フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2011ランニング回想

さあ,ラン仲間の年末のビッグレースも終わりました。皆さんの1年はどうでしたか。

西ももはというと,昨年秋の内転筋故障から半年かけてやっとこさ回復,再発の影に怯えながらの一年でありました。そんな中,加入させていただいた『はっぴーず』の皆さんと練習したり、競い合ったり一緒に遊んだり,元気を頂いたり。『朝日クラブ』の先輩達には「楽しみ方」のモデルを伝授していただきました。

来年の自分のために,今年一年を焼酎片手に振り返ると・・・

【1月】
■まんのう池リレーマラソン
学生時代の400,800,1600のリレーは経験あるが,駅伝リレーは初めて。ドゥーちゃん・はっちんの攻め,噂のさんきち親分の勢いに圧倒される。2kmという距離はオジサンの私には無理だと実感。(以後封印気味)

【2月】
■そうじゃ吉備路マラソン(ハーフ)
完全に復帰準備レース。なんとか走りきるが,2月の走行距離はほぼゼロ状態。

【3月】
■美咲町柵原星の郷マラソン(ハーフ)
友人の徳利大将が出場。けっこうアップダウンもあるコースだし,走り込んでなかったので全くスピードは出ず。おまけに徳利大将が言うには空気抵抗がありすぎて辛かったらしい。少し内転筋が痛んだが無事完走。少し復活の手がかりになる。

アットホームでいい大会だったが,2010年を最後に終了とのこと。告知をやエントリー方法をもっとうまくしたらもっと参加者が集まり,盛り上がったかも。おそらく予算の関係だろうが,柵原や美咲町の特産,地鶏や卵・米をPRするのに絶好の大会でもあったし,関係者にぜひ再考を願いたい。

■とくしまマラソン
怪我もかなり癒え,久々のフル。とにかくフルを完走したかった。この大会,とても賑やかで沿道の応援がすごい。人垣の中の応援に元気に応えた僕に,数百人の観客が大声援をくれ,鳥肌がたったのを今でも覚えている。3時間12分。ここまで戻った自分が嬉しかった。

この大会,会場だけでなく沿道の応援もすごく盛り上がるので大好き。2011大会エントリーは抽選となった。午前0時丁度にクリックしたら,処理待ち人数がとんでない数だった。結局処理完了は1時半ごろ。

【5月】
■比婆山スカイラン
初めてのトレイルレース参戦。あいにくの雨天だったが,逆に面白さが倍増。どろべちゃになりながらドンちゃんと抜きつ抜かれつの展開。走るうちに下りの魅力に取り憑かれ,アドレナリン出まくり。走り終わっても興奮しまくってた。大人の本気の泥遊びだった。これはまた出たい!

【6月】
■岡山・吹屋歴史街道ウルトラマラニック(70km)
1週間前にギックリ腰。ありとあらゆる手段を使って回復を試みるが時間不足,なのに出場。ラン友カサブランカさんの奥さんにもアホだと呆れられた。あいにくの雨の中だったが,道中いろんな方と話せて楽しかった。記録を取らない,順位もつかないランニング大会は初めてで,目からウロコ。「楽しいから」で終わらない『何で走るのか』を考え始めるきっかけに。交友関係が大いに拡がった大会である。

【7月】
■高知本山汗見川清流マラソン<高知>(ハーフ)
酷暑の今年によくハーフに出たと思う。水の美味しさ,ありがたさを実感。けっこうハイレベルでした。ゴール後そのまま清流に「ドボン」出来るのでっす。

【9月】
■村岡ダブルフル(100km)
自分の中では年に2つの勝負レースの第1弾。またもや7位で賞品の地元特産セットに手が届かない。でもタイムは9時間9分の納得タイム。よしだー君の壁に阻まれる。(笑)師匠のSK教授も無事完走。「何故自分は走るのか」が少し見えてきた。

【10月】
■蒜山高原健康マラソン
健康マラソンなので,健康的に友人のガッチャマンとペア出場。あ~楽しかった!ハーフのスピードもボチボチ戻る。大根が1本になって寂しい。

【11月】
■島根なかうみマラソン(ハーフ)
友人のスパイダーマンが日本に来ていたので一緒に出場。はっぴーずのまさちゃん復活!楽しんだわりにはけっこうイイペースで走れた。にぎやかな大会で大好き!カサブランカさん実家で新米を堪能,ごちそうを頂く。カサさんはいい人だ。

■福知山マラソン
年末の防府に向けてのペーステストランも兼ねる。過去にないイーブンペースで最後まで刻め,大満足。あとはペースアップにどこまで対応できるか。2時間54分,生涯ベスト更新。

