フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

5月18日(水)那岐山トレイルランどうっすか?

Trk0509_036

5月18日(水),西ももは業務上休日です。

久々に那岐山~滝山~声ヶ乢往復トレイルランやろうかと思っています。

今回は往復を考えてますので,けっこうロングランになります。UTMF想定のランですので,ペースは上げませんが休憩は少なめだが動き続ける,というトレーニングです。

平日なので休みが取れる方は少ないと思いますが,一緒に走ってもいいという方はおられませんか。

現地までは車を出しますので,道案内はOKです。ただし,行程の関係でいくつか制限が。

①水場が少ないので,ハイドレーション・携行食必須。

②あとで確認しますがトイレは2ヶ所(那岐登山道入り口と声ヶ乢ウッドパーク側登山道入り口)。緊急の場合の用便はそれなりに自分で対応出来ること。

③ドロップの場合は下山コースを利用して国道53号まで出ていただき,タクシーなどを呼んでスタートに戻っていただけること。

④家庭の事情で出発は岡山8時頃になります。

いかがですかいな?

乗り気な方がおられたら,コメント頂くかトップページのメールフォームで送信してくださいな。もちろん個人的に連絡アドレスや携帯をご存知の方はそちらからでもOKです。


今年は別計画で,蒜山三座や岡山国体の登山競技コース(鏑木毅が参加した)のトレースも考えてますよ。

2011年4月26日 (火)

蔓なしサヤエンドウ,収穫じゃ!

110425_175808


昨年秋から植えておいた蔓なしサヤエンドウ。

元気に寒い冬を越して,収穫の時期であります。サヤエンドウは初めてですが,この野菜は手がかからなくていいかも。

今回は運良くほぼ無農薬。肥料も鶏糞系を使ったので安心。

110425_180730

まずはシンプルに茹でて食べました。

調味料を全くつけなくても濃い甘みがあるので,家族みんなそのまま食べてました。

量はそんなに収穫できないけど,スーパーのより断然うまいぜっ。


そろそろトマト・きゅうりを植えようかな。


2011年4月25日 (月)

大阪マラソン【当選】

==================================================

   ◇◇ 大阪マラソン2011 抽選結果(当選)のお知らせ ◇◇

==================================================
西もも 様
受付番号:1101-008????

---------------------------------------------

このたびは第1回大阪マラソンへご応募いただき、誠にありがとうございました。
平成23年2月15日から3月15日の募集期間にて定員を大幅に超える申込みがあり厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。


さあて,今年の初フルはこれになりそうです。

大阪,福知山,防府の3本ですな。

ウルトラは村岡は入れますが,問題はUTMF。

11月という噂や(そりゃ寒いって!),来年という噂や・・・。

もったいないけど場合によっては大阪はDNSかも。

予算の関係もあるので,今年はあまり近場の大会は出ないかもしれません。付き合い悪い西ももをお許し下され!(練習会は色々出ると思う)

さあて,暖かくなってきたし,ロング&トレイルで脚作りしまっせ!

2011年4月24日 (日)

スネ毛が

話題になっているらしい・・・。

先日の那岐山トレイルの写真だが,見苦しい写真でスンマセン。

一時期剃ってみたこともあるのですが結局すぐにやめました。


ええんじゃ,ええんじゃ自然体が!!!


今日は朝からハッピーズの練習会。

吉備津神社発で後楽園回ってきました。

新入りのメンバー見てると,自分が本格的にランニング始めた6年前を思い出す。

汗かいて,距離も長くてしんどいのに,笑顔が出てる。

技術やタイムではなくて,新しい世界に一歩踏み入れた喜びっていうか。

ドキドキ,キラキラした気持ち,大切にしないとね。

2011年4月21日 (木)

ガーミン ニューモデル!

