フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 甘酒パワー | トップページ | UTMF »

2011年1月 7日 (金)

ESCAPE 青息吐息・・・イグニッションコイル交換

Escape


愛車フォードESCAPE,9歳で106000km走行なり。

昨夏から走行中にガクガクブルブル息継ぎをし始めて,車検でコンプータにつないでもらったら

「イグニッションコイルです。もってあと2年どうか・・・西ももさんプラグも変えてないですよね。」

その通り,この車V6の3000ccなのだが,エンジン配置や構造が複雑で下半分のプラグ交換が素人ではほぼ不可能。ダダこねて10000km走行時にイリジウムプラグに(タダで)交換したのだが,それ以来知らんぷり。

「気に入っているのでもう少し乗りたい。イグニッションコイルとプラグ交換でいくらかな。」

「ちょっと待って下さい・・・6~7万+工賃です。」

「ハァ~???今回はやめとくわ。」

そうは言ったものの,冬になって症状激化。買い換えるつもりはないので再度見積もり。

地元のフォードに持ち込んだら倍以上の金額をふっかけてきたので即刻却下。どういう計算したのか知らないが,「近くのマツダにも聞いてみたんですが,これくらいはかかります」とのたもうた。もう絶対行かないよ,「フォード岡山」。

修理自体は一日で終わるとのことで待っていたら,仕事中に携帯着信。「もう治ったか・・・夕方取りにこいってことかな。」と思ったら

「オイルがプラグホールに吹いてます。ヘッドのパッキン(シール)も換えないと」。

「追加でいくら?」

「・・・一万くらいでしょうか。でも換えないとまた乗れなくなりますよ。」


涙の年明けである。

知人で以前VWゴルフに乗っていた人も末期はそんな感じだったと言っていたが,やはりmade in USAはこの品質である。(車体は防府マツダ組み立て,エンジンはフォード製)

アメリかーんでアバウト,味はあって気に入っているのだが,やはり以前からマイナー故障は多い。次回はアメ車は考えモンである。

前愛車,パジェロショート(4D56エンジン,ディーゼル2.5L)は17万キロほぼノートラブルだったのを考えるとね。(スキーによく行くのでマフラーが腐って落ちたくらい)

やはり,V6の曲ではないがmade in Japanだと確信する西ももであった。


20080929


« 甘酒パワー | トップページ | UTMF »

オートバイ・車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/38379963

この記事へのトラックバック一覧です: ESCAPE 青息吐息・・・イグニッションコイル交換:

» 三菱車にも再生バッテリー [【ブログ-月曜日】キーワード発掘探検隊(忍者ブログ)]
友達のひとりは三菱の車に乗っています。車の名前はたしかパジェロだったと思います。パジェロなんて車に乗っているからでしょうか。 [続きを読む]

« 甘酒パワー | トップページ | UTMF »