フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 自分の汗が… | トップページ | 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック2014 »

2014年1月14日 (火)

148 to 165

140113b

今日はレスト。

後遺症あり。(笑)

両足とも,拇指球後ろ側が水ぶくれ。

前日日曜日のトレイルワークアウトの影響かもしれない。

ファイブミニみたいな素敵な色だったが,全然勿体無くないので・・・・・穴開けて除去。

昨日データは分析してなかったけど,レベル4の148-165を26kmキープできていたみたい。

レベル5は8kmほど。たぶん最後に追い込んだセクション。

僕の場合,この心拍レベル4でどれだけ余裕を持って動き続けられるかがポイントになる。(このレベル維持だと,余裕は小さくても疲労度は低いので,身体へのダメージは少ない)

400m・800m・1000mのレペティションやインターバルで心拍を上げても,僕のレベルだとあまり効能はないのが実感。(練習した!て高揚感や満足感はのこるけど,身体の変化につながらない)

逆にレベル3だとLSDペースなので3時間は必要。

レベル2だと体が冷えてしまう。

気分転換に・・・・・楽しく・・・・・だと,こういった分析は必要ないけどね。

最近思うのだが,こういった分析しながらの心拍トレーニングは基本的に個人に合わせて行うもの。

僕みたいに,こんなのが面白くて好きでやっている人はいいだろうけど,みんなと楽しくグループで・・・・・やるわけにはいかない。

トレランに組み込むと面白いのだが,同じ登りでも人によって負荷感覚も心拍も違うので,くたびれてしまう人と,体が冷えてしまう人との差がロードランより激しいだろうな。

HRM装着してみんなで楽しく・・・・・は向きませんね。そんな時はGPSも外してしまおう。

140113a

ちょっと話は飛躍します。


自分と対峙する手段としてのランニングなら,ロードでもどこでも構わない。

僕みたいに心臓と話していればいい。

そうではなく,自然をと通じて・自然の中で

癒やされながら,とか,開放感の中に自分の姿を求める人が多くなったから

トレイルランニングがもてはやされるのかな。

その自分に向き合う機会や癒しの空間を,大人数が大会・レースに求めてしまい,企業ベースに乗ってしまうと自然破壊のレベルにまで到達してしまう。

氷ノ山や比婆山スカイラン規模のものでも,けっこう木の根を痛めたり道を崩したりするもんね。

レースに出なくたって,自分とは向きあえる。

トレランの大会は,やはり販売に直接つながる儲けは狙わずに,地元志向でローカルなこじんまりとしたものがいい。

岡山でも小さな大会が定着したり,産声を上げていますが,毎年のルーティン化したり,流行っていて楽しそう・・・・って雰囲気だけになってしまうと,地元の恨みをかうことになるかも。

そんなんなら,昔からある「○○健康マラソン」のほうがよっぽど環境にも自然にもダメージが少ないかもしれん。


« 自分の汗が… | トップページ | 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック2014 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももさん

PC側でオートラップ計測にされた方が
いいのでは?

見ました。

1日前のランは内容がいいですね。
適正な負荷がかかったいいランニングです。

ターゲットをハーフにするかフルにするかで
違いますが、ハーフなら今の心拍数が維持出来て
日々疲労が残らないなら、大丈夫ですね。

フルだとこれでは失速するでしょうから、160くらいで
どれだけ動けるかですね。

高回転型ですから、走り込んでもう少し心拍数が下がって
来たら面白いのですが!!

やはり、元々陸上競技アプローチしていたから、ストレスなく
回るのですね。

羨ましい…。

今月から、HRMをミムラ君につけてもらってます。
時計は私が持ってるので、しょっちゅう押し忘れてしまいます。
見てもらうと分かりますが、ものすごく回るエンジンですわ。ハーフの時の平均170位上ってのにはたまげました。
今月のは、始めたばかりでまだ体が戻ってない感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/54598779

この記事へのトラックバック一覧です: 148 to 165:

« 自分の汗が… | トップページ | 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック2014 »