このサイト,まだじっくり読んでないけど・・・。

http://www.dcrainmaker.com/2011/04/garmin-forerunner-610-in-depth-review.html

山西哲郎先生とのひととき

Img_2779


今回のマラニックをお手伝いして一番嬉しかったこと。初めてランナーズの連載を読んでからずっとずっと気になる存在で,いつかいつかゆっくり話が聞きたいと思っていた,立正大教授の山西先生とお話が出来たこと。

岡山駅から高梁までの車中,そしてマラニックの後半。先生と色々な話ができました。

過去から現在,先生の体験談や現在のマラソンランナーの話まで多岐にわたり,もっともっと一緒にいたい,そんな気になった西ももなのでした。

カロリーメイト誕生秘話や日本記録保持者である高岡氏をはじめ,世界の歴代名ランナーの話など,なかなか聴けない話に,運転しながら僕は興奮しまくりでした。

村松さん,僕がファンなのを知っていて仕事を配慮してくださったのかもしれません。ありがとうございました!

先生がおっしゃることは一貫しています。

『自然に生きること,走ること,食べること』

『健康な(走れる)身体があることの幸せ』

『自分(の身体)と対話すること』

そして

『伝えること』

雑誌「ランニングの世界」は,そういった先生の生きることに対する考えの表現手段なのかもしれません。

親睦会でも「ランニングの世界」をもっともっといろんな人に読んで欲しいと仰ってましたが,あの雑誌(高いですが)がもっともっといろんなランナーに浸透するといいなと思ってます。ランニング初心者の方にはとっつきにくいでしょうが,何で自分は走るんだろうって考えたとき,大きなヒントになる雑誌だと思うのです。

ランナーズやクリールのように技術や商業中心の世界を超越したランニングの世界が展開する雑誌です。その世界を具現化したひとつの形が『マラニック』なのかもしれませんね。

先生もトークで話しておられましたが,参加したみなさん,ぜひとも言葉であの日の感動・驚き・楽しさ・幸福を言葉にして伝えましょう。ブログやレビューで語りましょう。

先生が僕たちに語る世界を,今回のマラニックを通じて共感した部分があるのなら,今度は僕らが周りに伝えていくことも大切だと思うのです。僕も先生の大ファンであるとともに,走れることの幸せを周りに少しでも伝えられる人間でありたいな・・と思います。

先生68歳と仰ってましたが,とてもとてもそんな歳には見えません。先生のあの元気を見ていると,またもや「年齢っていったい何の物差しなんだ?」とやはり思わずにはいられませんでした。

先生はほとんど休日らしい休みもなく全国を飛び回っておられるようです。お疲れかもしれませんが,応援に駆けつけて下さり,ありがとうございました!

またの機会にぜひとも楽しいお話聞かせて下さいね。

2011年4月20日 (水)

歴史街道マラニック(その2)

Img_2774

僕は宿泊ではないので,夕食は食べずに親睦会の会場へ。昨年はバンド演奏でしたが,どうやら今年は神楽らしい。

会場外では地元の方々が手作りの店を出して下さり,焼き物の香ばしい香りでいっぱい。が,外気温は4度くらいしかないのでさぞかし寒かったろうと思う。

西ももは頂いた食券でこんにゃく入りたこ焼きや里芋のコロッケ,焼き鳥を食す。ビールが飲めないのが残念だけど。

ただ,前回も思ったのだが,ここにいらっしゃる出店の方々と懇親できたらもっと距離も近くなるのにな・・・と思う。会場には参加ランナー以外は観光協会関連の方しかおられなかった気がした。近所のお年寄りやエイドの方を無料で招待するとかね。僕はけっこう好きです,ランニング大会の後夜祭で地元の方と酒を飲むの。(千羽海崖トレイルみたいにみんなで阿波踊り,何てのは大好き!)

