルグってドライバー,それが出来るアスリートなのかもしれない。

毎回ポディウムは難しいかもしれないが,頑張れペター!
090209_ps
http://www.wrc-japan.jp/driver.php?team_id=&driver_id=37

2010年3月29日 (月)

11回 美咲町柵原星の里マラソン 雑感

P3280007_2

なんかこの大会,年々ジワジワと進化している感じがします。

■今年良かったこと:
★距離表示が1kmごと。
これは走る人の身になると,とても助かります。表示があっても出鱈目な大会も多いなか,星の里マラソンはほぼ正確でした。ガーミンのGPS計測とほぼ一致していました。

★参加賞が豪華!
今年は『美咲ファーム』の『森のたまご』6個+コメ3升+カラフルバスタオル,おまけに無料うどんと運が良ければ黄ニラ雑炊!

なんとさらに,完走者にはゴールと共に"finisher's towel"を掛けてくれる!!これが白無地なのがいい。(何故かって?帰りに和気鵜飼谷温泉か龍神温泉に立ち寄って帰るからです)

おまけにスタートは太鼓で応援だし,沿道の声援も田舎の割に多い!素晴らしい会です。運営スタッフも慣れていて,かゆい所に手が届くいい運営ですよ!

★地元の出店ブースが多い
名物卵かけご飯(タレが絶品なので200円でも許す!)最高!
注文してからドリップしてくれるホットコーヒーが100円!
西もも大好きな饅頭屋も出店!

食いしん坊の西ももにはけっこう楽しめるのであります。(おかげで表彰式見逃した;笑)

■残念なこと:
★ハーフ参加者が帰ってきた頃には,黄ニラ雑炊がない!!

90分程度でゴールして,すぐに行ったのに『もう終了なんよぉ~』とおばちゃんに言われてショックだった・・・。


ところで,今回アンケートに『フルマラソンを開催したらどうする?』という項目がありました。忘れていて出さずに帰ったので,ここで公開回答。(関係者の方々,もし見られたら参考にしてください)

●来年も参加するか⇒気に入っている大会なので,日程に問題がなければ参加したい。よく雪が降るので,遅い方が嬉しい。

●どのような種目がいいか⇒3km,10km,ハーフでいいです。手間でなければ5kmがあってもいいですが,参加者数が全体でそんなに多くないので表彰が多くなりすぎるかも。(入賞機会が増えていいですが)

●出場種目を廃止してフルマラソン,の案はどうか⇒参加者の規模からして,今くらいが運営に無理がなくていいのでは。地元運営側のスタッフ人数が今で限界なら,ハーフ2周でフルにするのはどうでしょう?(8月の神鍋高原マラソンみたいにする)5時間程度で走るランナーもいますから,そこまで運営スタッフが頑張れますか? 田舎なので沿道の応援も5時間もいないと思うので,フル参加者も寂しくなると思います。(小豆島のタートルの復路みたいになるかも)

ただこの『声援』も地元の意識次第なので・・・。兵庫の村岡ダブルフルなんかはウルトラにもかかわらず,けっこう制限時間あたりでも声援があります。街中で盛り上がってますしね。

●運営スタッフどうですか⇒すんません,走らせてください。3月でハーフ主体の大会だから人気があるのでないでしょうか?

●意見など
★仮装ランナーには特典が付くとかどうです?当日食事券でキャッシュバックとか,卵かけご飯無料とか?盛り上がるよ~!
★宿泊希望者は格安にて民泊とか。(町おこしの一環で,遠方からの参加者対応)
★地域がら,トレイルランの大会でも出来そうですよね。

でも運営の皆さん,ホント良い大会なんですよ。無理せず長く続けてくださいネ。

2010年3月28日 (日)

美咲町柵原星の里 ハーフ無事完走!

Misaki撮影byよしだーさん

気温も天気も絶好のマラソン日和。

記録 1:31:14(ハーフ)

40歳以上~50歳未満オッサンの部,11位
全体44位

夢は徳利姿での表彰式でしたが,まだまだ復調には程遠く・・・。

でも,今日はこれで充分です! 

沿道の皆さんの声援と笑顔!

子供やおじいちゃん,おばあちゃんの笑顔!

