フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

来年の吹屋ウルトラマラニック

コースディレクターの村松さんのサイトに載っていました。

村松さん,すみませんそのまま引用させて頂きます。


以下そのまま引用
==================================
吹屋マラニック、来年の日程 ..村松@事務局 返信
2010/07/25(日) 13:00 No.82


先日、金曜日に今回のマラニックの反省会兼決算報告がありました。

その場で、来年の日程を話し合い、4月16日17日の土日に決まりました。
おそらく「加茂郷マラソン」も同じ日程になろうかと思います。
マラソンとは参加者の層が違うでしょうから、棲み分けは可能かな、と思います。

吹屋・宇治地区は桜満開かと思います。日曜日には宇治の「たかうね桜まつり」も開催になろうかと思います。
ウルトラマラニックはコースの変更もある予定ですし、日曜日には10kmコースも追加になるでしょう。

===================================
以上引用

いつから募集かは分かりませんが,宿泊定員があるのですぐ一杯に
なるでしょう。

来年は民泊もあったりして。
でも,今年みたいにラフォーレでドンチャン,が楽しいけどねぇ。

2010年7月30日 (金)

一段落

僕の業界は気分的に7月で一区切り。

クライアントの皆さんも休暇を取られる方が多いですからね。

さて,西ももも秋へ向けて走り込みの8月です。ナイスオジサマはペースが上げられないので,テンポ良く距離を走り込んで地脚を作りたいと思います。

吉備中山のプチトレもいいのですが,いろんなパターンも楽しもうかなと。

おにぎり持って,ひとりマラニック。

ヘッドライトつけてミッドナイトロングラン。

倉敷近辺の食べながらラン。


お盆は帰省するので,実家の奈義町でまた那岐山トレイルランもやります。

今回は那岐山~滝山~広戸仙を縦走して,ロードを8km,合計約30kmのトレイルランを計画中。

5時間くらいかなぁ。

2010年7月28日 (水)

脳の健康

英会話の勉強で使っている『実践ビジネス英語』。

今月7月はテーマが『Brain Fitness(脳の健康)』です。

Graffiti(落書き) Cornerに面白いのがありましたので,やや長いですが引用紹介。

There are three signs of old age. The first is your loss of memory. I forget the other two.
「年をとると3つの兆候が現れる。まず記憶力がなくなる。あとの2つは忘れた。」

これが基本パターンで,バリエーション。

There are three things I always forget. Names, faces --- the third I can’t remember.
「私がいつも忘れるものが3つある。名前と顔と,それから3番目は何だっけ。」

Seen it all, done it all, can’t remember most of it.
「すべてを見て,すべてを経験した。でもほとんど覚えてない。」

You’re getting old when you find yourself in the middle of the stairway, and you can’t remember if you were downstairs going up or upstairs going down.
「階段の途中で,上るところだったのか,下りるところだったのかが思い出せなくなったら,年をとった証拠だ。」

度忘れ・物忘れ,英語で『senior moment』 といいます。

年はとっても妻・夫の名前は忘れちゃだめですよ。
「オイ」とか「おまえ」,「あんた」や「お父さん」ばかり言っていると・・・。(笑)

2010年7月27日 (火)

高知・本山汗見川清流マラソン【ハーフ】

暑い!
とにかく暑かった!

1時間29分19秒(年代カテゴリー16/196,総合28/397)
スピード練習してないのもありますが,今はこれで限界です。

スタート10時で既に気温32~3度。覚悟のスタートでしたが,久々のガマン大会でした。

スタートは早明浦ダムの直下,本山(吉野)クライミングセンター。汗見川を遡り,そのまま折り返して帰るコースです。高低差は170mとのことなので,津山加茂郷の高低差半分でハーフを走った感じです。コース自体はそんなにタフではないですが,今の僕にはあの暑さの中でこれ以上ペースアップする勇気はありませんでした。消耗しきってのゴールではないのでまだ余裕はあったのでしょうが,救急車のお世話にはなりたくないです。

