フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« UTMB 2011 前半ダイジェスト映像 | トップページ | 2011/08/26 BEST RUN!Vol.571 »

2011年8月28日 (日)

鏑木選手が7位,山本選手が10位【2011UTMB】

2011utmb

トップ選手は続々ゴール!

鏑木選手 7位
山本選手 10位

松永,横山,間瀬選手はリタイア。

横山選手はやはり脚の手術から回復しきっていなかったのでしょうね。

出発直前まで何かの注射をしながらの出場だったみたいです。


鏑木選手は,出発直前のブログでは,『高速化するUTMBではきつい』『衰え』『生き様を見てもらう走り』などの書き込みがありました。

僕にとっては,プロランナーというよりも,加齢を自覚しながらも43歳で世界とやりあう彼の姿に感銘を受けるわけです。(間瀬選手も同じなんですが)

本人だってポディウムを狙ってはいたと思いますが,この走りをwebで応援できただけで十分です。

お疲れさま,鏑木選手。

雑誌やTVなどでの報告会や記事がたのしみだなあ。

日和佐のトレイル大会で初めてお会いした時の,やさしい笑顔が思い浮かびます。

そして,山本選手は昨年に引き続きの上位です。まだまだ若いので,将来十分ポディウムを狙えると思います。

それにしても,キリアンは強いな。WRCのローブみたいな状態だ。


で,貝畑和子(かいちゃん)さん。

Fouly

110km地点は通過,順調だなぁ。聞こえないだろうけど,『マイペースで頑張れ~!』

個人の途中経過を見ていると,しっかりチェックポイントで休憩をとっているのがわかりますね。このマイペースがポイントなんだよね,きっと。

完走,というより,制限時間内ゴール出来た人が勝者です。

ほとんどのランナーはこれから後半戦。

個人的に注目しているのは

2261 - Reiko MIYOSHI
2846 - Yukimitsu TAGUCHI
3400 - Mazuko KAIHATA

3人とも普段のトレーニングスタイルが全く違う。

特に田口さん(Aloha)はジョグノートでも有名人の超がつくウルトラランナーで,月間の走行距離も半端でないのだが,走行距離と強度という点で注目している。田口さんも元々サブスリーランナーなのだが,近年はウルトラにシフトしている様子。オーバーナイトの超ロングラントレーニングが基本。


ウルトラランニングには距離がやはり必要なのか,それとも基本は強度なのか?

ちなみに僕は関節と脳が弱いタイプのオッサンなので,強度をコントロールして月間350~450km程度で収まるようにしてます。ウルトラの世界だと月間800~1000という人もけっこういますが,時間のやりくりが大変そう。

それ以上だと故障したり,疲労したり,仕事や家庭に支障が出そうです。

« UTMB 2011 前半ダイジェスト映像 | トップページ | 2011/08/26 BEST RUN!Vol.571 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/41388833

この記事へのトラックバック一覧です: 鏑木選手が7位,山本選手が10位【2011UTMB】:

« UTMB 2011 前半ダイジェスト映像 | トップページ | 2011/08/26 BEST RUN!Vol.571 »