フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 奈義町の氷点下15.5度って | トップページ | 北海道の難読地名 »

2012年2月 4日 (土)

主治医 酒気帯びひき逃げで逮捕

2月4日正午前,ニュースで見て驚愕。

このセンセイ,病院で見てていろいろ思ったんですよ・・・・・

私が入退院して,現在通院中の病院の主治医が,酒気帯び当て逃げで逮捕されたらしい。

何人かの知り合いには「あまり回診してくれないし,病状覚えてないし,ちょっと心配」って以前から言っていたのですが,まさか・・・・・・。副院長サンですし,笑顔で人当たりは良い方なんですが,今後診察はどうするんだろう?

彼と出会ったのが交通事故での入院なだけに,何かの因縁を感じずにはいられないですねぇ。


立派な犯罪なので,今回のことは償って反省しなければならないのは当然ですが,ただ,入院していた者としていろいろ思った部分もあるのです。

素人が見ても,この外科センセイ,すごいオーバーワークだったのである。能力以上に仕事がまわってきているというか・・・・。分かりますよね,自分のキャパ以上に仕事が回ってくる時ってありますよね。あれが常時,ッテ感じ。

・回診になかなか来れない,来てもひとことふたことの会話のみ
・忙しく看護婦さんに,振り回されていた(使われていた・・・・)感じ
・空き時間はナースステーションで長時間書類作成
・救急対応がすぐ入って診察中止
・週に数回県北への出張診療
・2月から電子カルテ化,機器の扱いや入力には苦戦しておられた
・業務が止まるくらい,外部からの電話がひっきりなしに入る
・緊急手術がポンポン入る

勤務医のセンセイは大変だというのは聞いていたが,実際はたから見ていて過労なのは分かる。

どういう経緯で酒を飲んで運転したのかは分からないが,このセンセイかなり鬱憤が溜まっているだろうな・・・・・と思えたのである。忙しすぎて,冷静な判断能力が低下していたのかも。

この程度の仕事が医師として普通なのかどうかは僕には分からないが,入院時に医師というのは大変な職業だと思ったのだ。


入院中の看護師さんは,仕事とはいえ本当に献身的に細かく配慮してくださって嬉しかった。ある看護婦が言った。

「いくら給与で待遇がよくても,(うちの病院の)医師は割りに合わないかも。」

病院の「体力」って,受付対応や診察,看護師・医師の対応や衣類の汚れ,トイレの清掃状態から分かるものですが,この病院も改革をしないと職員が疲れきってしまう。

受付職員は余裕あり,看護師やや足りないが元気はあり好感,医師は表情が疲れているという感の病院だった。

« 奈義町の氷点下15.5度って | トップページ | 北海道の難読地名 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/43981937

この記事へのトラックバック一覧です: 主治医 酒気帯びひき逃げで逮捕:

« 奈義町の氷点下15.5度って | トップページ | 北海道の難読地名 »