フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« New Balance MR20 | トップページ | 映画のタイトルは「晴れのち晴れ、時々晴れ」なんだね »

2012年9月20日 (木)

海外インターン生に思う

Keidannren

ちょっと前に起こった,東欧でのインターン生の事件後から『海外インターン生』がピンとこず,気になっていた。

少し調べてみると,すぐ実態は見えてきた。やはり大学生の就職難と関係が大有りだ。

バックパッカー旅行者とワーキングホリデーとの違いも整理しておきたかった。今の海外インターン生制度は,経済産業省も後押しして送り出しているものもあるが,多くは現地の日系企業で短期のステイ。

経団連のアンケート結果はこれ。

新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要
2012年7月30日
一般社団法人 日本経済団体連合会

「058_kekka.pdf」をダウンロード

就職活動時に「海外経験あり」と言いたいのはわかるが,短期の日本人中心の環境で学べることは少ない。企業の人事担当者からすると,ブームの初期はいいだろうが,そのうち「で,具体的に話してみて」と時間をかけないとその活動の実態が見えてこないわけだ。

おまけに,最近は旅行代理店もパックを売出し,問い合わせは親からのものも多いそうだ。

企業からすると,海外旅行程度の経験がちょろっとある若者ではなく,海外で仕事をして生きていける,スキルではない『強さ』が欲しいわけで・・・・・ここらはお互いの採用・被採用側のイタチごっこが続きそう。

今でも需要のある,短期ホームステイ(2週間程度)でも,吸収力の高い感覚の鋭い若者が感じ取るものは大きいだろうが,あくまでグローバルな視点の「きっかけ」に過ぎない。

ただ,昨今の北東アジアの動向を見て「海外は怖い」と世界を拒絶する若い人が増えるとすれば,こういったインターン制度もひとつのきっかけにはなるだろうが,あくまで「就職のため」なのはいただけない。

海外は怖い,日本がいい・・・・・と『国境なき鎖国』が始まるほうが,影響は甚大。


本当に就職活動のアピール点にしたいなら,「楽しい・怖い・ドキドキ・新発見・涙・汗」を自分の体で稼ごう。

スポーツでも旅でもいい。別に海外でなくてもいいじゃないか。海外がいいなら,せめて荷物担いで自分で予約とって飛び出して欲しいなぁ。

僕は大学時代は海外に行けなかった。せめてもと計画したスーパーカブの日本縦貫旅も実現しなかった。卒業旅行どころではなかった。

でも,4年間で相棒CB750Fで旅した地,出会った人たち,一緒に旅した友,迷惑かけた両親との日々は大きな財産だ。だからこそ,少しだが根拠のある自信が持てる。

かけた金,訪れた国の数だけで決まるものではないと信じる。

僕は「コミュニケーション力」って言葉は実態がなくて嫌いだ。

そいうった経験を,自分の言葉で熱く語れるってのが,企業がトップ項目で挙げている「コミュニケーション力」の一つじゃあないかな。

« New Balance MR20 | トップページ | 映画のタイトルは「晴れのち晴れ、時々晴れ」なんだね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/47116455

この記事へのトラックバック一覧です: 海外インターン生に思う:

« New Balance MR20 | トップページ | 映画のタイトルは「晴れのち晴れ、時々晴れ」なんだね »