村松さんの挨拶から会はスタート。この大会の趣旨や村松さんの想いを聞いていると,参加者の皆さんも何でタイムを計らない『マラニック』なのかが分かってきたかもしれない。

それにしても村松さんの真摯な姿勢はいつも変わらないな・・・いい人だ。(笑)この夜は酒もかなり楽しんでおられましたね。

地元の方々との触れあいがあってこその今回のマラニック。エイドでは十分なくらい集落の方々の素朴さ優しさが伝わっていたはずです。

さて次は懇親会のアトラクション。

今年は『こども神楽』でした。神話や古事記が題材のことが多いので,オロチものなのは分かりましたが,台詞(?)は僕には難しいですね。元々わいわいやりながら祭りなどの楽しみで上演していたものだと思うのですが,参加者は途中までけっこう神妙に見ていました。

場が一気に和んだのは役者の子供達が餅を配ってくれだしたあたり。みんな大騒ぎで喜んでいました。だって本当に可愛いんだもの。

こういった伝統を,真剣に成羽の子供が小さい時から継承しているのは本当にすごいことだと思う。(かなり練習を積んでいると思われる)

さて,ひと段落してお待ちかねの『山西先生トーク』。

<続く>

2011年4月18日 (月)

歴史街道ウルトラマラニック(お手伝い)

Tukare


4月16日(土)は『高梁・成羽・吹屋 歴史街道ウルトラマラニック2011』のお手伝い。

昨年はランナーとして参加し,競わない『マラニック』の魅力にズブズブ・・。地域との一体感が何とも言えず楽しくて,今年は走る側のサポートがしたくて,志願してスタッフとしてお手伝いさせて頂きました。

主催者の一人村松さんに連絡すると,何と立正大学教授山西先生のお迎え+移動のお手伝いをさせて頂けるとのことで,数日前から興奮状態。

当日朝寝台特急で岡山入りされるセンセイを迎えるべく岡山駅へ6:15。34分に着くセンセイを載せてスタートの高梁市役所へいくだけでもギリギリなんですが,なんと電話で列車が遅れるとのこと。やっぱりスタートに山西先生がいると盛り上がりが格段に違うので,頑張って間に合いように車を走らせました!

道中の先生の話が面白いのなんのって!陸上競技というよりランニングとオリエンテーリングの話題が基本で,話のスケールもワールドワイド。昔の話から現在の話まで多岐にわたりました。いろんなマラソン選手の話も聞けて,興奮しまくりでしたね。

でも,基本的に『身体と対話すること』『食事・生活のシンプルさ』『(身体のことを)学ぶこと』の大切さをお話しして下さり,雑誌や著作のまんまの先生でした。

高梁の街が近づいてくるにつれ,もっと先生と話がしたいな,もっと時間が欲しいなと思わずにはいられないのでした。会場に着くのがもったいないくらいでした。

市役所に着くと,丁度スタート前の説明などを村松さんがしておられ,会場に横付けして先生を送り出しました。間に合ってヨカッタ!

スタートを見送って,スタッフのミーティング。運営側で仕事をするのは始めてですが,自分も普段から世話になっていることなのでそう違和感はありません。村松奥さまが仕切ってくださり,荷物を積み込んで早速エイドに出発です。

相棒の女性はランニングには縁がないのですが,父親が出場しているとのことです。最近いろいろあったみたいでしたが,今日一日は忘れて元気にやろう!とエイドに向かいました。


担当は布寄田原エイド。到着するとすでにもうテーブルなど出して下さっていました。


Img_1235

運営側が準備した飲料とバナナ・パン以外は全て田原の方の手作りです。おにぎり・唐揚げ・お寿司が並びます。極めつけは漬け物。ランナーが通る前に実は試食したのですが,無茶苦茶美味い!ランナーの中には『これはどこで買えるの?』と聞く方もおられ,作ったおばちゃんは大喜びでした。自分が走るときも同じなのですが,やっぱり塩味が効いたものの方が人気で,むすびと漬け物はほとんど無くなりました。


Img_2758

田原の方々も一緒に応援して下さりますが,写真の端っこは『おまわりさん』。(笑)

実はエイドの向かいは駐在所で,おわまりさんも一緒に応援して下さります。こんな光景は田舎ならではかも。

そうそう,余った段ボールで僕が作ったメッセージ,読んで頂けたかなぁ?