参加ランナーの「笑い顔」と声援!
(上位ランナーの厳しい視線)

いや~ランニングって楽しいですねぇ。


ところで,徳利愛好ランナーの皆さん・・・

徳利は汗も熱も放出しません。

非常に暑いです。

2010年3月27日 (土)

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』 三浦知良

NHK『仕事の流儀』 キング・カズ 走り続ける理由がある
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/100323/index.html


Photo01

録画で今朝見た。

僕と同い年,43歳。

サッカーには特に興味はない僕ですが,43歳でまだ現役を続ける彼の姿に感動した。

素人の僕でも,「もう現役やめるだろう・・・」と思う彼が,カテゴリーを落としてもまだ現役に拘り続ける。

やっぱり理由があったのだ。天性の才能で食いつないでいるのかな,と思っていた自分が浅はかだった。

そしてその現役を続けるためにかけている,情熱・時間・金・・・それでも怪我,故障の連続。

たとえ後半15分のピッチでも,裏にはあんな彼がいたのか・・・と。

僕が印象に残ったのは,数時間の滞在にもかかわらず,実家の寿司屋でくつろぎ,幼なじみの同級生に見せる彼の笑顔。

何て素敵な笑顔なんだろうと思った。

今の僕はあんな顔で笑えるだろうか。

今まで背負ってきたものが大きかった人だから出せる味なのかな。


再放送は4月3日。同世代の男性だけでなく,いろんな世代の人に見て欲しいな。

ホント元気が出ましたよ。

よ~し,部屋の掃除するか!!(笑)

2010年3月26日 (金)

日曜日は 美咲町柵原星の里マラソン

まだ完調ではないですが,復調へのワンステップとして予定通り参加。

ローカル色豊かで暖かみがあり,小規模ですが大好きな大会です!よく参加してます。

小規模とは言いながら,きちんと全コース公認なのです。(費用もかかるのに大したもんだ)

コースはアップダウンがけっこうあるので,タイムは出ませんけどね。


復帰第1戦,前回ハーフはそうじゃ吉備路で1:42。
そのあと百間川ふれあいは3km11分44秒。
少しづつ調子も戻ってきたぞ!

その頃よりは調子いいので,今回は1:30位で走れたらいいなぁ・・・。

朝日クラブを一緒に組むダンディーS氏(桃夢)や心の師SK氏とともに参戦。
ダンディーS氏は今回期待です!今の調子なら上位に必ず絡むはず!

はっぴーずメンバーも何人も参加するので,賑やかに走れそうです!


とくしまマラソンまでにどこまで回復できるか?!

西もも再び頑張る春です!punch

2010年3月25日 (木)

禁煙・分煙本格化・・・中小企業は大変だけど・・・でも

猪瀬直樹
『全面禁煙化は中小企業や飲食店には厳しい』
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100323/217044/?ml


禁煙・分煙化の波が押し寄せ 頭を抱える居酒屋チェーン(ダイヤモンドオンライン記事)
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20100325-01/1.htm

僕はタバコは吸いません。

喫煙者には申し訳ないですが,タバコの煙は嫌いです。
匂いも,副流煙の影響も含めてです。

喫煙する人個々の人間性から嫌いな訳でもありません。実際喫煙する親族や知り合いもたくさんいるわけですから。(僕の周囲には完全に非喫煙者から離れて楽しむ方が多いんですが)

でも,吸い歩き・ポイ捨てする人の多さを見ているだけに,喫煙者総体としてはいい印象が持てないのが事実です。


ですが,昨今の全面禁煙化の方向が,収益の面からすると中小の店舗にきついのは容易に想像がつきます。

海外ですでに実施している国はどうなんだろうと思っていたら,イギリスのパブの状況を含めて猪瀬氏がコラムを書いています。

確かにミクロ視点で見ると,個々の中小企業は減益でしょう。

しかし中長期的に見ると,ガンなどの発生率を抑えることになりますから,保険医療費の削減にもつながり,結局僕たちの世代も,子供の世代も間接的には大きく受益する事になると思うのですが・・・。

少しでも多くの人が健康な身体を所有し,病院に行く回数が減るということは,社会保険医療費を使う必要がないということですし,かなりの経費削減になるでしょうからね。その金額が箱物ではなく,少しでも多く教育や人的ソフトに回ればいいなと単純に思います。

禁煙化の動きだけでなく,ランニングや散歩,日々の運動を継続する人が多くなったことの効果も大きいですよね。

僕も含めて,昔肥満でメタボで高血圧,脂肪肝,心臓病や脳疾患の予備軍だった人が,確実に減っているわけですからね。

ランニングブームもいきすぎだと警鐘を鳴らす方もおられます。マナーや経験の面を指摘する人もいます。健康を害してしまうランナーもいます。

でも,カラフルでお洒落なウェアを身にまとって,大会に出たり近所を走るランナーを見ると,一見するとそれぞれが個人的な目的・目標で走っているように見えるランナーも,広い視野で考えると世の中の健康・幸福のために走っていることになるかもしれませんね。ウェアやシューズの売上,大会開催時の宿泊や地元への経済的還元も見逃せないですよね。

