フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

さあて,ウインターシーズン開幕だ

今季も湯浅君に注目だ!

西もも,板の手入れをしながらワクワクしております。今年も滑るぞぃ!!

UTAF(ウルトラ・トレイル・アラウンド富士)

以下はJog Noteの有名人,Alohaさんの日記に記載の内容です。JNに書いているくらいなので,公開してもいいレベルだと判断して書き込みます。日本でもツールドモンブランみたいに盛り上がるレースになるといいですね。

実は僕も参加したい。


以下全文引用
====================================

UTAF(ウルトラ・トレイル・アラウンド富士)って、ご存知ですか??

トレイルランナーで憧れのツールドモンブラン。

それが日本でも同じ規模で開催されるようだ。


現在までの最新情報を告知致します。
1)名称:ウルトラ・トレイル・アラウンド・富士(略称:UTAF)
2)2011年5月20日(金)15時、河口湖大橋を北に向かってスタート。
3)反時計回りに富士山をぐるりと回り込むようにトレイル・林道を走り、再び河口湖大橋がゴール。
4)制限時間は46時間または48時間。
5)ハーフの部あり。スタート地点は静岡県
6)募集人員はロング・ハーフあわせて3776名
7)アジアで唯一の100マイルレースに!ということで、ツールドモンブラン(UTMB)と同様の規模で海外からの参加者も集め開催の方向。
8)11/24マスコミ発表のあと、都内で説明会の開催も企画されている模様。
9)NHK-BSで生放送あり(48時間?)
10)昨年開催された「富嶽周回」はこの100マイルとは別に6月開催
11)特に参加資格等の規定はナシ。
12)2年ほど前から準備が進められていた模様。
(By hideさんより引用)

2010年11月29日 (月)

仏教徒ではありますが

不景気な世の中に少しでも灯りを!
今年も微妙な西ももイルミネーションです!

101129_183002


昨日やったけど,寒かった・・・。

2010年11月28日 (日)

基本トレーニングメニュー

西ももは毎月『月刊ランナーズ』読んでいます。

トレーニング方法は色々掲載されてますが,なかなか自分にいいのがないんですよね・・・。

実業団レベルは話にならないし,トップランナー紹介の内容もマネできるものではないし。雑誌・話題として読む感じ。


最近連載の中田という若いコーチのスピードトレーニングなんか、おっさんには出来たもんじゃない。あれ本当に実践している人いるのかなぁ?

ボトムアップ的に地脚作りから始めてウルトラへ,スローからミドルペースへ。ドリルやトラックでなくロードで少し長めの区間で次第にペースを上げていく,ってのが自分に合っている気がします。

そんな基本路線がけっこう共感できるな・・・というのが鈴木彰というコーチ。『Best Run!』というメルマガを購読しだしてからけっこうになるのですが,コラムはけっこう参考になるし,5kmや10kmを走らない僕にはドンピシャ。

『@runner(アットランナー)』

ここの会員なら有料でなってもいいな・・・って思えるのです。(メルマガは無料)

でも小心者の西ももは,少しはスピードも出ないと心配。かといってトラックで頑張る甲斐性も時間もとれないので・・・自宅近辺で出来ることを探すわけです。

とはいえ,普段のジョグペースやスピードプレイのペースってどれくらいが適切かって素人には分かりにくいですよね。

てなわけで半年ほど前から参考にしているのが。このサイト。記事も日本と違うことが紹介されていたりして,面白いです。(鈴木氏はここの記事を翻訳して参考にしている?と思える部分もありますが・・・)

『Runner's World』(英語)

登録は必要ですが,ここの『Smart Coach』に自分のデータを入れて基本メニューの参考にしています。

目標レースや自己ベスト,目標タイム,強度を設定してやると,機械的にあまり面白くないメニューが出てきます。

あくまで参考なので,強度やペース,味付けは自分でします。LSDにしたり30~50km走にしたり,トレイルや坂道走にしたり。強度の確認用ってところです。

西ももだと日常ジョグは4:40程度,週5のランで月曜と金曜が休み,週末どちらかでロングという基本設計がでてくるんですね。

でも所詮は機械が考えたもの。レースに出たり,ラン友と駄べりながらジョグしたりって事のも大切な練習ですわな。


正直,ランナー用雑誌としては,哲学系の『ランニングの世界』の方がお気に入りの西ももでした。

2010年11月27日 (土)

スタート!

