フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 久々30km走 | トップページ | 焼き鳥『新八』(岡山駅前) »

2010年10月10日 (日)

吉備高原マラソン&秋のプチツーリング

本日午前中は23回吉備高原車いすふれあいロードレースの応援&観戦。

はっぴーず以外にもランニング仲間が山ほど出るので,応援三昧。

9:30には道路がクローズされて車両の移動が出来なくなるので,本日はバイクで行った。学生時代はよくフラリと吉備高原に行き,はるみの丘で缶コーヒーを飲んだモンだ・・・。

体育館でみんなに挨拶をしたあと,交通規制区域外にある,はるみの丘にバイクを置き,徒歩で少し移動。一番南側の折り返し,坂の手前で応援。ここはスタッフ以外の応援も少ないし,走るならこの坂はしんどいかな~と思って応援陣取ったが,少しは力になれたかな?

このコース,周回なので(距離によるが)何回も応援できてよかった。

応援者は会場近辺に多いが,コースの整理や誘導のスタッフ,陸連の監察員が異様に多くびっくりした。
立ち話を聞いていると,障害を持った参加者が多いので,万が一にそなえてのこともあるらしい。

所属する「はっぴーず」のメンバーはすごい。

出走前は一見すると脱力しているが(笑),いざスタートするとみんなスイッチオン!

みんないい顔して走っておりました。(反応はみんな特徴があって面白かった)


今回,初めて車いすレースを観戦。

レーサー仕様の三輪で出走,先導の白バイが慌てるほどガンガン飛ばす人もいれば,普段使う車いすで参加の人もいる。僕らが普段よく見るタイプで出場の人は下りが大変そう。

それにしても,腕だけで坂道をガンガン登るトップ集団のすごさ。横から見るとヘルメットからものすごい量の汗が飛び散って,過酷さが伝わる。一方,後続の中には泣き出しそうな参加者もいるので,声を張り上げる僕の方が胸が痛くなった。

特に,まだ体力のない子供は大変だ。折り返しの坂,最後の100mを登るのに何分かかったことか。

でもやめずに登り切る姿に胸が熱くなった。

レベルや程度はみんな違うのだが,障害をかかえての参加者も多い。

身体能力も,自分で走れる人から全て伴走に押してもらう車いすまで色々だ。

ある年配の男性参加者が目にとまった。車イスで参加していた。白髪がかなり混じり,身体機能も言葉も思うようにコントロールできてはいない。

伴走者は僕の母と同じくらいかもう少し年上。おそらく息子であろう男性の車イスを押しながら,2人で坂を下っていった。

その背中を見ながら,障害を持った子供が元気に歳をとるぶん,母親も年齢を重ねて年老いてきたのか・・・・と勝手に想像し,いろいろ考えてしまった。

僕は自分の脚で走れます。わが娘も元気にマラソン大会に出ます。

なんでもない日々でも,これは実はすごいことなんですね。


滞在出来る時間いっぱい,仲間だけでなく,頑張っているランナーみんなに声をかけて会場を後にした。

それにしても「今日は何で走らない???」の声を多く聞いた。

そんな方々,蒜山で会いましょう!(笑)

皆に笑顔を!

« 久々30km走 | トップページ | 焼き鳥『新八』(岡山駅前) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みんなの汗の量で秋にしては気温が高いのがよくわかりました。お疲れ様!

『まだ行ける,頑張れ』って自分に言えるのは誰でも出来ることじゃあないですよ。
調子自体は悪くないみたいですね。腰も安定してる?次ですよ,次!

元気玉みんなに投げたんだけど,大きさ足りなかったかな。
まさちゃん師匠にしっかり習って特大出せるよう修行しておきます。(笑)

本当に応援ありがとうございました。
2周目は完全に あの場所で脚にきてしまいました(笑)
沢山の方々の声援を頭の中で復唱しながら、
「なんで痙攣なんかで頑張れない!
 まだ行ける、頑張れ」
って一人で思いながら走ってました。
有難うございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/37170998

この記事へのトラックバック一覧です: 吉備高原マラソン&秋のプチツーリング:

« 久々30km走 | トップページ | 焼き鳥『新八』(岡山駅前) »