フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« FT86 | トップページ | 明日はチャリティーラン »

2011年11月 5日 (土)

大阪マラソン2011【スタート!】

111030_132435

折角早く着いたのに後方スタートはもったいない。Aブロック最前列から5m位の真ん中に座り込む。

寒くはないが,体力温存のためゴミ袋をかぶって省電力モードに入る。すぐ前に好みのタイプの若い女性ランナーがいたので,話しかけようかと思ったが,かなり集中しているようなのでやめといた。(脚からみるとかなり走りこんでいるようだ)

しかしながら,あと60分じっと待ち続けるのは苦痛なので,隣の同世代くらいの男性に話しかけて盛り上がる。神奈川から参戦で3時間一桁を狙っているとのこと。ガーミンの310XTを持っているので色々見せてもらった。やはり同じ趣味を持つもの同士,あっという間に車椅子スタートを見送った。

府庁側にいた人は,寛平ちゃんの生『血ぃ吸うたろ~かぁ』を拝めたそうだが,僕のところからは見えず残念。

スタート時間前になって,みんな立ち上がって少しずつ前進。派手な演出はなく,淡々とスタートを迎える。

今回の大阪マラソンは

①目標ペースは4:15/km以内
②Adizero Japanのチェック
③昨年から取り組んだ,フォアフットで42km

がミッション。気負っていないせいか,全く緊張せず。


スタートは意外にシンプルで,紙吹雪などもなく,10秒かからずスタートゲートをくぐる。

ところが,周囲は速いのなんのって。僕の左右をものすごい人が抜いていく,僕は動くパイロンになって邪魔になってるくらい。みんな興奮しているのか,明らかにオーバーペースだ。

少し走って手元ガーミンを見ると3:25ペース!

これは僕のペースではないし,これでは42kmなんて到底無理。なので,4:00程度まで落としてどんどん抜いてもらう。

それにしても,フォームや息遣いを見ていると『おいおい,それで最後まで大丈夫か?』というランナーも多く,逆に自分にたいして冷静になれたのだろう。

1km位走ってから標高を20m位一気に落とす部分があるのだが,その部分は信じられないペースで降りていく人もいた。たぶん3:00ペースくらいのはず。最初つられていたが,冷静さを取り戻してゆっくり降りる。このスタート後のオーバーペースが最後に効いてくるんですよね。

森ノ宮駅を越えると,応援の人垣も本格化。両サイドには今まで見たこともない多さの応援者。(主催者発表では観客は100万人を超えていた)

今回のコース,難波の交差点を3回通過する。走る前はえらいカクカクしたコースだなと思っていたが,折り返しはほとんど影響なし。車のいない御堂筋を人間様が走らせてもらえるのは快感このうえない。

野沢温泉かどこかのトレイル大会でも,どこかを起点にして放射線状にコースを設定していたものもあったが,こういうコース設定は,交通規制がかけやすくていいのかもしれない。それよりも,知り合いの応援にきた人が何度も移動する必要なくして難波交差点でランナーに複数回会えるというのは利点かもしれない。

この時,まだ気温は20度に達しないくらいで薄曇り。走るには快適で,給水もあまり気にしなくて良い程度。給水は2.5kmおき位にあるのだが,この天候なら5km間隔で十分そうだ。

5kmを越えた辺りから,ペースダウンする人が増え,キロ単位ならほぼイーブンペースの僕は10kmあたり以降はほとんど抜く場面ばかりになった。

6kmあたりで,谷川真理と砂田貴裕が後ろから追いついてきた。2人はside by sideで沿道の声援に応えながら走っているが,このままのペースだと2:50位だろうか。手を振ったりものすごい数の人に声をかけたりしながら走るのはさぞかしつかれる事だろう。

谷川選手は左右にガードがついている感じ。1km程横から観させていただいたが,思っていたより前傾で走っていた。

この頃からはペースも安定して,4:00~4:10くらいで刻んでいた。もう少し落としてもいいくらいかも。


10km近辺でアンパンマン発見!

沿道からは大声援で,すぐ後を走る僕は嫉妬の嵐の中を走っていた。(笑)しかし,ストーカーしたおかげでTVにいっぱい写してもらえたのである。記念すべき第1回大会にけっこう長時間写してもらえて,正直嬉しい。

コースに折り返しが多いのはいいことも他にある。トップ選手の走りを何回も見ることが出来るのだ。それも対向車線をかっ飛ばしていくのを3回は見た気がする。僕の好きな有名関西市民ランナー高田氏に声をかけたり,川内選手に対しては思わず観客となって,『川内いけぇ~!!』って応援してしてしまった!

よく覚えていないが,アンパンマンを抜いた後は確かおさかなクンとけっこう長時間並走していたように思う。彼もまた大人気で,彼に向けられた声援を,僕は背後で自分のものとして頂き元気を出していたのだ!(これは意外に元気がでるものだ)

ペースメーカー代わりに追いかけるランナーのペースダウンにうっかり合わせてしまったのが2回ほどあるが,30km越えても自分でコントロール出来る状態。シューズの路面に対する反応もよく,フォアフット走行もできている。

タイム的に自己ベストを刻む勢いではないが,かなり余裕をもって持続できており,目的はかなり達成できそうだ。

ただ,走法を変えたせいか,今回は珍しく左ハムがピクピクし始めてピンチ!『走りながら回復作戦』を敢行した。

さすがに30km近辺からは応援もまばらになり,御堂筋とのギャップを感じるようになる。おそらく応援の人は南港にシフトしているのだろうな。

35km,まだまだ大丈夫。ひとりまた一人と追いつき,噂の37km地点,南港大橋にさしかかった。

ところが,前評判ほどの坂ではなく,ペースダウンもあまりしなくて済む。飛ばして登る必要もないので,僕は無理に抜かず体力温存。坂を下ってからの4kmにかけた。順位やタイムは参考なので,力がのこっていればペースアップだ!

38km以降咲洲に入ってからは応援もすごい。見知らぬ僕にも,ものすいごい声援。もう無様なペースダウンは出来ないなぁ,とひたすら頑張る。

40km給水を最後にすると決めて,最後2kmはラストスパート。この2kmは面白いように順位アップ。

ガーミン記録ではキロ3:50程度まで上がっていた。(これは自分でも驚き)

ラスト1kmは本当に声援もすごく,走っているこっちまで興奮してきた!本当にこの応援はありがたい!

TVでよく見た,大規模大会のゴールを自分も経験出来るんだと感動。最後は少しスローダウンしながら大きなゲートに飛び込んだ。

5km 00:20:47 0:20:47 378(順位)
10km 00:41:22 0:20:35 396
15km 01:01:36 0:20:14 380

20km 01:21:58 0:20:22 354
中間 01:26:29 0:04:31 349
25km 01:42:34 0:16:05 335

30km 02:03:22 0:20:48 316
35km 02:24:13 0:20:51 284

40km 02:45:31 0:21:18 249
Goal 2:54:23 0:08:52 234

途中,体感では2時間53分あたりかな・・・と思っていたので,ほぼ予定通りのイーブンペース。

心配していたひざ痛やハム痛も全く出ず,良かった。

Osakalasts
(AllSportsさん,今回も買うので許して・・・)

<しつこいけどもう一回続く>


« FT86 | トップページ | 明日はチャリティーラン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/42859289

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪マラソン2011【スタート!】:

« FT86 | トップページ | 明日はチャリティーラン »