四国の本気ランナー(ランパン・ランシャツで「RC」所属)がけっこういたので,レベルは高いです。トップは12分でゴールしてました。

給水ポイントは確保されており,水・スポドリ・塩+打ち水がありますが,飲んだ水の何倍も発汗するので・・・・。

沿道の応援は道沿い民家の方がチラホラですが,コースのあちこちにシャワーやホースを出して下さり,ランナーを冷やして下さります。とにかく水をかぶりまくって走りました。

ゴール後いくら飲んでも足りない位でした。

冷やしたトマトが食べ放題なので,僕も2個食べましたが,美味しいのなんのって!!丁度食べているところで,以前笠岡のハーフで出会ったランナーさんにも再会できて嬉しかったです。防府での再会を誓いました。去年は僕は不調で相手にもなってないので,今年は頑張っていい勝負したいな!


今回は,最近走り出した友人の初レース引率が主な目的でした。無事10km1時間を切る快走を見せてくれましたが,少し熱中症気味か,さすがに帰ってから我が家で1時間倒れてました・・・。

このレース,特筆すべきは川の美しさ。

水は透明で,橋の欄干から魚影が見えるほど。地元の子供達で川は大にぎわいですし,ゴール後そのまま川に突っ込むランナーもいました。ため息が出るほど綺麗な川です。ご存じの方も多いでしょうが,四国の川,特に山間部の上流部分は本当に透明度が高く,エメラルドグリーンです。子供でなくても飛び込みたくなる美しさですよ。


もう一回出たいかって?

ちょっと考えます・・・・。(苦笑)

さて,次は待望の村岡100km。しっかり8月に走り込んで,気持ちよく完走,いや『完食』したいです!!

頑張るぞー!

2010年7月24日 (土)

こりゃマズい

こりゃマズい
本日朝練の帰りに買ったが、薄くてマズい…。

果汁は10%なのにカロリーオフ、甘味をステビアで出しているので甘味がアンバランスです。

変に甘味料使わず、カロリーカットしない方がいいのにね。

もう買いません。

2010年7月23日 (金)

やっぱりTOYOTAがWRC復活?! そしてベース車両は何と!

以前記事にしたTOYOTAのWRC復活,現実味を帯びてきましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000022-ykf-spo

やっぱり,以前のレースでヨーロッパの首脳陣が視察に来ていたのはその為だったんですね。

で,ベース車が何なのかと思ったら,こんな記事が配信されてました。

http://www.asahi.com/car/news/NGY201007210047.html

WRCは『オーリス(AURIS)』
http://toyota.jp/auris/index.html

(おそらく)JWRC(WRC入門カテゴリー,もしかしたら別カテゴリーかも)は『iQ』
http://toyota.jp/iq/index.html

JWRCの『iQ』ってのは面白い選択ですねぇ。このクラスだと対抗馬はスズキの『SWIFT』やシトロエンの『C2』,フォードの『FIESTA』(だったはず)ですから,チョロQが軽四と勝負しているみたいで楽しいかも!でもグラベルでの制御バランスはどうなんだろう?

これでiQが勝ったりしたら,トヨタもすごい宣伝になりますよね。オーリスは基本が欧州戦略車なので,PRにはもってこいなのでしょうね。

さあて,参戦の話が本決まりになったら目が離せませんよ。現時点で日本車メーカーは全てWRCから撤退してますからね!

