フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« やっぱりトレラン効果は大きい | トップページ | 義足でオリンピック »

2011年7月22日 (金)

太くて悪いね,フン。

Futoi


西ももの「もも」はもともと『ももちゃん』。

NIFTY-serve時代(モデムが1200~2400bpsとかの時代),FORUMでの「ハンドルネーム」が『ももちゃん』でした。

全国にももちゃん(ほとんど女性)が出現したので,『西日本』在住のワタシは『西もも』を名乗り始めたのであります。

では,『もも』はどこから?

みなさん,『桃』だと思っておられますが,『腿』です。

名付け親は,同業者のHMです。大学時代からの友人です。

大学時代,何を血迷ったかウェイトトレーニングにハマり,ボディビルの真似事もしていたワタシの腿は極端に肥大化しておりました。

大学時代のある夏,北海道ツーリングをHMと敢行しました。

有名な『カムイワッカの滝』を堪能すべく,短パン一枚となった(記憶だと・・・)ワタシを見て,彼はこう言い放ちました。

『三流プロレスラー』


この言葉は20年近くたった今でも,乙女のももちゃんの心の奥深くでろうそくの光のように輝いております。(謎)

・・・いや,突き刺さっています。(笑)


そう,ワタシは三流プロレスラーランナー。

腿が太いのです。

世の奥方殿が忌み嫌う,太ももランナー。


そんなワタシの心に少し元気をくれるコラムを,筑波大の鍋倉教授が書いてくださりました。

おなじみジョグノートのコラム。

『第174回 クロストレーニングでステップアップ⑤筋が太いと遅い?』
http://www.jognote.com/column/stepup/

まあ,筋の太さと脚の太さは違うんですけど,以下の部分が興味深い。

>以下引用

「太いことは悪いこと?」

ところで、私たちランナーにとって、高い負荷での自転車トレーニングやウェイトトレーニングで筋が太くなること自体避けるべきことなのでしょうか。この疑問を解決するため、私たちは、ニューイヤー駅伝などで活躍する一流の長距離ランナーを対象として、筋のサイズとパフォーマンスおよびその構成因子の関係について検討しました。
その結果、

1)ハムストリング(太ももの裏面の筋肉)が太いランナーほど10000m走タイムが速いこと
2)ふくらはぎ(特に上部の腓腹筋)が太いランナーほどランニングエコノミーが低いこと
3)大腿直筋(太ももの前面中央の筋肉)が太いランナーほど10000m走タイムが遅いこと
などが分かりました。

>引用終わり

ランナーの脚の太さにも種類があるのですな。

あなたはどのタイプですかな?

2軸走法と1軸走法でも腿の太さは変わってくるのですが,この話はまた機会があれば・・・。

僕は一時期1軸を目指しましたが,今はあきらめて2軸。大腿筋は横に肥大しますし、股関節故障には気をつけています。

通常1軸のほうがメリットは大きいと思いますけど、直らない。。


フン,太くて悪いね、モモ。

三流プロレスラーランナー今日も駆ける。

« やっぱりトレラン効果は大きい | トップページ | 義足でオリンピック »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

3本めはどこから・・・・

ハッ!
ま・さ・か・・・

んで,レスラー系ランナーでないほうが絶対いいですって。
スラリと細い方が羨ましいデス。

なかなか興味深い内容ですね。
勉強になりました。

わたしは高校生の時から30過ぎまでほとんどスポーツを
せずにおじさんになったので足は3本とも細くて困ってます。

短距離は絶対無理ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/40906372

この記事へのトラックバック一覧です: 太くて悪いね,フン。:

« やっぱりトレラン効果は大きい | トップページ | 義足でオリンピック »