フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

雨上がり,新緑の大学裏山トレイル

Handa


数ヶ月ぶりに入山。やっぱり緑の中を駆け抜けるのは気持ちイイのです!

運動公園からスタートして全行程約2時間,ゆっくりでしたが堪能してきました。風は強い日でしたが,森の中はいたって静か。快適でした。

雨で何ヶ所かぬかるみもあったが,ほとんど影響なし。落ち葉の上に足を置いた方が走り易いくらい。

逆にぬかるんでいるからこその収穫あり。

両足が一直線上を動いている時には,滑ってもトラクションがしっかりかかるのでほとんど滑らない。でも,両足が2本の線路上を走るように動いていると滑る。

当たり前のことだが,直線上を走るのがトラクションもかかってロスの少ない動きなんですよね。

2010年4月26日 (月)

4月29日(木曜日)裏山トレイル行きます!

久しぶりに新緑のお山をジョグりますぞ!

6:00にいつもの武道館を出発して山に向かいます。

体調や脚の状態によりますが,じっくりペースで90分~120分程度を考えています。

お暇な方はご一緒にどうぞ。

ただし雨が降ったら行きませんのでご勘弁を。

ドリンクは各自持っていってくださいね。

【ランニング小物】 SPIBELT(スパイベルト)使用後

Spi

SPIBELT,実際にフルマラソンで使ってみましたが,すこぶる快適です。

携帯を入れたら,防滴でないのさえ分かっていれば,ジョグ程度はおそらく大丈夫。

レースだと携帯は揺れてストレスになるので,それより軽いものを入れましょう。

今回僕はパワージェル3本+アミノバイタル1袋を携行しましたが,伸縮性のある生地が揺れをしっかり抑えてくれました。

少し高いのが難ですが,お役立ちグッズとしてオススメしておきます。

友人の桃夢ダンディーS氏もご推薦!(笑)

2010年4月25日 (日)

とくしまマラソン2010【初参加】

http://update.runnet.jp/2010tokushima/Sbsh00051_2

朝から雲ひとつない晴天のなか,無事完走致しました!
結果3:12:52,昨年秋からの状態を考えると,ここまで回復すれば手応え充分です! またサブスリーレベルまで戻れそうです。 

とにかくまた故障してはいけないので,最後1km以外は抑えて抑えてキロ4:30をほぼ完全キープ。かなり余裕を持ってゴール出来ました。

イーブンペースで走っても,最初から最後まで山のように前の走者を抜けたので,こんなに気持ちよかったマラソンのレースは初めてです。抜いていった人はほんの数名。

ゴール後『ありがとうございました』と握手を求められたのですが,本人全く自覚なし。すごくイーブンペースだったので,丁度いいペースメーカーになっていたのでしょうね。

帰途は一緒に参加の桃夢ダンディS氏と車中楽しく語り合って帰ってきました。


ところで,『とくしまマラソン』はすばらしい!!

7800人を超える参加者がいるとは思えない素晴らしい大会運営。駐車,シャトルバス搬送,受付・荷物預けから誘導。応援そしてゴールまで,至れり尽くせりで全く文句が出ません。スタッフ・ボランティアの対応もよく,さすがお遍路の四国だなと感動しきり。

2日で受付がストップするほど人気があるのもよくわかります。

河川敷コースなのですが,加古川みたいに閉塞感もなく,僕は大ファンになりました。

完調で走ればこのコースは間違いなくタイム出やすいですよ。

特筆すべきは沿道の応援。今までこんなに賑やかな応援の中を走ったことがない!!

レース中ずっと,阿波踊りに音楽にバンドに太鼓に・・・鳴り物のオンパレード。出場者家族の応援はもとより,学生さんや子供たち(幼稚園や保育園もいた!)の途絶えない声援。いったい何人とタッチしただろう?(走っていた市橋有里さんにも無理やり握手してもらっちゃった・・・)

2~3箇所ほど,道路両脇を応援者が垣根を100mほど作っている部分があり,声援に「ありがとう~!!行くぜえぇ!」応えると,それに輪をかけて音量アップした応援の声の渦!

その中を走るのはものすごい気持ちが高揚しました!

ホントに鳥肌がたって,一瞬じわりと泣けてきた・・・。

こんなフツーのいちランナーにこんなに声をかけてくれるのですよね。徳島の皆さん,今日はものすごいパワーを僕にありがとう! 今まで経験したことのない,幸せな瞬間でしたよ!

絶対また参加したいです! そしてベストも出したいな!