【12月】
■防府読売
勝負レース2本の最後。ダンディSさん・細さん・ドゥーちゃん・よしだー君と頑張る。後半はやはり失速するも32,3kmまではスライスハムのように予定通り刻めた。結果目標に17秒及ばず2時間50分17秒であったが生涯ベスト更新。ゴール後悔しくて情けなくて泣いた。

思い出に残るのは村岡と防府。多少悔いは残る内容ながら、それなりに時間をかけて準備し、それなりに結果が出せたのは大収穫。ただなんとなく日々ジョグしていた状態から進化できた気がする。

今年はとにかく仲間が,知り合いが増えた。走りの幅が広がった。マラニックではタイムではないランニングの世界に入り込んだ。

そして,何で走るんだろう,という問いに対する自分なりの答えが形になり始めた。

トレイルも積極的に走った。山が好きなのか岩屋も蒜山も那岐山も日差山も福山も金甲山も蘇武岳も走った。慣れないペース走や50kmロングもやってみた。もちろんホームコース吉備中山もいっぱい走った。吉備中山で走ろう会の代表幹事をやってもいい。(笑)

ウルトラもフルも,きっと一人ではここまで頑張れなかっただろう。

今日もどこかで仲間がロードを走っている,それぞれの仕事や家庭事情を抱えながら・・・と思うと日々元気が出た,僕もがんばろうと思える。

そして,こんな僕見て笑ったり,応援してくれたり,元気をくれる人たちがいる。嬉しいことに僕見て元気が出るって言ってくれる人もいる。

まわりに元気をあげられたら,走る人の何かお手伝いができたら,そのぶん僕も元気が出るんだろうな,そんな気がしている。来年は何かの形で周囲の力になれる活動ができたらいいな。


そして、

呆れながらも、好き勝手に遊ばせてくれるカミさんに感謝。

大きな病気もせず,毎日元気に学校にいってくれる娘ズに感謝。

年はとってもまだまだ元気な両親,ばあちゃんに感謝。

仕事もランニングも出来る自分の身体に感謝。

みなさんの今年はどうでしたか?

来年も、世界のどこかで一緒に元気に走りましょう!

2010年12月30日 (木)

これではジョギング

これではジョギング
なんてできません!強制休脚ですな。まあいいか。
那岐山ホワイト年末です。

今晩はかなり積もりそう。

2010年12月29日 (水)

Smart Coach&はっぴーず年末トレイル練習会

Smartcoach


西もも愛用の米国『Runner's World』サイトのSmart Coachの例です。
現時点での西もものタイムを入れると,次のレースまでにこんな練習をしてみたらどうか,というサンプルが出てきます。

僕はこれをベースにして体調やスケジュールを考えて調整します。ほとんどこの通りにはなりません。

ただ,スピードプレイに関しては全くノウハウがないのでこれに近いものを実施しています。極力1セットが2km単位になるようにしています。(短い距離はしんどいので)


さて,本日ははっぴーず練習会in福山(倉敷市)~日差山縦走往復トレイル。

朝7時安養寺発で約30km,5時間半のランでした。ちょこちょこ休憩はしましたが,気温が低いので身体が冷える前に再スタートという感じ。日差山の神社で補給休憩以外はほぼ動き続けました。

ペース云々の話ではなく,まさに「地脚作り」のトレーニング。

イイ感じで今年のロングランを締めくくれました。

オーガナイザーのせれさん,道案内のどんちゃんありがとう。

復路を絶妙のペースで引っ張ってくださった,いのさん。ありがとうございました。とっても疲れのきにくいいいペースのランと歩きでした。(これ意外,ゆっくりの方が疲れる)

寒いのに自転車で参加のダンディーさん,遠くから電車で来たともちゃん。

そして,美味しいスゥィートポテトを用意してくださった,りんちゃん。空腹の西もも生き返りました。

アルさん,送迎の為だけなのに早朝からありがとう。

そして・・・

よしだー君はオジーンズペースではアップにもならず,「次の練習がある」と言い残し,途中から一人疾風の・・・いや,変・・・あ,いや,忍者のようにトレイルをキロ3分で去っていきましたとさ。(平地でも33km走ったらしい)やっぱり●態だ。(笑)

疾風(はやて)のように走り去るよしだー君(音声不良にて失礼)
↓↓↓
「101229_090116.3gp」をダウンロード

2010年12月28日 (火)

バトオチル(モンゴル) ガーミンで走る&優勝

201012203306611l


今日は大掃除。

ワックスがけまで頑張って疲れたび。

さて,防府読売の録画を見終わって,記念にディスクに保存しようとしたときのこと。

1位のバトゥーチルのゴール前10分ほどの映像を見ていてあることに気が付いた。

独走体制に入ってから,しきりに時計を見るのだ。1kmごとのラップを確認するなら,通過地点でラップボタンを押すくらいだろう。トップ選手にしては時計を見る回数がやたら多い。