Tukare

参加者もいろいろ。群馬の外国人ランナーの方もおられましたね。(ジョンさん)


Img_2763

Img_2768

田原エイドから一旦折り返してもう一度田原に戻ってくるので,ここにいると2度皆さんに会えます。

地元岡山の仲間,ブログを通じて出会った仲間,昨年一緒に出場して知り合った仲間など,大勢の方に出会えましたし,立ち話も出来ました。タイムを計測する大会だとこんなことはあり得ないですよね。

14:00頃まで田原にいて,後は皆さんに任せます。田原のみなさん,本当に楽しい4時間でした!お世話になりました。

Img_2767

一旦残った飲料を別のエイドに届けて,早く帰る相棒の女性と,高梁に戻る男性を一人駅まで送ります。乗せたランナーが何と安来市の元副市長さん。島根なかうみマラソンの創始者の一人だったのです!(これもまた役得)こんな方の話も聞けるものではありませんよね。

その後は山西先生を車に乗せてゴールまで移動です。先生はコースをゴールに向かいながら,ランナー・スタッフに声をみんなに声をかけてまわります。(この声のかけ方が絶妙!)

移動しながらも,先生との話は弾み,僕にとっては幸せのひとときでした。参加者としてではなく,いちスタッフとして先生とふれ合えたことは,僕にとってかけがえのない財産になりました。

さて,ゴールのラフォーレ吹屋について先生や貝畑さんとランナーを出迎えるのですが,日隠れ始めると寒いのなんの!予定時刻の6時頃には気温は5~6度。

ゴール地点から遠い方は収容バスに乗って頂くのですが,近くまで来ている方は完走目指します。かなり気温も低いので,低体温症を先生はとても心配しておられました。7時近くになっても来ない方を,かなり遠くの別の道までスタッフで探してまわったりしたんですよ。

あまりに寒いのでスタッフも玄関に入ってゴールを待っていました。

日もとっぷり暮れた7時過ぎ,最後のランナーのゴール(ではなくそのまま親睦会場に行ったらしい)を見届けて,西ももの仕事は終了したのでした。

<続く>


2011年4月15日 (金)

高梁・成羽・吹屋 歴史街道ウルトラマラニック2011

いよいよ明日になりました。

昨年はコース前半大雨でしたので,今年の天候を心配しておりましたが,どうやら雨は一日早く降ったみたいですね。

コースも一新,走りやすい天気になればいいですね。


西ももはボランティアスタッフとして,参加者皆さんの楽しい一日のお手伝いをします。

布寄田原エイドにおりますので,もし分かったら声をかけてくださいね。


参加のランナーの皆さん!

競わず,焦らず,慌てず,のんびり景色や「走ること」を純粋に楽しんで下さいね。

くたびれたら,歩きましょう!

2011年4月14日 (木)

衝撃のロボット!

ここまできましたか,自己制御ロボット!

チェスは人間に勝っているけど,次は球技かいな。

2011年4月12日 (火)

う〜れしいな、赤魔王!

う〜れしいな、赤魔王!
ラン友大酒飲みまさちゃんみたいに投資は出来ないが、ビール買うついでに買ってみた。

魔王とは全く関係ない酒ですが、すげえ飲みやすいですぞ。

へぇ〜っ、旨いじゃん。

やや甘めでしょうかね。

2011年4月10日 (日)

スノートレイルだぜ那岐山!