ランナーから見ると限りなく理想に近い運営でした。他大会の主催者も視察に行ったらいいかも。

2010年4月24日 (土)

【ランニング小物】 SPIBELT(スパイベルト)

Img_2147

ウェストポーチの思いっきり小さいものを物色していたら,こんなの発見。

土曜日のジョグで使ってみました。持ち物を最小限にしてなおかつレースに出ても邪魔にならないのが欲しかったのですが,先日シューズを購入したショップで発見したので即購入。

デザインは共通ですが,色はバリエーションがかなりありました。

米国はテキサスの会社が作っているみたい。
http://www.spibelt.jp/

何も入れなければベルトの幅程度しかないのですが,


Img_2150


ゴムみたいにかなり伸びます。ベルト部分は柔らかいゴムで出来ているので,ウェアと当たってもあまり擦れない気がします。

携帯入れるとこんなサイズ。まだまだ入りそうですが,重いものを入れると揺れてダメでしょうね。

Img_2151

細身のベルトポーチはたくさんありますが,この製品は大きくも小さくもなるのが魅力。

防水生地ではないので,ガジェット類を入れるのは危ないですね。(僕は普段100円均一ショップで買ったビニールの小さなパウチ袋に入れて走るのですが)

価格は約3000円。アイディア商品だと思うので,安い買い物ではないですが・・・。

明日のとくしまマラソンでパワージェルを入れて走ろうかと思います。

カップヌードル タイム缶 完食!

Img_2146


日清から回収要請が出ている『タイム缶』

結局,食べてみることにした。

イチかバチか・・・。

結果は・・・・

昼食に何の問題もなく食べられました。

うちの娘sよりも年上のカップヌードル,

娘も試食しておりました。

今のところ腹具合も問題なし。(笑)


缶を開けると,日清から丸い小さなメッセージカードが入っておりましたとさ。

2010年4月22日 (木)

Eikoスポーツ主宰 金哲彦ランニングクリニック

5月30日(日),岡山市内のエイコースポーツ主宰で,金哲彦氏のランニングクリニック開催。

ラン仲間のダンディS氏からの情報で,早速仕事帰りにショップに寄って申し込みする。

30人定員で僕が16人目。

劇的に何かを変えたいというのではなく,『ランニングクリニック』なるものが一体どんなものなのか経験してみたいというのが一番の動機。

金氏に3時間も指導してもらえるのなら文句もない。

料金3000円で10:00~13:00の3時間,操山の里山センター起点に開催です。


ところで,始めてこのショップに行ってみたが,けっこうランニングのコーナーが充実してましたね。

型落ちのAddidasのadizero mana4が特価で転がっていたので,緊急購入。

2010年4月18日 (日)

休日用新コース作成!(佐山団地・芳賀・西辛川)

本日20kmペース走,新コース。

北長瀬~佐山~芳賀~西辛川~吉備中山~北長瀬

走ったことの無い道も入れて,気分一新。とても新鮮ですね。

坂も少しあるし,信号はほとんどなし。けっこういいコースが出来た。

自宅からだと丁度ハーフの距離になるので,これはいいかも。

今日は津山で津山加茂郷フルマラソン開催。

所属のはっぴーずや朝日クラブの仲間も大勢参戦している。

僕もちょっぴり気分だけ味わって,キロ4:30~5:00でクルージング。

最後3kmはビルドアップ気味に,4:30→4:00で終了。

久しぶりに気持ちよくスピード感を味わえた。

でも2日連続でこの距離走り込むと,例の右脚が張るので・・・現状ではこの程度の負荷で止めた方がいいのでしょう。

明日は休ラン。歩こうかな。

2010年4月17日 (土)

岡山~倉敷 LSD

417


来週は『とくしまマラソン』

昨年内転筋を痛めた時には,この頃には元気になっているだろうと楽観してエントリーした。

時間が経つにつれて痛みがなくなっていくのがわかるし,かなり回復したのは体感しているが,狙っていけるような体調ではない。

とにかく体力もスピードも格段に落ちているので,身体を距離に慣らすため先週に引き続き週末は長時間身体を動かす。

早朝スタートでキロ6分,約24kmを2時間半。これくらいのペースだと気分良く終われる。

今日の感覚だと,当日は最初ゆっくり入って最後はキロ5分程度で終われたらいいなぁ。

サブスリー程度まで回復するのは秋以降でしょう。

この内転筋痛,走れるけど鈍い痛みがずっと続き,とっても長引いた。欠場するのが悔しくて防府読売は出たが,やっぱりセオリー通りに完全に月単位で休養する方がよかったのかも。

笹ヶ瀬川の堤防に桜が違法植樹???

