フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« ダイオウイカ!【放映後】 | トップページ | 日陰の温度計はマイナス4度だったもんね »

2013年1月15日 (火)

韓国の若者を知りたい (岩波ジュニア新書) 水野俊平

515tymyaj5l__sl500_aa300_

西もも@は韓国へは2回訪れたことがある。

統一展望台にも行ったし,地下鉄に乗って移動し,ショッピングもすれば歴史遺産も見学に行った。そのときに関わったり知り合った人との記憶はあるが,あくまで観光客日本人に対してのもの。

エレベータ内で日本人の悪口を(韓国語で)聞いたり,商店で,日本語でのやりとりの後,小さな声で(韓国語の)日本人の小言を聞いたりした。

たぶん,一般の人の日本人に対する思いは複雑だったり,悪いものなんだろうと薄々感じてはいた。

一般の普通の韓国人は,若者はどうなのかが知りたいな・・・・・と思って読んでみたら,9年前のジュニア新書だが実に分かりやすい本に出会えた感じ。

歴史認識論を語るでも世界経済を語るでもなく,韓国語・日本語教育に携わる水野氏が,韓国人の若者の思考・行動様式・日常生活を実にシンプルに書いているのでとても分かりやすい。

自分の思い込みや偏見で語るのではなく,冷静に日本人・韓国人ってどうなんだろう,どう違うんだろうという疑問はかなり氷解するので,これはお薦め本です。


昨今の領土問題もふくめ,日本と韓国の関係に関して少し知識を増やしてみた。(何故かイスラエルやパレスチナに関しては知っていたりするんだが)

領土に関しては事実関係は少しつかめてきた。世界のアジアに対する認識も知ると,ため息も出る。

今回,この新書に接していろいろ思った。

やっぱり,歴史に関しては,倭寇や文禄・慶長の役まで話が及ぶので「こりゃあかん」。日本人が仮に今の学校教育で何か教え始めても,2世代はかかる。

でも,民間レベル,特に若者に関しては短期でも望みはあるので,文化・スポーツを中心に,時間はかかるがあるレベルまでは理解も出来そう。(この話は山西先生との酒席で出た!ちょっとスケールがでかかったけど)


正直,我々の世代では修正難しそうだなぁ。

ヒントは第5章「韓国人とのつきあいかた」にある。

ここを読むだけでも,「どうしたらいいんだ?」の問いに対する答えが見えてくる気がするのでぜひ機会があれば読んで頂きたい。

やっぱり「無知」が問題。それでもって,日本側・韓国側のメディア何も知らずにああだこうだと口角泡をを飛ばすのはあかんね。

« ダイオウイカ!【放映後】 | トップページ | 日陰の温度計はマイナス4度だったもんね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/48690022

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の若者を知りたい (岩波ジュニア新書) 水野俊平:

« ダイオウイカ!【放映後】 | トップページ | 日陰の温度計はマイナス4度だったもんね »