フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 矢坂山・魚見山【岡山市】散策ランニング | トップページ | うた絵本 »

2013年3月17日 (日)

3月11日に思うこと【原子力】

西もも@職場の支店幹部が「東北大震災『2周年』に際し,哀悼の意を表する為に・・・・」と失言したと聞いたのは,個人的な話題。(失笑)

英語の勉強しながらいろんな新聞を読んでいると,世界も少し見えてくる。最近目にした記事から思ったこと。

田中宇氏のメルマガコラムは,世界の諸メディアの記載をかなり幅広く紹介してくれるので,勉強になる。(その世界情勢分析に関してはかなり深読み「?」なので,僕には完全に理解できないが)

時間があるときには田中ガイダンスをなぞって,ひとつ一つの記事を読み解く。次第に世界から見た日本という視点が持て,日本の主張が世界では支持されていなかったり,黙殺されていたりするのが分かる。

よくいろんな事を「お国の事情」で片付けてしまいがちだが,テクノロジー分野や電子・家電・自動車だけでなく,実は他のことでもいっぱい孤立してきているのではないかと思うことが多々ある。

田中氏が懸念する,経済的・精神的「再鎖国化」(右傾化ではない)は同感。精神的な面,特に対近隣アジア諸国や若者の国外に対する意識はかなり鎖国化している気がする。

先日のコラムは原子力発電について。

これは,なるほど動きが変わって来ているんだな,福島の海外に与える影響は大きいなと再認識できるものだった。


西もも@が注目しているのは,日本の電力業界と原子力規制の動き,世界の動向。知人や関係者に中国電力の関係者(本社・関連会社)もいるので,事故当時,電力業界の言い分もいろいろ聞かせていただいた。その後2年でいろいろ動きも変わったなと,世界の動向を見ていて思う。

大きな要因は,福島の進まない凄惨な現状と世界の天然ガス(メタンハイドレート・シエールガス)産出量増大の気がする。(これに軍事産業の思惑がからんでくるんだけれど,話が拡大しすぎるので止めとく)

最近こんな事があった。

NRC upholds denial of 3rd Calvert Cliffs reactor
http://www.businessweek.com/ap/2013-03-12/nrc-upholds-denial-of-3rd-calvert-cliffs-reactor

米国が大変な原子力事故(スリーマイル)を経験してから長期間,新規に原子力発電所建設を認可していなかったのはご存じだと思うが,それでも原子力回帰の動きはあった。その初認可になりそうだったカルバートクリフス3号発電所の認可が原子力規制委員会から下りなかった。

名目上の理由はフランスの原子力会社の米国内合弁相手が撤退していて相手が見つからないままだった,というのが理由なんだけれど,わざわざその発表を3月11日にしたのはオバマ政権の本音,脱原子力発電が形になり始めた気がする。

3年間相手が見つからなかったみたいで,要するにアメリカの出資筋は将来性がないから原子力発電を見限っているということ。

Regulator rejects Calvert Cliffs challenge
http://www.world-nuclear-news.org/NN-Regulator_rejects_Calvert_Cliffs_challenge-1203138.html

5年くらい前は新規発電所開発にやる気満々だった原子力発電大国アメリカも,二酸化炭素排出が少ない(「地球温暖化」の捏造っぽさは最近よく取り上げられるけれど)原子力の力は認めてはいても,ガスコストが急激に下がり,福島を目の当たりにして,稼働中の原発廃炉を早めたりしている。

こんな記事にも出ていた。

In U.S., nuclear energy loses momentum amid economic head winds, safety issues (the Washington Post)
http://www.washingtonpost.com/business/economy/2013/03/11/fb6d61c2-715e-11e2-ac36-3d8d9dcaa2e2_story.html

今の米国好景気と世界のシエールガス・メタンハイドレート採掘状況から「わざわざ原子力開発を進めて,福島みたいに大変になるリスクを会社が負う必要はない」と電力会社も思い始めたのかな。

