フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 岡山西バイパス 西長瀬~野殿 開通前ウオーキング会【ローカルネタ】 | トップページ | 東京マラソン・・・ »

2010年3月 8日 (月)

『風が強く吹いている』 三浦しをん 著

Kazega


少し前から読んでいた『風が強く吹いている』読了。

映画化されたのは知っていたが,原作を先に読みたかったのでポチポチ読みました。

高校時代にエリート陸上選手だった少し暗い過去を持つ2人の若者を中心に,とある無名大学の学生10人が箱根駅伝に出場するまでの物語。(実際にはあり得ないんですけどね)

物語はとある大学のオンボロ下宿を舞台に,陸上経験者と素人を含む10人がランナーとして成長していく姿を描きます。

ランニングに対して本気で取り組んだ人,駅伝経験者やもちろん陸上部経験者はかなり共感出来る描写ですので,どんどん次が読みたくなります。

『速いランナー』『強いランナー』って何だろう?

『自分の為に走る』『誰かのために走る』ってどういうことだろう?

読んでいるうちに,自分の心の中に答えが見えてきます。

独りで走るより,仲間と走ったほうが無限大に楽しいよな,って思わせてくれます。

10人の登場人物のうち,自分が誰に一番近いか考えてみるのも面白い。

この小説,ランナーの皆さんはぜひご覧あれ!

« 岡山西バイパス 西長瀬~野殿 開通前ウオーキング会【ローカルネタ】 | トップページ | 東京マラソン・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/33689483

この記事へのトラックバック一覧です: 『風が強く吹いている』 三浦しをん 著:

« 岡山西バイパス 西長瀬~野殿 開通前ウオーキング会【ローカルネタ】 | トップページ | 東京マラソン・・・ »