話はそれますが,たとえ地元開催の大会が収支としては赤字だったとしても,目に見えない効果(経済効果以外も)が地元にはあるはずだと思うのです。

そういった意味でも,岡山で開催のローカル大会も頑張って続けて欲しいと思うのでした。

・・・なんて書いて,勝手に悦に入っている西ももでした。

2010年3月24日 (水)

【岡山ローカル】国道180号西バイパス 西長瀬~野殿 運用開始

国土交通省資料あり
http://www.cgr.mlit.go.jp/okakoku/news/2009/contents/oshirase_35.htm

先日開通前ウオーキングが実施された国道180号バイパスが開通,仕事帰りに見ると運用が始まっていました。

フォーエル(大きいサイズ服の店)からタイムの野殿店までがほぼ直通です。試しに走ってみましたが,大安寺高校横を経由したり,裏道通って山陽本線をくぐるのとでは大違いですね。

僕の自宅はその裏道に近いので通過車両が多かったのですが,減るだろうな。

さて,道路の方ですが,線路を越えてかなりの高低差があるので,下り道路が見えないまま走行中に急に路面が見えてきてちょっとびっくりします。(ジェットコースターみたい)

冬場にスリップ事故があるかもね。

Img_1990


2010年3月22日 (月)

パウンドケーキ【クッキー材料余り使用】

Img_2051


連休最終日。子供の習い事があるので遠出はせず,夕方はしっとりパウンドケーキ作り。(ピンぼけ写真になりましたが)

Img_2053


この間作ったクッキーの材料の余り,クラッシュアーモンドとチョコチップを練りこんで焼くこと約45分。いい匂いが台所に漂いました。

家族には喜んで食べてもらえましたが,少し牛乳が少なくて,外枠が硬めになりました。

もう少し入れた方がしっとりしたのになったかな。

いつか,師匠のまさちゃんに講評していただけるように,『時々』トレーニング(笑)しておきたいと思います。

2010年3月21日 (日)

子供と一緒に百間川ふれあい健康マラソン

100_001


第6回百間川ふれあい健康マラソン
http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/2010/hya_marathon/

娘sと3kmに参加。(僕はオープンで年齢無制限オッサン・オバサンの部参加,表彰はなし)寒くはないですけど風が強烈に強くて待ち時間もレース中も大変でした。

黄砂アレルギーの僕は朝から咳とくしゃみのオンパレードで大変でした。

子供達は好き勝手に走りたいとのことなので,僕も勝手に走ることに。

久しくスピード出して走ってないので,しんどいしんどい・・・。それでも,折り返してから自分の娘を見つけて声をかけてやれるのは嬉しくも楽しいもんですね。『おとうちゃ~ん!うん,頑張る!』という返事に,思わず笑顔が出ます。

ほんでもまあ,小学生の何と速いこと!!

『なんとか陸上クラブ』とかに所属のちびっ子は速いし,保護者も本気です(笑)

『そのオッサンについて行け!』とか
『前のおじちゃんを抜け!』とか
『このおっちゃん頑張っとるがな』とか・・・。

おっちゃん・・・僕のことか。ハイ。

自分の頭の中ではキロ4分設定でしたので,ほぼ予定通り。ちびっ子達にまみれてゴールしてきました。

参加賞は,大人はタオル,子供は蛍光ペンのセット。これのほうがいいじゃないですか。

2010年3月20日 (土)

吉備中山周回コース

今朝,岡山総合運動公園はっぴーずのミニ朝練会に参加。故障していたので久しく顔を合わせていない人もあり。

今日は初めて会う男性2人がいて,一人はメインコースが吉備中山の周回+坂道往復だそうで。

僕もそこがマイコースの1つなのですが,意外と出会わないものですね。



このコース,山の周回や黒住教の本山(?)を横目に走る坂道はアスファルトなのですが,全く信号なし。山に入ればミニ・トレイルコースにもなるし,日陰が多くて夏には助かります。神頼みも2箇所(吉備津彦+吉備津)できる,有難いコースです。


ところで,はっぴーず代表の『せれ』さん,総社から運動公園までやってきて,5km走ってまた帰っていきました。

朝からさらりと50km超。

感服。

さすが歴戦のランナー,年齢なんて関係ないなぁ・・・。

まだちょっと以前みたいに自宅~総社駅往復出来る脚には戻ってない。

コツコツ,粘ろう。

体重も落とさねば。

2010年3月18日 (木)

MIZUNO WAVE LSD 2

Img_2026

購入していたミズノのLSD2,本日登場!
ドキドキ,ワクワク!