スノートレイルだぜ那岐山!
スノートレイルだぜ那岐山!
スノートレイルだぜ那岐山!
スノートレイルだぜ那岐山!
帰省ついでに午前中那岐山トレラン。

8合目からは雪の上だが、締まっているのでガレ場走るより早いかも。

駐車場からBコース登り50分下り30分の鍛練でやした。

山頂は快晴、10人ほどの方が昼食中。

3分ほどの滞在でまた走り去るランパンオヤジは不思議かも。

本人としては、かなり自然を満喫しておるのですがね。

あ〜楽しかった!

サハラ砂漠マラソン

JogNoteのニュースを見ていて『!』

サハラ砂漠マラソン


こういうレースはとっても気になる!

でもちょっとね~金銭的にも仕事的にもハードルは高いっす。
いったいどんなタイプの方が,出場しているのでしょうね?

(『よしだ~君』あたりのボロ雑巾大好き系ランナーか?!)

ググってみるとけっこうブログや動画が出てきます。けっこう沢山日本人が参加されているんですね。仕事がある人も有給一気に消化して遠征しておられるようです。ちょっと僕の職場では大顰蹙ものですな。

こういう大会なら,「鳥取砂丘マラソン」とかがないのかな,と思って調べてみたら・・・

『鳥取砂丘らっきょう花マラソン大会』があるようですが,これは砂丘を走るのではなく,もっと爽やか健康系の大会みたいです。

『鳥取砂丘耐久マラソン』とかどうですか,鳥取県鳥取市福部町の関係諸方面の方々。


出場者はいないか・・・。


さて,動画を見ていて参考になったこと。

バックパックの擦れ対策に参加者がしている肩や背中,腹部のテーピングですな。

何をどう加工して使えばいいのか,要研究。

西ももは肌が弱くすぐにすり切れるので,ワセリン程度では難しいのであります。

そういえば,小学生時代はぷりぷりおデブちゃんだったので,遠足にいくとよく股ずれ起こしてたなぁ・・・。

2011年4月 9日 (土)

春爛漫・桜満開,ハカラン?

110409_080535

岡山総合運動公園(ハム基地),の桜も満開です。綺麗だった~!


ここ数年,ジョギングから本格的なランニングに移行するにつれ,次第にランニングの幅や種類も広がってきました。

最近はやや耐久系に移行しつつある西もも。

『トレラン』はここ数年楽しんでやっています。

が,ついに今朝,危険領域に足を踏み入れてしまいました。

『ハカラン』・・・いえ,『墓ラン』(笑)

今朝は早朝よりラン友まさちゃんと運動公園集合でジョグ。西ももは自宅(西長瀬)帰着の約31km2時間50分のジョグでした。暖かくて快適な季節になりましたね。

後楽園方面に足を伸ばしてそのまま桜並木を北上。三野公園経由で懐かしい大学時代のアパートやよく食事をした食堂を見に行ったまではよかった。

理科大学裏手から構内を通過,そ,その後なんと!


まさちゃんの墓見学ラン!!『墓ラン』である。(笑)

集団墓地(ちょっとした小高い山である)の中を走ったのは生まれて初めてである。

墓自体が入り組んでいて通路らしきものが無いので,皆さんの墓の間を通らせていただくわけだが・・・。

よく考えてみたら,これって立派な墓場トレーニングである。(失礼!)


見晴らしよく桜も咲いていたし,2人だから走れたけど,ハカランはもういいです・・・。ランナーとしては危険領域だよね,師匠?!

どうしても体験ご希望の方は,まさちゃん師匠に申し込んで下さい。

素敵なドキドキロングジョグコースを組んでくださいますよ。

途中,お腹が空いたら,ツケのきく食堂もありますので。(謎)

2011年4月 7日 (木)

震災の思わぬ影響『利きHDD』

HDDのサルベージ会社のことは聞いていましたが,ここまでとは・・・。

HDDの異音を聞いただけで異常箇所が判る・・・

まさに「現代の匠」ですな。

いや・・・『デジタルの匠』かな。


・・・うした診断から復旧の見込みが立てば、前回取り上げたように正式な依頼を受けて、部品や基板を交換する復旧作業に入る。データ復旧という単語からはややアナログな印象を受けるが、日本データテクノロジーでは定期的に、利き酒ならぬ“聞きHDD”のブラインドテストを実施しており、音を聞けばメーカーはもちろん、特定の型番やある年代のバージョンまで聞き分けられるという。逆にこれらをきちんと習得しないと、技術者として次のステップに進めないというから驚きだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000004-zdn_pc-sci


ラン友にワインのソムリエが出来る男性がいるが,デジタルガジェットにもソムリエか?