あの仕草は僕もよくやる。僕はGARMIN ForeAthlete 405の愛用者で,自分のペース確認のために,ラップよりも瞬間ペースをよく見る。

これはきっと彼はガーミンを見ながらペースを調整してるな・・・と思って大写しの映像で静止させてみたら・・・

やっぱりそうでした。305か205でしょう。(どちらか画像で区別出来る方がいたら教えてください)キャプチャーしようと思ったのですが,鮮明な画像になりません。

トップ選手でも使うんだ・・・と思ってちょっぴり嬉しくなりました。

日本国内の選手はどうなんでしょうね。

あの仕草はあまり見ない気がしますが。


コントロールされている気がして嫌いだ,という方もおられますが,僕には素晴らしい練習パートナーです。

トラックを使わない僕にとっては,信号さえなければどこでも1000mの即席コースが作れるのは強みです。それも,いつも同じ所でなく,今日は河川敷,明日は坂道・・・というように場所を選ばずペースを設定してのランニングが出来るのは有難いことです。

その日のランを時間単位にしたり距離単位にしたり,心拍基準で走ったり。

おそらく全機能の半分も使ってないのですが,価格が高いだけのことはあります。

ウルトラやる僕には連続稼働時間が7~8時間と短いのが難点。その点,305や新発売の310は十分ウルトラでも使えそうです。

Forerunner310xt_375

我がガミ子は今のところ全く壊れる様子はないのですが,将来的には少々重くても310にしようかな,と思っています。バッテリーも20時間持つようですし。

GARMIN Forerunner 310XT


2010年12月25日 (土)

2011しまなみ海道ウルトラ遠足,復活!

待ってました!
海宝さん,こうでなくっちゃ!

海宝ロードランニング

もちろん地元の方々も大変なんだろうと重々承知してますが,復活嬉しいです!

早速予定調整に入ろうっと。

このコースは根性試しではないので,楽しく走りたい。地元の方々と楽しく話しながら,バリバリ食べまくりたい。ミカンジュースはまた出るだろうか?

ソフト食べたり腹が減ったらラーメンでも食べて・・・タイムは気にせず日帰りでゆっくり走ってこようかなぁ。

みなさんいかがですかぁ?

あなたは『タイチ』?

やっと時間がとれたので防府の録画を見た。

1時間14分で、トップ集団にガッツポーズで声援をを送るドゥーちゃん。後ろ姿カッコイイ!

1時間18分、重い足取りでポテポテ走るグリーンのTシャツとタイツ西ももの後ろ姿。ウルトラマラソン走っているみたいだし、分かっちゃいるけど何より尻がでかい…下半身が重くてランナー体型じゃないんですょな。レスラーが走っているみたい。

自分の動画を観ることはほとんどないので、数秒間でも正直嬉しい。

でも、Tシャツ派は少ないのね…ノースのシャツは暖かくて汗がよく乾くから好きなんですけどね。

周囲にはタイツも止めてランパン、ランシャツが軽くていい、走りにも影響するよって薦められますが、どうするべ?

おじさんは、今更バリバリのレーサー姿が恥ずかしいのである。

タイツ一枚で上に何も穿かないオジサマランナーを、世の人々は『タイチ』(タイツいっちょう)と呼び、特に最近の若者ジョガーはダサいと忌み嫌うらしい。(笑)


タイチで化石となるか、ラン友まさちゃんのようにナイス重ね履きおじさまランナーに進化して、お洒落『なう』なランナーとなるか…

どうでもいい事だが、結構奥深いテーマなのである。(笑)


さて、今朝は事情で走れなかったので、夕方走るかな。昨晩は食べ過ぎた。

2010年12月21日 (火)

梅観酒【嘉美心酒造】

梅観酒【嘉美心酒造】
今年2月冬の酒ですが、保存がいいので美味しい(^〜^)

出来立てよりも日本酒の濁り度が引いて、甘みが抑えられています。

久々の日本酒なり。

ところで,美咲町の柵原星の郷マラソン,なくなっちゃったんですね。

徳利で再走しようと思っていたのに。

地元の方がしっかりもてなして下さって,いい大会だったよね。

景品も卵やコメだったりして,十分美咲町のPRになっていたと思うのに・・・。

収支だけでみたら負担なのでしょうが,経済効果は実は大きいのにね。

スタッフの負担が大きかったのでしょうか?

美咲町長さん,再開を強く望みます!

素敵なハーフの大会でしたよ。

大会の宣伝はうまくなかったけど,参加したランナーはとても楽しんでいたんです。

美咲町のみなさん,ぜひこの声を町長に!教育委員会に!

