フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« へ,ヘリウムガスが! | トップページ | Hong Kong Trailwalker 2012 »

2012年12月18日 (火)

WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.06 2012年 12/26号

51mtol25n7l_sl500_aa300_

今号は保存版として購入。

WRCの歴史に燦然と輝く記録の数々を打ち立てた,セバスチャン・ローブの大特集。

いろんな裏話も書いてあって,西もも@大満足。

特に面白かったのは,シトロエンとローブの契約関係や補完関係。それから追い出されたオジェとの話。

やっぱり,このドライバーは「アスリート」である。今号は見どころ満載でラリーファンはぜひ手元に置いておきたい。

西もも@は「小林直樹」というフォトグラファーが好き。
http://www.ign.jp/profile/kobayashi/

もう一人有名な古賀啓介さんは,背景も含めて「切り取る」のが上手いが,小林さんは芸術性が高い。クルマを被写体に芸術作品を作っている感じがして気に入っている。僕がもっと写真に詳しかったらいいのだけれど。

てなわけで,写真集として大好きなんである,この雑誌。

ローブの話。

先日も書いたが,僕はいろんなスポーツ選手の「管理能力」が好き。自分だけでなく,使用するマテリアルや周囲のサポート体制・環境,契約関係も含めてどうそのアスリートがコントロールしているかに興味がある。競技の成績よりはそっちの方が興味あるので,ある大会でどうコースや自分をマネージメント出来ていたかが分かると楽しい。

これはスキーもランニングも自動車レースも,日常生活も同じ。

自分を振り返ってみても,その「コントロール」が出来ないのが楽しいのだろう。逆にランニングの大会でタイムがでなくても,コントロールが出来て完走した大会,特にウルトラランニングは充実感がある。

もちろん,「コントロール」には仕事と趣味,家族とのバランスも含む。(笑)

現時点では,自分の身体能力回復の管理,だろうか。もちろん,それが出来る程度の損傷程度だから言えることだが,スポーツせずに放置していたら単に脚を引きずって歩くデブにしかなってない。

なんちゃって。

« へ,ヘリウムガスが! | トップページ | Hong Kong Trailwalker 2012 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/48331965

この記事へのトラックバック一覧です: WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.06 2012年 12/26号:

« へ,ヘリウムガスが! | トップページ | Hong Kong Trailwalker 2012 »