フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« パパは同級生,その後③ | トップページ | ハーフマラソンの距離 »

2012年9月18日 (火)

ロンドンパラリンピック

Wada
<MSNのニュースサイト>

やっとまとまった時間が出来たので,ロンドンパラリンピックの総集編を録画で見た。

競技ごとに注目選手はいるし,それぞれ一人ひとりに壮絶なバックストーリーはあるはず。

だからこそ,見る人に言葉にならない『熱いもの』を与えてくれるんですよね。

録画で見た総集編なのにもかかわらず,思わず何度も涙してしまったのである。


写っていた参加選手の終了後の『素敵な笑顔』がとても印象的。まともに体が動く僕らには理解できないレベルでの苦悩・苦痛があったはず。人間の笑顔ってその人の歴史を背負っているんだな・・・・と思わせてくれた。

障害や病気の程度も千差万別だし,その出場の瞬間でさえ進行中の方も多々。年齢との戦いもある。

月並みな言葉で申し訳ないが,自分は何やってんだ,と思わせるだけの力が,彼ら・彼女らにはあった。

てなわけで,今日もしっかり体を動かそう!

自分がランニングを趣味とするので,最も感動のシーンは

和田伸也選手の陸上競技男子 5000m銅メダル。

前半抑えての絶妙な駆け引きもいいが,個人的には有名ランニングコーチ(昼間は普通のサラリーマン)の中田崇志の伴走が感動モノ。

競技中の声かけや周囲へ選手状況アピール,ラインガイドも絶妙。

『二人三脚』のトップレベルで活躍できて,和田氏も中田氏も感無量って感じ。とても嬉しそうでしたね。

http://london.yahoo.co.jp/para/column/detail/201209080002-spnavi

この中田氏の顔!

このガイドランナー,僕レベルでもお役に立てるなら,近々お手伝いしてみたいと思っている領域なんだが,もう少し見通しが立たないなぁ。

« パパは同級生,その後③ | トップページ | ハーフマラソンの距離 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももぱ、行ってあげてください。私は月曜日から稲刈り開始です。

ひえ~!

このレベルでソロ伴走なんて,元気だった頃のワタシでも
遠慮しますぅ。

しんどそう。

ペーサーとはまた存在意義が違いますものね。

そうそう,今度の月曜はモモパの定例会あるんでしょうか。
見学してみようかと思ってます。珍しく月曜休みなんで。

はは、40kmまで一人ですわ。競技場が見えたら、切れてしまって、走れそうな若者に渡してジョグに切り替えました。その韓国の選手は、3分くらい早かったみたいです。

ももさん

この3:09って,ももさん独りで伴走?
それとも分割担当ですか?

福知山では10km位で代わってましたけど。


もっともっと自分の不安感が減少したら,この領域で
何かお手伝いできたらと真剣に思っております。

こんな脚でも出来ることはいっぱいあると思うので。

伴走は競技伴走と練習伴走がありますね。ファンランのブラインドには、ファンランのランナーがあいいでしょうし、競技の場合にはそれなりの走力が要求されます。
以前、ファンランのつもりで伴走したら、相手ブラインドは、その国の国旗を背負っていて、コーチがコースのところどころに現れるという入れ込み様、伴走者は、無言で走るランナー相手に、まったく余裕がなくなったことがあります。結果、伴走記録の3:09でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/47105629

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンパラリンピック:

« パパは同級生,その後③ | トップページ | ハーフマラソンの距離 »