2011年4月 5日 (火)

第1回 Eveving RUN in OKAYAMA

『第1回 Eveving RUN in OKAYAMA』

ランネットエントリー

PDFはここ
「EveningRUN_Okayama.pdf」をダウンロード

これ面白そう,ってことで友人家族と合同チーム参加。

香川の「まんのう池リレーマラソン」は出たことありますが,これはハーフですから気が楽です。

小学4年生3人+6年生1人+父ちゃんズでエントリーしやした!(子供は全て女児)


どう考えたって一人で走ったほうがタイムはいいですが,ここは家族のイベントということで。

トラック52周をどう配分するかも,作戦のうち。我がチームも父ちゃんズがどこまで分担するかが一つのキーポイントです。

襷が渡るリレーマラソンはしんどいのですか,「つなぐ」感覚がなんとも言えないのであります。

格は違いますが,箱根を走る選手たちの心理が少しだけ理解できますよ。


最後は6人でゴールだ!って今から楽しみであります。


夏の夕方,皆さんも仲間や家族といががです?

総合グラウンドのサブトラックで夏のファンランはどうですか。

終わったらそのまま飲み会に突入だっ!

バイリンガルの人は認知症(dementia)になりにくい

Sandraandzulimamain


Voice of Americaの記事より拾い物。

--------------------------------------------------------------------
Speaking 2nd Language Could Delay Alzheimer's, Memory Loss
--------------------------------------------------------------------
If you speak more than one language, you have a better chance of
staving off memory loss and, possibly, the mental and physical decline
associated with Alzheimer’s disease. New research shows that even
learning a new language later in life can delay the onset of dementia.
At the Voice of America, there are many people who speak one, two,
three or more languages. Sandra LeMaire, on VOA's Web Desk, speaks
four languages fluently.

--------------------------------------------------------------------
第2言語がアルツハイマー病や物忘れを遅らせる可能性
--------------------------------------------------------------------
もしあなたが1つ以上の言語を話すなら、物忘れと、もしかすると、さらに
アルツハイマー病に伴う知能、身体能力の低下をも回避できる可能性が高くな
る。最近の研究によると、年をとってから新しい言語を学びはじめるだけでも
認知症の発病を遅らせることができるという。
Voice of Amrica には、1つ、2つ、3つ、あるいはそれ以上の言語を操る者
がたくさんいる。VOAのウェブ編集主任であるサンドラ・ルメールは、4ヵ国語
を流ちょうに話す。


元記事(Voice of America, March 15, 2011)


「バイリンガルの人は認知症になりにくい」

外国語の学習が脳の衰えを抑えるのには効果がある,というのはよく話題に上がることではあります。

『話せないと効果がないのでは?』と思われるかもしれませんが,記事を読むとどうやら母語以外を学ぼうとするだけでもいいみたいですね。(多いほどいいみたい)

僕は日・英・韓を少しずつって感じでですが,3ヶ国語以上だと加齢とともに起こる記憶障害の可能性が減るらしいです。

それにしては物忘れがだんだん進んでいる気がするんですが・・・。(酒のせいか?)


さらに面白いのは,Voice of Americaの編集スタッフで,スペイン語が母語(L1),英語が第2外国語(L2)だという人が,何語で考えて何語でメモをとっているかというと・・・

My brain instinctively takes notes in both languages," she says. "If it's shorter in English, I take it in Engilsh. If it is shorter in Spanish, I take it in Spanish."

