フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« ディズニーシーは10周年 | トップページ | 大阪マラソン2011参加案内 »

2011年10月 2日 (日)

2011村岡ダブルフルウルトラランニング回想録【レース編】

Img

村岡から帰ってすぐ出張だったので記事書けず。帰って落ち着いたので少しずつ回想録を書きます。

ランニングだけに絞って結論言うと,当初の目標はほぼ達成。

100km男子,8時間50分32秒で総合4位(年代別だと2位になるはず)。

手元の時計でのラップ。(今年はGPSは補助)

5km 23:19(23:19)
10km 22:58(46:18)
15km 25:46(1:12:04)
20km 24:56(1:37:01)★ハチ北スキー場
25km 21:14(1:58:15)★ハチ北旅館街下り
30km 24:22(2:23:37)
35km 23:16(2:45:53)
40km 24:38(3:10:32)★猿尾滝
45km 25:10(3:35:42)
50km 38:13(4:13:56)★蘇武岳
55km 31:03(4:44:59)
60km 27:34(5:12:34)
65km 24:03(5:36:37)
70km 28:32(6:05:10)★44km合流登り
75km 30:41(6:35:52)
80km 31:48(7:07:40)★射添~大仏
85km 24:51(7:32:32)★あけぼの荘
90km 24:36(7:57:08)
95km 30:47(8:27:55)★一二峠
100km 22:39(9:50:32)

5:18@1km
26:31@5km

44歳,短足三流プロレスランナーとしては上出来です。自分でもよく頑張ったと思います。

賞状やメダルはありませんが,憧れのラーメンセットも頂きました。

出発前の娘の『ラーメンセットか牛肉セット!』の激や,JogNote仲間のコメント,大先輩ランナー村松さんの『いいことがきっとあります』の言葉に背中を押され,いつになく最後まで粘れました。

応援してくださった皆さん,ありがとうございました。

展開をちょっと振り返ってみます。

スタートからしばらくは飛ばしすぎ。前方に先頭グループが見えてましたから失敗です。意識してペースダウンを図るのですが,思ったより心拍を上げてしまい,ここで坂道登りの脚を消耗。

ハチ北旅館街もけっこう飛ばしてしまい,これも後から考えると失敗。

25kmあたり?いつもの貝の根付けをおばちゃんに頂き,JN知人で88km3位入賞の女性ランナーゆうちゃんとエールを交わす。ほんとウェブ上だけのお付き合いだが,昔からの知り合いのように元気をもらう。(彼女とはもう1回合流し,エイドでプリンを堪能する気の抜けた顔を見られた・・・)

猿尾滝では素麺を汁までしっかり頂き,よしだ~君にも出会う。(彼については後述)順位は確か6~7位くらいですが,後続はけっこういたので逃げる必要もありました。

蘇武岳登りは去年ほど余裕が無く苦しい展開。でも今年も『歩かない』と決心してスタートしているので初志貫徹。50km通過は昨年より10分ほど速い。チャレンジとして歩かないのはいいのだが,疲労やペースを考えると次回は登りは歩こうと思う。(かなり速めのパワーウォークですよ!)

44kmコースとの合流。通過タイムが早い分,去年より併走するランナーも速い。いつものように抜けないが,同じようなペースで登っていくランナーを見つけては勝手に付いていく。以後坂道では,最初は付いていくが長い坂だと最後は僕の方が抜いてしまう,という展開が繰り返された。

射添までの下りも,激しく飛ばすランナーも多かったが,脚の温存のため下りは小走りでゆっくり降りる。

射添でのレストは約3分。ご飯ものを中心に炭水化物と果物などの果糖をしっかり摂る。アミノバイタルをスパイベルトに補給して大仏へ。

いつものように土産物屋のおじいちゃんに冷えた甘酒を出してもらい,大仏をぐるりとまわって下りに入ると後続2名発見。いつもならここで表情と足取りをみて相手の余力を判断するのだが,1名若いお兄ちゃんが『ニヤリ』と笑顔だった。これは抜かれるかも,とペースアップ。以後抜かれるまでしんどい展開になる。

結局このランナーにはあけぼの荘後に抜かれ,最後一二峠のエイドで再び追いついたが,下りは明らかな走力の差があり,追いつけなかった。

あけぼの荘以降,44kmのランナーと何人も併走。速い人もいるのだが,ほとんどの人は同じペースかやや失速気味なので,ついては抜く,付いては抜くの繰り返し。(結局これがよかった)

下った所にある,有名なアイスエイドでは,スタッフの方が僕のブログを知っておられるらしく,感激!