Ichigo_006

いつものマイランニングコース,笹ヶ瀬川沿い。
昨年暮れから今年にかけて,気がつくとこんな桜が植えられていた。

もう今は花が散ってしまったが,4月初頭は若い苗木が小ぶりに綺麗な花を咲かせていました。

Ichigo_005

こんな感じで約60本が山陽本線線路以北に植えてあるんです。

僕はてっきり岡山市が植えたのだと思い,「市も粋なことをするなぁ。何十年か経ったら綺麗な桜の川土手になるだろうな。」と思っていたら・・・・

Ichigo_010

こんな看板が数本立ててあるのです。

どうやら桜は誰かが厚意で植えたのだろうが,法規上は『違法』らしい。
放置すれば22日には撤去するとのことだが,どうするのかねぇ・・・。

で,その河川法がなぜ土手への植樹を禁じているのか。違法に川土手で菜園を開いている人達と同じ扱いになるからなのか。それとも張った根が土手に影響するからか。『河川管理上支障がある』とあるが,一体どんな支障なのか聞いてみたいものだ。

『原則』という文字があるということは例外規定があるのだろうが,それはどういった時に適用されるのか。岡山でも有名な後楽園横の旭川,その川土手に桜並木があるがあれはなぜ違法でないのか。なぜ撤去されないのか。地元商工会とかが樹医に依頼して延命を図るほど人気があるからなのか?

後から植えられた笹ヶ瀬川の桜は撤去?

心情的には大いに残念である。

岡山県(備前県民局)さん,何とかならないのかね?

地元町内会が交渉する余地はないのかね?

Ichigo_011

今年は夏子の苺も好調!

Ichigo_001

昨年秋からランナーを育てて,プランターに植えておいた苺たちが一斉に開花!

Ichigo_004


ずらりと並んで可愛いい花が咲いております。

一部はもう結実し始めているので,我が家の食卓に載る日も近いでしょう。

親株より第2世代の方が元気がいいんですねぇ。

花って間引いた方が実が大きくなるのかな?

2010年4月16日 (金)

『ランニングの世界 9』

Running_09

前号を初めて買ってみて,かなり僕にストライクだったので,高いがまた買ってしまった。
http://www.soubun-kikaku.co.jp/magazine/running_09.shtml

相変わらず独特の切り口で,『クリール』や『ランナーズ』とは一線を画している。

しかし面白い。

ランニングに対して科学的に切り込んだ内容もあるが,それを僕のような一般オッサンランナーにも分かるように噛み砕いて書いてくれている。

それより好きなのはランニングを『文化』や『哲学の手段』として扱っている姿勢だ。

まだ全て読んでいないが,今号で目を引いたのは,間むつみ氏が書いている『走るのをやめるとき』だ。

ランニング雑誌で何だこのテーマ,と思われるかもしれないが,タイム至上主義のランナーが極めることをあえて止め,別のランニングの形へと移行していくことについて考察しておられる。

もちろん故障や病気などが転機で全く走ることをやめてしまうランナーもいるだろう。トップスピードを追求することをやめて次のステージへ向かうのはどういったことがきっかけなんだろうか。

人生とかライフステージといったことを考えることになるのだが,自分がなぜ走るのかいう問いかけに対するヒントになりそうな記事である。

今号の特集は『夏のマラソンを考える』だが,僕には『ランニング哲学世界』の内容のほうが面白い。週末にじっくり読もう。

7月には本誌主宰の山西教授に歴史街道マラニックで会えそうである。楽しみだ。

余談だが,僕は今号で記事(マイ・ランニング日誌)を執筆している,水谷理沙さん(つくばマラソン連覇)の密かなファンだ。今回の記事で,故障も経験されていたことを知った。今春から研修医のようだが,仕事をしながらのトレーニングは大変だろうが,頑張って走り続けて我々オッサンランナーにこれからも元気を頂きたいもんである。
http://blog.livedoor.jp/lisam/archives/1460358.html#comments

さあて,オッサン明日も走りますか。

2010年4月15日 (木)

『カップヌードル タイム缶』 回収してたの・・・?

Sbsh0008

買ってからはや10年。

うちの娘より年季の入った,缶保存のカップヌードル。

10年経ったので,食べようとしたら,カミさんと娘から

『それ回収になってるよ・・・』

TVでもやっていたらしい。

早速日清ウェブサイトを見ると
http://www.nissinfoods.co.jp/utility/timecan.html

2004年から回収していたんですね。

会社に送ると300円+500円の図書カード。

製品全部がダメなわけではないらしい。

喰うべきか・・・

喰わざるべきか・・・

それが問題だ。

ちょっと悩もう。

2010年4月13日 (火)

『激走モンブラン!』DVD出てるんですね

UTMB参戦の鏑木選手にスポットをあてた,例のNHKの特集がDVDになっているのですね。
http://www.sideriver.com/special/2010/04/montblanc.html

ハイビジョン画像,ってのは魅力だなぁ。

HDD録画したときは画質もよかったけど,そのあとは普通のVRモードでの保存になってるので欲しい気もするが,内容はほぼ同じだもんね。

そいいえば4月3日の『ワンダー×ワンダー』の春特番,見そこねた。

UTMBの撮影裏話もあったそうだが。

再放送は4月20日。

2010年4月12日 (月)

清酒『興陽(こうよう)』一般販売

ラン仲間,まさちゃんからの情報。

清酒『興陽(こうよう)』は2010年4月24日の午前中に県立興陽高校にて一般販売とのこと。

販売時間は分からないので,興味のある方は興陽高校に問い合わせてくださいね。これ,売り切れるんでお早めに。

興陽高校
http://www.koyohigh.okayama-c.ed.jp/

4月24日(土) 興陽高校ぼっけえ祭 にての販売みたいです。

高校生が育てた米で作った辻酒造の希少酒,トロリ甘口の清酒をご堪能ください。

新潟とかの水みたいにサラリと飲めるタイプとは正反対の方向です。


まさちゃん,情報ありがとうございました。

久々30km走してみた

JNとクロスポストです。

日曜日午後,ほぼ半年ぶりに30km走をしてみた。

25日にほぼ4ヶ月ぶりにフルマラソンを走るので,現状把握。

キロ5分目標でスタート,いつもの30kmコース(途中,岡山県総合運動公園を4周)を雨の中トレーニング。

走れるのは走れるが,昨年秋のいちばん調子が良かった頃に比べると雲泥の差。

脚が重い,呼吸がきつい・・・。走力も心肺機能も話にならない。

今フルを走ったら5分で通せるかどうか・・・。

昨年いちばん調子良かった頃は,坂道でも誰かが背中を押しているくらいの感覚があったのだから・・・。

嬉しいのは,嫌な痛みがほとんど出なかったこと。これがいちばん元気が出る事実。

距離も走り込んでないし,スピード系の練習は現在皆無。当然なんだが,ここまで体力が落ちているとはね。

こっからどう戻していくか。

なおかつ再発してもいけない。

まずはとくしまマラソンで完走,5・6月はじっくり距離をふみ7月の歴史街道マラニックもリタイヤしないように楽しみたい。

スピード練習は冬に向けて少しずつ再開しよう。

少しではあるが先も見えてきたので,楽しみ,楽しみ!

2010年4月10日 (土)

岡山~吹屋 歴史街道ウルトラマラニック 75kmエントリー

公式サイト(村松さんHP)
http://corredor.jp/ultra/index.htm

ようやくカミさんの許可が下りたので,runnetよりエントリー!

今年最終回になる,『にちなんおろち』も考えたのですが,やっぱりこっちにしました。
宿泊費込で13000円,ウルトラの大会にしては安いですよね。

脚もかなり回復しましたし,気をつけてじっくり走り込んで準備したいと思います。

この大会で気持ちよく完走して,9月の村岡ダブルフルにつなげたいな。

ジョグノートのコラム『第141回 仮装ランを楽しもう(鍋倉教授)』

ジョグノートのコラムに,鍋倉教授が仮装ランを取り上げておられました。
http://www.jognote.com/column/stepup/

僕自身初めてトライしてみて思ったことそのままですね。

個人的には仮装してそれなりに速いってのが現時点では理想なんですが・・・

例えば東京マラソン出場の高田氏(枚方マスターズ)とか
http://happy.ap.teacup.com/gionkita/

近いところで,岡山はっぴーずの『こめちゃん』とか・・・(ウェディングドレス)
http://runrun-happys.com/

ま,それよりも

『新・ランニングの世界』が開けます!『こんな楽しみがあったんだ!』と,自分自身ビックリです。

分かる方は分かるかもしれませんが,長年普通のスキー板で滑っていた人間が,スノーボードやショートスキーにチャレンジしたときみたいな感覚ですね,いやそれより興奮度は高いかも!

