フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 震災チャリティーラン大会(岡山城近辺,2011年4月3日) | トップページ | 吉備中山トレラン練習(耐久編) »

2011年3月31日 (木)

娘の学童保育(3年)終わる

本日娘たちが3年間お世話になった,学区の学童保育が終った。

今日は夕方から退所式。頼まれて西ももは保護者代表挨拶をしてきました。

式が終ったあとで保護者と児童みんなでケーキを食べながら茶話会でした。

学童保育」ってご存知ですか?

保育園の小学校版だと思って頂けたらいいのですが,実は全ての小学校にあるわけではないのです。

幸い今住む学区には,以前から素晴らしく熱心な創設者(指導員)の方がおられ,保育園を利用していた時よりも,もとっもっと保護者や子どもの立場にたった運営をしてくださっていました。

おかげで,近所に祖父母がいない我が家はとても助かり,長期の休みも心配なく仕事をすることが出来ました。(実は保育園がけっこう保護者に我慢を強いる園だった)

学区によってはこの学童保育の開設がない所もありますし,あったとしても非常に硬直的な運営で,仕事をしている保護者への要求とは思えないほどの支援や関与(当番や平日行事への参加)を押し付ける所もあります。

しかしこれらの運営主体は本来は基本的に保護者ですし,指導してくださっている指導員の方もプロの教員ではないので,其の方々への負担はかなり大きいのが現状です。(金銭的にも時間的にも)

指導員の方の話から感じられるのは「子供への愛情」です。こども好きでなければ絶対務まらない仕事ですし,時には信じられないような行動をとる子供への対処も必要です。話を聞く限りだと,それはそれはすごい子供も通所してますからね。(ただ,あまりにひどい子供だと退所を要求できる点は学校と違う)

放課後の世話や送り迎えを,おじいちゃん・おばあちゃんができる家庭,日中のパート業務だけなので朝と夕方は家族誰かが家にいる家庭はいいのですが,完全核家族共働きの我が家は朝も夕方もどうにもなりません。(それでも我が家は理解が得やすいほうの業界なのですが,そうでない職場の方はほんとうに大変)

というわけで,ほんとうに学童保育のおかげで,3年間夫婦は助かりました。

まあ,明日からは娘2人で過ごすことになるので,頑張ってもらわないと困るのですが。


現金で「こども手当」もいいんですが,我が家が子育て9年間で思うのは『保育の充実』です。

働きたいと思う親が誰でも気兼ねなく働けるように,子供を預かってもらえる体制。保育園待機児童の解消はもちろんのこと,小学校4年生程度までは保育のできる環境を行政が整えてくれたらな・・・と思うのです。

正直,行政の学童保育支援はそんなに本気ではありません。地方・中央行政のお偉いさんは奥様が家庭におられる方が多い気がしますが,想像が出来ないのでしょうね。

なら声を上げればいいじゃないか・・・と思うかもしれませんが,そんな声を上げる時間と労力が働く親にはないんですから。

指導員の先生方,ほんとうに3年間ありがとうございました。

子供の手が離れたら,何かの形で社会に恩返しはしますからね。

« 震災チャリティーラン大会(岡山城近辺,2011年4月3日) | トップページ | 吉備中山トレラン練習(耐久編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/39435395

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の学童保育(3年)終わる:

« 震災チャリティーラン大会(岡山城近辺,2011年4月3日) | トップページ | 吉備中山トレラン練習(耐久編) »