フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 『ゆとり世代』『草食系』ってのはオッサン世代の言い訳 | トップページ | ES細胞移植で,視力が回復・・・・そのうち脳にも? »

2012年1月27日 (金)

ランナーズ2012年3月号

Rns3a

目次だけ。

気になったら買ってください。

西ももが気になったのは・・・

Rns3b


■岩本能史氏のフル直前対策。

対策というより『あがき』なんですが,実際に彼が実践したり,自分の運営するクラブチームで試した結果ですから参考になるかも。30分アップはどうか分からないけど,トレーニング不足の人は効果あるかも。

『ペースメーカーを追いかけない』ってのは面白い。

速いメースメーカー(同じ設定でユックリ入るのと速く入るのと2種類設定の大会)についていった人が後半バラバラ脱落して,遅めの方に着いていったランナーが追い抜いていく・・・・・なるほどね。

■最新シューズ32足

以外に参考にならないんですよね・・・・いくらいいって書かれても,やっぱり履いてみないと。
年に1足くらいはチャレンジ購入,その参考にってところでしょうか。

■ウルトラマラソン100kmの世界へ

期待していたのですが,期待はずれ。

「感動・達成感・人生観が変わる・中毒性がある・・・・」

僕もそれが「ある」と信じていた頃もあるのですがね・・・・・ちょっと違うな。

まあ,一般的なランニング雑誌内容でした。やっぱり山西哲郎センセイ系の表現でないと,心に刺さらない。

ライフスタイルが変わる人は多いでしょうが,僕には『自分が生きていることを,長時間確認できる』ってことでしょうか。

老化を確認してる,のかな。

ウルトラが制限時間内に「完歩」できなくなったら,無理せず次のステップへですな。

それより,有名な若きウルトラランナー松下剛大氏(フルも昨年福岡で2:30切ってます)が2ページ特集でして,これのほうがウルトラ愛好者としては面白い。

絶対真似できないけど。月間700~1000なんて無理。

ちょっと元気を出していこう!(笑)


個人的に面白いのは『リレーエッセイ 何よりも食事が大事』

毎回,新旧有名なランナーが自分の食について語りますが,今回は砂田貴裕氏。100kmマラソンの世界記録(6:13:33)保持者です。

大阪マラソンでも数回並走しましたが,明らかにパワーではなく「倒れこむ力を推進力に」という感じに僕には見えました。

その彼の食事。

いわゆる最近の研究などから『ランナーの栄養とは・・・・』と始まるものとはかなり疎遠。

最近のセオリーを無視したものも多く,オジサマにとっては嬉しい限り。

酒も飲むわチョコもバンバン食べるわ・・・・旨いものをしっかり喰う。

結局,『食べるなら走れ,食べたら頑張って次の日走れ!』です。

同感,同感。

雑誌に影響されていろいろやってみたけど,そんなに効果あった『個別の』食事・栄養管理ってなかったもの。
(一つだけ個人的に効いたサプリはあって摂取中ですけど,効かない人もいるので,個人的に訊いて下さい)

栄養士とかのアドバイスも,普段は基本路線として参考までに。

オッサンには,効かん。

最近は読み飛ばすのであった。

« 『ゆとり世代』『草食系』ってのはオッサン世代の言い訳 | トップページ | ES細胞移植で,視力が回復・・・・そのうち脳にも? »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/43888080

この記事へのトラックバック一覧です: ランナーズ2012年3月号:

« 『ゆとり世代』『草食系』ってのはオッサン世代の言い訳 | トップページ | ES細胞移植で,視力が回復・・・・そのうち脳にも? »