要するに,本能的に記述や表現が短くなる方の言語脳が動いているってことですね。


記事の最後に5語をバングラデシュで子供の頃に学んだという通信員の話も出てきます。インドやバングラならではの環境ですが,近所の遊ぶ子どもがみんな使う言語が違うという・・・。

日本ではなかなかそんな環境はないですよね。

近所の友人家族が戸建てを建てる前の仮住まいでアパートに住んだ時,英語・ポルトガル語・タガログ語・中国語・韓国語がアパート内に飛び交っていたそうです。とってもインターナショナルな環境だったと言ってました。


ランナーの皆さん,ジョグしながら外国語の勉強するのはいかがですか?

究極のボケ防止ですな。(笑)

西もも心の師,大学教授ランナー『SK氏』(OSJおんたけウルトラトレイルを19時間で完走)は,朝晩犬の散歩を兼ねた「トレイルウォーク」(少し走る)を毎日2時間し,その間は英語のNHKラジオ番組を4つ聞いているそうです。

御年60ちょっとでもすこぶるご健在ですし,思考もとてもシャープ。

身体を動かしながら脳を使うのがいいんでしょうね。


あ,師匠は大のチョコレート好きでもあります。


2011年4月 3日 (日)

震災チャリティー ラン&ウォーク【岡山】

29

本日4月3日(日)開催のチャリティラン&ウォークに参加してきました。

行って知ったのは,単発ではなくこれからどんどん次があるので参加出来る時にぜひ一緒に走りましょう,ってことでした。ゼッケンも通年で使い回し,エコでいいですね。(ドリンクサービスに関しても,参加者はカップ持参にしたらいいと思います)


Taremaku

今後の日程など詳しくはこちらへ。

ゼッケンの日付とサイトの案内の日付が違うのが気になりますが,おそらく日曜日ってことが決まりなんでしょうね。


さて,自宅(西長瀬)から走って集合場所に行ってみると,ゴールタイマーがあってびっくり。(あ,タイムとるんだ)

おまけにあとで主催者の一人村松さんの私物だときいてさらにびっくり。僕の知り合いの間では,きっと奥さんが自宅でキッチンタイマーに使っているんだという話で持ちきり。(笑)

貝畑和子(僕の恩氏のお姉様!)さんや村松奥様も受付しておられたので,ももパやマスカットラン関連の方々が動いてくださっているのかな・・・と拝察されました。

「チャリティーラン」といっても,大規模なイベンターが入った大会ではないので,準備や広報・準備もしているとそう簡単にできることではありません。みなさんやっぱり行動力のある方々だな,と感服します。頭では思っても,実際に動くのは出来ることではないですから。

開会挨拶のあと,NTT関連で被災地に行っておられたランナーの方に話を伺い,なんとその3分後にスタート!

五本指シューズの方(履いている方を見るのは初めて)と話し込んでいたらいきなりスタートでした・・・。(またか)

10kmが先行スタートで,5kmのランとウオークが後から。百間川ランニングコースを5km北上して折り返す。普段全く走らないコースなので新鮮です。最初はアップがてらユックリでしたが,途中からはペース走感覚でキロ4:10前後キープで帰ってきました。帰りは参加の方々に声をかけながらでした。

『元気出して走ろう,日本!』,お互い元気に走らないとね!

ゴールタイマーは動いていますが計測はなく,淡々とゴールでした。

今回は旧知のランニング仲間も多く,終わってからも楽しく話し込みます。

嬉しかったのはこの独り言ブログを知っている方と数名話が出来たこと。つまらない内容でも,書き続けているとこんな嬉しい繋がりも出てくるんですね。声をかけてくださった方々,嬉しかったです!千羽海崖出場で岡山勢トップだった安保さんにも会えてよかった。(若いよなぁ・・・)

岡山オッサンランナーズ,コツコツ元気に走り続けましょうね!