10:30
スタート。Bブロックなのでネットタイムとのズレは25秒程度だが,さすがになっちゃってABの方が多く走りにくい。でも煽られてとんでもないペースにならないのでいいかも。かなり押さえてなだらかな下りをゆく。脚は軽いぞ。

5km
設定タイムは4:10だったが,やや速めの4:05程度で推移。いかんいかん,自爆パターンになってしまう,ということでかなりセーブ。調子はいいのでまだかなり楽である。

ここらでふと『西ももさぁ~ん』と声が聞こえたような・・・気のせいか。京都にファンクラブはなかったはず。(笑)

10km
スプリットではドンピシャ設定通り。脚も心臓もかなり楽。呼吸はほとんど乱れず。禅式呼吸で丹田を意識して大きな呼吸を心がける。そろそろお疲れランナーがいっぱい。

15km
由良川をどんどん北上。調子がいいのでついついラップが早くなるからガマンが大変。今日の目的は達成するぞ!と抑えて・・・。この辺りから適当なグループを見つけては追い付き,その集団がペースを下げてくると抜いて前に出る,を繰り返す。僕自身はほぼイーブンだが,どの集団も数キロ走るとペースが下がるのであまり並走できない。

20km
呼吸も脚も全く問題なし。まだ禅式呼吸が出来る。ここらでザバスのゼリーを一本補給。ちょっと心のなかで欲がでるが,30kmの壁が怖いので徹底的に抑える。こりゃかなり調子がいい。抜いていくランナーは皆無。

25km
折り返し手前から先頭集団を見学。トップにはお馴染みの枚方マスターズ高田氏。(東京マラソンでカツラを被って先頭集団に食らいついていったあの方。瀬古は「すぐいなくなるでしょう~」とか言っていたがどっこい・・・)時々3分台になりそうになるので,自分に「速ぇぞ・・・・」とブツブツ暗示をかけて抑える。ちょっと内転筋ピリピリ。

Aグループのランナーがいっぱい落ちてくる・・・ひとり,またひとり拾って走る。見るからに速そうな脚だが,やはりぎりぎりで攻めるとこうなる人も出てくる。分かります・・・。

30km
ザバスゼリー一本。往路のランナーにいっぱい会える。途中で止まっている上位ランナーが多くなる。僕も集団にはほとんどつかず,単独走行が多くなってくる。時々ペースランナーにされる。

どうやら今日は調子いいらしい。時々4:00ジャストくらいのつもりで少し頑張り。まだまだイケル!

35km
ここらで数キロ,あるランナーと並走。引っ張り引っ張られ走る。二人で何人抜いたろうか。僕と彼の呼吸音の違いは対照的。「スッスッ,ハーハー」の彼と,ゆっくりで深い僕。脚はまだ大丈夫だがそろそろ心臓が泣き言を言い出した。40km少し前くらいから彼がスパート,これは背中を見つめるしかなかった。今回抜かれたのは彼だけかも。

40km
またもや『西ももさぁ~ん!』ここで声の主がさっちーだと理解。京都,さっちー,応援・・・つながった。(笑)呑気に「おおお・・・ありがとう!」と応えて先を急ぐ。美女の応援は元気が出ますわい。

このあたりからとある盲人ランナーと並走,速い!ので伴走ランナーも大変そうだ。最後の坂に差しかかると西ももエンジン全開!この坂なら2kmはいける! とりゃ~!!