業績が戻ったらスバルや日産も復活して欲しいなぁ。

2010年7月22日 (木)

大佐山オートキャンプ場(岡山県)

Img_2287

最近よく行く『大佐山オートキャンプ場』。

僕は基本野宿派なんですが,家族連れだとそう言うわけにもいかず。

お気に入りポイントは

①標高が高いので涼しい。風がよく吹く
②サイトがとても広い
③子供向け遊具が少しある
④すぐ近くに温泉+屋内プールがある

夏場はかなり涼しいので,快適です。

近くにB&G財団のプールがあるので,子供が水遊び出来ます。おまけに料金も格安。小さいですが温泉もあります。

風の湯温泉&プール
http://www.city.niimi.okayama.jp/?ID=11189


Img_2288

区画がかなり広いです。5人用ドームとLサイズタープを張ってもかなり余りますので,隣を気にする必要なし。

来ている人もお行儀がいいです。


Img_2289

この遊具があれば,子供達はアホみたいに1日中遊んでいます。

Img_2290

フリーサイト(3000円)はここに適当な間隔で張ります。炊事場は併設してますが木陰は全くなし。夏は暑いです。4000円の区画オートサイトはかなり緑に囲まれ,日陰もたくさんあります。

僕は1泊でもすぐに帰らず,デイキャンプ(1700円)を追加して,夕方17:00までのんびりして帰るのがお決まりのパターン。

チェックイン時間が14:00(早入り・遅出オプションが可能な日もありますが)なのが△ですが,まあよし。

トイレ・温水シャワー・売店なども綺麗なものがありますし,ビールも含めてほとんど必要なものは売っています。

ハズレはないキャンプ場ですので,一度はいかがですか?

トレーラーハウス泊もいいかもね。

西ももの一番お気に入りはどこか教えろって?

それは教えない。(笑)

内緒。


大佐山オートキャンプ場
http://0380.jp/

2010年7月20日 (火)

ひとまず蒜山高原エントリー

今年は子供は同行せず。(習い事の関係でこの日程は無理)

去年はすぐに定員になったので,早めに。遅い申し込みだと駐車場が会場から離れますからね。まあ,シャトルですぐですが・・・。

相変わらずハーフ参加。アップダウンきついんですけどねぇ。

去年は副賞がちらついて最後にゴール前デッドヒートしてしまい,どう考えてもこれが原因で故障。

ジャージープリンの代償は大きかった。どうせタイムの出るコースじゃないのにね。


宣言します。

もうプリンはいいです。

自分で買います。

参加の皆さん,秋の一日を楽しみましょう!

んで,何を着用しようかな~。

恐るべし,我が師SK氏

僕をランニングの世界へと導いて下さった,SK氏。

御年59歳でありますが,先日の日曜日またもや快挙!

ウルトラ経験は村岡88kmのみの師だが,なんと,おんたけウルトラトレイル105km完走!
http://www.powersports.co.jp/osjtrail/10_ultraontake/index.htm

約19時間の激走だったそうだ・・・。

転倒2回,顔面流血をこらえて,暗闇でころんだついでに大事なガーミンを失くし・・・おまけに普通のランニングシューズだったらしい。(驚)

「トレイルシューズっちゅうもんがあるんかいのぅ?なんか他のランナーはすべらずに下りが速いな~と思ったんよ・・・。」と平気で笑ってのける師。

キャンプで滞在した山中で夜7時過ぎに電話をもらって半分卒倒した。酒が醒めた・・・。

「これから宿に帰って酒のんで寝るな~。ワハハハ!」

はぁ・・・

師に死角なし!

実は僕も興味持っている大会だったので,最初エントリーしたと聞いたときには目が飛び出そうになりました。

「これ,トレイルレースですよ。」と2回確認したくらい。今回も失礼だがドロップすると思っていた。

師の基本練習は,驚くなかれ,早朝4:30からの自宅裏山でのワンちゃんとの散歩。

ただ最近は仕事も大学に変わり,週3日は26キロを自転車で通勤しておられるそうなので,これが効を奏したのかもしれないが・・・。

年齢ってなんでしょうね。単なる一つのモノサシにしか過ぎないなぁ。

それにしても,還暦間近の我が師はますます進化していく。

僕は仕事も遊びも,全然追いつけない。

2010年7月18日 (日)