Img_2028

結構ソールは厚め,エアロとライダーの中間といった感じ。

Img_2031

ソールのパターンはエアロ7とほぼ同じ。

1時間ほど履いた感想。

クッションはエアロよりありますので,脚にくる衝撃を拾っている感じがします。ただ,初心者モデルほど柔らかくはないので,走りだしたばかりの方よりは,少し距離をふんだランナーの方がいいでしょう。

ラスト(足型)はエアロよりややルーズ。エアロも所有してますが,同じ26cmでもやや大きめです。まだ足に馴染まないのか,少し足が暴れました。

キロ4分を切ると柔らかさ+ソールの厚さが邪魔してスピードに少しついてこなくなる感じです。僕の走力レベルだとハーフマラソンとかには使いにくそうです。

さて,今日にてエアロ7は引退。ソールは生きてますが,クッションがへたってしまい,衝撃がダイレクトにくる。故障中の僕にはキツイ。

2009村岡ダブルフル100kmに付き合ってくれた,思い入れのあるシューズです。気に入ってフルやハーフ,練習にまで酷使しました。

エアロくん,さようなら,ご苦労様でした!

合掌。

2010年3月17日 (水)

神戸マラソン・・・ねぇ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000119-jij-soci

岡山からだと現地までのアクセスが問題だね。当日は新幹線かなぁ・・・。車は駐車出来ないないだろうね。

京都・大阪・神戸・倉敷といっぱいですが,続いて欲しいなぁ。

2010年3月15日 (月)

CW-X Revolution インプレ

Cwx_rev


昨日練習会で初着用。走行距離約30km,気温は約15~6度程度か。

現在スタビライクスのロング,プロモデルのハーフを持っています。スタビライクスは劣化でもう引退させるつもりです。ハーフタイツはよくレースで履きます。

履いてみた感じですが,第一印象はとにかく『軽い』。実際の重さも着用感もです。ビックリしますよ!

シームが全くないので不思議な感覚ですが,肌にぴったり吸い付く感覚とでも申しましょうか・・・。でも確かに硬い部分と柔らかい部分が混在しています。特に腰回り,股関節部分の安定はスタビライクスと変わりません。

あまりに柔らかいので,ホントにサポートしているのかという気になりますが,やっぱりきちんと疲れを軽減してくれています。筋肉のごく僅かな一部分として機能している感じです。

ロング走やウルトラでの使用を想定している私には硬めのプロモデルでも柔らかいレボでも構わないのですが・・・。

体感出来るサポート感,つまり着圧感がしっかりしているのはやはりプロモデルなので,僕なんかはプロモデルのほうがやはりいいかな・・・と思ったりします。『自分の余分な動きをタイツが制限する』という機能が長距離の疲労軽減につながるという考えなら,プロモデルかな。走力にもよると思いますが,サブスリー前後で僕みたいにランパンでなくタイツも履きたい,ってランナーは軽い方がいいのでレボの選択もありですね。

フル4時間以降のランナーだと締め付けずに軽い方がいいので絶対レボがオススメですな。

着圧機能+血流コントロールに注目なら他メーカーを選びましょう。

動きを制限することによりフォーム安定+故障予防+疲労軽減を狙うならCW-Xですな。

ただ,デザインはプロモデルやスタビライクスより格段にレボリューション(特に赤黒)の方がカッコイイと思いません?

Revo

2010年3月14日 (日)

white day お返しは

White_001

自作の


White_002


特製


White_003


クッキーだっ!

もう少し砂糖を入れてもよかったな。

はっぴーず福山練習会

Tomo_002

福山明王院~鞆の浦往復約30km,はっぴーずの皆さんと頑張ってきました。

脚は自信がないのであまりペースは上げずにゆっくりじっくり。

クルマや自転車で補給サポートしてくださり,約5kmごとに小休止できるので大助かり。ストップしながらとはいえ,何とか30km走りきれた。ハーフ以上もなんとかいけそうなくらいかかい

目的地の鞆の浦では雛人形祭りがあったり,途中地元ローカルの菜の花祭りもあったりして,のんびりたのしくマラニック気分でした。

Tomo_004

鞆の浦があんなに人が多いとは思わなかった。1951年の雛人形と現代の雛人形って,60年くらいの差しかないのに装束も顔つきも違うもんですね。流行りの顔があるのかな。

カッキーさんはじめ福山支部の皆さん,ありがとうございました。おかげで快適にランが楽しめました。お好み焼きも美味しく満腹でしたよん。

今度は自分が皆さんに何かご恩返ししないとね。

同じ30kmでも,ソロで修行のように走るのと違い,みんなで一緒に話ながらっていいもんですね。(特に休憩中の雑談が楽しかったです)


自宅に帰って今度は娘とジョギング。チカレタ~!

