フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 『特命全権大使米欧回覧実記1』(慶應義塾大学出版会:久米邦武) | トップページ | 鳥取砂丘 砂の美術館 »

2012年5月 5日 (土)

「無添加」は「添加物入り」より本当に安全なのか?

「無添加」は「添加物入り」より本当に安全なのか?

食に配慮している人はご覧アレ。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35073

よくいう『無添加』ってのはとても怪しいと日頃から思っている。

『添加物入り』だからといって、訳もわからず「悪い」とも思っていない。

魚の焦げは癌になる、という方がよくおられるが、どの程度の摂取量を何年摂り続けてのことか、考えて発言しているだろうか。

こういいったことに対するマスコミの発言の仕方は、毎度だなあぁと思う。

煽ることが記事として体裁をなすことになったりするので、読んでもらってなんぼの業界は困ったもんだ。


堀江教授の最後の言葉、世相をうまく切り取っています。


堀江:

ごく一部の食品添加物に弱い発がん性が認められたりすると、マスメディアはそれを大々的に取り上げて報道してきました。そうした報道から、消費者の多くは「食品添加物はすべて害がある」と思ってしまっているのではないでしょうか。

マスメディアは「安全である」ということをほとんど取り上げません。安全なことが普通だからです。問題になったものだけを、新奇性があるので取り上げます。

言葉を変えよう。

「マスメディアは『平和・健康』であることをほとんど取り上げません。それが普通だと思い込んでいるからです。」

« 『特命全権大使米欧回覧実記1』(慶應義塾大学出版会:久米邦武) | トップページ | 鳥取砂丘 砂の美術館 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/45079291

この記事へのトラックバック一覧です: 「無添加」は「添加物入り」より本当に安全なのか?:

« 『特命全権大使米欧回覧実記1』(慶應義塾大学出版会:久米邦武) | トップページ | 鳥取砂丘 砂の美術館 »