師 ひとり旅立つ

以前仕事場で同僚として働き,ある意味「歳を重ねたらこんなになりたいな」と思っていた先輩(既に定年退職だったが)が,闘病のすえ亡くなった。

若かった僕を前に出しどんどん経験させてくれた。全く出しゃばることなく,でもピンチになるとさらりと手をさしのべて助けてくれた。自分の決定に自信が無いときには,「まずは思うようにやってみろ」と背中を押してくれた。待つことの大切さも教えてくれた。

酒が大好きで,よく飲みにも連れて行ってもらった。いろんな酒場に顔が利く,有名人だった。カラオケの最後にいつも笑顔で何故か「カムサハムニダ」を言うのが可笑しかった。

いくつも同じ部署を担当して,一緒に出張にも行って,頑張る若衆に一喜一憂しましたよね。

「流石」という言葉が好きで,酔うといつも「流石だと思う奴は,流れに逆らわず,川の石のように,無理せず丸く生きている」が口癖だった。仕事と家族,自分のしたいことのバランスを考え始めたのも,あなたの影響が大きいかもしれないですよ。

一度心臓を患ってからは,酒も減らして,一回死にかけたのだからとかなり健康に気をつけてましたね。今の僕みたいにきな粉やすりゴマ食べていたなぁ。

退職後は県のとあるスポーツ団体のお世話をしておられたのだが,脳を患って長らく入院,そのまま帰らぬ人となってしまった。一度お見舞いに行ったのだが,まだ人を認識できる状態ではなく会えなかった。元々スポーツ選手で,元気で明るい方だったので,自分の身体も言葉も思うようにならないのがさぞかし辛かったろう。奥さんの話は分かっていて,反応もしていたらしい。周囲の事は理解できていて,全く表現出来ないって一体どんな感覚なんだろう。

今日,たまたま奥様に電話して,5月になくなられたことを知り,どこか心の片隅で覚悟はしていたが,一瞬言葉に詰まってしまった。

たぶん,僕の思いほどあなたは僕のことを意識はしていなかったかもしれない。勝手に慕っていただけなのだが・・・。

でも,僕にとってはある意味,人生の『モデル』でもあったのです。

先輩,ゆっくりお休みください。

合掌。


僕も60歳の時,あなたみたいになれますかね。

身を任せて生きる,ってのは少し会得しましたよ。お陰で少し楽に生きられるようになりました。

もう一回,一緒にスナックに行って,好きな陸上の話をしながら,カラオケ歌いたかったです。

あの世でも酒と歌,楽しんでるかなぁ?

2010年7月13日 (火)

秋以降

秋以降のレース組み立て。

蒜山高原マラソンは10月17日
http://www.lap.co.jp/hiruzen/index.html

島根なかうみハーフ
11月7日

べいふぁーむ笠岡は11月28日
http://www.mina-net.com/krk/athletic.html

福知山は11月23日
http://www.f-marathon.gr.jp/

小豆島タートルは11月28日
http://www.e-marathon.jp/turtle/

防府はがんばりレースなので決定として,その前をどうするか?

2010年7月11日 (日)

雨中プチトレイルランin操山

7時スタートで久々に操山突撃。
雨なので山で出会ったのは5人ほどの散歩の方のみ。

今回は旗振台近辺から一旦円山方面(自動車教習所)に下山し,曹源禅寺から再エントリー。八畳岩経由で里山CTに抜けるというルートを開拓した。里山CTまで一部ロードで約7km。今日は笠井山は行かなかった。

曹源禅寺
http://djv.libnet.pref.okayama.jp/mmhp/kyodo/kento/MediaKoboKoza/H19/Sogenji/Sogenji-Mokuji.htm