2010年3月13日 (土)

グリーンコープ生協 『栗ジャム』

Kuri


我が家はもうかれこれ6~7年グリーンコープ生協の会員でして・・・「グリーンコープ」ってご存知です?
http://www.greencoop-okayama.jp/

九州発の組織で,生協なのですが,元からある『生協』とは設立趣旨が違います。岡山もいち組織です。

まあ,組織も巨大化して,産地の九州や中国山陰地方ではいろいろ問題も出始めているみたいですが,今のところは安全性に関しては信頼をしているので,子供や自分の健康にも配慮して,コスト高にはなりますが購入を続けています。(生産者に関する諸問題に関しては,個人的に気になる情報や諸問題もはらんでいるので,大きな問題化すれば購入停止も考えていますが)

それはさておき

一回食べると「もうスーパーのものは食べられない!」となる物もけっこうありまして。

一つは『豚肉系』。(これはぜひ一度経験してもらいたい)もちろん,百貨店や有名食肉店の高級なものは比較基準が違うので話になりませんが,一般家庭が購入を続けられる商品としてはけっこういけます。

西ももが好きなのは,写真の『栗ジャム』。委託生産みたいですが,大好きです。

でも,我が家で『栗』食べるのは僕だけなのですが。

ワコール CW-X REVOLUTION / LONG 届く

Revo

今届いた。

3年ほど使用中の『スタビライクス』が劣化でスケスケ部分が出てきたので,新規購入。楽天で定価より3000円ほど安いのを見つけました。(探せはもっと激安もあるのかな?)

福山のランジェリーショップみたい。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/eld-chic/index.html

ウェブサイトだけみたら,男性はビックリ,です。(笑)

まあ,ワコール製品だものね。

さて,早速明日履いてみよう。

御利益はまた報告。(もともと劇的にタイムが上がるとかいうモノではないです)

岡山操山トレラン&史跡巡りウォークラリー 中止になっちゃった

トレイルラン大会情報詳細
http://runnet.jp/trail/race/calender/info.php?_num=97

本日開催の予定だったのですが,昨日メール・電話などで直接連絡があって中止になっちゃいました。

他県からの参加者があること,雨の予報が当初出ていたこと,コースが湿っていてコンディションがよくないことなどが理由にあがっていました。

結局今日は曇天なだけだったのですがが,里山を楽しんでもらいたいというコンセプトからすると,実行委員のランナーの方々は滑りやすいコンディションで出る怪我人は望まなかったのでしょうね。普段の散歩で入山する方も多いので,道を荒らしてもいけないですしね。

タイムレースではないですし,賢明な決断だと思いますね。

中止の連絡がつかない人が多いのか,僕はメールで返信したつもりだったのですが,さらに携帯にも自宅にも直接実行委員の野上さんから連絡がありました。

僕は見に覚えのない番号には出ないことにしているので,実行委員の方々,すみませんでした・・・。

留守電にボイスメッセージが入っていれば内容や相手が分かるのでかけ直したのですけどね。

重ね重ねゴメンナサイ。

またの開催楽しみにしてます!


てなわけで本日はいつもの吉備中山周回ジョグ。今日は少し足をのばして,吉備津神社前の松並木を走ってみました。アスファルトでなければけっこう絶景なのにね。今はもう車の通行はしていないので,土の道にもどしたらどうですか,吉備津神社関係の皆さん。せっかく歴史ある場所なのですから,アスファルトでないほうが雰囲気ありますよ!

明日ははっぴーず主催の福山練習会。

30km走れるかなぁ・・・? 後方からポテポテ走ろうっと。

2010年3月11日 (木)

内転筋痛その後

内転筋とは?
http://kinniku.net/xc/wordx/disp/tra/_93_E0_93_5D_8B_D8_8CQ

昨年10月から痛めていた西『もも』の『内転筋』痛でありますが,かなり快方に向かっております。けっこうしつこい痛みでしたが,痛みに関していうとかなり沈静化しました。

まだ腸腰筋は少しだけ痛みが残っていますが,全く日常生活には影響がありません。

とはいえ油断はできないので,スピード練習や急な負荷のかかる動きは避けて養生。


思えば最初は朝ラン後の股関節の重さや動きの鈍さに始まり,ちょっとした痛みが続いていたのですが,なんかおかしいなと思いながらも気にせず走り続けたのがいけなかったのでしょうね。

負荷の大きさと言うより,間違いなくラン後のケア(時間をかけたストレッチや入浴後の体操)をメンドくさがったのも原因の一つ。これは間違いない。特に30km走などをした後など。ウルトラのレース後はかなり入念にしたのであれ以上はどうしようもないしなぁ。

全く走れない状態ではなかったので,トレーニングを続けたのもいけなかった。

決定打はハーフでのラストスパート。思い起こせばいろいろあるなぁ。

妙なことに,どうやら全く運動しないのも良くないらしく,軽いジョグを再開してからの方が調子いいです。

もちろん,入浴後のストレッチは欠かさず入念にするようになりましたけど。


もしも同じような症状にお悩みのランナーがおられたら,初期段階の運動休止が大切ですよ!

