フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« ザ・プレミアムカルピス | トップページ | 龍王様のお山も »

2011年11月10日 (木)

小泉八雲『欠片~fragment』

Lafcadio_hearn_portrait


西ももは『NHKラジオ英会話』をほぼ毎日聴いています。
(ただし録音で,放送より遅れています)


遠山顕さんと,ネイティブ2人の息のあった進行が大好きです。

今日聴いた10月26日放送は小泉八雲の『欠片(fragment)』。

ハーンの英語ですのでかなり難しいのですが,リスニングしていてかなり感動してしまいました。

テーマはズバリ『悟り』。

悟りを求めた若い巡礼者を,菩薩が悟りの境地へと連れて行くのですが・・・。

そこへ到達するために登り始めた山というのが,何と髑髏と髑髏の破片の山。

昼夜登り続け,疲れはてて恐怖心ばかりに支配され始めた若き巡礼者に菩薩が告げるのは,その恐怖を与え続ける山は何と

『自分自身と,自分の前世の煩悩と迷い』の山である,と。

骸骨と骸骨の欠片の山は,自分自身なのですね。

悟りの境地へ到達するのに,超えるべきものは,実は自分自身の煩悩・恐怖心であったと。

ラフカディオ・ハーンが日本について洞察したものは読んだことがあったのですが,いわゆる怪談モノだけではないですよ,彼の名作は。


『Fragment』ちゃんと原作を読んでみたくなりました。

なんで遠山顕がハーンなのか,とググッてみたらこんなサイトが

http://marilyn-m.at.webry.info/201108/article_3.html

琵琶を弾くのが趣味だとはしっていましたが,本格的に弾き語りしていたのですね。

http://www.kentoyama.com/tindex.html


"Do not fear, my son."

"Only the strong of heart can win the place of the Vision."
(the Vision=超常現象とかのこと,ここでは悟りの境地か)

菩薩の言葉は深いです。

« ザ・プレミアムカルピス | トップページ | 龍王様のお山も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドイツ語は学生時代に頓挫しました・・・。
ロシア語の方がまだ記憶に残っています。

韓国語の方がまだ分かるので,まずはソウルマラソンから
かな。(笑)

どうです,まさ師匠?
3月18日。一泊2日で行けるよ!
鍋喰って焼き肉喰って,マッコリ呑んで。

もう2年ほど中断してるな~韓国語

ベルリンマラソンには参加しないのですか?
英語だけではダメでしょう!?

ホノルルマラソン出るには英語が話せないと
いかんでしょう。

ハハーン。

なぜに英会話番組を聴いておられるのだろう・・・

今後は、日本の大会に飽き足らず、海外の大会への進出するための勉強ですか?

ぶらぼー!

は、ハーン。なるほどぉ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/42959840

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉八雲『欠片~fragment』:

« ザ・プレミアムカルピス | トップページ | 龍王様のお山も »