フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 『ジュースはいい!』の嘘ホント | トップページ | 定期健診 »

2012年8月 9日 (木)

未来の食べ物はどうなるか

_61685271_newfoodcomposite
(写真はBBC)

未来の食べ物はどうなるか,という記事。

Future foods: What will we be eating in 20 years' time?
(BBC News)

http://www.bbc.co.uk/news/magazine-18813075

未来の食べ物はどうなるか,という記事。

「未来学者」という方々がいるのだが,5~7年後にはUKの肉価格は倍になる可能性があると予測。

肉は将来,本当に贅沢品になってしまう可能性があるわけだ。そこで、記事には肉の代用品とか食事の仕方を記事にしている。
代替食として有望視されているのは『昆虫食』。蛋白スコアは高く,カルシウムや鉄分にも富み,飼育に水をあまり使わず,二酸化炭素もあまり放出しない。記事の表にもあるが、芋虫はかなり栄養価が高く、肉と遜色がないのですね・・・・。

ただ,昆虫だと呼び方がよろしくないので,『mini-livestock』(ミニ家畜)がよろしいかと。まずはコオロギやバッタをミンチにして、ハンバーガーパティにして食用開始か。今の時代だから、味付け次第かな。

もう一つは音を使って食物の味を変える方法。金管楽器の低い音を聞きながら食べると苦味を強く感じ、ベルやピアノの高い音は甘みを強く感じさせる。

イギリスでは、ポテトチップスをよりおいしく感じさせる音が出るように、パリパリとした音がする袋の素材に変更した商品もある。日本メーカーはすでに対応しているかもしれませんね。


それから『人工肉』。牛の幹細胞から作り出すいわゆる『試験管肉』。NASAでの研究が進んでいて、宇宙食としての開発も紹介。記事の中に実際の人工肉とパティにした写真があります。一度食べてみたいのですが、薄味のビーフジャーキーみたいなものでしょうかね?

塩分や脂肪分をコントロールできるので、本物より健康的に美味しく食べられる時代がくるかもね。

最後は『藻』。海藻は成長が急速ですし、土地や必要な水分の問題もかなり解消。バイオ燃料としても有望なので、化石燃料にかなりとって代わるかも。

記事にはないですが、『ミドリムシ』を食品にしたものや、ミドリムシ粉末を先日TVで見た。カロリーというより栄養価のほうが注目だが、かなり有望かも。

http://www.euglena.jp/whats/nutrition.html

ラーメンやクッキーも販売されているのであ~る。

本気で味見してみたいっす。


芋虫、ミドリムシは世界を救うのだ。

« 『ジュースはいい!』の嘘ホント | トップページ | 定期健診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/46637876

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の食べ物はどうなるか:

« 『ジュースはいい!』の嘘ホント | トップページ | 定期健診 »