僕みたいに結局半年くらいかかりますからね。

でもまだフル復帰には時間がかかりそう。

Garmin Forerunner405(10)~Sunrise~

Sunrise

戻り寒だったりして不思議な3月ですが,確実に日の出は早くなりつつあります。

僕が朝ラン終わる時間には少し明るくなってきました。

Garmin405にはsunrise機能があります。自分のいる地点におけるその日の日の出時刻を表示してくれます。大した機能ではないのですが,朝日の昇る時間が分かります。

僕は使いませんがsunset機能もありますよ。

2010年3月10日 (水)

卒業といえば


ブログネタ: 「卒業」といえば?参加数拍手

シーズンですな。

卒業式といえば

高校時代2年間付き合った彼女と受験前に別れ

なのに卒業式は席の関係で彼女が通路隔てて僕の横に座り

とっても気まずいまま式を迎え

早く終われと式の間願い

やっとの思いで卒業出来たのを思い出した・・・。


おまけにその彼女を好きな『女友達』から

彼女を返せとワケの分からない手紙をもらい
(もしかして百合だったのか?)

とても難儀した高校最後でした・・・・。(笑)

2010年3月 9日 (火)

東京マラソン・・・

今回はどんな雰囲気だったんだろうと,いろいろブログ見てみる。

四畳半から発信
http://wakaba77.blog55.fc2.com/blog-entry-227.html

アロハ野郎
http://plaza.rakuten.co.jp/aloha3spirits/diary/201003030000/

ハンサムねこ
http://handsomeneco.blog94.fc2.com/blog-entry-767.html

ノッチ
http://ameblo.jp/nochyingmachin/entry-10470741717.html

芸能人の売名ランはいかがなものか。

普段あまり走らない芸能人を担ぎ出して,松村君みたいに苦しむのをネタに番組。

『他人の不幸は蜜の味』みたいでいやだなぁ。

名前の売れてないアイドル担ぎ出して,名前をお披露目。

中には猫ひろしみたいに感服レベルの方もおられますが,それはごく一部。

走る楽しみを伝導してくれるのならいいですけどね。


でも,東京マラソンの開催で走る人が全国に増えたのも事実。週末はジョギングするジャージ姿のオジサマ・オバサマが確実に増えたもんね。


東京マラソン,出てみたいのですが仕事柄予定が読めない時期なので難しい。でもエントリーしないことには始まらないので,次回はしてみるかな?

カミさんへの交渉?

当選してからだな。(笑)

まずは21日,百間川マラソン(3km)完走が先ですな。

娘sの伴走確実に務めねば!

2010年3月 8日 (月)

『風が強く吹いている』 三浦しをん 著

Kazega


少し前から読んでいた『風が強く吹いている』読了。

映画化されたのは知っていたが,原作を先に読みたかったのでポチポチ読みました。

高校時代にエリート陸上選手だった少し暗い過去を持つ2人の若者を中心に,とある無名大学の学生10人が箱根駅伝に出場するまでの物語。(実際にはあり得ないんですけどね)

物語はとある大学のオンボロ下宿を舞台に,陸上経験者と素人を含む10人がランナーとして成長していく姿を描きます。

ランニングに対して本気で取り組んだ人,駅伝経験者やもちろん陸上部経験者はかなり共感出来る描写ですので,どんどん次が読みたくなります。

『速いランナー』『強いランナー』って何だろう?

『自分の為に走る』『誰かのために走る』ってどういうことだろう?

読んでいるうちに,自分の心の中に答えが見えてきます。

独りで走るより,仲間と走ったほうが無限大に楽しいよな,って思わせてくれます。

10人の登場人物のうち,自分が誰に一番近いか考えてみるのも面白い。

この小説,ランナーの皆さんはぜひご覧あれ!