曹源禅寺からの登りはかなり狭くてきつく,廃墟になりつつある三重塔近辺は一部藪漕ぎが必要だった。今日みたいな雨だとトレイルシューズのモンです。

この辺りはシングルトラックで暗いので,女性が快適に一人で・・・とう訳にはいかないですね。

里山CTからは岡山駅前経由で北長瀬駅着。操山の山中と岡山駅前の違いも可笑しかった。

人混みの中を汗と雨,泥と落ち葉カスにまみれた西もも通過しました。(笑)

自宅から山までの往復を入れて約25km,2:49。ロードは往路スロージョグ,復路は4:40/km程度のペース走にしました。

腰の状態はあまりかわらず。

2010年7月10日 (土)

半分復活

今朝ははっぴーず朝練に半分参加。

前半は超スロージョグ,最後の坂道走だけ同行して腰入れて走る。

脚は全く問題なし,心臓も大丈夫,でも腰は70%くらいの回復かな・・・。

まあ,先週の悪行・奇行を考えると当然なので,地道にリハビリですな。

動かさないと背中が固まってしまいそうなので,今日は久々に身体を動かしました。

ソロ練習も大切ですが,話しながら走るって楽しいなぁ。

今日は後半こめちゃんと語りながら,ゼイゼイハァハァ坂道。

小さな吉備中山でも,アスファルト道でもプチ遭難する人はいるわけで。

ねぇ,せれさん,さっちー・・・(笑)

救助に向かったこめ+西ももでした。

2010年7月 8日 (木)

『ウルトラマラソンに学ぶ人生』

Img_2278


今日仕事から帰ると,娘が『牧師さんからお手紙よ~』という。

先日のマラニックで知り合った杉本牧師が,ご自分の「証し」でウルトラマラソンと自分の関わりを語られた時の内容を小冊子にしておられたようで,早速送って下さったらしい。

ご縁,って素晴らしいとつくづく思う。

個人個人でランニングとの関わり方は違うのが当たり前だが,杉本牧師のランナーとしての背景がよく見えてきた。

杉本さん,ありがとうございます。

僕自身,『何で走るの?』と聞かれると,日によって答えが違うので難しいのだが,『走ること』をクリスチャンとして見つめるとこうなるのか・・・と新鮮な気持ちになる。

というより,人が信仰を持っているということは強いな・・・と感じる。先日の貝畑さんや村松さんの話にもどこか根底で通じるものがあると思い始めている。


実は牧師は『ランニングメッセージ』という本も出版しておられ,興味を持った僕は昨日注文したところだった。

僕にとって『身体を使う』『走る』という行為はある意味『信仰』のひとつなのかもしれないな。

2010年7月 6日 (火)

腰イタタタ・・・

今回はけっこう腰のダメージ大。

当たり前だ。

でも,たまたま立ち仕事の少ない時期なので助かった。


今回初めて身体の『痒み』も発症。

雨中を長時間走ったせいか,足の甲とか脇下とか,濡れて長時間衣類が擦れた部分のかゆみがとれない。

こんなことも経験してみないと分からないですよね。

不思議と足の水ぶくれはなく,乳擦れも腰擦れ(バックパックの)もない。


シューズはミズノのLSD2でしたが,ワンサイズ大きかったかな・・・。この靴クッション性はあるのですが,AEROの方が僕には合っているみたいです。

さて,次のウルトラはMIZUNO AERO 9でいくか,フィット感でアディゼロ試してみるか。

2010年7月 5日 (月)

岡山~吹屋 歴史街道ウルトラマラニック【大会感想】

腰は少しづつ改善。よしよし。

大会自体の感想です。

基本的に最低限サポートのある距離練習会だと思って下さい。4ヶ所のエイドに水・スポドリ・緑茶・パン(あん。クリーム)・もみじ饅頭,バナナがあります。販売機や補給できる店の数は極端に少ないコースなので,ボトルは必携です。

昼食程度は持って走ったほうがいいです。僕はおにぎり3個と塩飴数個,エネルギージェル2本使いました。土砂降りのなか食べたおにぎりの美味しかったこと!! 塩味がいいんですよね。

