フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書) [新書] | トップページ | Ford Fiesta R5 »

2013年8月18日 (日)

山形→九州,スーパーカブ

130818b

LSD・・・・・・のつもりが

130818a

最後は時間がないので走りこんじゃった・・・・・。

朝2時間限定ならそんなもんか。実家でプチ合宿だったもんね。

吉備津彦神社で給水(神様,ありがとう!)して走り出したら,鳥居の前に荷物満載のスーパーカブ。

ライダーが降りてきたので,話してみると山形から九州を目指しているとのこと。

好奇心からで申し訳ないが仕事を聞いてみると,退職してこのツーリングをしているとのこと。

北海道でライダーやバックパッカーに出会うとよく聞く話だが,実際に仕事を辞めて度に出るってのはそうそう簡単に決断できるものではない。

西もも@も元々ライダーなので,学生時代は友人と九州や北海道を夏に一周したし,バイト給料が貯まると休みにはテントを持ってツーリングによく出かけたもんだ。

大学四年生の最後に,スーパーカブで日本一周を計画して準備していたのだが,自分の不覚からその計画は頓挫した。

今までの人生で思い残したことの一つが,「日本一周スーパーカブツーリング」なのだ。

出会った真っ黒に日焼けしたカブライダー,いや,旅人に敬意を払いつつ,応援の言葉と握手。

再スタートした僕は,この若い旅人が何を想ってこの旅を始めたのかに少し想いを馳せた。

映画(ロードムービー)が一本出来るかもね。

今の僕にはその勇気も,時間も,立場も

ない。


限られた一日のある時間を,自分と話しながら

走る。

原動機の力ではなく,今は自分の脚で。


基本的には,この若者と同じかもしれない。

そろそろ,コリン・フレッチャー読むかなぁ・・・・。


« 限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書) [新書] | トップページ | Ford Fiesta R5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あれね,分担して機械翻訳にかけたものを整形したんじゃないかと
疑ってます。

ランニングする人が編集で絡んでましたけど
分かって訳してるのかな・・・・って。

Born to Runの邦訳は、いけませんね。日本語が怪しい・・・こちらもWSERで一緒しましたが、エミールでルソーが言ってたと思うけど、小さいころに複数の言葉を学ばせるより、母国語での思考ができるようになって他の言葉を学ばせないと、思考の国籍不明者になってしまうように思います

本が本だけに,訳者の気持ちが入ってしまってたりするのかな?

かといって,NHK出版のBorn to Runの邦訳みたいに変な日本語に
なるのも困りますね。

フィッチャーはちゃんと読んだことはないんですけど

歩く自分と自然の内面対話路線かとおもいきや
以外に道具マニアだったりしますよね。

本人はいろいろ言い訳するけど。


きちんと読んでみようと思い始めたのは

意識してきっかけを作っての自分や自然との対峙,ってのは

少しでも日常から離れると,速く走っても,ゆっくり歩いても

根底は同じかなぁって

最近思うからなんです。

登山は本格的にやろうと思わないのですが,

荷物担いで歩き旅はしたいな・・・・・って思ってます。

走る必然性はないし。

コリンフレッチャーは、自然と対峙するときの言葉が素晴らしいですね~訳の方が素晴らしい!と思うこともあるけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/52931237

この記事へのトラックバック一覧です: 山形→九州,スーパーカブ:

« 限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書) [新書] | トップページ | Ford Fiesta R5 »