フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 9 Things You Should Never Say to Your Husband | トップページ | 高い授業料 »

2012年3月 2日 (金)

Van HALEN / A DIFFERENT KIND OF TRUTH

今回の最新アルバム,何度か聴いているうちに・・・・なんか聞いたことがあるサウンド
と思い始めた。

『ラウドネス』だよ,こりゃ。

アメリカで売れそうなVC向けの1曲目を除いたら,デイヴ・リー・ロスがボーカルのラウドネス。

ボンジョビみたいな売れ線ハードロックというよりは,HM系の音を追求したって感じですな。

感覚sとしては,馴染みの飲み屋が1回潰れて,そのままの雰囲気で再度復活したような感じ。

80~90年代バブリーな時代を謳歌した40代にとっては,ヴァン・ヘイレンといえばデイヴ・リー・ロス。

サミー・ヘイガーのボーカルは確かにアメリカン・ロックの王道で確かに売れたが,清潔感溢れていて僕は好きではなかった。

確執はあったのだろうが,デイブがボーカルのヴァン・ヘイレンはやっぱり荒々しさがあって素敵だ。

『1984』のような商業的な輝きではなく,とにかくエディが弾きまくりデイブが歌う,それが最高に心地よい。(Baはエディの息子)

ヴァン・ヘイレンの初期のデイヴの声との違いといえば,高音の伸びくらい。

良いのもはやっぱりいいのだ。

『ギターはこういうふうに弾くんだ!』ってオッサンエディが言ってる感じ。

高校時代に,弾けもしないのにJumpやPanamaを真似したり,Highway Starを真似した僕には感激なのである。(実はHall & Oatesのファンでもあったのだが・・・)


還暦近いんだぞ,こいつら。

« 9 Things You Should Never Say to Your Husband | トップページ | 高い授業料 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/44286851

この記事へのトラックバック一覧です: Van HALEN / A DIFFERENT KIND OF TRUTH:

« 9 Things You Should Never Say to Your Husband | トップページ | 高い授業料 »