フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 快調,快調(笑) | トップページ | ランニングは宗教である »

2012年7月23日 (月)

日本の識字率は100%ではない

って若い衆に言ったら

キョトンとされた。

脳疾患などで後天的に文字の識別ができなくなった人や,先天的に障害があって文字が読めない人はいる。

これは識字『障害』。病気なので,デジタル機器によりその能力の補完ができたりする。


なぜか小さい頃から勉強が苦手,とか,中学校に入って英語の勉強をしてみたら全然身につかないという人の中にも,実は識字障害の方がいたりする。

識字障害(ディスレクシア:Dyslexia)


ご存じの方も多いかもしれないが,トム・クルーズがカミングアウトしたことにより,この障害の認知度や理解が深まったのだが,歴史上の有名な人物がそうだったのではないかという研究も多い。

言語により現れ方が違うし,アルファベット言語や英語・イタリア語では発現しやすいようだ。

中学校で英語を勉強し始めて自分が識字障害だと自覚する方も多い。

b,p,q,dなどがいつまでたっても識別出来ない,鏡文字をよく書いてしまうなどは少し疑った方がいい。

統計のとり方にもよるのだが,日本はいくらだと思います?

国別識字率ランキング

100人中,文字が読めない人がこんなにいるのです。

もちろん,本人は恥ずかしがってそのことは黙っている場合が多い。


この中には,日本語を母語としない方や,諸事情で日本語が学習できていないまま日本で暮らしている方などがいるのだが,これは識字障害ではない。

識字ができないだけだ。


ところがそれ以外に,眼を疑うような文字の読み書きが出来ない「子供」もいるのだ。もちろん,そのまま大人になるのだが・・・・。

【不就学児】風俗店の寮から一歩も出されずに育てられる子供
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/863881


もちろん,この子供たちは,病気ではなく,『文字が読めない』のである。

あなたの近所に,「不思議な」子供,いませんか?

不登校なのかな,とか思っていたら,実は・・・・・ってこともあるのです。

行政に連絡を。

« 快調,快調(笑) | トップページ | ランニングは宗教である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

通りすがり さん

就学率=識字率ではない,実は身近なところにも,文字が読めずに
苦しんでいる人もいるんですよ,と思って書いた記事でした。

最近,大人の発達障害がよく話題になりますが,識字障害も
要因の一つになります。その場合,能力は高いので「学習障害」
ということにもなりますね。

拙ブログは基本的にランニング志向なんですが,この2年前に
書いたブログ,思ったより閲覧数が多くて,気になる人も多い
んだなと思っています。

コメントありがとうございました。

同じwikipediaでも、「識字」の記事に載ってる資料では日本は99.8%となっています。
しかし、現在の識字統計は就学率をそのまま識字率に置き換えている場合が多いそうですね。
不就学児は日系ブラジル人が多いそうで。
一方日本人の識字障害者の割合は欧米に比べてはかなり少ないそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/46398923

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の識字率は100%ではない:

« 快調,快調(笑) | トップページ | ランニングは宗教である »