フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2012WRC開幕直前 ~今年はラトバラ注目じゃね!~ | トップページ | 600kmのendurance fly »

2012年1月18日 (水)

肋骨骨折後24日目

暇だから更新頻度が高いな・・・・とお笑いでしょう。

24日が経ちました。

いろんな方に励まして頂き,それなりに順調に回復しております。

親族への連絡も含めて,現在の状況を。

検索ヒットされた方は,ランニング趣味の人がどういうふうに回復して走れるようになるかという参考にしていただいてもいいです。

受傷当初,いちばん心配されたのは頭部の挫傷・出血。

これに関してはひとまず今の段階ではクリアですが,さすがに車に吹っ飛ばされてますので,小さな後遺症は出てきます。

左眼球を左右に動かすと痛い,画像を長時間見ると頭痛がする,偏頭痛などですが,幸いムチ打ち症状は出てません。(各症状,今はかなり軽減しました)

左膝を捻挫している事にも1週間位たって気が付きました。ある角度からは痛いですが,あくまで捻挫)

お見舞いに来てくださった方は,入院時から歩いていたのでびっくりされたでしょうが,10日後に退院するまでとにかく寝たり起きたりが激痛だったので,立っている方が楽だったのです。

自宅療養に入ってからが時間がかかる。

問題は骨折箇所が多い肋骨。

1~2箇所なら,胸部バンドやコルセットをして即日業務復帰する方もおられるようですが,右後部・側部・前部多岐にわたっていたので,思ったように痛みが引きませんでした。(とにかく寝・起き動作が苦しかった)

今は呼吸も楽になり,クシャミや咳をした時の激痛は軽減しました。身体を曲げたり・力を入れると痛いですが,室内での通常の動きはこなせます。

骨はまだ癒着していない(仮骨の初期段階)ようですので,とにかく骨折箇所に衝撃が加わるのを避けています。

まだ車に乗り込む動作がうまく出来ず,シートに身体を押さえつけたり,脚を踏ん張る手に力を入れることが出来ないので,運転はもう少しかかりそうです。

ギュウギュウ列車通勤もできないので,もう少し身体を動かしてリハビリし,車の運転が可能になれば来週(28日目以降)業務再開といったところです。

痛みがある部分は皮が引っ張られるような変なかんじですが,歩きは出来るので午後暖かい時に30~45分程度は家の周りを歩いて少しリハビリしています。


食事に関してはごく普通メニューです。

みなさんがいっぱいお見舞いの菓子折りをくださったので,嬉しくて食べ続け,激しく体重が増えて腹が出てきてます。(涙)復帰後はっこから改善しないと。

よく,骨折したんだからカルシウム!と思う方も多いでしょうが,栄養のことを少し勉強すれば分かるように,カルシウムばかり摂取しても,ほかの要素が少なければオシッコになって出てしまうだけですので,食事にプラスして,カルシウム錠剤と総合ビタミン錠(ミネラル強化系)を少しだけとっています。

タンパク質は気にして食べて,寝る前にアミノババリューを飲んで【精神安定剤】にしております。


ランナーとしては・・・・・・

小さな捻挫もありますが,骨折部分がとても怖くて走れません。(当たり前)

ですが,じっとしていては逆に良くないらしく,適度に可能な限りは身体を動かしたほうが治癒も早くいいそうです。

事故後,心理的な変化がありました。

まず,歩道を歩いていても,異様に車や自転車が怖く,特に左折する車にとても敏感になって怖がっている自分がいます。

自分としては可能な限り反射して見やすい服装で走っていた。夕刻用にLED点滅グッズ持参し,ウェアには反射グッズも付けていたのに事故に遭遇した・・・・なら次に出来ることは何だ,という思い。

自分も含めて,『飲酒・考え事してたり,基本的に注意力散漫な人間』には対処法はない。そんな思いも今はあります。

それから,『トレーニング』しようという気持ちがなくなっています。

これは悪い意味ではなく,折角助かったんだから・もっとのんびり視野を広げていろんな種類のランニングをとか,身体がこの世に存在するうちにしか出来ないこと・したいことは今のうちにやっておこう,という気持ちが大きくなったと理解しています。

決して,危険性が少しでも上がることはしたくない,ということではありません。

両親からは「心配だからもう走るな」という言葉が出まして,その気持ちも十分わかりますが,こればかりは自分の生死観・存在意義に関わることでもあるので,「もうや~めた」という路線は取れませんね。(だって,父親も交差点て立っていて車にハネられてますけど,その後は普通に生活・スポーツ・行動してますし)

担当医との会話

「お楽しみスポーツは2~3ヶ月待ってね」
「どんなスポーツですか」
「スキーとかね」(げげ,何かに書いたっけ?)
「ジョギングはどうですか」
「あ,痛くないならいいですよ」(ラッキー!)

てなわけで,2月に入ったら少しづつ復帰準備しますね。


それまで日課の,ウォーキング,ふくらはぎトレーニング,軽いダンベル運動でしのぎます。

今の僕の歩行スピード,笑いますよ。

ランニングコースの一部(川土手)利用ですが,15-10min/kmですよ・・・・・・。

« 2012WRC開幕直前 ~今年はラトバラ注目じゃね!~ | トップページ | 600kmのendurance fly »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>さみ サン

「酸っぱーフェニックスマン」こと「ドゥービルライダー」ですな。多分監督兼では? はっぴーずのエースですが,練習内容は別格です,オッサンには真似できません。

>Pmさん

最大限配慮していればいいだけだと思いますよ,あとは,選択肢があるなら,どれがよりリスクが低いか考えるだけです。

>GBDさん

自分が実際経験すると・・・・ですよね。
僕は『車は見ていない』前提なんですが,それは自分が認識できている車両に関してですからね。

普段「車しか乗らない」って人多いですよね。駐車場から職場(自宅)しか往復しないって人。思考は車中心ですからね。

人が路上には存在する,って忘れちゃう。

車道を走るのが、怖くなりました。暗い中、後方から、車の音か聞こえると、歩道に飛び上がる自分がいます。車は、避けてくれる、そう思っていました、以前は。

そういえば、今度3月に西大寺でマラソンイベントがあるそうですね。(そうじゃマラソンの次の週なので、ボクはパス)

あそこで使う吉井川河川敷コースも、ちょっとだけ走ったことあるけど、なかなか良いコースだと思うのですが、長さがいまいちだし、釣り客用でもあるので、中途半端な気がします。

西ももさんの事故の記事や村松さんのアクシデントを読むにつけ、走るコース選びに慎重になる自分を感じます。

一番近い、岡南大橋の歩道の坂道を往復するなら、一番セイフティかも。。。。

読むだけで痛いです。私も夜RUNは、蛍光グッズだらけで、注意して走っています。なにせ田舎なもんで、クルマは少ないけど狭い道が多くて、舗装路面も凹凸がかなりあるし。
話は全然違いますが、スッパーなんとかさん、晴れの国岡山駅伝の総社市代表になられたんですね。昨日の朝刊の倉敷、総社版に載っていました。

>Pmさん
いつも優しいお言葉ありがとう。
親としてはそりゃあ心配な息子でしょうが
だからって,完全に危険回避なんて誰も出来ないでしょ?
旭川東岸居住なら間違いなく百間川使います。

今回は,いつもは(早)朝しか走らないコースなのに,年末で時間が出来たからって午後から走ったのが敗因の一つだと思いますので,改善の余地があるかと思います。

でも,同じコースは最初は心理的に抵抗があるだろうな。

岡山マラソンの件,いい視点ですね。
まず『観光誘致』ありき,県民の健康増進や社会保障費の抑制という視点が後回しなんですよね。

総合グラウンドとかではなく,吉備自転車道,旭川・吉井川・高梁川・足守川・笹ヶ瀬川を整備したらいい市民の結構増進の場になるのにね。

箱モノ作るのはもういいですよね。

いろいろと苦労されているようで、読んでいるこちらも考えさせられます。

「心配だから走るな」の言葉はつらいと思います・・・


ボクが気に入っていて、月に一度くらい走る、百間川から後楽園に至る河川敷コースなら、暴走車両の危険はないと思うのですが。
整備されていない箇所が海吉のあたりにあるので、ここだけが難点ですが・・・

2014年に市民マラソン開くなら、もっと、市内の練習コースを整備してくれたらいいのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/43788040

この記事へのトラックバック一覧です: 肋骨骨折後24日目:

« 2012WRC開幕直前 ~今年はラトバラ注目じゃね!~ | トップページ | 600kmのendurance fly »