Fuku_last


得意の坂道走,ペースはほとんど落ちない。イケるぞ!! 盲人ランナーを最後は抜かせていただくが,正直彼は驚愕の走りであった。本当に見えないのか?? 今まで間近にこのレベルで激走する方を見たことがなかったので,心底感動した。普段の練習環境を拝察しても,走ることに関しては彼のほうが間違いなく格上だ。

さすがに最後の坂からゴールまでは苦痛の表情であったが,その僕に皆さんが声援をくれる。歯を喰いしばってゲートへ向かう。目に見えたタイマーは53分51秒?頑張れば54分切れるじゃん!と急いだときには少し遅かった・・・。手元の時計で「01」秒。

まあいい,この余力でゴールできたら本来の目的達成だ。コースに一礼して僕の11月23日は終わった。

西ももはオトメン(乙メン)なので,可愛らしいピンクの完走花束欲しかった。

誰かの参考になれば・・・今回の西ももラップ(MS-Excel)。笑うくらいイーブンペースでした。フル以上のレースはこれくらいがいいんでしょうね。

「20th.xls」をダウンロード

僕はトップスピードはあまり出ません。やっぱり,オッサンは「しつこいアブラ粘り」で勝負だ。


後の予定もあるので,残念だが只今準備中の無料豚汁はパス。うどんを食べておみやげ買って,速攻で福知山をあとにしたのでした。(これは渋滞回避で大正解)

今回平均ラップは4:06。余力からして正直4:00では押せそうな感じがするので,次回防府では本気で「50」を狙ってみます!

だって,来年はこんなに走れないかもしれませんからね。

2010年11月25日 (木)

出走までの日々(自分へのリマインダー)

今回はいろんなことがうまく噛みあっていた気がする。自分の記録の為にいろいろtips。

■トレーニング
3月のとくしまマラソンが終わった頃にやっと故障から回復。以後秋までは村岡ダブルフル対策で100kmを想定した走りこみの日々。普段ジョグのペースは上げず,長い距離をゆっくり長時間がモットーに走りこみ。坂道を積極的に取り入れ,トレイルも出来るだけ走った。5月のドンちゃんと走った比婆山スカイランで何かが自分の中ではじけた転機。6月終わりの吹屋マラニックでは,タイムではない何か得体の知れない気持ちに満足して,心に余裕が出た。

7月,汗見川ハーフ。暑くても何とか粘れる自分に自信。そして年間の本気大会,9月の村岡では念願のエード完食での完走に大満足,さらに自信が持てた。気持ちのうえで,村岡へ向けて始動したのは年始だったので,ほぼ半年ウルトラを念頭に走ったのがよかったはず。

オジサンはスピード練習すると壊れる可能性も高いので,「長く・じっくり」がいいみたい。LSDが効いてます。

そして10月蒜山と11月なかうみは無理やりハーフレースをトレーニングにした。ガッチャマンはずり落ちるパンツを引きずって走り,スパイダーマンは少ない酸素供給で高地トレーニング。(笑)

このあたりから,朝練で少しだけスピードを意識。1km単位から次第に距離を伸ばし,3:50程度で10kmちょっとは引っ張れる程度に引き上げる。ただし,無茶なビルドアップはせず,最後は必ずビルドダウンか歩きを入れる。故障はしたくないので必ず風呂上りは簡単なストレッチ。週に5日程度は寝る前に簡単な補強。腕立て背筋40,腹筋はV字になって60秒。1セットのみ。

今年距離が走れない日・時間がとれない日は,短時間で美味しい坂道走で少し追い込む。吉備中山の坂道とトレイルはよく行った。

防府へ向けての前哨戦,福知山はペース確認が最大のミッション。ピーキングの練習でもあったのだが,休足しすぎるとダメな西ももは出来るだけ直前まで走りこんで,少し重めに仕上げる。普通は一週間前に30km走はやらないだろうが,あえてちょっと疲労が残る程度にして当日を迎えた。

■食事・酒
あまり制限はしない。酒は気前よく飲む。以前は節制してみたこともあるが,気分的に逆効果。まさちゃん師匠を見習ってがっつり晩酌。(ただし焼酎中心)大好きな菓子類(好物の饅頭中心)は遠慮無く食べる。

■前日~当日
1週間前から体重計には乗らず無視。今までカーボローディングなんかしても何の変わりもなかったので食事はいつもどおり。(僕は懐疑派です)

最近数回実施してよかったのは『ウオーターローディング』。

当日朝はほとんど水分はとらず,そのかわり前日から水分を多めに摂ってトイレにしっかり行く作戦。当日ガブガブ飲んで出走するとトイレが気になるので,水分をしっかり含んだ身体の状態で当日朝トイレに行くと,スタート時にはちょうどいい水加減。レース中の給水で調整するかんじ。今回福知山は給水とったのは5回くらい。補給はザバスのゼリー(ピーチ味)を2本でした。(以前はパワージェルでしたが,口に合わない)

