フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

娘の学童保育(3年)終わる

本日娘たちが3年間お世話になった,学区の学童保育が終った。

今日は夕方から退所式。頼まれて西ももは保護者代表挨拶をしてきました。

式が終ったあとで保護者と児童みんなでケーキを食べながら茶話会でした。

学童保育」ってご存知ですか?

保育園の小学校版だと思って頂けたらいいのですが,実は全ての小学校にあるわけではないのです。

幸い今住む学区には,以前から素晴らしく熱心な創設者(指導員)の方がおられ,保育園を利用していた時よりも,もとっもっと保護者や子どもの立場にたった運営をしてくださっていました。

おかげで,近所に祖父母がいない我が家はとても助かり,長期の休みも心配なく仕事をすることが出来ました。(実は保育園がけっこう保護者に我慢を強いる園だった)

学区によってはこの学童保育の開設がない所もありますし,あったとしても非常に硬直的な運営で,仕事をしている保護者への要求とは思えないほどの支援や関与(当番や平日行事への参加)を押し付ける所もあります。

しかしこれらの運営主体は本来は基本的に保護者ですし,指導してくださっている指導員の方もプロの教員ではないので,其の方々への負担はかなり大きいのが現状です。(金銭的にも時間的にも)

指導員の方の話から感じられるのは「子供への愛情」です。こども好きでなければ絶対務まらない仕事ですし,時には信じられないような行動をとる子供への対処も必要です。話を聞く限りだと,それはそれはすごい子供も通所してますからね。(ただ,あまりにひどい子供だと退所を要求できる点は学校と違う)

放課後の世話や送り迎えを,おじいちゃん・おばあちゃんができる家庭,日中のパート業務だけなので朝と夕方は家族誰かが家にいる家庭はいいのですが,完全核家族共働きの我が家は朝も夕方もどうにもなりません。(それでも我が家は理解が得やすいほうの業界なのですが,そうでない職場の方はほんとうに大変)

というわけで,ほんとうに学童保育のおかげで,3年間夫婦は助かりました。

まあ,明日からは娘2人で過ごすことになるので,頑張ってもらわないと困るのですが。


現金で「こども手当」もいいんですが,我が家が子育て9年間で思うのは『保育の充実』です。

働きたいと思う親が誰でも気兼ねなく働けるように,子供を預かってもらえる体制。保育園待機児童の解消はもちろんのこと,小学校4年生程度までは保育のできる環境を行政が整えてくれたらな・・・と思うのです。

正直,行政の学童保育支援はそんなに本気ではありません。地方・中央行政のお偉いさんは奥様が家庭におられる方が多い気がしますが,想像が出来ないのでしょうね。

なら声を上げればいいじゃないか・・・と思うかもしれませんが,そんな声を上げる時間と労力が働く親にはないんですから。

指導員の先生方,ほんとうに3年間ありがとうございました。

子供の手が離れたら,何かの形で社会に恩返しはしますからね。

2011年3月30日 (水)

震災チャリティーラン大会(岡山城近辺,2011年4月3日)

東日本の被災地のために,出来ることから何かしませんか?

岡山県内で以下の呼びかけがされています。
日曜日に時間がある方は参加いかがですか?

詳しくは以下の呼びかけ案内のリンクにあるPDFファイルを御覧ください。

西ももは日曜ロングラン+操山トレランのついでに参加します。


以下案内文
==============================

岡山県にお住まいのランナーの皆さん

3月11日に東北・関東地方を襲った千年に一度といわれる大震災。
地震と津波や原発火災で被災され、苦しい生活を強いられている多くの人のために私達も義援金を送ることで力になりませんか?

” Life must go on ”

先日岡山で講演会をされたノーベル化学賞学者・根岸栄一さんのことばです。
私達は助け合って生きてゆかなくてはいけないと思います。

さあ、いっしょに、被災した友人達を支えましょう!