終わってからも参加者は立ち話に花が咲き,なかなか帰りません。最後のウォーク参加者のゴールを拍手で迎えて散会でした。

このチャリティーラン&ウォーク,来年『3月11日』まで続きます。僕も全回参加というわけには行きませんが,折角ですから自分の趣味を通じて,被災者だけでなく日本が少しでも明るく前に進めるようお手伝いします。

立ち話をしていると,救助段階ではなくもうしばらくして復興段階になると現地に行かれる方もおられます。技術を持たない文系人間の僕には心苦しいのではありますが・・・。

でも,何もしないより,何かした方がいい。

「自粛」の呪縛に囚われている人が多いなら,少しでもそれを押しのける力になりたい。

金だけ払って現地で動かない偽善者め,放射能が怖いのかと言われてもいいんです。無理に節約はせず,出来ることからやりますよ。僕の職場にも,早速福島や関東から移ってきた方が数名おられます。そんな人たちの支えになるのも一つかな,って思ってます。

そして,今日も趣味を通して少しでも何かの力になりたいと集まってきた,岡山のランナーが大勢いました。

参加した皆さん,自分が行けなくても誰かほかのランナーに橋渡しをしていきましょう。


明るく元気に,明日も走りましょうや。

2011年4月 2日 (土)

シーズン終ったってことで,トレランにシフト

4月にレースを控えている方も多いでしょうが,それでもそれを過ぎるとほとんどの方はオフですよね。

オフシーズンの過ごし方もイロイロありますが,皆さんは?

@runnerのコラムマガジン『BEST RUN!』の鈴木彰氏のコラム見て思ったこと。

①トラック・スピード練習にシフト
②LSD,ロングにシフト
③完全オフでジョグ
④ウルトラマラソンにシフト

なんて人も多いでしょうが,西ももは陸上競技系①は苦手なんで,

トレラン+②で④向けのトレーニングにシフトします。


てなわけで,オフシーズンのトレーニングの一環として今年も

『比婆山国際スカイラン』に急遽エントリー!「19hibasuka.xls」をダウンロード

この18kmが効くんだ,これが。

素敵なトレイルですよ,このコース。比婆山塊の緑がいっぱいですぞ。

過去にはあの鏑木毅も走ったこのコース,まだまだエントリー大丈夫みたいですし,いかがです?


吉備中山トレラン練習(耐久編)

20110402


暖かくなりそうだったので,ロングのトレラントレーニングで吉備中山へ。

27kmちょっとで3時間,けっこういい負荷がかかりました。もう一時間あれば春の練習目標ステージ1に達するんですけど,5km周回トレイルだと飽きる・・・。一度下山して再度登るコースに再設定しようかな。

ジョグノートにも書いたんですが,最近すこぶるランニングの調子がいい。

スピードも出せばそれなりに出る,冬よりスタミナもけっこう付いた感じがして長距離でも疲労が少ない。

延期の徳島以降ガッツり酒もおやつ(僕は「おつまみ」ではない),も増えて一時期肥えましたが,今はほぼ適正体重と脂肪レベル。

自分で言うのもなんだが,脚を見てもけっこういい脚に絞れてます。(相変わらず三流プロレスラー系短距離筋肉なんですが)

こういう時にレースがあればよかったのにね。タイミングってこんなもんですよね。(かといってUTMFに対応するレベルは全くない)だいたい僕は狙ったレースの数週間後にピークが来るんですな,これが。


中山トレイルは基本的にプチ登山道ですので,今日は沢山の登山者に会いました。

吉備津彦神社は結婚式。明日は桜まつりみたい。

頂上でお昼を食べる人,昼寝する人,散歩する人。

ここの頂上はけっこう絶景ですもん,気持ちいいわな。

今日の中山は人のパワーが満ちて賑やかでした。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »