フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 19時間39分 | トップページ | 今朝はさすがに寒かった »

2014年1月 8日 (水)

HRMを哲学する(笑)①

Hrm

私なりに屁理屈付け。

考えながら,運動を楽しむpetit哲学。

HRMは個人的にはオススメですが,考える面倒くさいトレーニングが嫌いだと向きません。

「私は自由人だ! 自由に,気の向くまま,フラッと毎日シューズはいて外にでるのだ!」

なら,何も問題無いですが

走り始めた頃の気持ちが薄れたり,クラブに入ってみたけれどなにか違う,週末のレースや飲み会も楽しいけれど・・・・・と思い始めたら,次のステップ(あくまで内面的にですよ)かも。

「なんとなくいつも同じペースでジョギングしているけど,これでいいのかな?」

こう思いはじめたらGPSや,HRMでのコントロールは自分を数値で客観視するいいきっかけなのかも。

もちろん,その延長線上で1000mや400mのインターバルの必要性に行き着くってのもありでしょう。

西もも@は元々陸上部だったので,有効性は理解していますし,心臓病の患者さんなどにインターバルトレーニング(もちろん激しく走るのではない)が有効だという論文も読みました。

だから,当時しんどい思いしかなく拒絶反応。たぶん心臓があの動作を拒否するんでしょうね。

さて,心臓のコントロールをしての運動は「トレーニングの種類」ではなく「質」に注目するので

「毎日なんとなく距離走る」

「よくわからないけど,5km!」

「バリエーションつけなきゃ」

「トレランはいいらしい」

「LSDかインターバル!」

から脱却して,日々同じ距離・時間だとしても中身を変えることが容易になると思うのです。

(LSD/ジョグだって,自分で内容を定義して走っている人少ないでしょう?たぶん,ほとんど方がペースのみじゃないかな,それもかなり速い)

心拍トレーニングに関してウェブサイトを色々見ましたが,素人が本気で取り組むには複雑な内容が多い。

でも,基本さえ理解して,3つほど閾値(?)を自分で設定すればスタートは出来そうです。

将来不整脈になったり,突然死したりするのを予防できるかも。(笑)

(実際には最大心拍を維持することは出来ないので破裂して死んだりはしないのですが・・・・・)

距離とペースの管理だけではなく,少し面倒くさいけど胸にバンド巻いてちょっとテクニカルに自分の体と対峙してみませんか?

距離・タイム中心の生活とは違って,その日の自分と対話するので楽しいですよ。

プチ哲学の始まり。

独りが好きな寂しがりやの西もも@には,心臓がラン友なのは向いているのですけれどね。

なんちゃって。


LSDについてはいろいろやってみて思う所があるので,後日。

« 19時間39分 | トップページ | 今朝はさすがに寒かった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/54508328

この記事へのトラックバック一覧です: HRMを哲学する(笑)①:

« 19時間39分 | トップページ | 今朝はさすがに寒かった »