2010年3月 7日 (日)

岡山西バイパス 西長瀬~野殿 開通前ウオーキング会【ローカルネタ】

ローカルネタですんません。

私が住む近所のバイパス,本格開通前にウォーキング会をしてくれましたので参加しました。岡山西バイパスは僕のランニングコースでもありますので,延長してくれると往復で7.5km位のコースになります。車のいない道を家族で存分に歩いて参りました。
Img_2007


Img_1990


事前に申し込みはあったものの,結局誰でも参加OKでした。近所の友人を呼び寄せました。

Img_1991

記念にネックストラップのボールペンがもらえました。

Img_1994_2


Img_1999


現場のスタッフに聞くと,最終的には6車線になり,内側の4車線は高架になるのを想定しているそうです。ひとまず外側の2車線が開通ってことになるらしいです。


Img_2001

残念ながら,開通の部分は片側1車線で,自転車や人間は通れないことはないですが,60km制限なので危ないとのこと。人間は山陽本線を超える部分は階段で渡ることになります。

でも,けっこう長いランニングコースができますね。

僕としては歓迎。(笑)


Img_2004_2


2010年3月 6日 (土)

今となっては仕方ないが

腹が立つ。

五輪アルペンSLの選手枠,選手不在で決定していたのだ。

繰り上がり枠を断っていたのだ。

http://www.sanspo.com/vancouver2010/news/100228/oaa1002281843006-n1.htm

湯浅君の滑りが見たかった・・・。

2010年3月 5日 (金)

休日しまなみ海道プチバイク旅

3日は有給休暇にて久しぶりにバイク旅。行き先はしまなみ海道。
Img_1848

大浜PAで『しおなみソフト(塩アイス)』を食べる。あまり牛乳を使っていないようで,安いホイップクリームを食べた感じ。塩もあまり効いてなくて,正直美味しくない。

Img_1847

生口島に渡って光明坊を訪れる。小さなお寺だが,若いお坊さんの応対が心地よく好印象。


Img_1849


Img_1851
古い仏塔もあったりしてね。古いものらしいです。鎌倉時代って書いてあったかな?


Img_1850

お次はシトラスパーク瀬戸田。入場無料。でも人がいない・・・。30分位の間に来たのは僕だけ。

Img_1854


柑橘類の産地だけに,存在自体に価値がある設備なのでしょうか。展示設備はかなりくたびれて,食堂は廃止になっています。エントランスで少しみかんなどを売ってますが,これは海岸沿いの店のほうが安い。ただし,柑橘類に特化した学習場所としてはかなりのものです。世界各国の柑橘類がここにはあります。世話するのも大変だろうね。

Shimanami_003

Img_1855

以前,しまなみ海道ウルトラ遠足で通った時から行ってみたかった,日本画家の平山郁夫さんの美術館にも行きました。

Shimanami_011


Shimanami_012


画家の生い立ちが分かると画風の背景が理解出来るので,作品の見方も違いますね。かなり長い時間鑑賞させてもらいました。

印象的だったのは,小さい頃の水彩画やスケッチがケタ違いに上手いこと。

やはり才能のある人は小さい時から違うんですね。ただ,その才能を見出して育てた周囲もすごいと思う。家族や先生たちの後押しがあって大成するんですね。

ネロは才能があっても,身分や経済事情がそれを許さなかったわけだ・・・。(懐かしアニメ,分かります?)

ただ,団体で来館したオジサマ,オバサマ・・・ここ美術館ですよ。

近くの耕三寺も行きましたが,もう二度と行かないでしょう。(笑)

2010年3月 2日 (火)

ランニング大会の正しい応援(笑)

昨日の続き。

皆さんはランニングの大会で応援するとき,どうします?

というより何叫びます?声かけます?

『頑張れ!』
普通ですよね,でも走っている人って既に頑張ってますよね。

『ファイト!』
楽でいいのですが,具体的にどうしろと?

『前を抜け!』
人によってはペースメーカーにしてたりしますよね。

さて,今回ワタクシが悩んだのは,ランナーからするとどう声をかけてもらえば元気が出るかなのです。

そりゃあ,彼氏彼女や恋人から言われたら何だって元気は出ると思うのですが,アカの他人だとどうでしょう?

『あと1km(5or6分で)終わるよ!』
なのか
『まだ1kmあるよ!ここからペース上げて粘ろう!』

なのです。(今回両方言った)

最近流行りの脳味噌科学だと,脳みそはゴールだと思うと急に減速指令を出すそうで・・・。競泳の日本強化選手に付いた顧問の先生は,「ゴールは電光掲示板で記録を見た時だ」と思うように脳のトレーニングを積ませたそうです。

ということは,後者のほうがいいのかな?

でも,前者でも『ヨッシャあ!』とか『ありがとう!』という反応もあったのです。

個人的には前者のほうが元気が出る気がするのですが,脳はブレーキを掛けるのかな???