そんな感じで迎えた2010年11月23日,午前10時30分。

2010年11月24日 (水)

第20回 福知山マラソン総括(スタートまで)

101123_083620


■大会感想■
回数を重ねた大会だけに,運営はしっかりしています。スタッフの人数も半端でなく,イベンター(アールビーズ?)のノウハウがしっかり入っている,いい意味洗練された大会ですね。ただ,1万人走る規模にしてはトイレや待機の屋内施設などがキャパ不足の気がします。人数をもう少し制限された方が,運営側も参加側も気持よく余裕を持てるのではないでしょうか。スタート後の男性の立ち小便なども変わってくるのでは?

コースはスタート・ゴールが小高い丘の上(三段池公園)なだけに,最後はしんどいですが,そんなに激坂というわけでもなく,スタート後は下るのですからプラマイゼロでしょう。あとはほぼフラットで走りやすく,天候がよければ川沿いの穏やかな風景が楽しめるのでしょう。

給水所は十分過ぎるくらいですし,渡し方もみなさん熟練されてます。給食は生姜入りの黒砂糖以外はほとんどないので,腹が減る人は自分で何か持って走ったほうがいいですね。

応援は北部へ向かうと少なくなり少し寂しいですが,スタッフや子供たちの声が励みになります。応援に関しては篠山やとくしまの方があるかもしれません。

全般的にとてもよく練られた大規模運営の大会ですが,やや画一的な感がしました。(手作り感あふれるウルトラの大会に接しているだけに,比べるとだめかもね)

■参加ストーリー■
前日は関西の親類の家で夕食,そのまま駐車場に直行。寝袋にくるまって車中泊。12時過ぎに停めたがもうけっこうな台数の車だった。雨なのに外で宴会中の御仁もおられ,感動するやらあきれるやら。ほとんどの車はエンジン停めてました。

6:00起床。
外に出てトイレを済まし,持参のガスストーブでうどんを温め,おにぎり食べる。簡易トイレ脇の井戸水で顔を洗う。ひっきりなしに車が入ってくるがまだ混雑はない。

6:45出発。
荷物と毛布を持って会場へ。歩いて約15分程度か。程々のアップになる。

7:00会場入り。
受付を済ませて体育館へ。まだほとんど空いている。

101123_071338

でもこれが9:00頃には


101123_093227

こうなる。

荷物を置き,ゼッケンやチップをつけながら隣に陣取った男性と話し込む。この男性からもらった情報のおかげでトイレに困ることが全くなくなる。やはり大切,情報交換。

8:00
散歩に出かける。まだ会場の簡易トイレは並んでない。


101123_071639


アップ指定の隣接の三段池公園は小高い芝の丘。ミニオールウェザーコースや子供用の遊具がある。すでにゼゼイヒイヒイアップする方や,眉間にシワを寄せて音楽聞きながら,周囲にガン飛ばしてジョグする方がいて,田舎者の僕はちょこっと緊張する。

ちょっとピリ雨だが,太陽はのぞいていて,かなり温かい。この時点でハーフタイツ+Tシャツに決定。


101123_085402


101123_085441

西ももは,フル・ウルトラは全くアップをしない主義の人なので,近くを散策しながら丘の頂上に登って見ると,何と完全に半円の『虹』! こんなに完全な虹を見たのは初めてってくらい感動してると,横にも同じように感動しているひとがいて,しばし2人で談笑しながら虹を堪能。堺から来てる方で,長居陸上競技場でよく顔を合わせる仲間でバスを仕立てて参加らしい。(この人は途中で抜いた)北部に行くと気温が低いので手袋があるといいよ・・・とのアドバイス。これは聞いていて正解。やっぱり大切,ランナー交流+情報交換。

ここで一気に緊張もほぐれた。

9:00
そろそろ着替えて貴重品を預ける。この時間だと館内はかなりの状況。僕の荷物の横には遅れて着いて着替えに困るオバサマグループが。気にしているフリだけしながら,でもどんどん侵食。僕の顔の横にはオバサマのお尻が・・・。最初は半畳くらいの置き場だったのに,いつの間にか・・・。(笑)

9:30
荷物をまとめて外へ。9:45からブロック誘導が始まるので早めに外へ。些細な事だが参加賞袋に同梱の防寒用簡易ビニールチョッキは本当に有り難い。

9:45
指定ブロックBへ。混むから・・・と言われて早めに行ったが拍子抜け。もっと後でもよかった。

10:15くらいになるとほぼいっぱいになるのだが,どう見ても中にはBブロックではなさそうなランナーがいっぱい。自己申告だからどうしようもないけど,関門のことやらスタートのロスタイムのことを口にしているところを見るとやはり,なんちゃってABブロックのランナーらしい。体型と脚を見たら分かります・・・。

10:20過ぎ?
ブロック閉鎖して,全体が前へ移動。さて出発です!

101123_091535


101123_085512

虹ほんとうに綺麗だった!(ほとんど写ってない・・・)心のフィルムに残しておきます。神様素敵な想い出をありがとう!

2010年11月23日 (火)

福知山マラソン、やっとこさベスト更新

福知山マラソン、やっとこさベスト更新
福知山マラソン、やっとこさベスト更新
コメントくださった皆さん、ありがとうございました。前日からメールや電話で応援してくれた仲間、本当にありがとうございました!

走りながらみんなの顔が浮かんでいました。さっちーが沿道にいたりしてビックリもしたし。

それよりも、ブラインドランナーに驚いたんですが、また後日。

おかげ様で故障後1年経ってやっとこさ一皮むけました。(白髪も増えたけど)

只今、加西SAにて休憩中です。レース内容や大会インプレッションは後日じっくりね!とにかく笑うくらい超淡々と『刻み』ました。

今日はおじさん頑張ったよ〜!

でもまだもう少しいけそうでしたョ。ヘヘヘ。

グロス:2時間54分

ネット:2時間53分35秒

さあて、今宵は渋く八神純子をBGMに帰りますか。

Purple Town…Purple Town♪

2010年11月22日 (月)

福知山マラソン

頑張りましょうかね。

515番ですぅ。

ランナーズアップデート(速報)

福知山速報(ランナーズアップデート)

ランナーズアップデート(福知山通過タイム速報:10kmごと)

うまくいっても,おおごけしても,「どっちに転んでもしめた!」

暇な方はオッサンの頑張りを見てやって下され。515。

10:30スタートです。

2010福知山マラソン

2010年11月19日 (金)

大根おいしい季節です

本日は大根を煮込んでみました。

会心の出来!

全て家族の皆様の胃袋に収まりました。

副菜は里芋の明太子マヨネーズあえでした。

2010年11月17日 (水)

OSJ氷ノ山山系トレイル50マイル 当日の様子その他

僕は参加してませんが,この時期にしては桁はずれの暖かさで,ランナーも救われたようです。

でもコースはトレイルランナーの石川氏が、「自分が今まで走った中で一番怖いと思ったコース」というような内容ですから,怖い思いをしたランナーも多かったのでは?

エイド・コース・開催時期など,いろいろ課題もあるようです。

骨折・負傷した方もいたようで・・・。

詳しくは参加された「ヒゲのウルトラトレイルランナー」村松さんのブログを御覧ください。

僕の大好きな「村岡ダブルフル」を運営できる香美・小代・村岡の地元の方々が,もっともっと笑顔で参加・サポートできる大会になってくれるといいのですが。

中四国エリアではトレイル大会は発展途上ですもんね。

Corredor(『ウルトラ桃』村松)さんのページ


田舎でも最近見なくなりましたね【レトロ看板】

Earth


岡山市内のとあるうどん屋の外壁に飾ってあります。

でも,どこから持ってくるんだろう? コレクターや業者から買うのだろうか??? レプリカ?

西モモの実家近辺だとまだまだ民家の軒先で見かけますが,まさか奪ってくるわけでもないだろうにね・・・。

仮に設置されていた民家の持ち主が有償で譲ったとしても,本来の設置者(大塚食品やアースなど)との権利関係はどうなっているのだろう・・?

バイクでツーリングとかしたとき,近隣でいちばんよく見かけるのは四国の山中。車だと視界に入らないんですよね。


Mizuki

Oroc


ところで,それぞれの看板のタレント(芸能人)が誰だか分かりますか?

すぐ名前が口に出る人は大人な芸能通ですな。若者には分かるまい!ガハハハ!

この看板は『レトロ看板』のジャンルですが,これから先日本で増えることはないので,見かけたら即激写! 自宅に設置されている方は即保存ですぞ!(でもやはり,設置会社がまだ存在する場合,権利はどうなるのだろう?だれか教えてちょんまげ。)

レトロ看板記念館


ここすごくよくまとまってますね。

2010年11月16日 (火)

絶品!『雲丹のり』【島根】

Uninori


なかうみマラソンの土産ブースで目についた『雲丹のり』。出逢いを感じたので,速攻で購入しましたが,これは絶品です!

海苔の佃煮の上に雲丹がのった状態での製品です。食べる時には瓶の中で混ぜ混ぜして食べます。

ご飯の上にのせて,バクバク頂きましょう。

酒呑みながら,ペロペロ食べるのもイケましたよ。


紹介ブログ

きんや市場


2010年11月13日 (土)

旬の野菜シチュー

旬の野菜シチュー
秋冬野菜でシチューだ!

夕方時間があったので作ってみました。

大根、南瓜、サツマイモや白菜。とっぷりと子供の胃袋に収まりました。

よかった〓よかった(v^-゜)

激ウマ!カサブランカ実家邸特製コーヒー&新米(とおかず)

Kasalunch


先週日曜日に,ラン友のカサブランカさん実家にレース後お世話になりました。昼食を御馳走していただけるとのことで,会場での飲食は控えまして,桂さんのサイン会後は速攻でカサブランカさん実家へgo!

ご両親謹製のおかずと新米が美味いのなんのって。

西ももは三杯おかわり頂きました。お刺身もおかずも美味しく,どんどんご飯がすすみます。西もも実家もそうなんですが,水がいい水田は間違いなく良いコメが採れます。

一緒に行ったラン友まさちゃんとの新米対決は引き分け。

笑顔の素敵なカサさんご両親との楽しい話が続くうちに,コーヒーとケーキが出てきたのですが・・・これがどう考えても素人製とは思えないくらい美味しい。

Casacake

冗談でもお世辞でもなく,とにかくそこいらのコーヒー専門店よりも旨い。(同行者全員賛同の意見)淹れてくださった母君が言うには,近くの豆屋で買った安い挽き豆だそうですが・・・それが信じられないくらい。

やはり『水』なんでしょうか。

水源名は書きませんが,安来の方々はこんな素敵な水を日々飲んでいるのかと思うと・・・。

嘘ではないので,味わってみたい方は,はっぴーずのカサブランカさんまでコンタクト!

というより,『島根なかうみマラソン』に出ましょう!

田舎のプチ大会だと思ってなめたらいかんですよ,参加者5000人ですから!応援者も含めると会場はものすごい数でしたよ。1万人くらいいたのでは?

2010年11月12日 (金)

自分では見えないもんね

ちょっと拝借。
さすがプロ,いいのを撮ってくれます。

買いますから許してね。(毎回買ってるって!)

Spider1


Spider2


2010年11月10日 (水)

第6回 島根なかうみマラソン【安来市】

第6回 島根なかうみマラソン【安来市】
第6回 島根なかうみマラソン【安来市】
第6回 島根なかうみマラソン【安来市】
第6回 島根なかうみマラソン【安来市】
第6回 島根なかうみマラソン【安来市】
年々賑やかになってきました。さすがランナーズ100撰に入り続けてるだけありますね。今年のゲストはいつもの坂本雄次さんとゲゲゲの兄嫁役、桂亜沙美さん。

ご自分も4時間台でフルマラソンを走るランナーです。

脚が長くて惚れ惚れしましたが、それより自然体の素敵な笑顔が素敵な俳優さんでした。

笑顔はピカイチ!西ももも気付いて戴けて嬉しかった〓

素顔じゃないけど。

キットカット チーズ

キットカット チーズ
これは激しく美味い(o^〜^o)

チーズの薄塩味とチョコレートの組み合わせがこんなに旨いとは。

甘味スナックファンはぜひコンビニに走れ!

セブンには確実にある!

2010年11月 4日 (木)

千羽海崖コースタル・トレイルランニングレース2011(第2回)

クリックしちまった・・・。

http://www.trailrunner.jp/2010/10/2011.html

http://www.courant-marin.jp/senba/index.html

どうせ防府へ向けてトレランも入れるし,まぁいいか。


はしるべ。

2010年11月 3日 (水)

OSJ氷ノ山山系トレイル50マイル

OSJ氷ノ山山系トレイル50マイル


興味はあったのですが,以前同じエリアを同時期に四輪駆動車で林道走行をして,夜に雪見酒をした記憶があるので・・・。
エントリーはしてないのですが,寒いだろうな・・・と思っておりました。

吹屋マラニックでちょいと知り合いになった岡山のベテランウルトラランナー,村松さんのサイトにコース完走や提言やら色々・・・参加のランナーにも最近のトレイル大会にはいろいろ思うところがあるようで。


ウルトラももさん(村松さん)のHP
(ブログをご覧下さい)

僕は長い距離のトレイル大会は出てないですが,「安全」「命」にかかわる場面もあるだけに,主催者もポリシーを持って運営しないとダメなんですね。

大会でなく,自分でトレイルランを楽しむほうがいいのかも。


とくしまマラソン ランネットのエントリー

受付番号:00000009557709
受付日時:2010年11月1日 00時09分12秒

これが何を意味するのか?
開始9分で5000人を越えて全て抽選になったのか?


公式サイトの告示によると

以下引用============

エントリー完了メールの内容について(2010/11/1)
今回、インターネットでお申し込み頂き、正常にエントリーが完了した方に、
以下のメールを送付しています。

文中に「抽選受付を承りました」との標記がありますが、
これは、申込を頂いた全ての方に一律お知らせしている内容で、
受付の順番結果を表したものではありません。
ご了承ください。

なお、RUNNETの「Myページ」の「出場予定大会」でも、
申込が正常に完了した方は、一律「抽選待ち」という状態になります。

最終的な当落の通知は、12月中旬にお知らせいたします。

~以下、エントリー完了メール文です~

○○ ○○ 様

このたびはRUNNET 大会エントリーサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
以下のお申し込み内容の通り、大会の抽選受付を承りました。
詳細につきましては、RUNNETの「Myページ」>「出場予定大会」よりご確認いただけます。

受付番号:0000000000000
受付日時:2010年11月1日 00時00分00秒

【エントリー内容】
参加者/大会名/種目名 参加料 手数料 その他

==============================================================
○○ ○○ 様
とくしまマラソン2011
42.195km 未登録男子 18歳以上(高校不可)
==============================================================

 ※ 自己都合によるキャンセル、種目の変更は承れませんのでご了承ください。

●ID・パスワードをお忘れの方はこちら
https://runnet.jp/reminderAction.do

 ※本メールのメールアドレスは送信専用となっておりますので、メールの返信には
回答を差し上げておりません。ご了承ください。


引用収終了==============


ということは5000人に入っていても「抽選待ち」表示なのだろうか?
それとも残り2000の抽選なのか,12月まで分からないわけです。

確かに,アクセス開始時の待ち人数はすごかったしなぁ。

11月1日の郵送到着分の扱いや振り込みした人の扱いはどうなるのだろう?
選抜経緯をグレーにしているのはかなり禍根を残しそうだ。

やっぱり完全抽選の方が良かったのでないかい,実行委員会殿。

2010年11月 1日 (月)

ATH-CP300(Audio-technica)音質変化

ランニング用に以前紹介した,オーディオテクニカ製のATH-CP300。

http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-cp300.html

最近は全てこいつでランしてますが,装着感も問題なく,軽いしとにかくズレないので重宝しています。風切り音にも馴れました。クリップがついているのでコードも揺れずいい感じです。これはやはりイイ。

ただ,低音に難ありとのレビューを書きましたが,どうやらこれは使用しているうちにエージングで音質が変化してくるようです。購入時より低音が出るようになりました。(使用PMPは同じです)

そうは言ってもやはり音質はカナル型の方が間違いなくいいです。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »