フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 第23回高知・本山汗見川清流マラソン | トップページ | 鬼ノ城トレイルラン »

2010年6月18日 (金)

Alice in Wonderland

http://www.disney.co.jp/movies/alice/

そういえば,先週の日曜日に見に行きました。(3Dなの300円高かった)

もともとティム・バートンの世界も好きなんですが,今回はマッド・ハッター役のジョニー・デップと白の女王役のアン・ハサウェイに注目。

やっぱり,ジョニー・デップは名優ですなぁ。役作りのために18世紀ごろのイギリス帽子職人の研究をして,当時の職人に水銀中毒者が多かったこと,その影響で躁鬱の激しかった人がいたことまで調べてます。


本作品は3D作品ではありましたが,むやみにモノがこちらに向かって飛んでくる作りではなく,登場人物に奥行きを与えるためだけに3Dにしてある感じで好感が持てた。


昔,中学校時代に『不思議の国のアリス』を読んだ時には,話も理解できず面白くなかった。というより,独特の空想世界なので,太宰・芥川好きの当時の僕には合わなかったのかもしれない。

アニメ・実写でも何度も映像化されているが,単にアリスがキャラクターたちとさまようだけの印象が強い。

今回ティム・バートンはCGをうまく使って『不思議の国』を映像化している。

2時間があっという間でした。こりゃ面白いですわ。娘たちは買ったポップコーンに手もつけず見てました。

あえて言うなら,ハリウッドらしくなく,白の女王と赤の女王の対比が徹底していない,特に白の女王のキャラ設定が中途半端なので,存在感が薄いのが残念でしたね。

子供連れだったので吹き替え版でしたが,英語版が見たかったな~。(リスニングに難のある人は,間違いなく吹き替えのほうが原語のニュアンスを伝えていることが多い)が,今回吹き替えの声に僕は違和感なし。

個人的に,白の女王役の深田恭子がアンニュイ感じが出ていてよかったです。(タイムボカン2もみに行きますゾ,恭子様!)

パンフ読んでて初めて知ったこと。

翻訳をした日本人もたくさんいるんですが,芥川龍之介や三島由紀夫も訳をしていたんですね。

« 第23回高知・本山汗見川清流マラソン | トップページ | 鬼ノ城トレイルラン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/35344889

この記事へのトラックバック一覧です: Alice in Wonderland:

« 第23回高知・本山汗見川清流マラソン | トップページ | 鬼ノ城トレイルラン »