フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« ランニング栄養学の話を書いたら | トップページ | Ultimate Direction / AK Race Vest »

2012年10月21日 (日)

これまた一年ぶりの那岐山トレイルラン

20121021

集合時刻の9:00は霧があったり,雲海が見えていたものの,スタート時には山麓から頂上近辺が丸見えの快晴!

那岐山麓山の駅集合,9:00スタート。

メンバーはAさん,Mさん,西もも@3人。途中Cコースから上がってきたKさんと山頂で合流。

コースは那岐山麓山の駅→菩提寺(大銀杏見学)→Aコース→山頂→滝山→山頂→Bコース→山の駅

ガーミン諸データ(最初入れ忘れ,最後切り忘れ)

距離: 17.78 km(これはあとで地図見て修正したもの)
タイム: 4:04:11(実際は4:20くらい?)
移動時間: 3:18:30(実際は3:40くらい?)
Avg Moving Pace: 11:10 min/km

高度上昇値: 1,153 m
高度下降値: 1,372 m
最低高度: 351 m
最高高度: 1,234 m

水分2000ml(完飲)

西もも@はほぼ一年ぶり,事故で8ヶ月のブランク挟んでいるので覚悟してスタート。やっぱり,最初から心臓はバクバクするし,木段は上がれないし,体力状況は思った通り。それでも同行の3人が気を遣って移動してくれる。

やっぱり上りが全く走れず,下りは力が入らないので歩幅も小さい。もちろんステップなんて踏めない。

それでも,快晴のなか景色は絶好調。雲海もよく見えた。

121021_092037

滝山から頂上に戻るあたりからは消耗してしまったので,みなさんにどんどん先行してもらった。Bコース下山は単独でゆっくり降りた。上りも下りもかなりスローペースで安全に。

121021_122257

紅葉は少し始まったばかりですが,それでも緑とのコントラストはもう楽しめます。(写真中央のトレイルに先行する3人が小さく見えます)

滝山頂上はバスで来た団体さんで超満員。復路の那岐山頂もお昼はそこそこの賑わいですが,まだ少ない方ですね。

山ガールの方々がカラフルなウェアでオジサマ達の目を楽しませてくれました。最近はちょっと先輩の山オバサマ方もけっこうカラフルですねぇ。

何人か道中交流もありまして。

トントン下る我々を見て

「皇潤飲んどるんかな?」(オバサマ)
「もう15年ほどしたら飲みますね。今は飲んでないっすよ!」(西もも@)

ゼイゼイ登る我々を見て

「その元気分けてほしいわ~」(オジサマ,オバサマ)
「それならお分けします!」(西もも@)

みんなで握手して差し上げました。

笑顔の絶えない道中。こういう瞬間が好きなんだよな,西もも@。

急に声かけたのに一緒に付き合ってくださった皆さん,楽しく元気に行動出来ました。

ありがとう!


まあ,ランニングの現状はこんなもんでしょう。

体力は格段に落ちているし,関節の可動域が狭いので下りは苦労した。

今の自分がよく確認できました。

これから先,どのくらい以前のように動けるかが楽しみです。

やっぱり,僕は山ランのほうが好きだなぁ。

Kさんと別れ際にとある知人の事話をしましたが,ちょっと以前みたいに「フルマラソンでタイムが云々・・・・」という世界からはかけ離れたなぁ・・・・と実感。

身の丈のランニングをしましょうかね。

せっかくここまで回復出来たのだし。

そうそう,余談ですが,同行のMさん(サブスリー&ウルトラトレイルランナー)は,アリに好かれるフェロモンを放出していることが判明。

何故か彼だけにアリが・・・・。

奥様はこれに引き寄せられ・・・・・・(笑)

今度聞いてみよう。


« ランニング栄養学の話を書いたら | トップページ | Ultimate Direction / AK Race Vest »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アッキー さん

ご無沙汰です。

趣味復帰の程度から先に進めませんので
身の丈のランニングを細々楽しみます。

レースに出なくても楽しめることはいっぱいありますから。

復活って,何をもって復活なんでしょうねぇ。
自問自答してます。

ま,現状それなりに満足です。
週末遊ぶには十分,スキーも今シーズンはできそうですし。

GBD さん

物見から智頭・・・・・楽しそう。

今,智頭側から那岐山ルートも一度独りでトライしてみようと
思っています。

あの頃になんて言わずに,今の状態でもぼちぼち
少しづつ動かしていきましょう。

チャレンジ大将,GBDさん!

さみ さん

僕も肋骨でしたので,その痛み・・・・・・
もう嫌です,肋骨は。
刺さったのは重症ですね・・・・キツイな。

また企画しますので,機会があればごいっしょに。


那岐山が走れる!近々完全復活ですね!
おめでとうございます。
レースが楽しみですね。

真面目に走ってた頃、勝北支所に車を置いて、おそらく、こんなコースを走りました。トレラン、いいですねえ ♪
最近は、熊が怖くて、物見から智頭への山越えも、横野から加茂への山越えも、ご無沙汰です。あの頃に、帰らなくっちゃ !!!!!!!

いいな~那岐山。
私の肋骨3本は、自然治癒で、4週間でつながりました。54歳だから、6週間は覚悟していたけど、走ることで鍛えた体のオカゲです。
骨が刺さって孔が開き、血もたまった肺の気胸は、最初は呼吸困難になり、苦しかったです。
でも医師から特に気をつけるよう言われた咳きは、普段どおりまったく出ませんでした。これも走って、喉を鍛えたオカゲです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/47540667

この記事へのトラックバック一覧です: これまた一年ぶりの那岐山トレイルラン:

« ランニング栄養学の話を書いたら | トップページ | Ultimate Direction / AK Race Vest »