フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 金甲山50(フィフティ)コース! | トップページ | 皆生温泉私設ビアガーデン開催! »

2011年8月11日 (木)

『旅立ちの衣装調う』

・・・と言っても,夏の旅行の衣装のことではない。

地元岡山の山陽新聞,2011年8月11日(木)の<ちまた>に掲載されている,林博子さん(倉敷市:85歳)の投稿のこと。

自分が死に際してまとうつもりの衣装のことである。

林さんは今年のお盆を格別に楽しみにしておられる。

単に帰省してくる家族を楽しみにしているではない。

自分の『旅立ち』の準備が調いつつあるからだ。

自分が天に召された時のための,最期の衣装。

嫁いで来たときにこしらえた和服の生地は何回かリフォームされていて,最期はワンピースに。

『和服を好んだ母に会いたい』と。


自分の理想の葬儀について。

ご遺影は結婚写真のように写真屋でお気に入りのものを撮影。

普段から自分で書きためたお経はお棺に。

そして,毎年恒例の15日の外食はやめにして,仏様が家にいる間に家族で自宅会食に。

自分にもほぼ同い年の祖母がいるのもあるが,読んでいたら涙が出てきた。

林さんのように,穏やかな気持ちで85歳を迎えることが出来たらいいな。

男性には難しいかもしれないが,仮にこの歳になれるとして,もう僕は半分以上を生きた。

どうやら残すものに大したものはない(多額の現金や資産が残る仕事ではないし)人生になりそうだが,悔い無きよう,自分のやりたいことに優先順位をつけて過ごそうと思っている。

明日,僕にこの2本の脚がある保障はどこにもないし,心臓が絶対動いている自信もない。

若くても心筋梗塞であっという間に世を去ることもある。

その視点で判断していると,けっこう順位は変わってくるもんだ。

林さんみたいに,穏やかな心持ちのおじいちゃんになりたいものだ。

そういえば,自分が死んだときに家族に頼んでいることは,「臓器移植はOKだが,『目は残してくれ』」くらいかなぁ・・・。

最期は「うちのお父ちゃんは,えらいアホみたいにマラソンばかりしてた頃があるな~」って位は,娘達に印象が残るだろうか。

何か一つでも,(趣味でも仕事でも)頑張っている姿を見せておきたいもんです。


この記事,もし山陽新聞を購読されているなら,ご覧下さい。

見せろ!って方はメール下さい・・・ムニャムニャ。

« 金甲山50(フィフティ)コース! | トップページ | 皆生温泉私設ビアガーデン開催! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/41169703

この記事へのトラックバック一覧です: 『旅立ちの衣装調う』:

« 金甲山50(フィフティ)コース! | トップページ | 皆生温泉私設ビアガーデン開催! »