フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 小太りこそ最強 | トップページ | 慣れない3000なんか走ったら不調・・・・・ »

2013年1月14日 (月)

私も自分の子供に手をだすが

それは言葉と理屈で理解する能力が低い,あるいは子供が冷静さを欠いている状態での話。

・・・・・・だから赤子に何やってもいいわけではないのは当たり前。

朝日新聞に桑田真澄氏のインタビューがある。私は今回の大阪の高校での事件に関しては彼の言葉が大きなヒントになると思う。

「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ
(朝日新聞デジタル)

http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201301110314.html?ref=nmail

※登録すると無料で月間20本無料で読めます


指導者の勉強不足,力量のなさを力で補ってはいけない。

言葉で子供たちにわかりやすく説明し,変わる「仕掛け」を作り,少し「待つ」のが教育・子育てだと思う。

>でも、肯定派の人に聞きたいのです。指導者や先輩の暴力で、失明したり大けがをしたりして選手生命を失うかもしれない。それでもいいのか

>指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅して子どもを思い通りに動かそうとするのは、最も安易な方法。昔はそれが正しいと思われていました。でも、例えば、野球で三振した子を殴って叱ると、次の打席はどうすると思いますか? 何とかしてバットにボールを当てようと、スイングが縮こまります。それでは、正しい打撃を覚えられません。「タイミングが合ってないよ。どうすればいいか、次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん」。そんなきっかけを与えてやるのが、本当の指導です。

>スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、指導者だけが立ち遅れていると感じます。

>私は、体罰を受けなかった高校時代に一番成長しました。「愛情の表れなら殴ってもよい」と言う人もいますが、私自身は体罰に愛を感じたことは一度もありません。伝わるかどうか分からない暴力より、指導者が教養を積んで伝えた方が確実です。

>日本のスポーツ指導者は、指導に情熱を傾けすぎた結果、体罰に及ぶ場合が多いように感じます。私も小学生から勝負の世界を経験してきましたし、今も中学生に野球を教えていますから、勝利にこだわる気持ちは分かります。しかし、アマチュアスポーツにおいて、「服従」で師弟が結びつく時代は終わりました。今回の残念な問題が、日本のスポーツ界が変わる契機になってほしいと思います。

でも民間企業も学校もクラブチームも,短期的な結果を求めて「達成目標」を「数字で」出せ,である。

流行りのマネージメント理論をにわかに仕込んだ教育委員会や管理職が,自分に必要な「数字の為の数字」を求めて現場にそれを要求する。日本の大企業が,大昔に米国中心に叫ばれた成果主義を数十年も遅れて導入し,大企業では形骸化し破綻しているのに,遅れまくって教育業界に・・・・・である。

教育業界に似合わないのは,親なら誰でも分かるだろうが,その数値目標のようなものはあまり表に出ない。

守りに入る人と,真面目に受けて数値を追い求める人が出る。

力量のない先生は力で抑えようとする(暴力)か,放棄する(学級崩壊)かどちらか。でも,普通の先生はその中間で時間をかけ,無理難題に本気で対応しようとしてくれているのだろう。

体罰。

「力量」ってのは,何も聖人君主のような全智全能である必要はない。

何かひとつ,これは自身を持って子供たちに「押せる」分野,教養があればいいのだと思う。

日本のスポーツ界の指導者のみなさん

「私はそれでも殴る」
「そんなに言うなら,もう私は指導者を放棄する」

ではなく

「仕掛け」を作るための引き出しをいっぱい作るために,学びましょう。教養をつけましょう。

スキー場やサッカー場,野球場でタバコを吹かすコーチや監督を何度も見た。


しかしながら,大津,いや全国のいじめ問題も含めて,教育委員会制度・現状の管理職登用制度,マスコミによる過度の国家・地方公務員バッシング,給料低下による先生の質の低下の影響が複雑に絡んでいて,一筋縄にいかない。


今や教育荒廃県として全国から注目を浴び,視察の対象になる岡山県。

でも,夜9時過ぎに,些細な子供の怪我の経緯やトラブルについて電話しくてくれる新米・家庭持ちの担任もいる。(学校長や教頭先生に命じられて,リスクマネージメントや訴訟対策かもしれないが)

夜10時まで,怒鳴りこんできた話の通じない(日本語自体の理解力がない)保護者の対応をするという知人男性教員もいる。(自分の閉塞感を発散させる対象がたまたま担任だった,らしいが)

給料もらい過ぎてけしからん,そんなに沢山の方々思うのか?

頑張っている姿をもっともっと,メディアは報道して欲しい。

岡山市内の小学校・中学校・高校の職員室に夜遅くまで灯る職員室の灯りを,僕は信じる。


・・・・・じゃ,自分の子供は?
父親修行中。(笑)

みんなそんなもんじゃないかな。

せっせと「仕掛け」作り。


« 小太りこそ最強 | トップページ | 慣れない3000なんか走ったら不調・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/48712617

この記事へのトラックバック一覧です: 私も自分の子供に手をだすが:

« 小太りこそ最強 | トップページ | 慣れない3000なんか走ったら不調・・・・・ »