フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 考えながら歩く吉備路(上)薬師寺慎一【吉備人出版】 | トップページ | ULTRA-TRAIL Mt.Fuji のBlogスタート »

2012年1月11日 (水)

発達障害って子供特有の問題ではない

『発達障害』

って聞いたことがありませんか。

多動性症候群(ADHD),アスペルガー(AS),自閉症などというと,「子供の問題」で,よく話題になる学級崩壊(小学校などで授業が成立しなくなるくらい騒がしくなる状態)の要因の一つだよね・・・くらいの知識は,最近の保護者ならあるかもしれません。

でも,これって子供の話ばかりじゃないんです。

この発達障害ってのは,明確なラインがあるのではなく,種々の症状がクロスオーバーしていて,ある症状の程度の濃淡も人によって違います。『スペクトラム』という連続体で捉えることも多いです。

自閉症スペクトラム

子供の時には症状が目立つので,小学校参観に行ったりすると明らかにその症状(傾向)のが出ているお子さんも多々おられます。

今の小学校の先生は本当に大変だろうと思います。

僕が小さい頃だと「騒がしい,変わった子」で終わっていたのでしょうが,今は親が早く気がついて対応すれば改善率もよく,化学療法もあるのです。(投薬を受けて活躍する海外のスポーツ選手の話を聞いたことがありませんか?)

詳しいことは

発達障害を見過ごされる子ども,認めない親』(幻冬舎新書)
星野仁彦 教授(児童精神医学)

さらっと読んでおく。(専門的には記述が雑らしいので,100%信用して読まないほうがいいが概略はつかめる)

大変なのは,見過ごされた・あるいは「ちょっと変わった子」のレッテルを貼られた子どもが大きくなり,学ぶ立場から集団の中で仕事をするようになってから。

以前から,よく転職する人・なかなか定職につけない人,極端によくキレる人を目にして,「何に原因があるのだろう?」と思っていたのですが,次の本を読んで答えが明確になってきました。

発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社新書)
(著者は同じく星野教授)

周囲に心当たりのある人,下のサイトでチェックしてみましょう。

チェックリスト

仕事がうまくいかない,対人関係が不得手っていう根源は別だったりするかも。

この記事も参考に。

日経ダイヤモンド『引きこもりするオトナたち』
http://diamond.jp/articles/-/6222

周囲が気がついて,本人が気がついて,周囲が手を差し伸べることができたらイチバンです。

こだわってある仕事に固執すると,また同じ離職を繰り返すかもしれない。
自分はこの仕事ならやれる!って分かれば先も見えるでしょう。

『社会のなかで働ける,役に立つ』ということは,大人にとってとても大切な生きる原動力だと思うので,有効求人倍率とは別に,失業率というものを改善するひとつのポイントにもなるかもしれないですね。


そう,あと20年もしたら,2人の社会人が1人のお年寄りの面倒をみる計算になるんだから。

« 考えながら歩く吉備路(上)薬師寺慎一【吉備人出版】 | トップページ | ULTRA-TRAIL Mt.Fuji のBlogスタート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/43690992

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害って子供特有の問題ではない:

« 考えながら歩く吉備路(上)薬師寺慎一【吉備人出版】 | トップページ | ULTRA-TRAIL Mt.Fuji のBlogスタート »