賛同してくださる皆さんのご参加と、賛同してくださる企業のサポートを求めます。
ご友人を誘ってご参加ください。よろしくお願いします。

日時 平成23年4月3日(日) 午前10時~
場所 岡山市北区 新鶴見橋下
内容 5kmラン&ウォーク/10kmラン
寄付 500円/1,000円(全額、日本赤十字社に寄付)

<呼びかけ人>岡山県内在住のランナー及びランニングクラブ有志

下記に呼びかけPDFがあります。よろしかったら印刷して配布/呼びかけにご使用ください。
http://www.corredor.jp/CharityRun.pdf

=============================
引用ここまで

岡山西バイパス全線開通 ランニングしてみた

20110330


岡山西バイパスが2011年3月27日に全線開通したので,全ルート朝ランしてみました。

開通状況の概要はこちら。
みちナビおかやま

2号線~180号線のアクセスは格段に良くなりましたよ。速い!


従来の野殿西町までの区間(往復約8km)は時々ジョギングで走っていました。

今度は矢坂西町まで延長して,国道180号まで繋がりました。バイパス全線は地図上は5.6km,僕の自宅から全線往復してGPS上でのログは11.7km。

全線ランニング出来ますが,吉備線をまたぐ一部だけ歩道部分がないので,そこは車と併走します。

この部分,かなり道幅は広いのですが,怖い人は走らず線路沿いを西側に少し迂回したらいいです。

昔この近辺に引っ越してきたときには西BPメインで走っていたころもありましたが,車も多いし信号が多くなんどもストップするので最近は早朝以外は走りませんね。

山陽本線をまたぐ部分以降は比較的信号も少なく,跨線部分は市街が見渡せてけっこう景色もいいので(朝焼けが綺麗),市内の方は一度ジョギングされたらいかがでしょう?

でも僕は信号のない笹ヶ瀬川沿いや吉備中山方面が好きだなぁ。

2011年3月27日 (日)

こういう部隊が日本にない

そのことが問題かも。

以下,夕刊フジ記事より。


いざFUKUSHIMA!“米軍最強”放射能部隊がやってくる
2011年3月23日(水)17時0分配信 夕刊フジ 

-PR-
 ついに、米軍最強部隊を投入へ-。福島第1原発の事態収拾のため、放射能被害管理などを専門とする約450人の米軍部隊が、近く来日することが分かった。現在、自衛隊との役割分担を防衛省と調整している。

 来日するのは、北方軍(コロラド州)に所属している「CBRNE(シーバーン)専門部隊」。化学、生物、放射能、核、爆発それぞれの英語の頭文字をとった名称で、米本土で核兵器などが使用された場合に民生支援を行う米軍唯一の部隊だ。「モニタリングから除染まで、すべて行う能力がある」(ウィラード米太平洋軍司令官)スペシャリスト集団で、総勢は4700人。

 ウィラード氏は21日、自衛隊トップの折木良一統合幕僚長と会談し、部隊の派遣を打診していた。

 米国防総省はすでに、核、生物、化学(NBC)兵器の専門家9人を先遣隊として日本へ派遣。この9人が放射線量を測定するなど現状を把握したうえで、450人のうち実際に何人が必要か判断する。大半は在日米軍基地を中心に、分散配置されるとみられる。


元リンク

核戦争という想定ではなく,資源を持たない日本は今回の福島のような場面は想定されるのだから。

『想定外』ではいけないのです。


千代むすび 特別純米酒

千代むすび 特別純米酒
千代むすび 特別純米酒
こないだ境港に行った時に買った千代むすび純米酒。

これはかなり酸味が効いていて、原酒らしいです。
甘いあっさり系が好きな私にはストライクではありませんでした。

2011年3月24日 (木)

父作成の弁当

父作成の弁当
なんて、ここらへんが限界だが、頑張りました。

母出張のため朝3時半起きで完成!。

さて、これから走るか。(笑)

あ、洗濯物も干さなければ!

2011年3月23日 (水)

2011年 UTMF延期

やっぱり予想通りUTMFは秋(時期未定)に延期になりました。

http://www.ultratrailmf.com/
(『News』を参照)

今回のエントリー権は保持されるそうなので,ひと安心。

震災を受けて,場所的にもおそらく開催は難しいだろうなと思っていましたので,延期は納得です。

スポーツや文化芸術というものは,日常生活が十分に機能している時に,プラスαとして人間の心や生活を潤滑するものだと思っていますので,生活が十分に機能していない時には無理して行うものではないと思います。

ましてや富士山麓での2ヶ月後の開催,優先順位はランニング大会ではないでしょう。(西日本は状況が違うと思うが)


逆に,十分に準備期間がとれるので,西ももとしては歓迎すべき面もあります。


この延期を受けて,次シーズンの作戦がみえてきました。

優先順位は(気合の入れ度)

UTMF
村岡ダブルフル
防府読売
福知山
とくしま
大阪
京都

出来れば秋口までにどこかで,ウルトラトレイルをこなしておきたいところです。その場合には予算の関係でダブルフルは回避かもしれませんね。資源集中でハーフレースは出ないかも。

『西ももならこんな大会がいいんじゃない?』という情報がありましたら,ぜひ教えて下さい。


で,これにプラスしてそろそろ

地元の大会,そうじゃ吉備路でエンジンかけてみようかと。

さぁ〜て,UTMFもはっきりしたので春からバリバリ走りこみますぞ!

今年もフル〜ウルトラ(トレイル)にこだわって頑張りますよ!
(というより不器用なので短い距離のレースまで手が回らない・・・)

ロング練習もやりますので,お暇な方は付き合ってくださいね。

ところで,10〜11シーズンはフルマラソン1歳刻みで初めて100傑に入ったかも。

発表が楽しみです。

2011年3月22日 (火)

猫娘フィギュアストラップ

猫娘フィギュアストラップ
水木しげるロードの土産店にあるプリクラで作成。

正直僕も作りたかった…。
写真は娘の顔で作ったフィギュアストラップ。

合計700円なり。

2011年3月21日 (月)

リアルな目玉のおやじ饅頭

リアルな目玉のおやじ饅頭
これくらいリアルだと、感激!

が、ちと高い350円。

話のネタにね。

水木しげるロード奥の店にて。

福山~日差山トレイル往復

20110320


とくしまマラソン中止にて,急遽はっぴーず朝練会に参加。

いつもの安養寺~福山~日差山の倉敷北部縦走トレイルを往復。

距離こそ27kmちょっとだが,時間はこってり4:42。

先導チームはどんちゃん・僕・takuさん,追い上げチームはせれさん・ともちゃん・りんちゃん。

takuさん初めてのトライだし休憩は確実にとって,道を案内しながら走ります。

気温はそれほど高くはなかったけど,けっこう負荷の高いコースなんで,担いだハイドレーションも結構減りました。

やっぱりトレイルランはスピード出てなくてもガッツり心臓に効きますね。

終わってから,ドンちゃんの八朔配給&ともちゃんは本職技術を駆使して焼き菓子を下さり,疲れた身体に元気が行き渡りました。ありがとう!

走るたびに疲労度は下がっているところをみると,それなりにスタミナは付いているらしい。

昨年からの作戦,「ロング走繰り返し+スタミナ練習→ウルトラ→ハーフレース→強度4程度ミドルペース練習→フルマラソン」。

次シーズンも『フル』にこだわって,この作戦でいこう。
(憧れるけど,壊れるから今年も強度の高いスピード系インターバルはやらない)

ジョグ強度のコントロールで仕上げていきますぞ。

さあて,2011防府へ向けて再起動じゃぁ!

44歳,17秒を取り戻せるか?!

2011年3月18日 (金)

走ろう,日本

今シーズン最後のレース予定だった,とくしまマラソンも延期(実質的には中止)になりました。

これにて西ももの2010~2011シーズンは終わりました。

結局,フルマラソンのシーズンベストは2時間50分17秒。端数の17秒は年末の防府まで貯金しておきましょう。

でも,どうやらこのタイムはランナーズの年齢別100傑に入りそうですんで,楽しみです。

現時点,福知山の時ほどキレはないのですが,1~2月でスタミナを再編成,篠山のダメージも癒えて徳島を楽しみにしておりました。ウェイトは絞れなかったし,フォームのギクシャク感はあったけど,ホドホドの霜降り肉になって実はけっこういい感じの仕上がりでした。(自分の脚を見たら分かる)

さて,実施されるかどうか不透明ですがUTMF,村岡ダブルフル(100km),防府読売へ向けて目標修正です。

おっと,大阪も抽選に当たれば楽しみです。

ところで,3月近隣の大きなランニング大会はほとんど中止,知っている限り実施は鳥取・福山マラソンだけになりました。(地元百間川は開催)主催者側が,警備やボランティアの協力が得られないと判断したのでしょうか,自粛ムードに勝てなかったのでしょうか。徳島マラソンは実施側内部の人間でも知らなかったそうですから,どうやらトップダウン中止だったみたい。

今の時期は賛否両論だろうと思います。徳島マラソンも最初はチャリティ色を前面にだして,復興支援の方向で実施予定だったのですが,おそらくランナーではない側からの意見が強かったのでしょう,急遽中止になったのです。通常なら交通整理や緊急時対応で警察や救急などの皆さんが協力してくださるのですが,その人員も東北に注力しているのかもしれません。

西ももは実施なら参加のつもりでした。喪章も買っていました。

西日本・九州は幸いなことに被害も殆ど無く,やろうと思えばできる大会も多いはず。

なのに,この異様なまでの自粛ムードはなんだろう。昭和天皇崩御の時を思い出しました。

被災者の状態は連日の報道や,海外のメディアが伝える直視出来ないほどの凄惨な画像から「理解・想像は」出来ます。さすがに同じ痛みを感じられるかどうかというと,正直自信はありません。

それに僕は技術系の人間ではなくデスクワークが主の業界ですので,残念ですがこういった災害時に実際協力できることが極端に減ります。往復2000km以上かけて何かを届けたり,救助や医療に関わることも出来ません。偽善者と言われても,募金くらいまでが関の山です。

じゃあ,何が出来るか。

片足もがれてしまったような,日本のこれからに何が出来るか。

それなりに立ち直るのには10年はかかるでしょう。

今は元気を出すこと,元気を送ること,普通の生活を極力おくることなんです。

モノはあるのだから被災地以外は買い占めしない,落ち着きましょう。列を見たら並ばなくてはいけない気がするのは心理学からの分析そのものです。(新規開店セールでサクラが並ぶと客が入ったりするのと同じ)

これから次第に被災地への復興支援段階に入りますが,原発の後処理費用(おそらく停止する原子炉も多くなるので,そのエネルギーを補完する方法も必要になる)も考えると,莫大な費用がこれから僕達の生活にのしかかってきます。土木関連業界は少し元気が出るかもしれませんが,経済面での損失は大きく,復興費用は15~20兆の試算(阪神淡路の1.5倍)が出ています。

特に今回は国が主導で支援しないと,つまり我々の税金を投入しないと,どうにもならないのです。

これからの日本の低迷期を支えるのは,投機目的で円を買う海外投資家ではない,我々です。余裕がある地域は,いつもどおりの生活を元気に送り,物を買い,食事をして消費を支えないと,ますます回復も遅れます。

決して贅沢をしろという訳ではないし,被災地の皆さんと同じ食事にして我慢して痛みを分かち合おうという訳でもない。(時にはそういう経験も必要かもしれませんが)

ランニングを趣味にする方,今走るのを後ろめたく感じてないですか。

もちろん,親族・家族が亡くなられたランナーもおられるでしょう。阪神淡路大震災を思い出して,そんな気にはとてもなれない方もいるでしょう,そいうった方に無理して走れ,とは誰も言えません。

でも,今だからこそ,走れる時には元気を出して走りましょう。

大会があるなら参加して,五体満足に動ける環境に感謝しましょう。

各方面の大会実施関係者の皆さん,決してランニングやスポーツの大会を開催することは『不謹慎』ではありません。あえて前に進んで行くことも今は大切だと思うのです。ひとつの支援の形態だと思うのです。

『走りたくない』人も大勢おられます。元気が出るまで力を蓄えて下さい。でも,走る人を責めたり,逆に走る人が走らない人を責めたりすることはあってはなりません。

ある一部分の機能を失ってしまった日本。まだ機能している部分を最大限に機能させて,頑張りませんか。

いろんな事を自粛して,金だけ送って終わるのではなく,普通の趣味ランナーができることだってあるのです。無理にチャリティランニング大会を開く必要もないと思います。

鳥取マラソンはかなりの誹謗中傷が現時点でもあるでしょう。大会HPのメッセージ欄に中止を求める声も少なからずあります。(ここ数日は賛成派に押されて発言がやや少ない)

「準備をしたから」とか「中止にしたら困る」からではなく,あえて実施の方向を選んのだと信じて,いち市民ランナーとして拍手を送ります。

とっとりマラソン,頑張れ!
福山マラソン頑張れ!
百間川マラソン参加の子供たち,笑顔で完走してこい!