この時4位のお兄ちゃんを追っかけていたので,お名前をゆっくり確認出来なかったのが残念。(ありがとうござました,元気が出ました!)

一二峠前の平坦地で追いついた若いイケメンランナー(才田さん)は地元の方で声援も多い。併走しかけると何と私のブログやよしだ~君を知っているらしい。平坦ロードを併走しながら話しをしたのだが,90km近辺をよくキロ5分で会話しながら走ったモノだと思う。

一二峠の登りは才田さんが先行,引っ張ってもらって僕が追うのが最初の展開。しかし後半は僕の方が余裕があったらしく,少ずつだが差が開く。

最終エイドで3位の尾崎さん(この方も岡山から参戦,某ラーメン店の店長さん)に一端追いつくが,彼は44kmランナーにくっついてペースメイク。

ここが登りだったら僕が3位浮上したかもしれないが,悲しい哉オッサンは下りを飛ばす脚がもう残ってなかった。

尾崎さんが気にして何度も振り返るのだが,残念ながら追撃する余裕はなく,ラストスパートする気持ちも出てこなかったので,そのままゴールでした。


実はこの時点で自分が6位だと思っていたのですが,よしだ~君に聞いて4位と知り,感激のガッツポーズだったのです。(今長さんリタイヤとかもあったのです)

Mura07

<次回へ続く>

« ディズニーシーは10周年 | トップページ | 大阪マラソン2011参加案内 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

>まさちゃん
いろいろ書かずにこの写真だけでいいくらいかもね。

>GBDさん
そうか! 照明が・・・。薄闇の中,遠くに明るいゴールが見えてくるのもカッコイイですよ。

萩往還,しっかり計画練習してゴールしてくださいね。

>ももさん
けっこうきつかったですぅ。さいきん『走りながら回復する』技を習得したので何とかなりました。

>たっきー
やっぱりもっと蛇行して,苦痛に顔を歪めた方がえかったかいのう。
トレッキングポール使うとか!(謎) 

今度はカモさんのゴールに注目!

>ゆうちゃん
わざわざコメント感激です。
JNつながりとはいえ,戦友みたいな気がしてます。(笑)
会う場所が逢う場所なだけに・・・。(山奥人の気なし)

プリン一気飲みが僕のジェル代わりなんですよ。はは。
3位おめでとう。

普段の粘り練習,僕と似てますよ。(スピード系メインでない)

これ100kmのゴール写真じゃない!!!
100km走ってこんなに脚を跳ね上げられるのは
変態のそれも特攻隊長だけじゃな。。。。

そうだったですか・・・がんばりましたね~

馴れ馴れしくコースで声かけさせてもらったゆうちやんです(;・∀・)
記録、すごいっ。
100キロランナーさんのデッドヒートもすごかったんですね。ウルトラとは思えない速さだなぁ・・
ヽ(゚Д゚;)ノ!!
ゴールシーンも素敵ですね。
何度もすごい、って連発しちゃいました。
そんで、やっぱりプリンいただく姿がお茶目?でした。
西ももさんのプリンたぺる姿写真撮っておけばよかった(後悔)
プロレスラーみたいな体格には見えませんでしたよ
(^ム^)

感動のゴールシーンですねえ ♪
いいなあ、太陽が眩しそう !
(私がゴールした時は、ライトが眩しくて !)

あまりにも凄すぎてコメントが難しい・・・。
言えることは、ももちゃんのゴールする瞬間の写真が格好良すぎる!!
ゴールする瞬間の写真に全てが見えてる気がするな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/42190192

この記事へのトラックバック一覧です: 2011村岡ダブルフルウルトラランニング回想録【レース編】:

« ディズニーシーは10周年 | トップページ | 大阪マラソン2011参加案内 »