フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« どう見てもミミズだが実はカエルの仲間 | トップページ | 『パレスチナとイスラエル』(高梁和夫:幻冬舎) »

2012年3月 9日 (金)

若者の●●離れ

よくこの若者の「●●離れ」って使うのだが,
これも「ゆとり世代」みたいなカテゴリー化,レッテル貼りですわな。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%8B%A5%E8%80%85%E3%81%AE%E2%97%8B%E2%97%8B%E9%9B%A2%E3%82%8C


活字・海外旅行・テレビ・スキーは感じますが,これって時代によってどんどん変わっていくものなので,レッテル貼りする必要もないのでは。

逆に,現象をカテゴリー化して意識を向けさせて購入に走らせようとしたり,若い人のせいにしてる気がしますね。

まあ,ほとんどは「自由になる金がないから・・・・・」てのが理由のきがします。

たばこ離れ,も単に金がないからでしょう。僕の身の回りでも,特に嗜好品を制限する必要のない所得層の方は相変わらず吸ってますもの。

テレビ離れ,は若者だけじゃない。バラエティーばかりで面白くないし,ドラマはどこ見ても同じような金太郎俳優かジャニーズの太鼓持ち。何の役やっても演技の幅がない木村拓哉見るのは固定ファンだけでよ。

『若者のバイク離れ』も,金の問題でしょう。旅が好き,一人が好きっていう人でもないと,普通は乗りはじめませんよ。あんなもん維持するくらいなら,携帯端末を買い換えるんだろうな。

本当にオッサン・爺さんの乗り物になってしまったんだな・・・と思う時。

それはバイク屋のからのDMが送られてくるとき。

「●月●日,倶楽部ツーリングをしました」みたいな写真が掲載されているのだが,写っているのはオッサン,爺さんばかりでハーレーやBMWみたいな高級バイクばかり。

みんな絵で書いたように革ジャンで,中年はデブが多いし白髪が目立つ。若い人なんてほんの少し。あんな写真見て若い人が「カッコいから乗ろう」何て思わないよ。

まあ,ここまで生息状態がレッドデータ化したら,個体数からするともうあとは絶滅するしかない人種と思うんだが。多分,オートバイは絶滅する。

バイクプラザ ヤマノさん。カワサキプラザさん。

送られてくるたびに寂しくなりますよ。


もう一つ言いたい。

群れるな,バイク爺さんたち。

ひとりで颯爽と走っているから,ちょいワル爺さんになれるのです。

ちょっと厳しいか・・・・。(笑)


マニュアル操作オートバイの運転は,楽器やソロバンと同じでボケ防止にいいそうです。

ATのスクーターはだめよん。

« どう見てもミミズだが実はカエルの仲間 | トップページ | 『パレスチナとイスラエル』(高梁和夫:幻冬舎) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

通勤手段(commuter)としてではなく,単なる移動あるいは趣味として利用するのは『魅力』を感じているから存在するのでしょう。僕が所有するのも,不安定さ・操る魅力を感じているからで,経済的に困窮すれば効率を考えて車に絞る可能性は高いですね。荷物も人も乗りませんから。

それ以外の存在意義に価値を認める人は減少しています。販売台数も明らかですわ。アジアの諸国でも,あるいっていのレベルを超えると二輪車はガクンと人気がなくなる。

物理的に考えても4点支持の方が安全でスピードも出るのですね。

4足歩行 VS 2足歩行。

動物と同じです。移動手段としては2点支持は向かない。

今、ガソリンがやや高止まりしていますが、かつて、160円台になっていた頃、ボクの通勤路には原付バイクが目立ってきていました。
もちろん、それは通勤の足として見直されたからだと推察します。
でも、ボクが毎朝利用する、シグナルレスな旭川土手は原付がノロノロ(失礼)走ると、危なくてしょうがない。
しかも、さっさと抜いていかないバカ車が原付に合わせた速度で走る。なんともはや。

えーと、だから、若者がバイクを避けることもあるのでしょーが、経済面から、絶滅するまでの状況にはならないのではないかと。
そないに思います。

それと、ボクが原付に初めて乗った頃、ノーヘルでも罰金ではなかった記憶があり、その頃新古車で80000円ほどで買ったCB50で大学に通ってました。
いつも長髪にノーヘルで、友人からは「ライオン丸!」(古すぎ??)と呼ばれていた時期もありましたが、ノーヘルだったからこそ、自由を感じられるバイクの魅力が倍加したようにも思います。

ボクは、乗り続けるだろうな。。ヨメさんが買い替えに承諾してくれる限り(ここが問題!!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/44352392

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の●●離れ:

« どう見てもミミズだが実はカエルの仲間 | トップページ | 『パレスチナとイスラエル』(高梁和夫:幻冬舎) »