フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 日本陸連は嬉しいけど面白くないだろうな | トップページ | 運転中に譲ってもらった時 »

2012年2月28日 (火)

個性と自由

『うちの子は言うことを聞かないので・・・・』

「こうでもいいよ」「好きにしていいよ」
「個性だ」「自由だ」「子供だから仕方ない」

とやり始めてから,おかしな国になった気がする。今の話ではなく,明治から急に浸透した傾向だろう。

現代の話だが,世の大人達は本気で真面目に「子供達に個性を,自主性を」と思っているのだろうか。

子供の好き勝手に,思うように,『自主性にまかせて』やらせていれば自主性や個性が出てくると思っているのだろうか。

職場の同僚が,先日小2の子供の懇談会に出席して思ったそうだ。

やんちゃ坊主の母親が「うちの子は言うことを聞かないんです・・・・。何を言っても
『うるせえ,ババァ』で・・・。」私も母親と仲がいいわけではないが,『ババア』は
言わなかったし,最後のところは言うことを聞いていた。

いったい何ですか,そりゃ。

個性だ,自由だってやった結果がこれだ。

『甘いキムチ』で育ってそうなったか?

子供達に道筋を付けてやったり,示してやるのが大人だぜ。

たとえうまくいかなくて,最後は親が思った育ち方をしなくてもね。(しないものです)

私みたいに甘党で育ってもね。(笑)


『キムチは辛いもんだ,そういうもんだと教えてやる!』

と喝を入れる日本がいいと思うんだが。


個性や自主性ってのは,制限のない自由を与えたから伸びてくるものではなく,人と人とのかかわり合いから生まれてくるものだと思う。

小学生の自分の子供を見ていて,今の小学校に違和感を感じる。

また機会があれば書くが,コンピュータリテラシー・体育・道徳・クラス運営など,そんなことに自由を与えることに重点を置いてこだわって,クラスを半崩壊状態にしてどうするんだと思う事が多々ある。

ただ問題は,どう社会がこの事象に関わると変わっていくのかということ。

橋本市長のようにトップダウン(僕には太平洋戦争前夜の日本や,ヒットラーが選挙で選ばれて台頭し始めた頃のドイツと重なって見える)で決めたことには,あとで何かお釣りが来る。

« 日本陸連は嬉しいけど面白くないだろうな | トップページ | 運転中に譲ってもらった時 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/44256204

この記事へのトラックバック一覧です: 個性と自由:

« 日本陸連は嬉しいけど面白くないだろうな | トップページ | 運転中に譲ってもらった時 »