フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« Born to Run : Christopher McDougall | トップページ | 猫一考察 »

2012年3月26日 (月)

「引きこもり」は定義できない

最近西ももが気になっている『カテゴリー化』。

カテゴリーとしては存在するが,定義は難しいってこともある。

http://diamond.jp/articles/-/16600

カテゴリー化は出来るが,定義は難しいひとつに「ひここもり」がある。

社会的なつながりを避けて・・・・という部分は共通しているが,その原因や関与を避
けてい
る度合いは個々によって全く違う。

僕の廻りで知っている「ひうきこもり」も年齢・性別など多種多様で,若者だけに限ら
ない。強いて言えば男性が多いこと位で,40代もいれば70代もいる。40代のある
方は,外出は出来るが労働環境になるとすぐにトラブって駄目,ってパターン。もしか
すると発達障害の一つかも。

傍から見ていて,社会との接点がうまく見つけられず自分の中に溜まったものを吐き出
せずにいるな・・・という方が多い気がする。一見すると長期失業している状態に見え
るのは年齢の高い方の特徴。

ただ,怖いのは,自分もそうなる可能性もゼロではないということ。何をきっかけに,
いつそうなるのかはわからないが,自分がそうならないという絶対の確信が持てないと
いうのが現
代の怖いところ。

数年前にはOxford Dictionary of Englishにも収録されていて,世界でも認知されつつ
ある『ひきこもり』なのである。

http://4NN.cx/51998

« Born to Run : Christopher McDougall | トップページ | 猫一考察 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/44595703

この記事へのトラックバック一覧です: 「引きこもり」は定義できない:

« Born to Run : Christopher McDougall | トップページ | 猫一考察 »