2010年12月20日 (月)

第41回 防府読売マラソン(総括)

人によってはこのタイムなら・・・と言って頂けますが,本人は「ちくしょう!」です。

毎度のラップをごらん下さい。

2010防府ラップ
「2010houfu_result.xls」をダウンロード

まあまあの想定ラップを刻めたのは33kmまでですね。それ以降は撃沈。まさに『30kmの壁』そのものです。

決して調子が悪いわけではありません。

現時点での全力です。これ以上でも潰れてますし,これ以下だとこのタイムは出ませんでした。

当日の気象コンディションは,これ以上はないのではないかという位,絶好のマラソン日和。文句は言えません。

前日一緒にアホみたいに晩ご飯を食べ,防府泊のダンディSさんと一緒に10時ちょっと前に現地着。控え場所の新築ソルトアリーナは快適そのもの。はっぴーずの細さんとドゥーちゃん,コメちゃん&プリティ奥さんと合流。知った顔がいっぱいあるのは心強いです。

僕はほとんどアップはせず,散歩とトラック外周を2周ほど。あとはストレッチに費やしました。(ほとんどの人はおそろしいペースでトラックを

スタートは600番台ですから,恵まれている方です。中にはこの防府でも番号無視して前に入っている方もおられました。何とも思わないのかなぁ?というより恥ずかしくないのかな?篠山や福知山で見た光景の再現です。

スタートもスムースで,混雑もあまりなし。ただ,仕方ないとはいえ4:18はかかりすぎたか。これが最後に響いたかも。

あとは前回と同じように設定ペースをひたすたすら刻む。いいペースの集団がいたらついて行こうと思うのだが,ほとんどの集団は次第にペースが落ちてくるので,そのたびに脱出。今回はこれが逆に疲労の原因だったかも。常に単独行脚のほうがよかったのかな?

途中,ハーフ過ぎまでメンバーのコメちゃんと抜きつ抜かれつで併走。中間過ぎではドゥーちゃんの激走に元気をもらい,ダンディさんの笑顔でまた復活。僕らレベルのランナーにも沿道の応援は途切れることなく,これが元気の源です。

さすがに30km過ぎると心臓が音を上げペースも落ちてきた。30kmの壁を実感しながらも応援してくれたランニング仲間の顔を思い出しながら粘る,ただ粘る。

最後の7kmはホント意地だけです。目標の50切りはギリギリなのは分かっていますが,さすがに躰が言うことを聞いてくれません。

それでも落ちてくるランナーは多いので,一人また一人と抜かせてもらいます。

最後2km,沿道の応援しか耳に入ってきません。もうこうなったら格好悪い姿は見せられません。気持ちだけはスパート!

トラックに入ってきて,最後の100m,第4コーナーが見えたとき,タイム掲示板が『2:50:00』。

はぁ~?何それ???

ゴールは思わず『チクショウ!』と叫んでしまいました。

チップを取ってもらった後,涙が出てきました。ドゥーちゃんにも声をかけてもらったのですが,まともに反応できず・・・。

43才のオッさんの涙です。悔しくて悔しくてしょうがなかった。完走後のスポーツドリンクをもらったら,少し離れて泣いてました。

『ここまでやったのに』という気持ちと『何であれをしなかったんだ』という思いの交錯です。

自分なりに唯一の誇りは,タイムは落ちる一方でも,順位は上げ続けることが出来たこと。


2010年の西ももの挑戦ランは終わりました。

あと17秒。長いなぁ。遠いなぁ。

せっかくだからもうちょっと頑張ってみるか。


細さん,故障から見事復活の完走。
どぅーちゃん,自己新での完走,そして福岡への切符。
ダンディーSさんコースレコード。
西もも自己新。
よしだー君,途中停まっても笑顔で声援,んで56分。すごい。
そして岡山市民ランナーの鏡,高橋さんは11位。

みんな凄いよ,すごい!

さて,西ももは『2011村岡』に向けて始動します。

その過程としてフルマラソン・トレイルランに励みます。

9月に美味い酒を飲みたいです。

みなさん,一緒に村岡ダブルフル出ませんか?

2010年12月19日 (日)

防府は本日快晴!

防府は本日快晴!
防府は本日快晴!
おまけに暖かいです。走り易そうです。はっぴーずのみんなも勢揃いいたしました。非常にリラックスしております!

2010年12月18日 (土)

前日受付してみたら

前日受付してみたら
えらい凄い『静的熱気』が充満。

まあ、『俺はランナーだ』オーラの人と、『祭りだワッショイ』グループがあって、体脂肪見ると分かりますな。(笑)

ワタクシは、ワッショイ系なんちゃって俺ランナー、ってところですわ。

まあ、ワッショイ系も盛り上げますかな!

それにしても、招待ランナーや50番台ランナーは細い!


そんな中、はっぴーずのドゥーちゃんはその猛者達との懇親会に入って行きましたとさ。

ギラギラ感200%でした。明日は期待大!

西ももとダンディーさん?

鍋焼きうどん&雑炊か照り焼き丼をダブルで食って胸やけ…。

ワタクシはさらに一杯ひっかけて寝ます。(笑)

まずは祈願

まずは祈願
まずは祈願
防府天満宮詣でとかやってみました。

にしても暖かいよ。

明日はさらに暖かいとか。

2010年12月17日 (金)

さてさて,2010年の締め

防府がやって参りました。

体調は悪くない,故障もない。

心残りは少しありますが(体重とか,距離走が思ったように出来なかった),僕が故障しないレベルで現時点出来ることはひととおりやりました。懸案のスピードもかなり改善されました。

30代でフルを完走したいと,健康ジョグから転向し本格的に走り出して4年。

今年はある意味ひとつの通過点と思っています。

先日の福知山は抑えて,抑えてでしたが,今回は遠慮無く,いけることろまで。

でも,突っ込まず,前回のいいイメージのまま少しペースアップしたいですな。

ここまで頑張ってみたんだから,たとえタイムが出なくても,ヘロヘロでも,完走してきます。

次の目標へ向けての第一歩ですから!


はっぴーず(桃夢)のダンディSさんと一緒に,行って参ります!

国内トップランナーだけでなく,ラン仲間やウェブでの付き合いのある方々に直接会える(間近に走りが見える)のもとても楽しみです。


で・・・山口って酒は何が美味しかったっけ?

ではいってきま~す!

とくしまマラソン2011当選!

メールが来ました。


西もも 様

■抽選結果:当選

このたびは「とくしまマラソン2011」にお申し込みいただき、誠にありがとう
ございました。11月1日(月)から15日(月)まで受付を行ったところ、定員を超
えるお申し込みがあり、厳選なる抽選の結果、当選されましたことを通知いた
します。


うししっし。
東京マラソンとは較べものにならないが,何とか当選。
ラン友まさちゃんも当選。

春の四国を楽しむべ!

tokusima

2010年12月15日 (水)

WRC 最終戦【ラリーGB】+来期布陣

Ford


録画したまま見残しておいた『ラリーGB』。

ローブはすでにタイトルを決めていますが,楽しみはペターがどこまで追いつめるか!

やはり王者がプライベーターに追われるのは観ていて面白い。

勝敗は最終日までもつれ込み,ペターが「優勝したい」と言い切る姿に感動した。

単に雄弁なだけではない,本気で自分を鼓舞している姿を見て,さすが有言実行のペターだなと思った。

ホント,彼を観ていると元気が出てくる。

さすがに最終日は状況がそれを許さなかったが,いい走りを見せてくれました。伝統のGBでプライベーターが3位ってのは,市民ランナーが国際レースでお立ち台に立つみたいなもんですからね。

これは名勝負でした!

ラトバラも今年一年ですごく安定しましたね。

さてみんな来年はどうするんだろう?

さて,結局2010ドライバーズタイトルは

1:セバスチャン・ローブ
2:ヤリマティ・ラトバラ
3:ペター・ソルベルグ

この3位ってのは,すごいです。びわ湖・別府大分・福岡・東京マラソンを転戦して,市民ランナーの総合成績が3位みたいなもん。

ファクトリーチームではないんですから。来期も僕は応援します!

さて来季の動きですが,BMWグループのMINIはすでに復帰表明で開発も進行中。(日本でお披露目もありましたね)

シトロエンのローブとオジェ,フォードのラトバラ・ヒルボネンは契約更新。

モンスターはケン・ブロックで,ライコネン,クリス・アトキンソンの声も。

MINIはクリス・ミークは決定。グロンホルムやパーガマーアンダーソン,マット・オストベルクの名前が。

ソルドはどうやらMINIらしい!

ライコネンはF1には戻らないそう。

現行のWRカーは今シーズンで終わりです。

写真は最後のFOCUS。フォードの関係者が集まって昔を偲んだらしいです。このクルマに少し憧れて僕もフォードを選んだりしたのですけどね。(一時期本気でFocusRSを買おうかと思った)

何でペターが一緒に写っているか分かります?

いい話はWRCカメラマン古賀氏のブログをご覧下さい。

ローブの快進撃は一体いつまで続く???

2010年12月14日 (火)

晩御飯作ったら

Yamada

「見て見て!」と呼ぶ声。

洗い物をする手を休めて行ってみると,子供のホンワカしたプレゼント。

お父さんは、今晩も楽しいよ。
O(≧∇≦)o

明日も頑張るな。

レース当日の食事&補給

ちょうどジョグノートのコラムでいいのがありました!ぜひご参考に。

僕は給水+ジェル2本ですが,みなさんは?(サブスリーでも水みの,っていう方もおられます)

2010年12月13日 (月)

SPACE BATTLESHIP YAMATO

SPACE BATTLESHIP YAMATO

日曜日に家族一丸となって地球を救いに行きました。
カミさんが木村拓哉大ファンです。


ヤマト世代のおじさま達へ告ぐ!

行きなさい。(笑)

思ったより楽しめます。木村君が頑張っているのがヒシヒシ伝わります。

CGで観るヤマトもいいもんです。

アニメ通りの設定で考えてはいけません。が,納得のレベルです。

柳葉敏郎(真田),西田敏行(徳川),山崎努(沖田),斉藤(池内)の熱演が光ります。

助演に助けられていますが,木村君も頑張っています。

何より,黒木メイサ(森雪)が素晴らしい!

オリジナルではなく現代女性風の森雪ですが,いろんな女性の側面を熱演しています。

実写になってもがっくりすることはありません,大丈夫です。


黒木メイサ,すごい女優です。

大人の波動砲,発射!(笑)


ただし,客は少ないです。

興業収入はきつそう・・・。

2010年12月12日 (日)

本日開栓!『角玉』(黄金千貫)

本日開栓!

飲み方『オールマイティ系』ですな。試しにお湯・ロック,お湯レモン割で飲んでみた(3杯!)が,どれでもいけそうです。飲みやすくて値段も2000円程度ですんでリーズナブルかと・・・。

芋の臭いはあまりきつくはありません。サッパリしていて飲みやすいです。黄金千貫ってそういう芋なんでしょうかねぇ・・・。

オールラウンダーすぎて,『芋テイスト』がきついのが好きな方はにはちょっと物足りないかも。


先日飲んだこの2本の方がかなり,芋焼酎らしかったかも。

Riemon_obisugi


左の「飫肥杉(おびすぎ)」は赤芋(綾紫)。かなりトロリとして香りもある。

右の「赤利右衛門(あかりえもん)」は「紅さつま」使用。指宿酒造さん製。

最近酒屋の店頭に紅(赤)芋焼酎が置いてありますが,まさにその赤芋焼酎らしい酒であります。

2本ともお湯わりだとかなり香りが漂いますし,ロックだとあえてトロリさを味わって飲めます。

あまり高価なプレミア焼酎や清酒は買えないので,ここらへんの価格帯をちょろちょろ買って楽しんでいる西ももでした。


ランニングの話題が少ないって?

ジョグノートには日記付けてますので,日々のランはそちらで展開中。

2010年12月11日 (土)

走ることについて語るときに僕の語ること【村上春樹】

Hasiru


決してテクニックやトレーニング方法を詳述した本ではない。

村上氏がランナーであるというのは聞いていたが,ランナーとしての自分を著述しているとはしらなかった。実は春樹ファンの妹に勧められて読んだのだが。


テーマは『老い』である。

ランナー仲間でもよく話題になる「なぜ走るのか」という問いかけがある。答えるのは実に難しいし,そんなのいいじゃん楽しければ!と一笑に付す人も多い。それに日によって気分によって答えが違うのも事実だし。

自分はどうだと聞かれたら,僕は「自分の根性試し」といつも答えている。でも年齢は40代半ばにさしかかり,タイムを縮めたりするのにはかなりの努力を必要とする歳になってきた。

敏捷性のピークはとうの昔に過ぎているし,確実に身体は衰えつつあるのだが,まだフルマラソンやウルトラマラソンを完走できる。「遠く・長く」ということに関してはまだまだ発展途上だと思っている。

そんな自分を確認するのが,大会参加なのだ。

しかし,ごく近い将来,タイムなんか言っていられない日がやってくることも覚悟している。

いや,覚悟しているフリをしている。本心ではまだ受け入れていない。

村上氏はすでに,ランナーとして老いていく自分と向かい合い,それを受け入れているのか?2006年の村上氏は,それを静かに受け入れつつあるように感じられた。

村上氏がウルトラマラソンを完走した時感じた気持ち・状態。この気持ちを僕もいつ感じることになるのだろう。


僕が読んでいる雑誌『ランニングの世界』の過去の記事に「走るのをやめるとき」というテーマがあった。

三日坊主のランナーの話ではない。陸上競技者として現役引退ではなく,本格的に成績も残してこられた方々の話である。(この雑誌は高いので,気になる方はお貸しします)

「あなたはいつ走るのをやめますか」

この質問に対する答えは,『あなたはどう老いていきたいですか』という質問に対する答えと大きな関係がある。

今僕が珍しくアスファルトと腕時計に拘っている(本来はのんびりランナーです)のは,その答えを身体が,僕の『老い』が欲しているからだ。

でも,周囲の年上ランナーを見ていると「年齢って一体何を測るもんだ?」と思わせる方が何人もいる。過去の記事で書いた,近所の村井精一さん(85歳)もそう。

村上氏の作品は,読むのに気合いがいる。それは氏の言葉が読む人の内面奥深く入り込み,共鳴を起こすからだろうと思う。人はそれを「共感」というのだろうが・・・。

ランニングを趣味としている人が読めば,まるで自分の気持ちを代弁してくれているように感じるはず。

正直,僕にとっては代弁しすぎる。

氏ほどの筆力は当然ないが,自分の言葉が欲しいもんだ。

自分で探したいもんだ。

2010年12月10日 (金)

岡山駅前なう2


101210_213428.3gpをダウンロード

岡山駅前なう

岡山駅前なう
岡山駅前、年末モードです。

倉敷スポーツ公園【マスカット球場】ジョグ

突然ですが、日曜日10時から、ダンディーSさんとマッタリジョグします。

お時間ある方はご一緒にどうぞ。武道館前に集合です。(ウェブサイトで公園施設図を見てください、⑭です)

ホントにマッタリジョグですので、バリバリランナーはもの足りませんかもね。

2010年12月 9日 (木)

アサヒ キャラメルマキアートカクテル(ラム酒)

アサヒ キャラメルマキアートカクテル(ラム酒)
キャラメルの効いたカルアミルクみたい。甘い酒の好きな方はどうぞ!

温めてもいけるみたい。

カミさん絶賛!

芽キャベツ出た出た

101204_145344

やっとこさ芽が出てきました。

この時期は青虫もいないので助かりますね。

収穫出来たらシチューかなぁ。楽しみです。

2010年12月 7日 (火)

サッポロビール【銀座ライオンプレミアム】

サッポロビール【銀座ライオンプレミアム】
これは旨い!コクに深みがあって、泡が旨いです。エールビールだなこれ。

お試しあれ!(限定ものです)

2010年12月 6日 (月)

防府読売マラソン案内キター!

101206_182645


来ました,案内!

だんだん楽しくなってきましたが,ドキドキ感も・・・。

昨日の福岡国際,ペースメーカーの笑える快(怪?)走もありましたが,それでもやはり日本一決定戦。見所満載でありました。

個人的に注目は松宮隆行(コニカミノルタ),髙田伸昭(枚方マスターズ),今長浩一&岡田夏来のバトル,吉田隆太(岡山県庁)でありました。

松宮は後半ジワーッと上げていく粘りの強さに感激。

枚マスの高田はTVにこそ写りませんが,速報で順位が上がるにつれ独りで歓声を上げておりました。


ところで,トップのガリブ,年齢を聞くとおじさんも元気が出てきますね。まだ進化しつつある38歳,世の多くのオジサマ達に元気をくれました!(笑)

ワタクシも,もうちょっと頑張れそうです。

岡山の吉田くん,緊張したのかな?普段の彼のペースではなく残念ながらDNFでしたが,まだまだこれからの伸び盛りランナーです。次の快走に期待したいと思います。身近に貴方のような市民ランナーがいることが,僕らオッサンの刺激でもありますので!

アマチュアランナーはどんどん「次」があるんです!


2010年12月 4日 (土)

キャリア装着!ウィンターモードへ突入だ!

キャリア装着!ウィンターモードへ突入だ!
キャリア装着!ウィンターモードへ突入だ!
それなりに冷えてきましたね。本日愛車も冬仕様に衣更え。

あとは降るのを待つのみ。

今年は寒くなるとの事だが、それと積雪量は比例しないのが残念なり。

報道だとスキーなどのウィンタースポーツ人口は、最盛期の4割だとか。

確かに週末でも空いていていいのだが、西日本だとどこかのゲレンデがまた閉鎖になりそうで…。


子供も大きくなってしまい、久しく行ってないな〜ていうそこの貴方、久し振りにどうですか?

レンタルでいいじゃあないですか。

最近のカービングスキー板は、笑うくらいよく曲がりますし楽ですよ。

ゲレンデには昔と変わらず家族の、子供たちの、シニアや若者グループの笑い声がありますよ!

人が少ないぶん、イライラせずに快適です。

20年前のアホみたいな混雑はもうありません。

今年は久し振りに白銀の休日はいかがですか?

2010年12月 3日 (金)

2011高梁・成羽・吹屋 歴史街道ウルトラマラニック

Fukiya
(写真はウェブサイトから拝借)

昨年初めて開催された,『歴史街道ウルトラマラニック』。正式に募集要項がオープンになったようです。

第2回は冠に「高梁・成羽」が入り,2011年4月16日(土)開催。

詳しくは公式ページをご覧下さい。

パンフレット(PDF)

大会要項(PDF)


以前の記事にも書きましたが,この大会,オススメです。本当にのんびりアットホームです。

タイムも順位も競いませんから,最初は戸惑うかもしれません。

制限時間もあってないようなもの,途中の道の駅で飲み食いもよし(お好きならビールもご勝手に),出会った人と一緒にいろんな人生(ランニング)談義に華を咲かせるもよし,独りで自分を見つめるもよし。

道中いろいろ寄り道しながら,純粋に「走る」という行為を楽しみ,一期一会の仲間とふれ合い,時には立ち止まって自然を楽しむのもいいものです。ランニングの世界がふわっと拡がります。

エイドは最低限ですので,自分で好きなもの,おにぎりやお菓子(人によってはおつまみ?)を持参して好きなように走ればいい。タイムを一生懸命目標に走る日々からちょっと視線を変えてみてはいかがでしょう。

「時間・タイム」という呪縛から自分を解放してみてください。

前回参加した西もものオススメは,ラフォーレ吹屋(夕食がとても美味しい!)に宿泊して,終了後の親睦交流会参加。飲めや食えやの大宴会ではないのですが,同じような思いを共有する仲間が集っているので話も弾み,前ランニング学会学長,立正大学の山西先生の軽妙なトークも絡んでとても楽しいです。(僕は大ファンです)

もちろん,「独りでひっそり」もいいでしょうが,折角ですから大いに仲間の輪を広げてもらいたいものです。

相部屋になった人たちとの話も楽しいものです。

翌日17日(日)は昨年同様,吹屋の歴史街道マラニックも開催されます。

吹屋ふるさと村

高梁市ホームページ

今年のゴールは吹屋の桜祭りの会場みたいです。桜祭りの会場にゴール??どんなゴールになるんだろう?楽しみですね。(でも今年は申し込み定員締め切りが早いかも)

日曜日は津山加茂郷マラソンと同じ日ですが,タイムを競わない層のランナーは,いつも加茂に出ているならこっちも楽しいかも。


西もも?

防府・(とくしま)・篠山次第なのですが,今年は加茂はエントリーしないつもり。

マラニックは「別の参加方法」もいいかな・・・って思っています。

ジンジャーブレッドマン(ginger bread man)

欧米文化圏ではクリスマスの飾り付けによく使われるみたいですが,何で人型なんだろう?

で,ウィキで調べてみると,実際はよく分からないんですね・・。

ジンジャーブレッドマン

映画『シュレック』にも可愛らしいジンジャーブレッドマン(クッキーマン)が出てきますね。

ファークアード卿に虐められて(拷問),ミルク漬けの刑にされちゃうんだよね。

先週から街は一気にクリスマスムード。

西もも頭もピッカピッカ。(謎)

2010年12月 2日 (木)

ジンジャー坊や!

ジンジャー坊や!
いただました!
海外のアニメーションや映画にはよく出てきますよね。

生姜がきいて美味しい!

2010年12月 1日 (水)

ヤマト発進!

本日発進!

でもキムタク・・・・。

黒木メイサはいいけど。

スキー場遭難捜索費用(禁止区域滑走)

ちょこっと気になった記事。

野沢温泉スキー場ルール化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000947-yom-pol

登山者の遭難も関係するのですが,基本的にスキー場は「料金を払って」「管理された」娯楽を楽しむ所だと思うのであります。僕は釣り堀と同じだと思ってます。したがって,指定された以外の区域,それも禁止指定のところは滑ったらいかんと思うのです。

「俺は上手いのだから,いいの。迷惑掛けてないし。事故起こす奴は自己責任じゃ。」

という人は無料のところで自らの命を削るしかない。でも,それにしたってひとたび遭難すれば地元が動き,救援者の二次遭難の可能性だってある。

僕の好きな近隣のスキー場でも指定外のところを滑る人をよく見かける。(厳しく指導するところと,野放しのところがありますが)

誰か一人滑っていると,その後にどんどん人が続くのです。

一本トレースが残っていると,誰かが真似をするのです。誰かが真似をする限り,どう言ってみてもいかんのです。


管理区域でない雪山で,登山と同じように板を担いであがって滑ればいい。もし遭難した場合は,捜索が必要だろうが,費用は全て請求すべきだし,そのつもりでスキーヤーも準備,行動すべき。

ただ,その費用負担を関係者や親族が拒否した場合,地元はきっぱりと捜索をしないことができるのだろうか?

費用が発生した場合,きちんと回収できるのだろうか。踏み倒しもありうる。払った正直者が損をするかもしれない。

歴史のあるヨーロッパのスキー場はどうしているんだろう?

『自己責任』とよく言うけれど,実際どこまで事故を起こした人に課せられるのだろうか。

長野白馬村
http://heavysnowker.livedoor.biz/archives/51219334.html

奥志賀高原スキー場
http://www.okushiga.jp/pdf/safty-declaration.pdf

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »