フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« アイテテテ・・・・・って時は | トップページ | 奈義のたま露【里芋焼酎】 »

2013年11月 4日 (月)

伴走は難しい,けど面白い

131104_121406

毎週月曜日は岡山の「桃太郎パートナーズ」(視覚障害者のスポーツ支援団体)の定例活動日になっている。

西もも@は通常月曜日は無理だし,祝祭日になっていても,家事でなかなか参加できない。

今日は午前予定がなかったので,久々にお手伝い。

自宅から6kmほど走っていき,カンコースタジアム前で合流。

10:00スタートで1時間ちょっと,伴走のお手伝いをしました。

1kmコースを6周(5?),男性と一緒に秋晴れの爽やかな風の中を走る。

湿度も気温もちょうどよく,風も少し吹いていて,私も相手の方も気持ちよく過ごせました。

近々大会参加もあるようなので気合いも入り,最後は頑張ってビルドアップ気味にいい汗かいておられました。

ジョギングなので,歩幅と腕フリを合わせるくらいでよく,誘導自体はそう苦労はないのですが,

怖かったのは,園内で集団鬼ごっこをしている大学生のサークルがあり,男子学生が時折全力で駆け抜けていく瞬間くらい。(笑)

30~40人くらいいて,スマホを見ながら逃げたり追ったりしてましたが,どこの大学の何て言うサークルなんでしょうね?


ところで桃パの練習会,僕は本当に時々しかお手伝いできないですが,いつ行っても特別感がないですね。

フツーに,ごくフツーに

楽しく話しながら,散歩やランニングが行われ

フツーに皆さん家路につく。

参加する僕も,「ボランティア感」全くないんですよね。

娘をいつか連れて行きたいんですけれどもね!

帰りは土砂降り。

« アイテテテ・・・・・って時は | トップページ | 奈義のたま露【里芋焼酎】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本格的ではないですけれど,少しお手伝いができれば,デス。

世界が拡がって楽しいですよ!

でも,配慮しすぎても駄目だし,適当にはできないし
難しいです。

自分のペースや腕振りではダメですもんね。

ウルトラ伴走される方はすごいと思う。

昨年、父の最後の入院あたりから、私はぜんぜん行けてません。
facebookからのつながりで、ぽつりぽつりと伴走者が増えて、
いまでは練習日に伴走者が足りなくて両手にブラインド!
ていうことも少なくなってるみたいです。

子供の世界とは異次元の経験をする,というのは
どんな内容であれ,年端のいかない子供にとっては
ショッキングで衝撃であり,成長の糧となるものですね。

本当は旅にでも連れて行きたいのですが,昨今の事情で
それも思うようにならず。

それでも出来るだけいろんな所に連れて行き,アウトドアも
出来るだけ小さい頃に一緒に過ごしました。

自然の影響の大きいスキーとキャンプ,そしてチャリティランは
娘の思考,いや方向性に大きく刺激を与えたようです。

視覚障害を持った方々との時間,私自身貴重ですし,ぜひとも
娘にも知ってもらいたい世界なのですよ。

椎名誠や野田知佑みたいなコアな世界でなくても,視野を変える
経験はいくらでも出来ると思うのです。

TV画面や携帯の液晶画面の世界で経験や人付き合いを
終わらせてほしくない,てのが基調なんですけどね,現代ですから
そうもいかないね。

我が家の子供達は全員、経験済みです。
伴走は彼等の価値観を変えてくれました。本当に感謝してます。
1番下のチビは、ほぼ毎月参加させてもらっているので、最近は1人でも伴走出来る様になりました。
娘ズちゃん達、お父さんが無理でも、第一土曜日の練習会であれば僕が保護者しますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/53823355

この記事へのトラックバック一覧です: 伴走は難しい,けど面白い:

« アイテテテ・・・・・って時は | トップページ | 奈義のたま露【里芋焼酎】 »