フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 今日はノーラン,明日朝は・・・・・ | トップページ | 悲しい知らせ »

2014年2月 5日 (水)

お金をかけて全員が向上する必要があるのか?

140205


日本人の英語力 「お金かけても向上せず」 どうしたら上達できるのか?
]http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/03/english_n_4715288.html

http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/12/english_n_4437125.html

以下は全くの私見です。延々と長いので語学に興味ない方はご遠慮くださいまし。

西もも@は,前日本MS取締役社長,成毛さんが言う「1割英語が操れたらいい」
に大賛成だし,言葉って「習っている」限りは身につかないと思っている。「自分で学ぶ」+
「使う環境(仕事や研究のレベルで,儲かったり自分にメリットがるということです)」
がないと使えるようにならないと思う。僕が程々のレベルから向上しないのは
生産性に結びつかないからというのも理由の一つだと自己分析しています。

よくいう「話せたらいいな」で趣味や天気のレベルの会話を学んで,そのあといったい
どこで使うのでしょう?

英会話学校のCMなどは予備校と同じで,危機感を煽っているだけにしか見えません。
私の身近に,幼少から近所の英語スクールに通ったり教材を買って,とっくにやめてし
まった子供達のなんて多いこと。うまくいっているのは,英検取得パターンですが,こ
れだってアマチュア無線に小学生が合格するのと同じで,記憶力のストレージが大きい
子供だからこそのことなのかもしれません。

子供に早期教育をということで,今は小学校から導入していますが,そんなことに時間
を費やす前に日本語で自分の意志や思いを表現することに時間を割くべきです。

全員自由に操れるレベルを目指すことの意義が,よく分かりません。おそらく官僚レベ
ルの方の家族,政治家の家族レベルだと金をかけて教育する環境があるから,誰でもち
ゃんとやれば話せて使えるようになるし,そうならないと将来出世しない,くらいの妄
想に取り憑かれているのでしょう。

日本語学習も十分に出来てない今の小学校・中学校の現状で,いろんな語学のなかで英
語だけを全員に押しつけておまけに落ちこぼれを大量に産み出す「全て(あるいは主に
)英語で授業」なんてやって,歌やゲーム・英語劇をやってどうするのですか。それで
なくても,娘の小学校に授業参観に伺ってどれだけびっくりする状況を見ることか・・
・・・。(岡山県が全国底辺に位置しているのも頷けます。学校の先生を叩きすぎて,
優秀な先生がいなくなったり,やる気をなくしている事実もあるのですが,そのことは
また別の機会に)

幼少期の言語習得に関しては,現明海大学教授の大津由紀雄さんの意見に賛同します。

http://oyukio.blogspot.jp/

http://otsuyukio.blogspot.jp/


将来仕事で,出世で・・・・・・現時点でどれだけの方が仕事で必要としているかを考
えると,必要だと思っている方は,学校で学んだからではなく,自分の力で時間を掛け
て習得された,あるいは維持している方がほとんどなのではないでしょうか。

国家レベルで文部科学省が音頭をとって,「国民総英語話者化作戦」をやられると,ど
んどん落ちこぼれの子供を作り出し,「時間をかけたのに・・・・」になるだけです。

この文部科学省の音頭に「乗らざるを得ない」のは公立の小中・高等学校。私立学校は
「国がどんな理想を言ってみても,大学受験が思い通りにならないとそれ以降の仕事や
人生が大変だ」と考えて,きちんと日本語能力・記憶力を活性化させ,「日本語を使っ
た,分かりやすい,受験にきちんと対応した」英語教育をする,あるいはしている学校
が多いのが事実でしょう。

会話だ,TOEICだと,時流にのったつもりの公教育を受けていたら,実は力が付か
なかったという事態は大いにあり得るわけで。

会話能力が必要なのは,大手企業だけなのではなくて,観光業も大きなパイの一部分な
のではないでしょうか。旅館・ホテル・観光地・飲食店など,話せると大いに商機を得
ることになる。これこそが本当に必要としている人達なわけで,そういった方々は学校
で習ったから操れるようになった訳ではないはず。

ニセコ・白馬八方,志賀高原など,外国人がリピータで訪れる日本のウインタースポー
ツ名所にいくと,流暢な英語・仏語・独語・中国語・スペイン語の従業員が多いのにび
っくりします。片言の英語でも,立派に笑顔で操って旅行者を和ませるおばちゃん,お
じちゃんを宿や観光地でたくさん見かけました。

例えて言うと,本当に必要なのはこういう場面なのであって,一億3000万人が話せるよ
うに膨大な国家予算を投じたり,大切な授業時間を小学校で費やさなくてもいいと思う
のです。それよりも,もっともっと子供に付けてやりたい力・経験はいっぱいあるので
はないでしょうか。

逆に,「話せないから・・・・・」と思っている方々も,気にする必要はないと思う。年
に数回,人によっては人生で数回の海外旅行の為に英語を学ぼうなんて思う必要はない
です。そんな時間があれば,本を読み,友と語りスポーツを楽しみ,「人と付き合う能
力」を高めて旅すれば,片言の現地語と笑顔で何とかなるもんです。実際,自分の父親
を見て確信しました。

フィリピンやシンガポールの話もよく出ますが,歴史と環境が違いますので同じ土俵に
あげて,日本のやり方を正当化するのはおかしいです。

話は戻りますが,もし,「仕事での重要度が高い」10%以外の人が習得して何か世
界が広がるとすれば,それは海外での「労働力」としてのチャンスかもしれません。

日本働く外国人労働者の輸出版と考えてたら分かりやすいかも。

物価の高い日本で安い賃金でキュウキュウ言うより,英語力を生かして世界に飛び出せ
ば,国によっては物価も生活費も遙かに安く済みますし,外貨も貯まるというメリット
もあるかもしれません。

でも,その道を選ぶ人がそうそう多いとは思えませんが,ブラック企業でこき使われて
ワーキングプアを実践するよりいい選択肢かもしれません。ただし,ある程度義務教
育段階~高校で真面目に時間をかけた人向けですけどね。

「お金と時間をかけても上達しない」

と悩むのではなく,「英語信仰に時間とお金をかけることをやめる」方が,人生もっと
豊かになると思うんですが。

西もも@は仕事で使うので自学自習していますが,今まで語学に大金をかけたことはあ
りません。金がないので時間をかけた学生時代だったかもしれない。

僕の場合,語学は生産性には寄与していません。精神活動の幅を拡げるツールになって
います。実はもっと本格的に韓国語やロシア語に手を出したいのですが,如何せん生産
性に関わらないので残念ながら気持ちだけ。よくあるランニングの言い訳と同じですね。

一日15分でも,「時間は作る」もんですもんね。そう自分で公言しているにもかかわらず・・・・。

正直,分刻みで語学するのも性に合わないし・・・・・。


一杯飲みながらかきましたので,暴論ご容赦を。


1:11.25
14.2
5.01
37/36
183/144
534
2.6

ヘッドランプの光に少し雪がちらついたが,予報ほど寒くはない。

今日は心臓がご機嫌斜めでした。

« 今日はノーラン,明日朝は・・・・・ | トップページ | 悲しい知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私論です。

個性を伸ばす,育てるのは学校だと思っているのが世の間違い。

企業だって,仕事能力ではなく,トビキリの個性がある人間

癖がある人間,言うこと聞かずに好き勝手に動くのが自由だと

思っている人間を採用しない。

金太郎飴で,イエスと言って行動し,利益を上げて協調性のある

人間を,結局はご所望の様子。

なのに,学校では「コセイ」の言葉がひとり歩き。

違う,個性って,人との付き合いの中で,周囲との関わりの中で

自分が徐々に自覚して育っていく,次に本人が育てるものだと思う。

それこそ,今が旬のオリンピックメダリストがまさにそう。

もう一つ

「やれば出来るんだ,君は」と言い続けているのがそもそも間違い。

「最後は出来た」人物の陰には,山ほどの失敗がある。

その失敗を回避させようとして,「褒め言葉」「ポジティブ」に踊らされ

失敗経験を積まないまま,年齢だけ重ねた人間が増えているのが

大きな要因だと,最近は思ってます。

よく,成功体験が少ないから,と言われますが

僕は逆だと思ってます。

ちゃんと失敗していない。

自分が失敗したと,自覚していない。

自分が不得意なことがよく解ってない。

君はやればいつかは出来るのだ,と言われ続け

いつまでたっても出来ると思っている。


大人達の失策の犠牲者です。

責任は誰に?

月並みな言い方ですが,国家の方針というより大人みんなの責任です。

今から何か出来ることは?

例えば,若い人たちに,子供たちに

きちんと悔しい想いをする機会にいろんな年齢層の人を誘導すること。

たまたま僕もムーさんもランニングが趣味です。

どんどん人をスポーツの世界に誘って

思い通りにならず,不甲斐ないレース展開や練習をし

失速して歩いたり,怪我して悔しくて泣いたりする情けない経験が

いいものだな,と少しでも多くの大人や若者に体感してもらうこと。

出来れば子供がいいのですが,そういった失敗大人を子供が見る

それもいいかも。

話がそれました,スミマセン。

英語より大切なこと,いっぱいあります。

英語ができる人にとって できるのは当たり前。  ならば みんなができるはず。  
できない私にとっては できないのが当たり前。  なぜ 英語を操る必要がある? 

なぜ それぞれ個性があって 能力が違うということに 気づかれないのでしょう?  みんなが勉強すれば みんなが100点取れるなんて 妄想に過ぎないのに。 

個性をのばす教育をすると言いながら 金太郎飴のような生徒を作ろうとする。   やればできるんだから やらせればいいというのが 無理だということに できる人は気づかない。   

いつから こんなことになっちまったんでしょう?

エリミさん

そう、やはり、考える力が先です。

残念ながら、今の初等教育は

画像と(ブランク)ばかりで、

思考力を奪ってしまった…。

せめて家では、大人と話して

考える時間を!!

僕も同感です。
ウチの長女は英語が好きで、唯一、自信をもって勉強しています。が、国語になると読解力が低いのです。昔から本はよく読んでいたので、何故だろうと質問してみると問題は読解力よりも自分の言葉で表現する力に欠けている事がわかりました。コレって色んな問題を含んでますよね。中途半端な内容の外国語であれば理解出来る。そしてその程度であれば、書く事も話す事も出来る。でも、母国語は?
結局、どちらも中途半端。
もっと家庭での会話を重視しよっと!

ももさん

書きながら自分の考えが形になった感じです。

特に小学校の子供たちを見ていたら,可哀想で。

もっともっと時間をかけるべきは,他にあります。

TVCMや広告を見ていると,怖くなります。

「話せない」のは主に環境要因ですし(僕もそう)

留学・海外勤務して時間が経つと力が伸びる日本人

という評もよく耳にします。

バランスは悪いいけど,読む・書くは意外に力付いている

日本人,自信持てばいいのに。

話変わりますが,「母語能力の低い英語ネイティブ」

何人も接しました。

英会話教室,行きたいならよく下調べして,ですね。

お稽古事と同じで,月謝が安いのには理由があります。

熱いですね。同感です。彼らが目指しているのは、夢想に思えますね。
それこそ亡国の一途をたどる結果になりそうな気がします。
思考の基礎となる言語が身についてない人はあ、他言語の理解もできないと思うのですが。他言語が操れても、母国語を持たない外国語使いになってしまう気がします・・・最近の訳本を見てると。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/54876585

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけて全員が向上する必要があるのか?:

« 今日はノーラン,明日朝は・・・・・ | トップページ | 悲しい知らせ »