スタート・ゴールは正式にはどこだったのか分かりません。(笑)特にゴールはどこだか分からず,ラフォーレの支配人に誘導されてそのまま荷物置場直行でした。ここははっきりしていたほうが,完走感が出るのにね。少し残念。

事前に地図はもらっていましたし,大会HPでルートラボのデータがあるのでコースの予習は大丈夫でした。

データ上は高低差を理解していましたが,コースはけっこうハードです。前半は大きなアップダウン,後半成羽からはかなりの激坂で,なめてかかったらいかんです。でも村岡ダブルフルほどではありません。

成羽からの坂は,走力次第ですが,無理せず歩いてもいいかもしれません。ただ,70kmに出場して,時間いっぱいに到着だと成羽~吹屋は暗いかもしれないですね。遅く着いた方は成羽のサポートが撤収していたと言ってました。朝8時頃はどっちみち稲荷~空港は車が多いですから,70kmスタートをもっと繰り上げてもいいかも。

地元の応援はほとんど皆無ですが,時々声をかけてくださるかたがいました。

主催者サポートは必要最低限ですが,ある程度の時間内は常にコース上を巡視しておられ安心です。リタイヤはどこでも出来るのではないらしく,ある地点までは自分で移動が必要だったみたいです。

運営スタッフで私が知っているのは数名なのですが,準備段階は実質上かなりの部分を村松さんが担当されていたのだと思います。それを知人友人が支えた感でしょうか?ここは詳しくは分かりません。

宿泊のラフォーレは小綺麗で食事が美味く,快適です。スタッフと一部宿泊は5km下の元仲田邸だったのですが,翌日のマラニックに参加しない人は注意。ラフォーレまでは7:30バスしかないんです。ぼくも当初ここだったのですが,マラニックに参加しないのと腰が痛むので変更していただきました。(でも本当はスタッフの皆さんと話してみたかったな~)

なにより完走パーティーが楽しかったし,いろんなランナーと知り合えました。貝畑・山西・村松さんのトークライブをもっと聞きたかったな~。(出来れば写真とかもあれば・・・)

タイムレースでないので走りながらもいろいろ話せたので退屈せず,人の輪が広がる素敵な大会でしたね。

走力に合わせて楽しめる宿泊付き長距離練習会,って感じです。

これで宿泊費込で13000円・・・・まさか赤字でやってる訳ではないでしょうね?! 大丈夫???

そんなにスタッフは多くないですが,手馴れた感じの運営です。山西先生や村松奥様をはじめ,地元そして全国から助っ人に来られた皆さんありがとうございました!

余談ですが,スタッフランナーみなさんの脚があまりに美脚なので惚れ惚れしてしまいました。どうしたらあんな脚が出来るんだろう?(あえて皆さん,短パンでしたか?)

2010年7月 4日 (日)

岡山~吹屋 歴史街道ウルトラマラニック(70km)(2010/7/3)

ギックリ腰からまあよく3日で調整して完走したもんだ・・・。

摺り足の必殺忍者走りで走りました。

人間,腰の筋肉が使えないと,他の部位でカバーするんですね。

どこだと思います?

膝の裏の筋肉と,肩と腕。

人間ってすごいよな~。


完走記は長いのでウェブページにしました。
(大会自体の完走は後日)

http://nishimomo.cocolog-nifty.com/blog/fukiya_umaranick2010.html

いろんな出会いがあって楽しかった。

後悔はありません!

吹屋歴史街道ウルトラマラニック

吹屋歴史街道ウルトラマラニック
完走後のパーティー、ビンゴ大会の景品です。田舎らしいよね。

実はかなり無理して出場しましたが、ゴール後が楽しかった!

が、今朝は身体が…
詳しくは後で。

サプライズ応援のカサブランカさん、元気をありがとうございました!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »