フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« UTMF実行委員長 鏑木毅のビデオメッセージ | トップページ | The Ethical Brain: The Science of Our Moral Dilemmas »

2012年6月18日 (月)

Japan Times 2012 UTMF 紹介記事

Ultratrailmountfuji_01

Japan Times Onlineの 2012 UTMF 紹介記事あり。

写真はそこにありました。綺麗ですね~!

http://www.japantimes.co.jp/works/ultra-trail-mount-fuji.html

外国人記者からみた大会の概要。

富士山噴火の歴史から鏑木氏の苦労,参加者のレポートまでコンパクトにまとまっている。日本人と自然との「つながり」にも言及しており,ランナーと自然との対峙についても注目しているあたりが,スポーツ記事らしくなくていい。

カナダ人参加者のAdam Campbellが,いいこと言ってます。

"Trail running engages all the senses: You get to feel the trail, smell the trail, you get to see the sights. It's very special to be out there (in nature)."


トレランは全ての「感覚」をつぎ込むのだと。道を「感じ」,道を「匂う」ことができるようになることで景色が見えてくる特別なことなのだと。

元気な方,梅雨ではありますが涼しくていいシーズンです。

晴れ間を探して近くの山道へどうぞ。

« UTMF実行委員長 鏑木毅のビデオメッセージ | トップページ | The Ethical Brain: The Science of Our Moral Dilemmas »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

手軽なのは操山と竜の口ですが,岡山は結構郊外にちょっとしたトレランコースがあるんですよ。空港近辺や吉備高原近辺も宝庫。ただ,つないでロングコースにはしにくいだけです。

実は関東に比べたら恵まれているんですけどね。(関東の人は行くところが決まってくるからだそうです)

さきほど、同僚に録画してもらったBSの番組をDVDで見たところです。

第2部、トレイルランのトップクラスの息子と、66歳、完走最高齢のオヤジが揃ってゴールするシーンに、泣けました。

そんなこともあるのが、トレイルランなのだと。
厳しさは、年齢に関係なく、平等にアスリートに襲い掛かる。

参加者は素人ではなく、それなりの実績のあるランナーであるのに、それでも耐えられない人も少なくない試練である、と気づくと、その深みが増す気がします。

あの、天子山地からの富士山の風景を見られるなら、賭ける値打ちはある、と・・・・大見得は切りたいのですが、さすがに実力は伴わないので、涼しくなったら竜ノ口山でも走り回ってきますか・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/45675461

この記事へのトラックバック一覧です: Japan Times 2012 UTMF 紹介記事:

« UTMF実行委員長 鏑木毅のビデオメッセージ | トップページ | The Ethical Brain: The Science of Our Moral Dilemmas »