【番外編】
いろんな反応・・・
『苦しい』『まだあるの』『もう頑張ってるよ』『うぉいっす!』『はいはい』

もう一つ

『何で(あんたは)ハーフなん?』

そうですよね,すみません。(笑)

さあ,あなたなら何と声をかけて応援するか?!

『ビール飲めるよ!』

嬉しいけど,一気に脳はブレーキ指令出しそうよね。

2010年3月 1日 (月)

2010そうじゃ吉備路顛末記(キジ撃ち編)

脚の痛みはかなひいているので,リハビリ兼ねてハーフ出場。

アルペン男子回転の2回目,佐々木の滑りまで見て出発したのが大間違い。8時頃に会場近辺に着いたら,アリーナ近辺は大渋滞。すぐに総社東中学校に向かい行列に入って待っていたら,3台前で『満車なので西中学校に行け』とのこと・・・。でもここからだと東小学校の方が近いので,そちらに向かったら180号線に出るまでが大渋滞。やっとの思いで駐車し,徒歩で会場へ向かう。受付したら8:58でした。

はっぴーずの皆さんとご一緒させていだき,アリーナに入るがほとんどの方はフルのスタートへ向けて出陣体制。「のんびり来たね・・・」と。(グスン)

今回アップで走るつもりはもともとなかったので,すぐさま着替えてスタート地点へ向かう。今回はスタート地点が離れているので9:45に間に合うように歩くが,フルのスタートはしているはずなのにまだ選手がスタートへ向けて歩いたり走ったりしている・・・スタート時間間違えているのかアリーナからの距離を計算していなかったのか,それとも僕みたいに駐車出来ないで困ったのか?

どっちにせよ,今回参加者が多くなって駐車誘導に関しては改善希望が出るかもな。

2時間程度の帰還を目標に,『2:00~2:15目標』の集団に入る。最初はキロ6:00~5:30を刻むが,ハーフでは経験したことのないスローペースにどうしても我慢が出来なくなり,ついつい5:00ペースになる。ついつい一人,また一人と抜いてしまう。(あかんあかん,また故障したらどうするんだ!)

一つ目の坂道でフルのトップ集団が抜いていくが,大集団のハーフと混じっているのに誘導が入らないのでさぞかし抜きにくかったことだろう。昨年3時間程度で完走した僕でもこのあたりのハーフとの並走は走りにくかった記憶がある。

作山古墳近辺で自転車道に入るが,道が狭くとても抜ける状態ではない。後ろから抜いていくフル参加者はそれぞれ声をかけていく。『抜きます!』『のいて!』『前よけろ!』(人それぞれですなぁ・・・)もちろん,ハーフの人でも『後ろ来たよ,よけて』と言う人もいましたが。

結局14キロまでは設定ペースより早めのキロ5分。また脚がやられるかも,とヒヤヒヤしながらだったが,どうやら痛みは出ない。(やったね~!快調!)

が,しかしここで大変な事態が!

気合が入っていないせいか,それともスピードがなくて体温が下がったせいか,腹が冷えて急に『キジ撃ち』の危機!(どうしよう・・・トイレなかったら・・・いっそのことフルスピードでゴールまで帰るか?!)

1kmほど我慢していたが今にも・・・その時,給水所の少し向こうに天使のような灰色の四角いボックスが!!
給水所なんかすっ飛ばして猛ダッシュで駆け込む。(運営スタッフもランナーもポカンとしていた)

ランニング人生初,至福のキジ撃ちタイム約4分。自分が生きている生身の人間であることを実感した。

さて,コース復帰。少し戻れば給水だがそれもカッコ悪いのでそのまま走る。

この時点で脳のネジが一本飛んだ。(脚も大丈夫だし,行っちゃえ~!!)

ここからは心臓と相談しながら,結局キロ4:00前後でゴールまで走れた。周囲のランナーとはかなりペース差があるので,『えらいラストスパートする奴ゃなぁ』と思われたかもしれない。まあ,人生でこんなに他人を追い抜いた経験はなかったので,かなり気分は良かった。

ゴール前は速歩にしてペースダウンしてゴール。

タイム1:42:17。ハーフの過去ワーストだが,完走出来る程度に回復してきたのが嬉しい。6~7km程度なら4:00ペースでも大丈夫みたいだし。

まあ,もう少し様子見をしながら完全復帰へ向かおう。

ゴール後着替えてから知り合いの応援に向かった。残り1km地点で応援したのだが,あとで考えたら反省する点もあり。(考えすぎかもしれないのですが・・・)

この話はまた次回。

一日経ったが,内転筋も腸腰筋の痛みもなく(逆に軽くなった?)気分はいい。

雪も溶けちゃったし,ランナー生活にシフトかな!

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »