フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較② | トップページ | HRMを哲学する(笑)① »

2014年1月 7日 (火)

19時間39分

Runsuma

NHKのBS1で毎週放送の「ランスマ」。

初心者向け番組なんだけれど,雑誌みたいに見てます。

1月4日の放送を録画で見たら,ホノルルマラソン特集。

西もも@今の仕事をしている限り,12月初めの週末を仕事休んで海外に行くのははかなりハードルが高いので,退職後の楽しみにと思っています。

状況が許せば,早々にも・・・・・ですが,職場の理解が相当ないとむりだし,カミさんは買い物・・・・・となるとまだまだ先ですね。

さて,メインの初心者ランナーホノルル参加のコーナーはよくある話なので,あまり感動はありませんが,後半最後の

■ホノルルマラソンを支えるボランティア

のコーナーは,不覚にも泣いてしまった。

制限時間なしの大会,最終ランナーが到着するまで待ち続けるスタッフの想い。

四十数年引き継がれてきた「魂のリレー」もある。

通常のランニング大会でもそうなのだが,たとえ制限時間ギリギリで歩いてでも「完踏」する人には,大抵走ることやタイム以外の理由が何かある。

番組コメンテーターの金さんもそう。彼も大腸のガンを患っていたはず。

元の状態に100%戻ってないにせよ,僕は幸運なことに事故後2年でまた元気に走れている。

けれど,大きな病気を経験してたり,残った体の機能だけを頼りに進み続ける人が,19時間39分ゴールの前後にはいた。

それを支える大会スタッフ(完全ボランティア)にも,それぞれサポートに徹する理由があった。

大げさに言うなと言われるかもしれないが,これって特に病を経験した人は共感するんじゃないかな。

番組ウェブサイトのリンクを貼りますが,見ないで再放送を見て頂いたほうがいいと思う。(よくある話じゃん!って思うだけの人が多いとは思いますけど・・・・・・)

少なくとも今の,西もも@ストライクゾーンは,こういうランニングなんだよな。

再放送

1/4放送分
ホノルルマラソン後編
まるごとホノルルマラソンスペシャル
【BS1】2014年1月 4日(土)午後 6:00~6:43
【BS1】2014年1月 5日(日)午前 5:00~5:43(再)
【総合】2014年1月10日(金)午前 1:30~2:13(再)
【BS1】2014年1月10日(金)午後 9:00~9:43(再)

10日の金曜日に再放送ですので,ぜひ御覧ください。

総合でも再放送がありますよ。


たぶん大丈夫だと思うけど,今年も「高梁・吹屋のウルトラマラニック,お手伝いしたいな。
(2014年4月13日(土)開催)

この大会にもまた,病で参加叶わず亡くなったランナーの想いがあるのです。

制限時間はあるけれど,タイムは計測しない「マラニック」。

初めてのウルトラにどうですか?

備中高梁 歴史街道ウルトラマラニック&マラニック
http://corredor.jp/ultra/index.htm

コースディレクターのももさん,西もも@は最終ゴールランナー担当でお願いします。

安全面で諸条件はあるでしょうが,雪降っても最後まで付き合いますよ。

それでもゴールしたい人は,ラン後の交流会よりゴールに何かの価値を求めているのでしょうから。


« EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較② | トップページ | HRMを哲学する(笑)① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ももさん

JALが絡んでいる限り,あのスタイルなんでしょう。

「初めての人でも大丈夫,制限時間はないから歩いていいので(自分にチャレンジして)ゴールして,ハワイを楽しんで!」

ハワイ側が観光を軸としてJALや日本側の意向を受け入れている限り,「練習スべきだ」とは公言できないですね。日本人に来てもらいたいのだから。

日本側業界の意向・スポンサードを断ち切って,原点に戻るのならそういった人は減るし,ハワイ側スタッフの思いも成就するのでしょうけど。

>「最初から歩き出して、ずっと歩いてる日本人が多すぎる。彼らは練習して参加すべきだ」

これは現時点で商業化しているので言えないですわ。

で,個人的意見を正直言います。(意見不要)

健康体の人間が,ハワイだろうとどこだろうとランニング大会に出て歩くな。

それならウオーキング大会に出ろ。

それがいやなら,ちゃんと「積み重ねて」から「走れ」。
何も「大会」や「レース」である必要はない。
もし自分と向かい合いたいなら,独りでやれ。

以前書いたトレランの大会の傾向も同じ。
ウェアやギアを選ぶ前にちゃんと練習してから参加しろ。
(ま,ラン&ウオーク,と銘打っているならよしとしましょう)

ですわ。

こう書くとまた突っ込みが入るのかなぁ。
だって本当にそう思うんだもん。

エリミ さん

私は走りませんが,また雪がフルかもよ。
今年もお手伝い希望者。

双子の娘もボランティア希望してくれているので
ももさんに頼まないと。

今年は雪は降らないでしょう(^ー^)
ホノルルマラソンのボランティア、私の友人(岡山出身の子孫)は、もう30年間ボランティアやってるそうです。ここ10年以上はゴール担当らしい、今では家族全員でゴールにいるとか。
でも、毎年、裏方の会合で聞く声は「最初から歩き出して、ずっと歩いてる日本人が多すぎる。彼らは練習して参加すべきだ」と。
お祭りでないのだから・・・
①ボランティアに支えられている→
②ありがたい→
③ボランティアに負担をかけないよう練習しよう

の③にまで思いつかない人が多いのか、当たり前だと思ってるのか。

メディアも客を集めるために練習方法を特集するだけでなく、参加するなら練習をしよう!という声をもっと大きくしてほしいものです。

たぶん、私は青太があるので、永遠に行かないでしょうけど。

え?また雪が降るんですか??
勘弁してーー!

僕もスタッフ兼ランナーで参加する予定です。子供達もボランティアしたがってるし、今から楽しみです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/54510098

この記事へのトラックバック一覧です: 19時間39分:

« EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較② | トップページ | HRMを哲学する(笑)① »