歳とって仮装して「あのおじいちゃん,面白い~!」とか子ども達が喜ぶ姿が楽しみな爺さんになりたい。(笑)

実は仮装してペース上げるのには着用感や素材,通気性や重さなどが大きく関係することが今回よく分かりました。徳利は熱が逃げますが,フランクフルトやウインナー,ナスビ,デビルマンはとっても暑いです。

着ぐるみ系は天候やコースによります。気温10度前後でもかなり暑いです。

無難なのはカツラ系なので,ワタクシは只今カツラ系を物色中です。

2010年4月 9日 (金)

希少酒『興陽』【岡山ローカル酒】入手

Img_2124


Img_2126


この酒はなかなか手に入らないかも。というより,買えるのですが一般にはあまり量が流通していないのです。

岡山の県立興陽(こうよう)高校の農業科生徒が育てた酒米を使って,久世高校の生徒と共同開発した商品らしい。

醸造は『御前酒』を作っている岡山県北勝山の辻酒造が担当,学校の行事の時に売っているらしい。(いつも完売するらしいです)

久世高校で販売するものとラベル以外は同じらしいです。

僕は別ルートで注文しました。

味は,トロリとフルーティーで甘口。白ワインに近いくらいなので,甘口の清酒が好きな人や,甘口の白ワインが好きな人に向くかも。洋食と合いました。

安いとか銘酒だとかの範疇ではないですが,ひとつ話題にはなります。

また機会があったら買ってみようっと!

2010年4月 7日 (水)

チウーホテル【志賀高原一の瀬タンネの森】

一ノ瀬ローカルネタです。(地名で分かる方はご参考に)

この宿は当たりでした。
チウーホテル
http://www.chu-hotel.co.jp/

Chu_018

本館の外観。フロントとロビー,和室はこちら。


Chu_019

後ろの白い新館が洋室系。その後ろはタンネの森に面してます。

Chu_014

ロビーの一部。暖房は薪ストーブです。席数も結構あり。漫画や本が読めます。コーヒー(インスタント)や紅茶などはセルフでいくらでも飲めます。ネット接続のPC1台あり。無線LANスポットもありましたよ。


Chu_017

こんな椅子もあったりして,子供も楽しそうでした。


Chu_009

レストラン入口。朝食・夕食はここです。木質感たっぷりのテーブル・椅子です。


Chu_010


Chu_012

中はこんな感じ。


Chu_011

これは客が少ない時の朝食。けっこう量があります。客の多いときはバイキング形式になります。和食も洋食もけっこうメニューがあります。晩御飯は鍋中心で,さらに和洋いろいろおかずが付いて満腹です。おそらくほとんどの人は足りるのでは。ビールも志賀の地ビールがありますよ。


Chu_008

泊まったのは洋室BT付き,ロフトがある部屋です。窓のすぐ外はタンネの森。


Chu_001


Chu_004

2Fロフトはここ。


Chu_003

この階段を上がると

Chu_005

こういうふうに布団がひいてあります


Chu_006

上からこんな感じで見下ろせます。秘密基地みたいで子供はとても喜んでいました。洋室アウトバスに4ベッドだとキツキツだそうです。4人なら和室コタツ付きにするか,この洋室のBT付きがいいのでは。和室だとゲレンデは見えません。

この宿のオススメポイントは

①アクセスがとてもいい。ロッカーを出ると,50m位でタンネの森クワッドにすぐ乗れる。一ノ瀬中心に動けるのは最高ですよね。
②料理がうまい,量がある。(子供料理はないので,大人の量が出る)
③スタッフがとても親切で明るい。
④館内は清潔で,大浴場も大きくて快適。
⑤一人客が多い。一人客を大切にして食事の美味しい宿は良い宿です!

今回は楽天で予約しました。宿でICの購入券を買うと一日分で200円割引。(ただしカード支払いは×で子供券設定はなし。)

団体客の多い大手の宿は,安くてもガッカリなところも多いですが,この宿は団体客は取らないらしく,家族連れと個人客が中心みたいです。かなり静かで落ち着けます。志賀で今まで何軒も泊まりましたが,ノ瀬地区にしてはかなり良い宿の部類に入るはず。

とにかく食事が美味い! 高級食材を使うのではなくて,食材や味付けで工夫をしている感じです。

パックとかで安い宿なら他にもいくらでもありますが,ここはかなりオススメですよ!

でもリゾート感が欲しい方は,遠慮なく『プリンス』へどうぞ。

スキー歴20年の僕としては,かなり★の数は多いですよ。
次も予約がとれたらここを使うでしょう。

何で『チウー』なのかは,行って聞いてみてくださいね。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »