フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 名古屋国際女子マラソン 中止 | トップページ | 走ろう,日本 »

2011年3月14日 (月)

日を追うごとに

映像に現実が追いついてくる。

当たり前だが,日本のメディアが流す映像は視聴者に配慮がなされている。

流してはいけない「影の部分」はカットされている。

しかし海外のメディアは凄惨な現実までもそのまま報道している。

日本ではまず報道されない,直視出来ない画像・映像。

少し目にしたが,耐えられない。

戦場だ。


僕が住む地域との差は何なんだ?

今僕の横にいる家族の,いつもと変わらぬ夕方は何なんだ?

同じ日本なのに。

おそらく,心ある人間なら,何かの手を差し伸べたいと思っているはず。

だからといって,TVで現地報道で「コメが不足している」からといってすぐに手持ちのコメを県庁や赤十字に送りつければいいわけではない。

むやみに物を送りつければいいわけではないのだ。

必要とされている物資・人,それを供給する輸送手段,タイミング,それがすべて揃って機能する。

仮に大勢の人が今ボランティアで行っても,現地は困るだろう。


菅首相が2回目の視察をしようとして,現地が困るのでと拒否されたのも当然。

首相の相手をするくらいなら,少しでも瓦礫をはがして廻りたいだろう。

経験あるNPO団体などは,まず先発調査メンバーを送り込んで,必要なもののレベルを判断してから活動している。

考えがまとまらない。

被災地のみなさん,ごめんなさい。

ほとんどいつもと変わらずに,普通に生活できている自分。幸い親族や知人が関与していないので,実感もわかない。

さすがに「笑っていいとも」は中止になったが,すぐバラエティー番組もCMも再開するだろう。スポーツ放送も。


今はこの生活を継続するしかない。何かを我慢すれば,自重すればすむ問題でもない気がするし。

次の復興段階で僕に何ができるだろう。

3月は僕に出来ること,周囲に働きかけることができる場面が少ないのですが,声をかけてみようと思う。


今思ったこと書きましたが,削除するかもしれません。誰かに聞いてもらいたかったのです。

コメントは不要です。(批判はどうぞ)

« 名古屋国際女子マラソン 中止 | トップページ | 走ろう,日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/39228616

この記事へのトラックバック一覧です: 日を追うごとに:

« 名古屋国際女子マラソン 中止 | トップページ | 走ろう,日本 »