開催は不謹慎でも恥でも何でもないです。「自粛」「自重」という見えない復興の壁に負けるな!

今は過剰反応で,過激な反対派も多いでしょうが,走り終った,参加する元気があったランナーが『やっぱり来て良かった』と思える大会にしてください!

日本よ,元気をだそう!

被災地の避難所校庭,SOSのマークの上でサッカーをする子供たちの映像を見ました。子供の笑顔,笑い声でどれだけ救われていることか・・・という声も聞きました。

これが,日本が立ち直るひとつのヒントではないですか?


そんなことを考えて,昨日JogNoteに少し書き込みをしたのですが,ランニングを「楽しみたい」SNSにはふさわしくないと判断して,内容をブログに移して加筆しました。


実は,僕がいつも呼んでいるメルマガ『BEST RUN!』を執筆しておられる鈴木彰氏も,ほぼ同じことを記事に書いておられました。鈴木氏の意見に100%賛成です。(このメルマガ,オススメです。今シーズン僕はこれを読んでトレーニングの骨子を固め,特にインターバルなどせずにベストタイムを出しました。)

BEST RUN! Vol.549(バックナンバー)

走れる人は明日もまた元気に走りましょう!募金ついででもいじゃないですか。

僕も口だけ金だけの立派な偽善者です。

でも,出来ることはします。お金でなくても,出来ることを考えて長期的な支援をします。

もう少し近くて休みが取りやすい職場なら,瓦礫の撤去でも何でも手伝うのですが,実際は重機でないと歯がたたないしね・・・。

現時点では,報道を見る限り個人支援はモノより金の方がいいと判断してます。中越地震の時の話を以前聞いて,一般からの物資は結局最後は処分に困ったり仕分けに手間がかかって逆に足かせになったり,飛び込みアマチュアボランティアは邪魔だったりしたという話が気になっています。(以前AMDAで聞いた話が参考になりました)

心配しているのは,窃盗・略奪が普通のこととなりつつある地域があること。TVクルーが入れないような孤立地域の食料・燃料事情は極限に悪化し,ついに奪い合い・喧嘩が頻発し,大人が子供の食べ物を横取りし始めたという状態の悪化。(現地から帰還してブログなどにアップしてる複数の方の情報)阪神大震災の時にも盗難などは実際にはあったそうですが,物資が届かずそこまで悪化してる地域があるようです。

外国メディアが賞賛する,古きよき日本人の美徳が機能しているのは,TVクルーが入れる地域までらしい。


最後に,被災地で亡くなられた方々のご冥福を心から祈ります。本気で祈ります。

避難されている皆さん,誰も見捨ててはいません,寒いでしょうがもう少し頑張ってください。
所望の食べ物,や物資はいっぱいそちらに向かいつつありますから。

2011年3月14日 (月)

日を追うごとに

映像に現実が追いついてくる。

当たり前だが,日本のメディアが流す映像は視聴者に配慮がなされている。

流してはいけない「影の部分」はカットされている。

しかし海外のメディアは凄惨な現実までもそのまま報道している。

日本ではまず報道されない,直視出来ない画像・映像。

少し目にしたが,耐えられない。

戦場だ。


僕が住む地域との差は何なんだ?

今僕の横にいる家族の,いつもと変わらぬ夕方は何なんだ?

同じ日本なのに。

おそらく,心ある人間なら,何かの手を差し伸べたいと思っているはず。

だからといって,TVで現地報道で「コメが不足している」からといってすぐに手持ちのコメを県庁や赤十字に送りつければいいわけではない。

むやみに物を送りつければいいわけではないのだ。

必要とされている物資・人,それを供給する輸送手段,タイミング,それがすべて揃って機能する。

仮に大勢の人が今ボランティアで行っても,現地は困るだろう。


菅首相が2回目の視察をしようとして,現地が困るのでと拒否されたのも当然。

首相の相手をするくらいなら,少しでも瓦礫をはがして廻りたいだろう。

経験あるNPO団体などは,まず先発調査メンバーを送り込んで,必要なもののレベルを判断してから活動している。

考えがまとまらない。

被災地のみなさん,ごめんなさい。

ほとんどいつもと変わらずに,普通に生活できている自分。幸い親族や知人が関与していないので,実感もわかない。

さすがに「笑っていいとも」は中止になったが,すぐバラエティー番組もCMも再開するだろう。スポーツ放送も。


今はこの生活を継続するしかない。何かを我慢すれば,自重すればすむ問題でもない気がするし。

次の復興段階で僕に何ができるだろう。

3月は僕に出来ること,周囲に働きかけることができる場面が少ないのですが,声をかけてみようと思う。


今思ったこと書きましたが,削除するかもしれません。誰かに聞いてもらいたかったのです。

コメントは不要です。(批判はどうぞ)

2011年3月12日 (土)

名古屋国際女子マラソン 中止

やっぱり中止になっちゃいましたね。

知り合いランナーでも出る方がいるんだが,これは仕方ないです。

もちろん,スポーツなんて平和な国でないとできないものですから,当然やっている場合じゃありません。

その他のプロスポーツ試合とかも中止になってます。永久にというわけではありませんので,少し我慢しましょう

岡山関連でもJリーグは岡山ファジアーノ,Vリーグはシーガルズの試合が中止。

当然でしょう。


TVから流れて来る映像を見て,呆然とするしかない。

家屋の倒壊状況を見ると震災,というより戦場という感がある。

福島第一原発ではついに被爆者も出てしまった。


で,僕達個人ができること。

現段階は直接現地に行ったり,何かを届けたりは出来ない。

正直1300kmを移動してボランティアに行くのもなかなかハードルは高い。

ハイチ地震の時は少しでも何かをと思ってAMDAの応援をしたが,今回もどこかで少しでも資金援助をしたいと思っている。

以前AMDAの方に聞くと,物を送られると困ることもあるので,現地が必要なものを把握できるのならいいが,そうでなければ資金を助けてもらうのがいちばん助かる,とおっしゃっていた。

全国から救援チームが向かっているし,一般企業でもセコムみたいにヘリコプターやマンパワーなどをどんどん東北地方に送り始めているようだ。ラーメンなど食料や仮設トイレ・シェルターを提供する企業もある。

自衛隊。

存在自体を否定する政治家や団体もあるが,本当にこういう時は頼りになる。

僕の父親は自衛官だったが,子供ながらに何度か被災地や重油流出撤去作業に向かった記憶があるし,実際父からもそんな話を聞いた。


今出来ることは,自分がいつもの生活をおくることだけ。

正直今日,ランニングしようかどうか迷ったが,自分の生活は自分の生活で全うしようと思う。

何かできることが判明したら,協力する。

実際手を出せない僕が言うのもなんだが,被災地のみなさん,もう少し頑張れ!

不安でしょうが,日本国民は見捨ててないぞ,そちらに救援・援助は確実に向かっているよ!

じいちゃん,ばあちゃん,そして子供たち。

寒いだろうけど,いっぱい着込んでもう少しだよ。

2011年3月 8日 (火)

体調悪い時のレースダメージ

昨年の福知山や防府の後はほとんどダメージもなく,次の日はケロッとしていた。

大事をとってジョグはしなかったくらいなのだが,今回はけっこう脚と膝にきている。

本日も念のため休息にした。

明日からはジョグ再開するつもりだが,不調の時のダメージって大きいもんですね。


そうそう,今回気がついたこと。

其の一

走る前に栄養ドリンクを久々飲みましたが,効果は約90分でしたね。(笑)

本気で効かせようと思ったら,ハーフでもう一本飲まないとだめですなぁ。

其の二

30km以降,がた落ちのペースでしたが,40km以降「このやろう!」って走ったら,最後はキロ3:50位で走ってた。

人間走ろうと思ったら走れるけど,自分の脳でセーブしているのかも。

今日の自分は駄目だ,って自分で暗示かけているのかもね。

2011年3月 7日 (月)

篠山撃沈

Abc

自分のブログだから自分で反省して言い訳書く!

50分きり狙っての調整は水曜日まで絶好調だった。自分でも『こりゃいけるかも』ってくらい水曜日は脚が軽くて自分でも期待してました・・・・が。

木曜日(水曜夜に業務上過失感染?)から風邪引いてしまいました。職場の避けにくい宴会に参加した時に居酒屋で風邪をもらったみたいです。いつもの宴会なら断るのですが,今回はね・・・。

仕方ないので,とにかく3日間徹底的に養生してましたが,回復間に合わず。

篠山は過去3回中2回諸事情でDNSなので,出来れば走りたかった。

日曜に熱もなく走れるようならせめて出走して,タイムは無理でも完走してこようとは思っていました。

でもここまでひどいとはね。

日曜朝には熱も咳もなく体調も落ちついているので自宅を出る。6時前には駐車場について仮眠をとるが特に変な調子でもない。受付を済ませて車に戻ると,となりのオジサマも着替え中。ゼッケンはAスタートだが,失礼だがどう見てもAの方ではない。(篠山は以前もとんでもないないランナーが大勢Aにいたり,後ろのブロックの方がAに乱入したりしていて気持ちがいいものではなかったんだが)

こりゃ大丈夫だなと,普通にスタートブロック(登録)についた。

前から5列目くらいだが,関西の有名ランナーがチラホラ見える。

スタートからハーフまでは3:55/km位で走れたが,やっぱり病み上がりの身体は嘘をつかない。

20kmを超えたあたりから,ペースはがっくりダウン。30kmあたりから以降はジョグペース,というより練習のLSD状態である。

完走目標に切り替えるが,身体が冷えて冷えて仕方がない。あんまり寒いので途中でついにシシ汁を頂いてしまった。僕がエードに来た頃には誰も食べるランナーがおらず,「これ頂いていいんですよね」って聞いたくらい。

これ以降は,これでもかってくらい抜かれまくり。そりゃキロペースで2分近くも違えば当たり前か。

それでも前を見ると,僕と同じように後半ガタ落ちペースで前に進むランナーもいっぱいいる。

歩く人,屈伸する人,立ち止まる人,脇腹を押さえて苦痛に顔を顰める人。

僕はまだ元気な方だ。

出場の判断したのは自分なんだから,最後まで責任持って走ろう。そんな気持ちで重い身体で前に進む。

こんな時ほど応援の声が有難い。差し出されるチョコや飴は胃が受け付けないので食べないけど,笑顔は頂いて先に進む。

40kmの通過が3時間5分前後だったので,最後の2kmは頑張ってペースを上げてみる。さすがにかなり回復しているので,キロ3:50位で走れる自分に笑いが出てきた。

ゴールはしたものの,ゴールタイマーは見ずじまい。

とにかく温かいものが欲しくて,しし汁(とん汁?)のコーナーにすぐ行き,熱々の汁をいただく!

とにかく身体が寒いのでそそくさと着替えて車へ戻り,車の暖房を入れると気持ちも落ち着いてきた。

渋滞回避でとにかく車を出し,そそくさと帰途についた西ももでした。

(身体が温まったところで,パーキングエリアで停まり仮眠したらすごく元気になった)

こんなレースの時は身体のダメージも大きく,一晩経つと膝や腿や,珍しくふくらはぎも痛い。上半身も普段は何でもないところがチクチク痛んだりする。

篠山とは相性が良くないのかもしれないが,
やっぱりこういうレース楽しくないや。初リタイヤの加茂郷の時みたいだ。

なら素直にDNSにしとけって?

エントリー代金が勿体ないとか,前回出られなかったとか,あのランナーとスレ違いたいとか,しし汁が食べたいとか・・・もしかしたら良いタイムが出るんじゃないかとか・・・そんなアホな動機で走っちゃうんですよね,ワタシ。

篠山,当分やめておこう。

さあ,次です,次。

最後のとくしま。

タイムより,気持よく出しきってマラソンシーズンを終えたいです。

その走りが富士山につながるように。


2011年3月 3日 (木)

アディダスの貸靴

これ面白いサービスですね。

アディダスファンの西ももとしては一度は使ってみたいですな。

「adizero クツカス」

公式サイトはこちら


余談ですが,先日岡山のTNFにUTMF対策の防寒ジャケットを買いに行ったら,「シングルトラック」のオレンジが30%オフでした。

試しに買ってみたので,またレポートします。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »