フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 実家の大根 | トップページ | 快晴,手が届きそうな月 »

2013年11月19日 (火)

SCBS作動

Scbs

愛車の衝突防止システム(スマート・シティ・ブレーキ・システム)が購入後初作動。


といっても,走行中に前に車がいた訳ではない。

職場で駐車しようとして低速で植え込みに正対して進入したら,突然「ガガガ」とブレーキが効いて停止。

最初何のことか訳が分からず,10秒ほどしして「あ,作動したのだ!」と理解。

マツダ産のシステム,ちゃんと作動しました。

i-ACTIVSENSE
http://www.cx-5.mazda.co.jp/safety/advanced.html?link_id=c5dlbtn1

時速4~30で走行中に一定の条件が揃い障害物を検知したら作動するようだ。

何か条件が揃って,植え込みを車と判断したのだろうね。(いつもそうだと困るけど,今日は初めて)

フォレスターに試乗した時に,アイサイトの作動は経験していたが,マツダではやってない。


少し前に,ディーラー主催の試乗会で作動せず衝突して事故になってましたね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131114-00024018-toyo-bus_all


http://response.jp/article/2013/11/18/210907.html

どうやら,調査によると作動設定速度オーバーでブレーキも踏まずに突っ込んだらしく,機器自体の誤作動ではなかったようだけれど。(アイサイトなら止める)

西もも@号,ちゃんと効いてましたよ。ちょっと安心。

でも,結局最後は人間さんの操作だもんね。


今開発中の完全自動運転自動車,いつごろ,どんなふうに量産化で街中を走るようになるのだろう?

車を運転出来ない,しない人が車自体に全て操作を委ねてコミューターとして利用する時代がくるのだろうか?

障害を持つ人,高齢で運転をやめた人でも,一定の条件下や行き先なら操作を委ねることが出来るようになるのだろうか?

幹線道路や指定道路しか通れない,自動運転限定免許とかが交付される時代が・・・・・・。


ところで,西もも@号のXD,安全装備で助かっているのは

後方・側方車輌検知・警告システム(RVM)

ヘッドライトが進行方向を向くシステム(AFS)

レーン逸脱警告やハイビーム照射自動はOPで装着しなかったけど,これはまあ問題なし。

XDも4000km近く乗ったので,近々インプレ書いてみようかな。

「この値段で,地方で田舎の小さなメーカーが,この内容で作った」のがすごいと思う。

だって,ほぼ似たような装備内容,いやもっと簡素なティグアンよりはるかにお買い得感あるもん。

また後日。

« 実家の大根 | トップページ | 快晴,手が届きそうな月 »

オートバイ・車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/53991495

この記事へのトラックバック一覧です: SCBS作動:

« 実家の大根 | トップページ | 快晴,手が届きそうな月 »