米国の場合,株主の意向でこうなってきていいるみたいだが,ここらへんの動きは,日本の電力会社もじわじわ同調せざるを得なくなるかも。

NRC Commissioners uphold denial of license for controversial Calvert Cliffs-3 nuclear reactor(”Fukushima”がやはり出てくる)
http://www.yourindustrynews.com/nrc+commissioners+uphold+denial+of+license+for+controversial+calvert+cliffs-3+nuclear+reactor_87875.html

大変な思いをしている福島・日本の「消費者」(産業界ではない)の願いは,思わぬ形で世界に伝播し始めたのかもしれない。

記事に出てくる「米原子力規制委員会(NRC)」が今まで日本に要求してきたことは,福島の事故を「世界最悪の一つ」「原発大国日本の技術(東芝や日立)・政府の対応は最悪」に格上げ(?)してきたし,米国従属の日本はそれに従がって,現政府の本音としては「脱原子力」をしなければならないのだろう。こんなに産業界が抵抗していても。

分かりやすい政府の方向性は「活断層狩り」に現れている気がする。日本の規制委員会の仕事は「発電所狩り」ではないと思う。やはり他のエネルギーへのシフトを国を挙げてさせたいんだろうか。

東通原発 これでは「活断層狩り」だ(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130220/plc13022003160007-n1.htm

この動きは,いくら日米の電力会社や原子力関係者が抵抗しても変わらないかもしれない。だって,リスクは高くて自分が生きている間には処理できないゴミは山ほど出るし,いったん事故が起こると子供や孫の代まで恐ろしい状況になり,電力業界が主張するほど安全ではなく,発電コスト報道も実はかなり恣意的なものだと,一般の僕達が意識してしまったんだもん。

関係の方々は一生懸命,原子力のメリットを語っておられるが,僕みたいな素人消費者でも,「本当か?」と主張を嘘くさく感じてしまうようになったんだもの。

もちろん,仕事として勤務されている方は職場の意向や経営方針(「社員教育」ともいう)もあって普段発言するので恨みも何もないけれど,これから数年後どう言い始めるのか,個人的に注目している。(電力業界に就職した知人が,研修1年で言動が別人のようになったのを見てびっくりしたことがある。技術教育だけでなく思想教育もすごいと思ったのは本音。発電なんかは人命に関わることなので,警察官や自衛官に通じるものがあるのかも。)

技術自体には興味があるので,機会があれば教えてもらいたい。

「いやいや,ビルゲイツだって推進しているじゃあないか!」って言う人もいるだろうけれど,あの会社「テラパワー」だって,売り込み先は自国じゃなくて韓国・中国だもんね。

Nuclear reactors: from waste to fuel(Financial Times)※これは売り込み記事
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/3bc927b4-769c-11e2-ac91-00144feabdc0.html#axzz2NZJY65f1

中国も新規開発を停止したり,中東やアフリカでエネルギー利権を買い漁っているという話が最近よく話題になるけども,これも脱原子力・化石燃料回帰の動きの一つかも。あの中国の人達でも,福島の事故を観て,自分たちの環境に恐怖を感じているんだもの。

China nuclear protest builds steam
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/d733c466-5eab-11e1-a04d-00144feabdc0.html#axzz2NZJY65f1

http://video.ft.com/v/1479918280001

アメリカが原発撤退方向,日本も長期的には従属となったら,あとはフランスがどうなるかなんだけれど,フランス語が分かればどういう方向性に進んでいるかが見えるんだけどねぇ。いつまでフランスは国家事業として推進していくのだろう。

それにしても,日本はアメリカと共に,いやアメリカに振り回されて生きていくしかない国なんですね。


僕が実際に行動で出来ることは微々たるレベルだけれど,思ったことをブログに書いたり,東北支援を少しでもすることは続けてみよう思う。視点は大きく持ってね。

いろんなことを3月11日関連の記事で思ったのです。

まだまだ,考えがまとまりません。

« 矢坂山・魚見山【岡山市】散策ランニング | トップページ | うた絵本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/50800083

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日に思うこと【原子力】:

« 矢坂山・魚見山【岡山市】散策ランニング | トップページ | うた絵本 »