フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« Garmin Forerunner 910XT | トップページ | 発達障害って子供特有の問題ではない »

2012年1月11日 (水)

考えながら歩く吉備路(上)薬師寺慎一【吉備人出版】

Kibiji

いつも走りまわっている,マイコース『吉備の中山』。

2神社は有名ですが,山中に入っても山の周囲もいろんな史跡があるんです。

『海とのつながり』って,地元の方々もどこまで認識しているんだろう?

普通のガイドブックだと『何々があります。』といった表記のみで簡単に説明があるだけなのですが,歴史的にもう一歩踏み込んだ解説が欲しい,知識が欲しいという方にはオススメです。

かなり詳細なので,「そんなことは面倒くさい」系の方は,当然ながら買わないほうがいいですが,地元に住んでいる方は『あれは実はそうだったのか!』と身近に感じられる好著でしょう。絶版になっても価値があるかもしれません。

吉備津神社吉備津彦神社の違いや成り立ち,八徳寺の存在意義もわかりますし,山中にある数々の岩の役割にも言及しています。

日本史に興味があっても,とんと疎い私ですが,中山茶臼山古墳(御陵)の記述をみて,古墳のことや天皇家関連の墓・陵のことも理解できました。

日本の古墳で被葬者が確定しているものはほとんどない・・・近畿の仁徳天皇陵でさえ学者が全員断定している訳ではないようです。

中山茶臼山古墳も同じらしく,宮内庁が『陵かもしれない』『墓かもしれない』(陵と墓は違うものなんだそうです)から立ち入り禁止にして管理している,ってのが実情らしいです。著者の薬師寺さん(出版時83歳,今は87歳?)は●●の墓の可能性が・・・と自説を語っておられます。

あと,「海と吉備中山の関係」の記述は斬新な視点でした。確かに「南浦」「北浦」「和田」って港関連の地名だし,驚いたのは吉備津彦神社の神池まで昔は船が来ていたのですね。(川の水は塩辛かったそうです)周辺の史跡は『海人』との関連が深いのです。

笹ヶ瀬川と尾上の船泊まり,比丘尼橋や大樋の関係とか,境目川(今は田圃の用水?)や足守川のことなど,海と吉備の関係ってのは今まで自分にはなかった視点でした。

もちろん前半は2つの神社に関しても詳しい記載があります(かなり複雑ですが)し,『温羅(うら)』に興味がある人は吉備とのつながりが確認できていいでしょう。

元気になったら,この本を持って走って(歩いて)のみようっと。
薬師寺のお爺様に一度会ってみたいな。

吉備の中山を守る会
(こちらの方々が遊歩道などを整備してくださっているので,とても快適です。鬱蒼と茂った暗い山中になると人が近づかないし,いいことはありません)

« Garmin Forerunner 910XT | トップページ | 発達障害って子供特有の問題ではない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

やはり小学校で教えるんですね,さすが。

娘の小学校(御南学区)では,近世の『舟ゆう(ふなゆう)さん』についてはフィールドワークして伝えるようです。(ん,これは記事ができそう)

おっしゃる内容に沿った話が本書では展開されています。著者の薬師寺さんは基本的に「祭祀」が専門のようなので,地理的なことにはあまり触れておられません。

この『津』『崎』『鼻』『瀬』『和田(わた)』という地名と,平野部の干拓の歴史をぜひ組み合わせて県南小学校で伝えてほしいな。

体調、いかがですか?
「吉備の中山」と海のつながりに関しては、もろ地元民の私の記憶では、小学校のときの先生が、「『津』とは港という意味で、吉備津は吉備の国の『港』だった。すぐそこまでが海だった」って内容のことを話していたのを、いまだに覚えています。
私だけじゃなくて、覚えている人もけっこういるような気がします。学術的に正しいのかは知りませんが・・・(^^)。
ご紹介されていた本、今度、読んでみます。

『立ち止まってばかりの吉備路ラン』もいいかもです。なら歩いたほうがいいんですが・・・。

自宅療養になってからは,あきらめムードです。
何かしたら早く良くなるなんてことないですから。

この手の骨折は治癒期間などに見通しが効くので
仕方ないな~って,大人しくしてます。

もう少し車の運転とかは無理ですね。
ちょっとポキバキ部分が多いので・・・。

走りたくてうずうずして居られるのでしょうね。
頑張って耐えてくださいね。

「何も考えずに走る吉備痔ハーフマラソン」も
いいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/43701832

この記事へのトラックバック一覧です: 考えながら歩く吉備路(上)薬師寺慎一【吉備人出版】:

« Garmin Forerunner 910XT | トップページ | 発達障害って子供特有の問題ではない »