« 広島くると | トップページ | 筋肉痛は脚じゃなくて »

2013年6月 3日 (月)

可部連山トレイルランinあさきた2013

130602_175426

第1回ってのは基本的に敬遠するんだが,奥宮氏がコースアドバイザーなので参加してみた。


結論,

景色の比婆山スカイラン。

キツさの可部連山。

奥宮選手,むちゃ細い。(笑)

130602_07543600_2

130602_075653

比婆山が19kmくらい。

可部連山が22kmくらい。

ロングコースとはいえ,実質的にはショートレンジのトレラン大会だし,西もも@の所要時間がプラス1時間なのを
考えてみると,ハーフの距離を3時間動いていたエネルギー消費はかなりのもん。

天候は雨で,コース状況から関門時間も急遽延長。気温はそう高くなく小雨だが,西もも@は体温が下がるのが苦手なので(加齢のせいもあるが)レインウェアを上に着用。

Tシャツのみの人も多かったが,スピードが上がらないコースなので冷えで体力奪われた人も多かったかも。

中電の南原研修所を会場に使っているのだが,これがまたさすがに大企業の施設らしく立派なのなんのって。

スタート・ゴール,駐車場のグラウンドも更衣の体育館も余裕のキャパ。


130602_075550


130602_075606_2


130602_075638

体育館で奥宮氏のブリーフィング。

参加者は,普段はロードラン専門の方やトレラン初体験の方が多そうなのは,ウェアリングや質問から分かる。

説明に使ったのは氏が自ら書いたコースマップ。これがまたいい味出してるんだ。エントリー時に看板の前で奥宮氏に「手書きなんですね!」と言ったら,嬉しそうでした。


130602_065201


130602_065221


130602_065247

奥宮氏の準備体操が,シンプルだけど筋肉がよくほぐれてとても好感が持てた。自分でも取り入れてみようと思う。

130602_084556


ロングコースは9:30スタート。

最初3キロはロードの登り。若い人や元気のいい人にどんどん先行してもらい,地道に登山道へ。

コースマップを見てもらうと分かるが,いきなり高度200m>800mの山。奥宮氏もブリーフィングでかなりきついコースと何度も念押ししたが,冗談抜きでキツイ。第一ピークの時点でかなり消耗。

それ以前に,今日は食事タイミングミス。

早朝岡山を出たので,朝ご飯の大半を5時頃までに食べてしまい,出走2時間前におにぎり1個とゼリーしか残っていなかった。今日のコース内容だと,もっともっと食べておいてもよかった。岩登りまである,ほぼ走れない800mの堂床山で脱水+ガス欠状態だった。

今回は第一エイドの位置が微妙なので,堂床山のピークでジェルでも摂取したほうがいいし,給水がないのに登山で発汗がすごいので,自分でハイドレーションは準備したほうが無難。

http://kaberenzan.com/coursemap/index.html


Kabemap

最初の堂床山で体力をほとんど使ってしまい若い方々にどんどんパスされたものの,山を越えたああとの気持ちよく走れる部分は楽しめた。いつもの「走りながら休む」パターンが徐々に出来てきて,登りで消耗して走って下りと平坦部で元気を戻すの繰り返し。ペースは乱高下のオンパレード。

やっぱり僕は上りのほうが得意らしい。下りで先に行った人も,登っているうちに追いつく。そこで抜かないので体力の充電は僕のほうが多い,って感覚かな。

130602_163518

Elevation

Pace

堂床山から三本松まではトレランらしいステキなコースで,ここがいちばんのお楽しみポイント。晴れていたら最高に楽しめたかもね。

でも今日は雨なので,とにかく滑る。登りよりも下りの方が激しく滑る。滑ると言うより,全くシューズのブロックパターンが機能しない。私も5~6回しりもち転倒しただろうか。腰を落としてソリみたいに滑って降りた箇所もあるし,トラロープに何度も助けられた。ロード用シューズでの参加者は怖いらしく,速い方でも「怖いので先に行ってください」と何度も道を譲られた。

ロングコース可部峠からの後半は,可部山岳会の皆さんがルート開拓してくださったみたい。トレランらしいコースで,そこをランナーが今日荒らしながら(スミマセン)道を付けたという感じ。

三本松エイドの後は,ガレ場とターマックの下り。意外に体力は回復し残っていたのでかなり気持ちよく下った。何人も抜いたところをみると,トレランでのロード区間は僕の強みなのか,20kmを越えてからが僕の出番なのか。最後のゴールまで気持ちよく走れ,一番納得の時間帯。

やはり僕は距離が長いほうがいいらしい。

事故前と比べてかなり体力は戻ってきたものの,タイムも順位もサッパリで若い人には歯が立たない。それでも最近の自分の目標,「疲れた後半から粘れる身体」が発揮できたのは今日のいちばんの収穫だ。

走りながら回復

後半粘る

どちらも現時点で可能な限り頑張ったと思う。

ゴール後,内転筋が攣ったなんて初めてだ。

さて大会について。

仮設トイレがやや少なかったくらいで,第1回とは思えないくらいスムースな運営。Pもコース誘導もばっちり。

コースは最初の堂床山が岩登りもあるし激しくキツイ(走れなくなるほど消耗する)のだが,それさえ覚悟していれば後半はとってもステキなコース。千羽海崖トレイルの山岳バージョンといったところ。でもこっちのほうがキツイ。

広島山岳連盟や地元の山岳会を中心に,コース上でいっぱい誘導してくださりました。ゴールの垂れ幕をくぐると,文教大学女子高校の女子生徒が大勢でお出迎えしてくれ,笑顔でゴールできました。

比婆山スカイランでも思うのだが,山岳連盟は高齢化が進んでいるのか,ほとんど方は高齢の方。雨の中テントを張って雨具を着ての誘導には頭が下がるしまっこと有難いんだが,ちょっと複雑。でも皆さん山登りに興味を少しでも持ってもらいたくて,ランニングも登山も関係なく"mountaineering"という一括のカテゴリーで活動してくださるのだろう。

感覚的にはトレランも登山もトレッキングもハイキングもスキーもボーダレス。これがこれからの方向性だね。

ちょっと気になったのは,走路誘導やエイドの方々に返事を返したり,お礼をいったりするランナーが少ないこと。西もも@は全ての方にお礼を言って走るのだが,前後のランナーは無言なのが多かった。

ちょっと考えようぜ,ランナーよ。

自然環境面でも,個人的には複雑。

ポールは禁止だし,コースをそれて走路破壊する人はいないだろうが,今日みたいな降雨だと路面は崩れまくり。滑るから周囲の幹や枝をどうしても掴むのでダメージもあるだろう。可部連山にまた訪れるハイカーやランナーは増えるはずなので,広島の市街地近郊の自然に目が向く人が増える,ってのがメリットかな。人数はもう増やさない方がいいと思う。

ゴール後の痙攣は久しぶりでびっくりしたけれど,また行ってみてもいいなと思える大会でした。

千羽海崖トレイルは人工物の木段が多くて閉口したけど,可部連山は自然がいっぱいでキツイ。

比婆山は景色がよくてコースの手入れが丁寧で走りやすいって印象。

可部連山は50代・60代の年齢別表彰もありました。ここらで名前が出るように息長く続けたいもんです。


全身ドロドロになったけど,大人の泥遊び休日は面白かった。

やっぱり雨天のトレランは楽しいです。

会場でうどんと瓶ラムネ呑んだ。

かなり消耗したのか,珍しく着替えたあと車で仮眠した。

表彰式が始まったころ,帰宅の途についた。

スタッフの皆さん,立派な運営でしたよ,ありがとう!

・・・・・だけど,いつものことながら,僕は感動とか達成感ってないんだよね。

今日のゴールも,帰り道中の車内でもいつものこと。

このあたりの話は,また次回。


距離: 21.08 km
タイム: 3:07:06
平均ペース: 8:53 min/km
高度上昇値: 1,123 m
カロリー: 1,244 C
詳細
タイミング
タイム: 3:07:06(ゴール後押し忘れ)
移動時間: 2:39:59
経過時間: 3:07:06
平均ペース: 8:53 min/km
Avg Moving Pace: 7:35 min/km
ベストペース: 2:39 min/km
スピードペース
高度
高度上昇値: 1,123 m
高度下降値: 1,124 m
最低高度: 175 m
最高高度: 850 m


« 広島くると | トップページ | 筋肉痛は脚じゃなくて »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

ももさん

開催団体が

主催 可部連山トレイルランinあさきた実行委員会
(広島市学区体育団体安佐北区連合会・安佐北区スポーツ推進委員協議会・広島市陸上競技協会 ・広島市安佐北区役所)
協力 一般社団法人広島県山岳連盟・広島壮年走ろう会・認可地縁団体南原自治会
公益財団法人広島市スポーツ協会
後援 広島市教育委員会・中国新聞社・中国放送・広島テレビ放送・広島ホームテレビ
テレビ新広島・広島エフエム放送・ふれあいチャンネル・FMちゅーピー 76.6MHz

これですからね。

地元スポ連が動いているのは強いですよね。
体力ありあり!

「体力」のある主催者みたいですね。

武田山つれづれ日記(?) さん

走力のある方,いわゆる「トレイルランナー」だとまた違った書き方になるのかもしれません。

地元新聞の表現は存じ上げませんが,大会運営に関してはトイレ以外はそう問題点は見当たりません。むしろ,比婆山スカイランなどのノウハウが生きており,快適でした。

コースや誘導に関しても,迷うとか参加者の生命に関わる判断ミスはなく(気温や天候),もし怪我があったなら,それは登山と同じレベルで本人責任段階です。(あの程度の天候で怪我するなら,それは参加者の技量問題です)もし問題とされるなら,その傷病者への対応がどうだったか,ということでしょう。

登山,トレイルランを楽しまない方は「事故があった」と問題視するでしょうが,拙ブログが少しでも役に立つなら,どうぞご紹介ください。大会に関してはランナーが声をあげるべきですし,必要なら運営に地元ランニングクラブも絡むべきでしょう。せっかくあれだけの良い大会を開催できたのですから。

「楽しかった」「ありがとうございました」よりは役に立てるといいかな,と思って書いてます。

上位入賞などの優秀ランナーではないですけれど。

yamaneさん

初めまして。
参加中は写真を撮らないので,ついついいつも長文になってしまいます。

こんな素敵な山々がICからわずか10km程度に存在するのは,とんでもないことですよね。(関東の人は電車で移動になるし,関西人は六甲中心になってしまいます)

普段見向きもされない,ってのは痛恨の極みです。

山歩きコースとしても,緑が一杯で素敵でしたし,比婆まで行かなくても十分山道も(毛虫も)楽しめます。

別に大会である必要はないので,普段からランニングフィールドに入れてもいいと思いますよ。

それにしても,中電・地元山岳会・諸協会・奥西氏の素敵な協同開催でしたね。来年もぜひ頑張ってください,です。

知り合いのスタッフの方がおられたら,雨中お陰様で楽しめましたとお伝え下さい。

そうそう,トレイルラン大会の距離はあってなきが如し,です(笑)単なるGPS計測,カシミール3Dを使った計測によっても違いますしね。

前半が辛かったので,長く感じるのかもしれませんね。

 臨場感あふれる詳細な記録拝見させていただきました。
 トレランとは無縁なヘッポコハイカーですが、広島市の山の魅力を全国にPRする良い機会だと関心を寄せていました。
 地元の新聞ではケガ人が出たことで、あまり好意的とはいえない報道になっており、大会関係者(特に行政)が、大会継続に二の足を踏まないか心配しております。実際の大会の雰囲気を伝える西もも@様の記録を多くの人に見てもらいたいと思います。事前にお許しを得ず、拙ブログで紹介させていただいております。不都合がありましたら削除いたしますのでご連絡ください。
 広島市には可部連山以外にも「広島南アルプス」「安芸アルプス」というトレランに適した縦走路もありますので、こちらにもぜひお越しください。

長文読ませていただきました。
自分も参加しましたが大変スムーズな運営でとても満足です。
自宅から一番近い場所にこれだけの大会ができるのは嬉しいかぎり。
普段あまり見向きもされない地元の山ですが主催者と中電とアドバイザーの見事なコラボだったと思います。
ただ距離22キロには少々疑惑が・・・なんか長くなかったですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/51882210

この記事へのトラックバック一覧です: 可部連山トレイルランinあさきた2013:

« 広島くると | トップページ | 筋肉痛は脚じゃなくて »